2021年11月20日Sat

11/20 仲良し4人グループ城下町散策

小田原城に仲良し4人グループ、今回は一人が人工股関節に換えたために3人に。
彼女は痛い思いをしてやっと腰を上げたのが、ちょっと遅すぎたかな??
とにかく3週間をベッドの上で過ごす予定らしい。

2021四人組小田原散策1.jpg 2021四人組小田原散策5.jpg

今回は北条家のお勉強を、また小田原城の没後など、知れば知るほど・・・な・る・ほ・ど納得。

真っ青な空に松の大木、スギの大木が良く映える。

2021四人組小田原散策2.jpg 2021四人組小田原散策3.jpg

街中の散策二度目ですが、賑わっていた商店街を初めて歩く、歴史のあるお店が多い事に気が付きました。

魚類、甘味類、お茶類、この城主のお膝元は茶をたしなみ、和菓子にも精通、また蕎麦類も今の季節は新そばで腰も強く、のど越しも爽やかです。

朝は、室町時代から続く薬とお菓子の店、「ういろう」の本家本元、ういろう本店で、抹茶と和菓子2個、和菓子が小さいので一口で無くなる。

2020小田原ういろう2.jpg 2020小田原ういろう5.jpg
2021四人組小田原散策7.jpg 2021四人組小田原散策6.jpg

お土産は、お菓子のういろう二本、こんな時間でも人気のわらびもちは売り切れなのよ、食べたかったわ。
お客様は途切れない様子、これでは開店と同時に行かなくては手に入らないかもねえ。

お昼にはお城の境内からすぐの老舗にて、天ぷら蕎麦セット。
一番楽しみにしていたミナカ小田原の14階にある展望足湯はもちろん無料です。

2021静岡渥美半島名古屋の旅7.jpg2021四人組小田原散策15.jpg
2021四人組小田原散策8.jpg
西の空がピンクに染まり始める(16:30頃)
2021四人組小田原散策10.jpg
東の空では既に月食が進み月が欠けている(16:50頃)

夕方4時過ぎから屋上は、さしずめ足湯に入りながらの天体観察、 海に向かって右側に見える丹沢の山々。

空がピンクに染まり始めた時、アット言う間に西は真っ赤じゃありませんか??

こんな夕焼けは生まれて初めて、真っ赤に燃えるような夕日、どなたもシャッターを切ることに夢中でした。

私達もカメラをかざすも焦点が合わない、モタモタしていると刻々と迫ってくる日没に間に合わなくなる。 

2021四人組小田原散策14.jpg2021四人組小田原散策9.jpg
燃えるような夕焼け(16:45頃)
2021四人組小田原散策11.jpg
皆既月食(18:05頃)
2021四人組小田原散策12.jpg
月食の終り(19:30頃)

何とか撮り終えてホッとしたのも束の間、今度は目の前に広がる相模湾の天体ショウ〜皆既月食。

やっと場所を見つけ3人並んで足湯タイムを楽しみながら、皆既月食観察、

何とも素晴らしい夜で、口々に夢のような一日だったねえと。
デイナーは駅中にある 「魚国」 で新鮮な魚介類と、ほぼ二年ぶりの再会で乾杯、堪能できた一日でした。

2021四人組小田原散策4.jpg 2021四人組小田原散策13.jpg

鉢にもって出てくるお刺身、天ぷら、生シラスのサラダ、出来立てかまぼこ、ワサビ漬け、どれも美味しい。

お味噌や、お菓子、あんこ類、結構重たいものをお土産にルンルンでした。
posted by ほがらかさん at 15:37 | Comment(0) | .レジャー まち歩き

2021年11月18日Thu

11/18 第26回こつこつクラブ会「初めての忘年会」(案内)

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、近頃は気が付くと雨が降っているかと思えば一日中断続的に降る雨って事も・・・・・気候の温暖化?
だって北の北海道は雪、南の沖縄は、真っ青な海に泳ぐ人も。

日本列島は長いのねえ、何故??
事実かどうかわかりませんが、航空自衛隊の飛行機が北海道から離陸のために上昇すると、九州が見えるし青いと聞きました。つまり細くって長いのねえ。

文献に依れば、日本の森林面積は約2500万ヘクタール。
実際の日本の国土は67%が森林、利用できる平地は33%、その中に一億2千548万人が住んでいるのよねえ、人口密度が高いし土地が無いのはよく解ります。

