2017年02月24日Fri

2/24 イタリア見聞録 (ヴェローナ編)

イタリア見聞録
(ヴェローナ編)

(218km)
スカリジェロ橋〜カステルヴェッキオ〜ガーヴィ門〜カノッサ宮〜ブラ広場〜円形闘技場(アレーナ)〜ジュリエットの家〜シニョーリ広場〜ランベルティの塔〜エルベ広場〜スカラ家の霊廟〜ボルザーリ門
イタリア見聞録
(ベネチア編)

(147km)
 
イタリア見聞録
(ピサ編)

(463km)
 
イタリア見聞録
(フィレンツェ編)

(41km)
 
イタリア見聞録
(ローマ編)

(376km)

2017イタリア見聞録2.jpgイタリア 5都市「ヴェローナ」「ベネチア」「ピサ」「フィレンツェ」「ローマ」周遊、5泊8日間ですが、ドバイ経由ミラノ 帰りはローマからドバイ経由羽田です。

旅行ルート1,245kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

【1日目 02/12日(日)】羽田発

2月14日に出発するはずだったのに不催行になり、この日に変更。
24時20分に羽田発ドバイ経由ミラノ迄。

2017イタリア見聞録3.jpg
羽田空港江戸小路
2017イタリア見聞録4.jpg
出発までラウンジで休憩
2017イタリア見聞録5.jpg
経由地ドバイ空港の出発ロビー
2017イタリア見聞録6.jpg
エミレーツ航空A380-800の2階席のバー

【2日目 02/13日(月)】ミラノ着〜ヴェローナ旧市街(世界遺産)

長い空旅でしたが期待が膨らんで疲れもなんのその、ミラノを見ながら、中世の町並みにローマ遺跡が残り、「ロミオとジュリエット」の舞台となった町ヴェローナへ。  さ^^^イタリアの世界遺産行脚に出発!!で^^^す。

2017イタリア見聞録10.jpg嬉しいことにイタリアではフラッシュをたかない限り、すべての教会、教会内部、美術館の絵画はカメラOKです。 世界でもまれです、他の国では殆どがカメラNO!ですが。

今のマッタレラ大統領が写真をとっても良いではないかの一言で、次期大統領が変わったらそれも変わるかもしれないんだって。
ま、ま^^^先を急ぎましょう。

2017イタリア見聞録7.jpg
アティジェ川対岸からヴェローナ旧市街(世界遺産)と中世のカステルヴェッキオ・スカリジェロ橋を望む
2017イタリア見聞録8.jpg
カステルヴェッキオ(城)とスカリジェロ橋
2017イタリア見聞録9.jpg
城壁内のスカリジェロ橋を渡り旧市街へ

世界遺産のヴェローナの円形闘技場や15,16世紀の中世の街並み、世界のブランド店の散策、今日は聖バレンタイン司教の前夜祭、街は素敵にレイアウトまたライトアップが素晴らしい。

2017イタリア見聞録11.jpg
中庭にあるカステルヴェッキオ美術館
2017イタリア見聞録12.jpg
跳ね橋をぬけ旧市街へ
2017イタリア見聞録13.jpg
古代ローマ時代の城壁門ガーヴィ門
2017イタリア見聞録14.jpg
カヴール通りを歩き円形闘技場へ

世界最大級の野外オペラ劇場にもなり、6月〜8月まで世界中から1万人以上が夏のオペラの演目を楽しむようです。 アイーダは圧巻のようです。
建築の大理石の反響が良く世界の 「マリア・カラス」 はここでデビューしたそうです。

2017イタリア見聞録15.jpg
途中のカノッサ宮
2017イタリア見聞録16.jpg
小路地フラッタ通りを歩き
2017イタリア見聞録17.jpg
ブラ広場へ
2017イタリア見聞録18.jpg
広場のバレンタイン飾り

ローマのコロッセオ、ナポリ郊外にあるカプアの円形劇場に次ぐ3番目の規模で、昔は人と野獣との格闘技等が日に日に行われていたらしい。

2017イタリア見聞録19.jpg
円形闘技場(アレーナ)
2017イタリア見聞録20.jpg
円形闘技場の前で
2017イタリア見聞録21.jpg
4か所だけ残った3層部分のアーチ
2017イタリア見聞録22.jpg
古代ローマの衛兵と闘技場入口

中世の名残の城壁も、すべてが世界遺産触るわけには行かないわねえ。

ブランド店を中心に、ブティック、雑貨、アクセサリーなどの店が両脇に並ぶマッツィーニ通りの突き当たりにあるカサデジュリエッタ(ジュリエッタの家)は、
シェークスピアで有名な悲劇のロミオとジュリエットの舞台でも知られ、 「おぉ、ロミオ、ロミオ! あなたはどうしてロミオなの?!」 と言ったバルコニーが残っています。

