2010年05月31日Mon

4年78日 黒金持ちと風船かずら

いやー、信じられないぐらいの雨です。
おかげで裏庭は細かい草が芝生のごとくはえてきました。
これから草取り紛争です。

黒金持ち玄関の木は早朝5時から2時間かけて思いっきり坊主にしました。 
大金持ちにはなりたいけど・・・・木の名前は黒金持ちです。
一枝切っては枝ぶりをみて、「ま^^いっか」
師匠曰く 
「思いって切ったね、いいよ、いいよ、うまいね^^^でも70点」
「後の30点はなんですかね??」
「今後の課題だよ」  何だろうね???

風邪通りがよくなったのか葉っぱの色が良くなりましたね。
風船かずらの芽吹き

風船かずらの芽が12月1日に植えたのがやっと芽吹いてきました。
九州からもらった種が横浜でどんな咲くのかな^^^。
posted by ほがらかさん at 11:36 | Comment(2) | .園芸 四季の花

2010年05月23日Sun

4年70日 パウンドケーキを焼く

2日連続で真夏日、今日はうって変って肌寒い。
裏庭畑仕事も一段落、つくろい物も??一段落、しかし足を見て驚きです。

少し短い左足首がちょっと問題です。坂道を上下するので足にはかなりの負担かも。
正座をしてもふくらはぎが浮腫んでいてうまく座れません。
パンパンに肥った円太棒にのっかているようです。
長く腰掛けたり、同じ姿勢をしていたのも影響があるかも・・・・
座ったり伸ばしたりしているけど今の所効果は無し^^^。

昔はむくみなどマッサージなどすれば取れていたけど、今は年かしら??
水分を減らせば浮腫みも少しは減るかな^^と遠慮してる。

でもま^^命にかかわる訳ではないから時間もできたし、早速好きなパウンドケーキを焼く支度に。
焼きあがったばかりの熱々 添加物も無く素材が良いので安心
食パン代わりに焼きあがったばかりの熱々が特に美味しい。  
冷めるまで待つなんてもったいないね。 この食べ方はお奨めです。
お隣さんとお茶のみをすると必ずこのケーキを焼くのですが美味しいって言われるとついつい
「遠慮しないで召上って」 と進めると、「そう??では」 と半分はお腹に・・・・嬉しいですね。
自宅で作るケーキは添加物も無く素材が良いので安心して食べられます。
posted by ほがらかさん at 14:28 | Comment(0) | .暮らし 料理・グルメ

2010年05月21日Fri

4年68日 物作りの楽しさ

物作りの楽しさに時間を割いています。

ことしのターゲットは物を増やさないと決めていますが家族は 「誓約書を書いて・・」って笑ってけど。
一念発起で箪笥の肥やしも整理を始めました。

古い和服をハッピなどにリホームです、縫ってはほどきですが形に出来上がってくると本当に嬉しい。
「あらら、私って結構できるじゃん」 見たいに良い気持ちです。
総絞りの羽織は、ストールやマフラー、半天、婿殿の母上にもリクエスト頂き、ほどいた時には「唖然」となり本当に試行錯誤でした。 が、少々手間隙を掛けて出来上がり。
なかなかのものでお出かけ用コートもどきです。
今日は汗だくになりながら、女性の第一正装「江戸褄」の裾模様が気に入っているので捨てても良いぐらい古い着物ですが捨てるには忍びない。

思い切って巻きスカートに変身です。 おめでたい席にそのスカートと黒のフラウスをあわせればモダンな衣装に変身です。  ただし着こなせばのことです。

昔、おばあさんが縁側で 背中を丸め、真ん丸いめがねをちょと落として肩をたたきながら
「あ^^^肩がこるねーー、誰か肩をたたいておくれ!!」  今まさにその心境です。
posted by ほがらかさん at 19:10 | Comment(0) | .術後観察 術後4年(2010年)