さて、前回のこつこつクラブで初めて忘年会の話がまとまり、その場で予約をしてまいりました。

同じ場所の崎陽軒奥座敷??戸塚原宿の中国料理 「 嘉宮 」 です。 とても素敵な広々とした建物で懐かしい雰囲気です。

二階に上がる螺旋階段の上には 何代目かの皇帝様がにこやかに皆様をお迎えして下さるような大きな絵が飾ってあり、そこは中国??雰囲気です。

横浜戸塚原宿です、私が車で戸塚駅までお迎えに参りますのでよろしくお願い申し上げます。


第26回こつこつクラブ会「初めての忘年会」ご案内


日時:令和3年12月4日(土)11:30〜
場所:横浜戸塚崎陽軒原宿店
   中華レストラン 「 嘉宮 」
   〒245-0063 横浜市戸塚区原宿4-37
   電話 045-851-6011
費用:「Chef’sランチ」3,993円(サービス料・消費税込)
崎陽軒のシウマイ・麺飯・お料理のついた人気のランチコースです。
 ◆かご入り三種前菜盛り合わせ
 ◆本日のとろみスープ(お好きなだけどうぞ)
 ◆蒸したて熱々の崎陽軒特製シウマイ
 ◆窯焼き北京ダックのクレープ捲き
 ◆月替わりのおすすめメインディッシュ
 ◆揚げエシャロット入り特製あっさり中華そば
  【※プラス242円で本日のおすすめ炒飯に変更可】
 ◆お好きなデザートをお選びください
 ※プラス181円でコーヒーまたは紅茶を追加できます

待合せ場所・時間


待合せ場所:JR戸塚駅/横浜市営地下鉄戸塚駅 東口
       戸塚モディ(まるい食遊館) 1階
      スターバックス コーヒー 戸塚店
時間:午前10:30〜 10:40
   (多少の遅れはお待ちしています)

※西口にもスタバがあります。お間違えのないように!


お時間があれば元気なお顔拝見出来るだけでも嬉しく思います。
日々の出来事、積もり積もった何気ない話題など楽しくお話しさせて頂ければ嬉しいですね、口角運動も立派なリハビリです。

♪♪ 皆さまのご参加お待ちしていま^^^^す ♪♪
posted by ほがらかさん at 06:51 | Comment(4) | .こつこつクラブ クラブ会

2021年11月15日Mon

11/15 皇帝ダリヤ

本当に綺麗な秋晴れ、心晴れ晴れ〜心ウキウキです。

天高く馬肥ゆるの秋って、わが身にも起こっていました。
何か甘いものが食べた^^^い、でもね、和菓子もある、パウンドケーキも焼いたばかりなのに何故? 解ったもっとテイックな甘さが必要なのねえ。

ほがらかおじさん誕生日のお祝いの中にありましたわ^^^^、一か月前ですがかなり大きなウサギのチョコ、そうだ、あれを食べようっと。

2021うさチョコ1.jpg 2021うさチョコ2.jpg

裏に説明書が有ったので読むと鈴とリボンは食べない様にとの事、わかっていますよ^^^^^
いやあ、中は空洞で結果的には完食までに4日かかりました、食べきれなかったのです。

つまり目が欲しいだけお腹にこれだけのチョコを入れたら即 「糖尿病」 ものです。

気を取り直し昼間のウオーキングに出かけこれも気持ちが良いですねえ。

今頃咲く立派なダリア、今年もほがらかさんの背丈の4倍はありそうです。
天に突き抜ける様に真っ直ぐの茎、花はその先にあまり多きくなく、割と質素で色も華やかではありません。

この花の名前を知ったのは、自宅に歩いて帰る道に農家があり、そこで毎年半年ぐらいは葉だけ、この時期になってやっと花を咲かせるのよ。
何と言う木??なのか気になり思い切って農作業中の方に聞きましたら 「皇帝ダリヤ」 との事。

2021皇帝ダリア1.jpg 2021皇帝ダリア2.jpg

初めて知りました、だってダリアは余り大きくなくて花も小さく、ポンポンダリヤ位しか知りませんでした。

へえ^^^これが皇帝ダリアなのね^^^、こんなに大きくてもダリアの一種、しかし良く見ればあちらこちらにも結構咲いているのねえ、知らないだけでした。
♪♪ 来年にはこの株を分けて頂き、育成に挑戦しようかな ♪♪
posted by ほがらかさん at 12:24 | Comment(0) | .術後観察 術後15年(2021年)