2017イタリア見聞録23.jpg
ブラ広場
2017イタリア見聞録24.jpg
マッツィーニ通り
2017イタリア見聞録25.jpg
ジュリエットの家入口
2017イタリア見聞録26.jpg
両脇の壁一杯に恋人のメッセージ

小さい中庭ですがお嬢様達には悲劇の主役、自分を置いているのかも・・・・・・・
映画や舞台でお馴染みのバルコニーと、庭に建つジュリエットのブロンズ像
右胸に触れると恋愛成就して幸せな結婚ができ、抱きつくと幸福が訪れる…などの言い伝えがあります。

2017イタリア見聞録27.jpg
ジュリエットの家
2017イタリア見聞録28.jpg
バルコニー
2017イタリア見聞録29.jpg
中庭の一角に建つジュリエットの像
2017イタリア見聞録30.jpg
刺繍で名前を作ってくれるお店

ジュリエッタの家の前ではミシンで、す素早く刺繍で名前を作ってくれます。 私ももらいました。

シニョーリ広場は、隣接するエルベ広場と同じように古代ローマ時代の公共広場(フォルム)だった場所で、広場の中央には詩人で哲学家でもあったダンテの像が立っています。
広場の周辺には、12世紀から15世紀に建てられたラジョーネ宮(市庁舎)やスカラ家の館、旧裁判所、議会などが建ち並び、かつてはヴェローナの行政の中心でした。

2017イタリア見聞録31.jpg
シニョーリ広場からみる高さ84mのランベルティの塔
2017イタリア見聞録32.jpg
広場中央のダンテ像と市長官邸(ポデスタ宮)
2017イタリア見聞録34.jpg
バレンタインデー前夜祭のステージ
2017イタリア見聞録33.jpg
裏側からみる市庁舎(ラジョーネ宮)

女神ユノの祝日前夜祭とあって街中は賑わっていました、また聖バレンタイン司教も亡くなった日は2月14日でしたね。

シニョーリ広場を出るとすぐのところにある、中世ヴェローナの領主であったスカラ家の霊廟。ゴシック様式の彫刻の精巧さは、まさに圧巻。塔の上の騎馬像は、最も権力をもっていたカングランデ1世だそうです。

2017イタリア見聞録35.jpg
ヴェローナ領主、スカラ家の霊廟
2017イタリア見聞録36.jpg
紋章が刻まれ鉄格子に囲まれている
2017イタリア見聞録37.jpg
観光客で賑わうエルベ広場
2017イタリア見聞録38.jpg
市庁舎と大時計のあるランベルティの塔

エルベ広場は、マッツィーニ通りのジュリエット家と反対側にあり、テント張りのお土産屋さんの屋台やカフェのテーブルが所狭しと並び、いつも賑わっています。

エルベ広場のヴェローナのマドンナの噴水、ヴェネツィア共和国のシンボル、サンマルコの有翼の獅子像を頂いた円柱、たくさんの夜店や屋台楽しいですね。

2017イタリア見聞録39.jpg
マドンナの噴水とガルデッロ塔
2017イタリア見聞録40.jpg
サンマルコの有翼の獅子像を頂いた円柱
2017イタリア見聞録41.jpg
所狭しと並ぶテント張りのお土産屋さん
2017イタリア見聞録42.jpg
壁面にフレスコ画が描かれたマッザンティ屋敷

帰路はマッツィーニ通りと並ぶ、ブランドショップやセンスのいいセレクトショップが並ぶボルサーリ門通りを通りヴィットーリア橋に向かいます。

アルプスの源流 アデイジェ川はイタリアでは二番目に長い川のようです、ピエトロ橋も川の水も素晴らしく透き通って寒く無ければ泳ぎたい位です。

2017イタリア見聞録43.jpg
ボルサーリ門通り
2017イタリア見聞録44.jpg
古代ローマ時代のボルサーリ門
2017イタリア見聞録45.jpg
ヴィットーリア橋を渡りバス停へ
2017イタリア見聞録46.jpg
ライトアップされたヴェッキオ城とスカリジェロ橋

ホテルでは食事時にたくさんのミネラル水、炭酸水も用意され、部屋にも各自一本ずつ置いてあり、嬉しい心遣いです。

2017イタリア見聞録47.jpg
ベストウェスタンCTCホテル
2017イタリア見聞録48.jpg
ホテルの朝食

posted by ほがらかさん at 23:03 | Comment(0) | 海外旅行 イタリア

【海外旅行 イタリアの最新記事】

2017年02月12日Sun

02/12 イタリア見聞の旅

昨日、今日と本当に寒く列島は冷凍庫の中にすっぽりと納まる寒さ、山陰地方の雪害は本当にお気の毒です、幸いなことは都心も雪も降りましたが積もることもなくホット安心です。