2010年05月17日Mon

4年64日 夏野菜一杯植えました

裏庭の草取りが全部終わり、気持ちがい^^^^い。 だって地面が出てきたら早速いろんな鳥たちが畑訪問です。
おいしそうについばんでいるけどきっと虫でしょうね。
昨年の経験を踏まえ、夏野菜も一杯植えました。
生まれて初めて鍬を買いました。 
ホームセンターでどれにしようか迷っていたら70歳前後の農家の方が
「この鍬がとても使いやすいから騙されたと思ってこれ買いなさい」 
「そうですか、判りました」
「肥料は??買ったの?」
「え、いりますかね?」  
「だってご飯食べないと生きられないでしょうが」
そうかな^^^と思っていたらその人はどんどん私の籠に肥料を入れて
「うん??え?こんなに必要なのですか?」「ま、これだけあればいいだろう」 
信じられない会話でしたがしっかり先輩の意見に賛同しおかげで鍬は大活躍です。

苗からは、ごうや、スイカ、トマト、キューリ、ピーマン、トマト、ナス、しし唐、カボチャ、とうもろこし。
種からは、さやえんどう、ほうれん草、ニンジン、オクラ、くうしんさい、茶豆。
その他コスモスや百日草など花の種もそこら辺一杯蒔きました。

収穫が楽しみ。
posted by ほがらかさん at 20:34 | Comment(2) | .園芸 家庭菜園

2010年05月14日Fri

4年61日 赤く熟れたイチゴが無い

今日はいささか腹の立つ気分です。
だって丹精込めて今年こそはおいしいイチゴをと思いやっと赤くなり、でも孫娘に残しておきたいねーと思い、一日様子を見ようと思っていたのです。
お隣さんが 「玄関に入れたほうが良いですよ」  誰も取らないから大丈夫よと言ったのですが。

しかし今朝驚き、桃の木です。 赤く熟れたイチゴが無い!!!どうして!!
見るとイチゴのへたがイチゴの箱のそばに食べかすがある!!うん??
なんと誰かが取って食べたのです。  もう悔し^^^^い、初めてなったイチゴなのに^^^

かろうじて小さいイチゴが4個残っていましたが本当に甘い、新鮮でこんなにおいしいイチゴは初めて食べました。 水遣りや、草をとるのもスクワット運動をかねて・・・・。半年の思いが泡となり。

信じられないことをするのね^^^、これからはさっさと食べよう。
少し時間がたったら腹の虫も少し収まったみたい。時間って必要ね。
posted by ほがらかさん at 12:05 | Comment(0) | .園芸 家庭菜園

2010年05月12日Wed

4年59日 娘の仲良しのこと

娘の仲良しチュンちゃん昨日から一ヶ月間のモロッコ見聞録へ旅立ちました。

仲良し3人で我が家で昼から飲兵衛様よろしくずっと食べ放題飲み放題でお帰り頂きです。
若い子はふらっと簡単に 「私、来週から白い地モロッコへ一人で一ヶ月出かけてきます」
あらら、そうなの 「カサブランカダンデイー」 のお膝元へ???

「ちょっと白い地モロッコに・・・ あちらの料理は好きなので堪能したいと思い・・・・・」
おばさんの私は思わず、 カスヴァの方??? 「え、カスヴァって何処?」 誰かが「違う、違う」そこじゃなくて砂漠よ、サハラよ」 マックのサハラじゃない本当のサハラ砂漠だって。
ヨーロッパに近くてもアフリカ大陸だもの、お土産話楽しみにしています。
花のカサブランカは大輪でゴージャスで香りも大好きですが。

チュンちゃんはちょっと前には、ボリビアからアマゾンに入り、そこで得た有酸素の素晴らしい体験、体がとても楽になるそうでアマゾンが特にお気に入り、体全体がすっぽりと酸素にふあっと包まれるそうで何ヶ月も過ごしたそうです。
またインドにも仏教の悟りを開くように一人で4ヶ月も滞在したとか。 そんなに若くて 「悟り」 を開いちゃ駄目よ、人生は長いんだからゆっくりじっくりと進んで^^^。
若くてチッチャイ体でなんとパワフルな事か!! 可愛い身長は1m47,8センチ位で超可愛い。
アマゾンは世界の3分の2の酸素を供給しているそうです。

ほがらかさんも体一杯酸素を吸いたい。 だって脂肪が邪魔して隅々まで酸素が行き届かな^^^い。
posted by ほがらかさん at 16:52 | Comment(2) | .暮らし 友達

2010年05月10日Mon

4年57日 第5回こつこつクラブ開催

前回からもうすぐ半年、月日が経つのは本当に早いですね。
下記のようにいつもと同じ場所ですが第5回こつこつクラブ開催です。

おしゃべり会が始まりまーーす。 飛び入り参加も大歓迎です。
参加ご希望の方は、メールまたは広場にご連絡ください。
また、当日直接会場にこられても結構です(予約なしのバイキングです)。特に終わりの時間は決めていなくて勝手に参加、勝手にお帰りをして頂いております。