2021年11月08日Mon

11/08 上野お山の散策と美術館めぐり

晴天の中歩きましたわ^^^^、何と15000歩さすがに足の裏、足首が痛いわ。

2021上野美術館巡り1.jpg最初に向かった東京国立博物館《伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」

予約も無く入れて、広い館内や庭の中を充分散策できました。

最澄と天台宗の展示、比叡山延暦寺の成り立ちなど、年代を追って見聞を広めてきました。

日本の天台宗は、比叡山延暦寺を創建した伝教大師・最澄から始まり、今年は、「最澄」 1200年大遠忌(だいおんき)を迎えます。

天台宗5人の高僧、円仁(最澄の直弟子)、相応(千日回峰行)、源信(往生要集)、慈円(愚管抄)、天海(東叡山寛永寺創建)をはじめ、

法然(浄土宗)、親鸞(浄土真宗)、栄西(臨済宗)、道元(曹洞宗)、日蓮(日蓮宗)など多くの高僧を輩出、日本の仏教界に大きな影響を与えてきました。

ゆかりの寺院からの秘仏や重要文化財のいろんな像、薬師如来像等、国宝の見学でき、またまた、へ^^^を連発。

展覧会の構成は以下の通りです。
  • 第1章 最澄と天台宗の始まり―祖師ゆかりの名宝
  • 第2章 教えのつらなり―最澄の弟子たち
  • 第3章 全国への広まり―各地に伝わる天台の至宝
  • 第4章 信仰の高まり―天台美術の精華
  • 第5章 教学の深まり―天台思想が生んだ多様文化
  • 第6章 現代へのつながり―江戸時代の天台宗
2021上野美術館巡り4.jpg
上野公園と噴水
2021上野美術館巡り7.jpg
上野公園案内マップ
2021上野美術館巡り5.jpg
東京国立博物館 平成館
2021上野美術館巡り6.jpg
当日のみ有効な日時指定券

創建の地に立つ国宝の総本堂 「根本中堂」 は、5年前から大改修が進み、2026年に完成のようです。

7年前に、夕方近く比叡山を訪ね、根本中堂〜西塔転法輪堂〜横川中堂と見学するうち、ほがらかおじさんとハグレ、大変怖い心細い思いをした経験があり、昼間の明るい時に見学したい。

だって、山一つ全体が延暦寺、周りはうっそうと茂った高い木々の山の中、ポッカリ開いた空間の広場。
普段でも暗くお詣りするには勇気が必要、一人では絶対にご遠慮??申し上げます。
(写真;東博HPより)
2021上野美術館巡り14.jpg
聖徳太子及び天台高僧像(国宝)
2021上野美術館巡り15.jpg
聖徳太子及び天台高僧像の一幅 最澄像(国宝)
2021上野美術館巡り16.jpg
薬師如来立像
(重文)
2021上野美術館巡り17.jpg

(上)三筆の一人嵯峨天皇宸筆 光定戒牒(国宝)
(下)最澄自筆の手紙 尺牘(久隔帖)(国宝)

2021上野美術館巡り31.jpg
尺牘(久隔帖)の意訳
国宝で現存する唯一の最澄自筆の、空海のもとにいた弟子の泰範に宛てた手紙。

空海とのコミュニケーションを具体的に物語る、日本史で最も有名な手紙の一つも展示され、読めないけど注釈からの解釈です。
こんな昔の文字も滲む事無くしっかり残っている事が素晴らしい。

本展には撮影可能なエリアもあります。 延暦寺根本中堂の再現展示コーナーです。内陣中央の厨子と不滅の法灯が再現されています。

2021上野美術館巡り30.jpg
根本中堂の再現展示パネル
2021上野美術館巡り29.jpg
根本中堂の再現展示
内陣の厨子と不滅の法灯
2021上野美術館巡り28.jpg
梵天・帝釈天、十二神将のうちの子神・丑神の展示

梵天・帝釈天、十二神将のうちの子神・丑神の4体が、延暦寺からお出ましになっています。3基並ぶ不滅の法灯は、現役を退いた先代の法灯だそうです。

「不滅の法灯」は、1200年間消える事無く灯されずっと守られています。


2021上野美術館巡り2.jpg気がつけば二時間を過ぎていた。
次は東京都美術館《ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント》ゴッホの絵画鑑賞です。

ゴッホ展はあちこちで良く見ますが日本人は本当にゴッホが好きですよねえ、私も大好きですが・・・

暗い人生を背負って、生前中は一枚も絵が売れなかったらしいが、文献に依ると一枚だけ売れたとの事。

弟テオの援助で生計は成り立っていたようだ。
自ら命を断ち切り、その半年後には弟テオも病で世を去り、残された絵画等は全てテオの夫人ヨハンナと一人息子に託されました。

