2007年11月29日Thu

1年260日 こつこつクラブ発足

花屋のプリチャンや骨きりのお仲間6人と楽しいランチ会です。

片足、両足とも人工股関節、手術は皆市大で全員がDR.稲葉の手術を受けて、あ^^だこう^^だととても話が弾み、市大病院10Fのレストランで久しぶりに同病相哀れむではありませんが遠慮しながら3時間も。。。。

集まりの名前も私が勝手にコツコツ(骨を意味します)(こつこつ真面目にの意味もあります)クラブにしました。
とても響きが良くて例えばハイヒールを履いても コツコツと音がするでしょう??それも一緒に架けています。 いつまでも元気な姿でお目にかかれることを期待しながら。。。。
これからも年に1回は集まって、おしゃべり会をしましょうと、皆さん意見一致です。
posted by ほがらかさん at 23:29 | Comment(0) | .こつこつクラブ クラブ会

2007年11月28日Wed

1年259日 孫娘と腹筋

ご無沙汰しています!!!
落ち葉が黄色い絨毯のようで年間を通して今が一番好きな季節です。
木枯らしさえも何か胸にキュンとなり、ノスタルジーでしょうか。
ちょっとサボっていた早朝温泉のリハビリ開始で足は調子が良いです。
やっぱり体を暖ためると血液も温まるわけですからそれが心臓に送られる、新陳代謝もよくなる、体にいいのですね再認識です。

3歳5ヶ月の孫娘が 「お婆ちゃん、腹筋できる??」と得意そうにやってくれました。
な、なんとこの年で腹筋をやるとは・・・・と・ほ・ほ・です。
それがまた上手に簡単、体ごと筋肉のバネのように柔らかく「はあー参った、参った」
ほがらかさんお手上げです。
posted by ほがらかさん at 15:50 | Comment(0) | .術後観察 術後1年(2007年)

2007年11月08日Thu

1年239日 天国に一番近い島(2)

タクシーボート前のあんみつ3人グループニューカレドニアの食事は3人でシェア-です。
40年来の古き良き友なのでメニューも直ぐ決まります、 どうして気が合うのか仲良しなのかわかりませんがよくも40年お付合いをしているものだと感心しています。
3人とも性格はまったく似ていません。 強いて言えば血液型 AB型2名、B型1名のトリプルコンビです。
二人が私の重い荷物はほとんどもってくれたので足に負担がかかりませんでした。

マルシェで買った茹で蟹マルシェで買った日本であれば必ずや1万円はするであろう大きな茹で蟹をバルコニーで
ホテル玄関前の庭から綺麗な丸い石を取ってきてそれで蟹の爪や甲羅を割り、身を取り出し本当においしく食べました。
これも食べたい一心で知恵を絞ったのです。 原始的な生活でした。

ホテルからプレゼントされた招待券で3人でカジノにも行きましたが充分楽しみ、ワインもワイングラスにナミナミと注いでくれ、またおつまみは3回もお代わりをして合計7CPFの(日本円で約1000円です)勝ちでした。
(これ以上はきっと勝ち目はありません)

レストランではフランス料理をオーダーしましたが残念ながらそこそこにおいしいとは思いますが東京では食べたくない味ですね。
ニューカレドニアで絶対にお奨めできない料理はパスタ類です。 パサパサ、ノビノビ信じられない位で日本ではそのレストランに文句を言えるほどです。

日本人の舌の感覚は最高と思いました。それにとても綺麗好きで衛生面でも世界で一、二を争うのではないでしょうか? 
日本はまだまだ素晴らしく再認識して帰国いたしました。
posted by ほがらかさん at 23:32 | Comment(0) | 海外旅行 ニューカレドニア

2007年11月07日Wed

1年238日 天国に一番近い島(1)

カナール島からホテル ル・サーフを望む寒くなりましたねー
天国に一番近い島から帰還できましたねー
一点の曇りも無い真っ青な海、光り輝く太陽、何所までも続く真っ白い砂浜、写真で見る景色と同じでそれはそれは本当に綺麗な海と空を見て感激しました。
太陽にじりじりと焼け付くように照らされますが木陰に入ると寒いぐらい涼しいので湿気が無いのはこんなにも爽やかなのねーと実感し、気分は最高でした。
が、人工股関節はちょっと回転が鈍いようで杖は必要でした。気は焦るのですが足がもつれて早くには歩けずやっぱりのろちゃんでした。

ベタなぎの早朝の美しい海岸をあるきながら、杖がなかったらもう少し絵になるのにと思いながらノスタルジックに歩いていると、行き交う人々が笑顔で「ボンジュール、ボンヌジュ-ネ」って言葉を掛けて下さることにも感激し、私も同じように返して・・・フランス語よ??・・・・サッパリ解りませんが・・・
世界で一番美しい言葉はフラン語と聞きます。
ゆっくりと話を聞いているとそのように聞こえましたねー。なんとも言えず心地よい響きでした。
アジアの言葉以外の語源はラテンからと聞いていますが同じ単語は英語、フランス語、スペイン語等等ありますねー 言葉って良いですね。

バスはなかなか来ませんが乗ったら最後もう神風タクシーのように飛ばすのでしっかりつかまっていないとカーブなどは落っこちそうでした。

本島ヌメアからカナール島を望む首都のヌメアからタクシーボートで5分ぐらいの無人島カナール島に渡り、そこで魚と一緒に泳いで来ました。
だって美しい??ほがらかさんのおみ足に、いらっしゃいとでも言っているように、つんつんと口をつけて人の足をさえぎって、集団でさーと抜けていくのですよ。
それも海に潜らなくても上から本当に手でさわれるようでした。
波の引きが強いので、海岸沿いよりも胸までくる沖のほうが股関節に良いようです。
海で泳ぐ時は真っ直ぐ立ったほうが波に足をすくわれなくて危なくないです。
ちょっと泳いでも疲れたら直ぐ立つことが出来るので安心です。注意しないと何時脱臼が起こるかわかりませんもの、楽しみながらも足には気を付けましょう。

明日に続きます。
posted by ほがらかさん at 11:32 | Comment(0) | 海外旅行 ニューカレドニア