人工股関節の方もそうでない方も股関節の事で悩みがあれば、話すことで少しでも楽になれば・・・

日時: 6月5日(土曜日)
時間: 午前11時〜午後3時
場所: 横浜 崎陽軒本店B1F 亜利巴″巴″(アリババ)
    費用 ランチバイキング 1,680円
    (アルコール以外は飲み放題、食べ放題です)
    電話 045-441-8720  案内地図
  (場所は横浜駅東口地下一階ポルタからが便利です)

いつものように勝手におしゃべりして、それぞれのおみ足のご自慢??でしょうか。

元気な姿でお目にかかれることを楽しみにしています。
posted by ほがらかさん at 14:54 | Comment(0) | .こつこつクラブ クラブ会

2010年05月05日Wed

4年52日 孫娘のピアノ発表会

昨日は孫娘のピアノの発表会レビューです。

一番小さい生徒で最初の開演挨拶をしなくてはいけないようで、親は必死で間違いないように練習させていたようですが、間違いなくしっかり大きな声で挨拶をする姿に感激でした。

ピアノ発表会開演挨拶 ピアノ独奏

どの子も間違わないように一生懸命、それにお父さんたちと一緒の連弾、園児から小学生までの生徒のベル演奏、プロのコンサートマスター率いる弦楽四重奏で思わぬモーツアルトまで楽しめました。

ピアノ独奏

パパと連弾

公共の小さい音楽ホールなのに・・・素晴らしい音響装置やグランドピアノが設置されていました。
高音がとても可愛く、「なんて響きの良い華やかな音なの??」 遠めに見えたグランドピアノはスタイルもすばらしい 「スタインウエイ & サンズ」 コンサートD-274 へえーこんな小さいホールになんと贅沢なピアノなの?? もう嬉しくなりました。 こんな贅沢なピアノので発表会もあるんだーと先生の選択にエールです。
娘と連弾の長男曰く、こんなに素晴らしい音だと楽しくって嬉しくって、下手でもうまく聞こえるよ^^。

D-274 はプロのピアニストしか弾けないと思っていましたがわが町にあったとは・・・・車で10分程度。
ホールの主任さんに尋ねたところ、良くぞ聞いてくれましたと言わんばかりの愛想で丁寧に説明をして下さり 「スタインウエイのコンサート最高のピアノを区民の皆様に素晴らしい音を提供したいので」。
2000万円に50万円のおつりしかない、超高級なピアノですが区の出費は必ず実を結ぶでしょう。

だって素敵な音楽を聴いて心豊かになれば必然と区税も??入ってくるのではないかしら。
posted by ほがらかさん at 09:45 | Comment(0) | .暮らし ファミリー

2010年05月04日Tue

4年51日 白川郷と北陸の名湯巡り

翌日は近くの湯の山温泉で婿殿のご両親に招待され一泊、山の中腹にあり伊勢湾一望遠くのライトがとても綺麗、山のもやのかかった夕焼けの空、目の前の若芽 思い出します。
希望荘展望露天風呂 希望荘から黄昏時の展望
御在所ロープウエイから御在所岳をみる 御在所ロープウエイから伊勢平野・伊勢湾を望む

「目に青葉、山ほととぎす初かつお」 なんて風流なの???

木々に止まっている鳥は名前はわかりませんが  「春よ^^^春なの♪♪」 とさえずっていますね^^・

’まこも’ってご存知かしら??私は娘に聞かれ、それは多分海藻よ・・・・知ったかぶりをして答えましたが実はイネ科の植物らしく菰野の名産とか・・・・

一路、伊勢神宮に・・・17年前に来たのですがその時は遷宮の用意で町がとても活気ずいていましたが今回はちょっと寂しいかなーーー。でもどの家にも立派なしめ飾りが玄関に飾ってあり町全体が神様に敬意を表しているのだとか・・・。
伊勢神宮外宮 豊授大神宮 伊勢神宮内宮 皇大神宮
伊勢赤福本店 伊勢おかげ横丁