展覧会の構成は以下の通りです。
  1. 芸術に魅せられて
  2. ヘレーネの愛した芸術家たち
  3. ファン・ゴッホを収集する
     3.1 素描家ファン・ゴッホ、オランダ時代
     3.2 画家ファン・ゴッホ、オランダ時代
     3.3 画家ファン・ゴッホ、フランス時代
       3.3.1 パリ
       3.3.2 アルル
       3.3.3 サン=レミとオーヴェール=シュル
          =オワーズ
  4. ゴッホ美術館のファン・ゴッホ家コレクション
(写真;都美術館HPより)
2021上野美術館巡り8.jpg
東京都美術館
2021上野美術館巡り9.jpg
入口の特別展掲示
2021上野美術館巡り18.jpg
レストランの内部(パリ時代)
2021上野美術館巡り27.jpg
種まく人(アルル時代)

勿論ゴッホがメインですが他の絵画も展示、今日の展示は 「ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」 ですからね。

ヘレーネ・クレラー ミュラー、へレーネの偉業はゴッホを熱心に収集したことだけでは無く 展覧会への出展や美術館の開設など。
ゴッホの魅力を発信してくれたからこそ、今、日本でゴッホの画業を、初期の素描から有名な傑作まで、一度に振り返ることができるようです。

2021上野美術館巡り20.jpg《悲しむ老人(「永遠の門にて」)》(サン=レミ時代)

ゴッホがオランダ時代に制作した版画を模写した作品。
療養院での生活中で、しばしば憂鬱になり、この「悲しみに暮れる人々」という主題はゴッホにとって身近なものでした。

絵画の前で老人に向かって ”ねえ、何がそんなに辛いの?“ って声を掛けたいぐらいです。

日本の浮世絵版画にもインスピレーションを得て、一日で書き上げた植物絵画もあり、ゆっくり鑑賞できました。

2021上野美術館巡り21.jpg《夜のブロヴァンスの田舎道》(サン=レミ時代)

まだ明るくあたかも自分が歩いているような錯覚におちいり、気になる絵画でした。
一日の仕事が終わった農夫達の世間話や仕事の話、温暖な夕風に吹かれて馬車と共に家路に急ぐ姿の黄昏時、ゴッホらしいですね。

ささしずめ私ならダラダラと続く坂道(・・・の様に見えた)を何も考えず、早朝ウオーキングのように、ただひたすら気持ち良く歩くのみです。

2021上野美術館巡り19.jpg今回は、自分の好きな絵は展示されていなかったけど 《黄色い家(通り)》 (アルル時代)の壁色で、万が一建て替えチャンスがあれば、小さくて良いから黄色の壁と、緑の窓淵も。

我が家は山の天辺なので、向かいは借景の山、どなたか建て替えてくれませんか??

一昨年、マルセーユからアルルの跳ね橋を見学予定で電車の時間まで調べ、計画万端だったのに予想以上に下船に時間が掛かり未実行、残念。

2021上野美術館巡り26.jpg地中海に面したフランス南部のプロヴァンス地方は、

開放的で明るいリゾートの雰囲気を持ち素朴さを感じる、
自然体でいられるって事かしら?

休憩して、おにぎり、杏仁豆腐、卵焼き、ウインナー、スポーツドリンク、みかん、今日のランチです。


2021上野美術館巡り3.jpg最後は国立科学博物館
上野駅からは一番に、子供たちが向かった博物館です、だって入口のモニュメントは大きなクジラです、子供ながらに歓声を上げていました。

今回の催しは、私が怖いと感じている世界、
大英博物館《特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」

世界最大級のエジプトコレクションを誇る大英博物館だけに、目を見張るものがズラリ。

展覧会の構成は以下の通りです。
  1. アメンイリイレト テーベの役人
  2. ネスペルエンネブウ テーベの神官
  3. ペンアメンネブネスウトタウイ 下エジプトの神官
  4. タケネメト テーベの既婚女性
  5. ハワラの子ども
  6. グレコ・ローマン時代の若い男性
2021上野美術館巡り10.jpg
国立科学博物館
2021上野美術館巡り11.jpg
特別展入口
2021上野美術館巡り12.jpg
入場者カード
2021上野美術館巡り22.jpg
大英博物館の6体のミイラ