2017イタリア見聞録1.jpg今日からちょっと暖かい地中海の長靴の国へグルーッと一めぐりしてきます。

1720年に最初にできたカフェや美味しいパスタも興味あり、「ボーノ」 を連発できるような食べ歩きも嬉しい計画です。

ではでは  行っチャオ!!
posted by ほがらかさん at 07:32 | Comment(2) | 海外旅行 イタリア

2017年02月09日Thu

02/09 仲良し4人組と新春神社巡り

昨日は神社巡りを仲良し4人組と・・・・・でもねえ、一人は腕が上がらないって、翌日はオペラ鑑賞なのでって欠席、3人です。

余裕をもって出かけたはずなのに、大崎で電車はストップ、緊急停車です。
浦和駅で上から物が落ちてきたって駅の案内、それからすぐにビルから人が落ちてきたってアナウンスに変わり、何時動くか予想が立た無いとの事。

2017神社巡り1.jpgほとんどの人が降りて山手線に乗り換え、押しくら饅頭状態、私も腕とコートの後ろをドアーに食べられ(失礼、挟まれました)方向転換も出来なく2駅を過ぎてやっと代々木で解放。

先ずは東京大神宮、この神宮は東のお伊勢さんと言われるぐらい格式が高く初めて知りました、それも飯田橋にあります。

2017神社巡り2.jpg 2017神社巡り3.jpg

駅をはさんで西側は神楽坂、東は大神宮。途中で道案内があり、すぐに早稲田通りがあり、急遽神楽坂そぞろ歩きは止めて15分も歩けば九段です。

2017神社巡り4.jpgそうなればやっぱり靖国神社ですね。
此処も初めてお詣り、悲惨な戦争で亡くなった方たちの御霊を祭ってある神社、政治の中枢になる大臣、総理が参ることに海外から遺憾を示される神社です。
他国が口を出すことでは無いはずなのに・・・・我が家の叔父も眠っています。

2017神社巡り5.jpg藪そばの本山「神田藪そば」で、ざるそばを食べるけどそばつゆは、あくの無いかつお出汁がちょっと甘めで汁は少なめに入っていましたが美味しかった。

春野菜のてんぷらは苦みがあり、フキノトウはやっぱり苦手です。 お腹がいっぱいになると元気が出ます??ね、

近くの神田明神、ここは華やかでした。

2017神社巡り8.jpg 2017神社巡り11.jpg

2017神社巡り9.jpg
やっぱり商売の神様、彩が綺麗、二年に一度ニュースにもなる神田祭りがあります。
2017神社巡り10.jpg
日本三大祭の一つだそうで神輿は200基、繰り広げられるそうです。

勇ましい掛け声と共に老若男女の神輿を担ぐ元気な顔、テレビで見ますよね、迫力あります。

湯島聖堂にも。
ここは孔子が祭ってあり、漢文のテストが有名です。
最初の碑は読めなかったです、中国からの観光客もいたのですが声を掛けるのはためらったので次回まで宿題です。
本殿は中国や韓国にあるような廟でした、日本と違う趣です。

2017神社巡り6.jpg 2017神社巡り7.jpg

最後は湯島天神
学問の神様、菅原道真を祀っている、特に受験時期は絵馬は受かりますようにって書いてあり、すごい数でした。

お願いに来た後はお返しにも参らなくてはいけないのですねえ、私たちはすでに70歳を過ぎているのでもう試験はありません、気楽にお詣りでき、すべての人に幸せがありますようにって心の中で拝み、あとは甘酒を頂き今日一日は甘酒飲み歩きでした。

2017神社巡り12.jpg 2017神社巡り13.jpg

御徒町駅から横浜に、ほっとしますねえ、最後は 「アリババ」 にて美味しいビールと北海道の美味しい食事に満足。

飯田橋〜御徒町ま、すべてそぞろ歩きで 18,000歩 湯島は坂が多いけどゆっくり歩きで、九段坂に行けば自然にお千代さんの「東京だよおっかさん」、湯島に行けば 「湯島通れば・・・」
歌っちゃいました。  あ^^^^古いわねえ、