驚きは赤福でお土産を買いたいと思っていましたが何軒かある赤福のお店では全て売り切れ、何も無く一皿3個入っているお店で食べるだけのはありました。
やっぱりおいしいね。 9個入りは一人で全部平らげるぐらい好きなのにもう涙ものです。

4月26日は平日なのに・・・人気があるのですねー、一番残念なのは目の前で全て買い占めた「おばさま」しゃくだよねー、食べ物の恨みは怖いのを知りませんか?
せめて、後の人にも少し楽しみを分けてあげようと思いませんかね。私もおばさんですが・・・・
無いとわかればどうしても手に入れたい気持ちはわかりますがね^^^^。

「伊勢神宮の全ての神様、どうか好きな時に好きなだけ赤福がお腹一杯食べれますように」



京都に行く前に信楽焼きの里に。

二代目谷清右衛門さんの陶房で登り窯と穴窯を見学、ビールの細かい泡立ちが素晴らしい指に馴染む小ぶりの湯飲みを一つ求める。
代々窯元で古伊万里の収集、また弥生時代から歴代の信楽焼き収集家としても名の知れた方です。
展示場や大切な窯まで車で連れて行ってくださり説明までも。
谷清右衛門陶房 陶房内の作品
古伊万里資料館 狸の型をした穴窯
それに穴窯は狸の形でした。 天井がぽんぽこりんのお腹で煙突場所が顔でちょうど狸ちゃんのようでした。 信楽焼きって狸の焼き物と思っていましたがこの窯には一匹もいない。
「何、狸??そんなものは焼かないよ」 と言わんばかりに一喝されました。

帰りにはおいしいお茶を自ら入れて下さり、火鉢の茶釜から適度な湯を汲みだし最後の一滴まで搾り取るお茶はとても甘く茶人の楽しみが少しだけ解りました。

京都を出てから彦にゃんのいる彦根城に。無理かと思いましたが奈落の底に落ちそうな階段を上り天守閣まで、でも下りがまた大変でした。
彦根城天守閣 天守閣からの展望
ニコニコさんから親切なメールを頂きお返しに 「お土産はなあに???」と聞きましたところ
「彦根城を買ってきてね^^^」 買う予定でしたが国宝なので売買は一切出来ないとか??
本当に残念ですがニコニコさん許してくださいね。
(冗談でしょうが、ほがらか一家が餓死しても多分お城への入り口あたり2,3坪が限度でしょうね)

一路飛騨高山、白川郷と五箇山の合掌造り集落へ。
世界遺産の白川郷・五箇山、今現在その建物に住んでいらっしゃるには驚きです。
白川郷和田家 和田家屋根裏
五箇山菅沼合掌造り集落 五箇山相倉合掌造り集落
本当に大きな家で、冬の雪深い時、一階にある囲炉裏の炎で家中が暖房の役目をしているとか、おかげでお蚕様には最高の湿度だそうですが寒いよね、今年は3メートルも雪が積もったとか。

その後は石川県を目指し金沢の兼六公園で散策、さすが加賀百万石のお膝元だけあって手入れの行き届いた素晴らしい庭園でした。
兼六園唐崎松 兼六園霞ヶ池と徽軫灯籠
兼六園庭園 兼六園菊桜



海風に目が開けられそうに無い輪島の朝市でそぞろ歩き。
海産物や輪島塗の威勢の良い販売合戦、楽しいけど朝早くから「おばちゃん」 達が元気に声を掛けてくれるけどまだ横浜には戻らないのでおいしそうな海産物は買えず、代わりに輪島塗の失敗作を少々買いました。
輪島朝市通り 輪島朝市一夜干し売り
輪島朝市新鮮野菜売り 輪島朝市獲れたて魚の切売り

輪島塗のいいのはお店の外からでも器の艶が良く湯のみ一個でも2万円です。やっぱりね^^^。
失敗作といっても塗って乾かしている間にごみや埃がついて表面に傷があるとか・・・・毎日使うには何も問題なし、おかげで安く手に入れ嬉しい。
輪島塗 大徹漆資料館 輪島塗 なつめの店小西

輪島塗の小鉢、お椀、鍋敷き、スプーン、菓子入れ、銘々皿、まとめてほしくても不良品だから数がそろわない。  ま、仕方ないわね。 のんびりとおいしいお茶と和菓子で楽しみに。