CTスキャナー画像から作成された高精度の映像で、6体のミイラの、生前の健康状態やミイラ化の過程などが解明されていきます。

メデイアや文献などでは鑑賞しますが、実体に逢う??のは初めて、恐いと思いながら入館。

28年前にヨーロッパを旅した時、大英博物館をほがらかおじさんと二人、ヒースローから電車とロンドンタクシーを乗り継ぎ大英博物館へ。
叔父さんは興味津々で、すぐミイラを見に行きましたが私は恐いので別行動、
(写真;科博HPより)
2021上野美術館巡り23.jpg
テーベの既婚女性 3層の棺
2021上野美術館巡り32.jpg
死者の書 楽園イアルの野
2021上野美術館巡り24.jpg
ミイラの内臓を保存する壺
2021上野美術館巡り25.jpg
葬祭用の船の模型

再生を願いミイラ化の技術を何百年もかけて洗練させていったという古代エジプト人。
神々の造形や儀式の道具に、最上級の技術とこだわりが込められていたことがわかります

何重にも巻かれた包帯でしっかりと個体を保護し、その上には素晴らしい彫刻、絵画が描かれた木棺に入れられて5000年、6000年を経てきているのねえ。

2021上野美術館巡り13.jpg
ミュージアムショップ
2021上野美術館巡り33.jpg
ミイラ展図録

彼らの技術は信じられないものが有ります。
ほがらかおじさんとは、はぐれてしまい、会場内は暗いので早々に引き上げ、出口で待つことに。

最後はクワバラ、くわばら、どうも苦手です。  暗いところや寂しいところが余計に怖くなりそう。
posted by ほがらかさん at 10:49 | Comment(0) | .レジャー 美術館

2021年11月02日Tue

10/30 第25回こつこつクラブ会(報告)

2021こつこつクラブ会秋1.jpg晴天、秋晴れの中気持ちの良いそよ風に吹かれて気持ちの良い一日、
またお仲間さん8名で喧々囂々やっぱり、3時間以上の楽しい、楽しい一時でした。

コロナウイルスに振り回された昨年に続き、やっと緊急事態も解除されほぼ一か月、待ちに待って開催できた事を皆様に感謝申し上げます。

今回はちょっと崎陽軒の奥座敷的な、静かで趣のある戸塚崎陽軒イタリアリストランテ 「イル・サッジオ」 の料理を堪能、ご満足いただけたようで安心致しました。

横浜駅崎陽軒地下 アリババ はビュッフェスタイルで好きな食べ物をご自分でピックアップ、しかし、今回は座っていれば全てなんでも出てくるのが良かったです。

アリババも開店していましたが、こちらの方が私達高齢者には心配なく利用できるので・・・選んだ理由はこれが一番でした。

2021こつこつクラブ会秋2.jpg
戸塚崎陽軒 リストランテ イル・サッジオ
2021こつこつクラブ会秋3.jpg
落ち着いた雰囲気で南イタリア料理を味わえます
2021こつこつクラブ会秋4.jpg2021こつこつクラブ会秋5.jpg

とかく私達は椅子席でも立ったり、座ったりは非常につらいですものね。楽ちんですものね。
レストランから、皆様にお好きな飲み物を一杯サービスして下さり、ノンアルビールは一人一人に注いで下さる恐縮ですわ。

2021こつこつクラブ会秋6.jpg 2021こつこつクラブ会秋7.jpg
2021こつこつクラブ会秋8.jpg 2021こつこつクラブ会秋9.jpg

基本的にはランチセット、サービス、税金込みの料金ですが、アラカルトでカンパチのルパッチョ、ピザも追加しました。
やっぱりコスパも大事ですよね、それも合わせて大満足のランチセット、お店の佇まいや、景色まで入れると本当にゴージャス。

きありいさん
プリちゃん
さっちゃんさん
マリリンさん
さゆりさん
マロンちゃん
ももちゃん

楽しい一時を本当にありがとうございました。

**
お仲間さんの、ご提案で、長かったコロナで逢う事、話すことが出来なかった日々を取り戻そう??って、こつこつクラブ忘年会を開催することになりました。

同じ戸塚原宿崎陽軒 中華レストラン喜宮で、12月4日 土曜日 11時半から開催予定、
すでに予約は入れてありますので詳細は後程掲載しますのでよろしくお願い申し上げます。

皆さまご一緒に如何でしょうか?   
♪♪ 楽しみにお待ちしていま^^^^す ♪♪
posted by ほがらかさん at 09:11 | Comment(0) | .こつこつクラブ クラブ会