仲良し4人組は一人は叔父さん?? 元お兄様ですがちょっと若い・・・・もうおばちゃんとは付き合ってられない、そんな古い歌知らんで^^^。

世界の皆様が幸せでありますように・・・・・二礼二拍
posted by ほがらかさん at 13:55 | Comment(0) | .レジャー まち歩き

2017年01月31日Tue

01/31 早朝ウォーキングと蠟梅の香り

♪♪♪ 大好きな花木を見つけ、とっても幸せ ♪♪♪

ここ2,3日は最高のウォーキング日和、早朝から柔軟体操をしながらの歩きです。
一年ぶりに行った神社の入口あたりの公道が何とも言えない良い香りが漂ってきました。

2017蝋梅1.jpgふと足を泊め この香りは何処から??って辺りを見渡すとちょっと先に黄色い花をつけた蠟梅らしき枝振りを見つけ、「あら、?蠟梅 じゃない??」 大木を3本見つけ、あまりの甘い香りにしばし足を止め、香りに酔っていました。
年末には必ず正月用に生ける?蠟梅がここ2,3年は花屋さんでも手に入らず玄関は香りがなかったのですがねえ。

同じように鑑賞されていたご近所さんに思わず声を掛け 「綺麗ですねえ、なんて良い香りでしょう、毎日この香りで元気になりますね」 って、おまけに少し枝を
貰っていいですか?て尋ねると 「良いじゃない、お持ちなさい」 気持ちよくお返事いただき、ちゃっかりと頂いてきました。

でも、たった一輪でも芳香、我が家のリビングは?蠟梅の香りであふれています、もう春かしら??と迷うような陽気に蕾もしっかり咲きました。
何とも心が和らぎます。 花は10個可憐な黄色いろうそくのような花です。

今日は早朝ウォーキングの醍醐味でした。
posted by ほがらかさん at 06:42 | Comment(0) | .術後観察 術後11年(2017年)

2017年01月22日Sun

01/22 伊豆御殿場日帰りバス旅行

先週はちょっと日帰りバス旅行に

デパートの年末商戦で一等の 「伊豆日帰りバス旅行」 が珍しく当選し、行ってきました。

伊豆のおへそ&みんなのハワイアン、 沼津柿田川公園(柿田川湧水)&沼津おさかなセンター、 御殿場時之栖イルミネーション鑑賞。

2014駿河湾クルース4.jpg富士山の雪解け水が美味しい柿田川の水汲み場ではご存知の方も多かったです、だって、ポリタンク持参組がいて驚きです。

観光客は、一人参加が6人、50人乗りのバスは友人、知人、ご主人連れでにぎやかでした。

ま^^^6人グループのおば様(失礼!!まだお若きお姉さま)バスに乗ってからすぐに始まる、「ねね、これどう食べてよ!!」 〜おせんべいポリポリ、御饅頭くしゃくしゃ、プシュ!!って缶ジュースの空ける音、その前に一人で座っているほがらかさんを想像して下さい、笑ってください。

2017時之栖バス旅行1.jpg大体無口??でしょう、晴天ですからきっと富士山も冠雪が綺麗で、窓辺の走る景色を優雅に期待したのですが残念ながら何処へやらです。

富士山も見えるのですが近すぎて冠雪部分は雲に覆われ見えなかった、だって静岡県なのに・・・・・これも残念。

出発から帰着まで、バスが停車するたびに買い物する買い物ツアーでしたわ。 ビニール袋のガザゴソ耳障りですが買ってみんなで分けあうのでしょう、発車しても10分間はその音がやみません。

2017時之栖バス旅行8.jpgでも可愛いものですよね、友人知人を誘って、嫁、舅、姑、果ては旦那さんの愚痴まで・・・・悩みを話す井戸端会議はストレス発散なのでしょう。
私はそんなこと話す時間もないぐらい忙しい、何でか知らないけど忙しい、忙しいで一日があっとの間です。

疲れた^^^^、でも一つだけ嬉しいことはバスの隣は無人つまり一人掛けだったので座席は二人分だった。 太めの私はゆったりできてそれが嬉しかったです。

以前にも行きましたがみんなのハワイアンはフラダンサーが倍ぐらい増えてなかなか見ものでした。 癒されますねえ、ウクレレの何とも言えない心地よい音色、早くハワイに行きた^^^い。

2017時之栖バス旅行9.jpg 2017時之栖バス旅行10.jpg
2017時之栖バス旅行3.jpg 2017時之栖バス旅行2.jpg

でもね、動物がほとんどいないわ、何処に行ったのでしょうねえ。

時之栖のイルミネーションも楽しみましたが、バスに乗るまで広い公園の中、イルミネーションが消えているところは真っ暗ちょっと迷って心細かったわ。

2017時之栖バス旅行4.jpg 2017時之栖バス旅行5.jpg
2017時之栖バス旅行6.jpg 2017時之栖バス旅行7.jpg

静かであれば一人のバス旅行結構楽しいものです。 お疲れ様^^^でした。
posted by ほがらかさん at 23:43 | Comment(2) | 国内旅行 関東