和倉温泉の能登半島まで見学し波が白く感じる怒涛のような高波が怖かったです。
日本では最高位ランクされている加賀屋さんを後に一路黒部へ。
和倉温泉 加賀屋 加賀屋のお出迎え
和倉温泉 湯元の広場 和倉温泉総湯露天風呂

宇奈月温泉で宇奈月ダム湖畔にある冬季閉鎖の日帰り温泉とちの湯の露天風呂に入り本当に素晴らしい景色でした。
前面は5月1日に全線開通したトロッコ電車を遠くに眺め、見渡す限りの緑色をした宇奈月ダム湖、真っ青な空、雲と山々の頂上の雪が区別がつかないほどの万年雪、最高峰は2800メートルだそうです。
もう嬉しくって感嘆詩が出きそう。 
宇奈月温泉とちの湯 宇奈月トロッコ電車

今回の旅は富山県と新潟県の境にある親不知の絶壁断崖で終わりにしました。
そばで見ているだけで吸い込まれそうで怖かった。これでは自分の身を守るだけで親は子の事を子は親の事までは回らない絶景地でした。
親不知・子不知 親不知海岸で翡翠探しをする人々

ことわざに 「親の心子知らず」 なんてのもありましたっけ。
8日間、総行程1,890kmの旅でした。
posted by ほがらかさん at 23:57 | Comment(0) | 国内旅行 白川郷と北陸の名湯巡り

4年51日 ガーデンパーテイ式お披露目

娘の嫁ぎ先で 「自宅にてガーデンパーテイ式 お披露目」 があり、先週鈴鹿山脈のふもとまで東名で6時間運転です。

♪♪花嫁は夜汽車に乗って〜♪♪ 懐かしい唄がありますが我が家の場合には
♪♪花嫁は早朝車に乗って〜♪♪ 車で早朝に積んで??行きました。

風光明媚な見渡す限りの田園風景、鈴鹿山脈の風が吹き降ろしています。
でも丹精込めて手入れされた広い庭、四季折々の花や木々が青々と・・・・・芝生も広いとこんに綺麗に生えるんだーと感心でした。 留守の間は庭師の方に依頼しているとか・・・・草はなし我が家の裏庭とは大違いで只、只感心のみ。

サーバーから生ビールを上手に注ぎ、シャンペン、お酒類を50人近いお客様に、二人であちらこちらへと笑顔で 「よろしくお願いしま^^^す」 「お代わりいかがですか??」
挨拶をしているのを横目に無礼講ですがふんだんに盛られたご馳走をパクパク。
料理 お寿司屋さん
新鮮な海の幸、山の幸、本当においしかったですね。 自宅にお寿司屋さんもお願いし、好みで目の前で握ってくださる・・・・それもご飯はとても小さくていろんな種類がたくさん食べられ20個は食べたかしら??(肥る訳ですよね・・・特に人が作ってくださったものは問題なくおいしい)

伊勢海老やアワビのお刺身、その頭のお味噌汁、鯛の塩焼き、そりゃほがらか家でも食べますがね^
こちらの大きさ、味共に3倍はあるかしら・・・とこぶしも薄味でおおきな盛皿いっぱい。
あーあ、もう一度食べたいな(不埒な考えは体重増加の一途をたどる)
パーテイの後は家族だけでの祝い膳でしたがおいしい地元酒を頂きすっかり良い気持ち、すやすやとお泊りでした。 
翌日には娘は東京で、婿殿はアメリカで「仕事の鬼」に変身、次回二人が逢えるのは年末とか。

翌朝の食事時、恐る恐る 「昨日のご馳走が残っていれば頂・・・・」 言葉が全部終わらないうちにお母様が 「ほがらかさん、もう何にも残っていないのよ・・綺麗に全部無くなりました」 「ええ!!あの量のご馳走は全部食べたのですか??」 「そうです、嬉しいわ^^、食べて頂けて」
「う^^ん、おいしいものは皆さん良くわかるのね^^」 
婿殿のご両親の素晴らしいアイデアで親戚一同、素朴ながら心のこもった素敵なお披露目でした。

私たちは「御客様」で何もせず申し訳ございません。 
翌日から1週間の車の旅にお弁当まで用意して頂き、おまけに地元の名品までたくさん頂きました。
御両親様には本当にお世話になり有難うございました。
「いたせり、つくせり」 に、感謝、感謝です。
posted by ほがらかさん at 11:43 | Comment(0) | .暮らし ファミリー