2012年07月31日Tue

6年139日 初めての回転ずし

オランダからのお客様に初めての回転ずしを・・・・

オランダでも食べたこと無いと言うお寿司、 近くの回転ずし・・お子ちゃまの大好きな 「かっぱ寿司」 へ家族で。
実はおどろきました、 ここのメニューはタッチパネルなのですが なんと!!4か国語で寿司が掲示されているのねえ。

勝手にオーダーできるように英語で書いてある。種類が解らないと安心して食べないかしら??と心配したのですがもう驚きです。 説明の必要もなく絵で解釈、味は長男が説明、面白そうにおっかなそうにゆっくりと上手に箸を使うことには驚きです。
オランダで随分練習したそうですが箸で食べ物を小さくすることは苦手なようです。

イカや、タコ チュウインガムのようだとか、ハマチやサケは好きなようで、特に茶碗蒸しがお気に入りのようでした。
早速私に作り方を知っているか??と聞くのでもちろん!!お母さんだもの・・作ってあげなくっちゃ。
納豆も食べたので、あららと思いましたが半分でギヴです、やっぱり食べるのは大変、典型的な日本の食べ物と思いましたが今や世界中で売られているし、発酵食品も各国にあるし外国人だから等と侮れないわねえ。

お稲荷さんを中身を確認しながら食べていたら孫娘が大丈夫よって、日本語が解らないはずなのにうんうんとうなずいて食べました。 甘いのもお気に入りです。 
お稲荷さんの原料は何か??と尋ねられ今回はすべて長男が仕切り??うまく説明、支払はすべてこちらで^^^^す。
posted by ほがらかさん at 20:46 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2012年07月29日Sun

6年137日 オランダからのお客様

最近のわが家にも小さな異変が・・・・

長女の友人がオランダで芸術家として活躍、そのクラスの生徒さんの友人のご子息を何故かわが家でお世話をお願いされ、わが家に下宿??大学生ですが、インターンシップで横浜の会社に勤務し、大学の単位が取得できる。

地域の盆踊り大会 マイクの前でインタビュー

昨日は地域の盆踊り大会、夕方早く帰ることを約束して出て行ったのですが・・・・・案の定少しだけ道に迷い、ほがらかおじさんが助け舟です。
でも何とか盆踊りの公園に皆と出かけ、さっそくビールで乾杯!! ウインナーやトウモロコシ、焼きそば、綿菓子を上手にまとめていましたねえ、近所の人たちがあちこちから声をかけてくれ、 焼きそばもビールもおかわりは「ただ」つまり無料でもらっちゃいました。

あれれ!!気が付いたら何時の間にやらわが家のお客様はマイクの前に立っている、ど、ど、どうしたの??

どうやら彼が珍しい客人とあって質問されて自己紹介しているじゃない???解らない日本語にとまどい、 「ほがらかさ^^^ん、どうしたらいいの??」 SOSが来ましたねえ。いま日本の文化に触れていることを話すと何処からともなく 「英語話した^^^い」 双子の音大生や14歳の中学生に周りを囲まれちょっとしたヒーローでした。
此処でもやっぱり叔母様族は強いわ^^^、質問の中身は 「結婚しているの??」「どこから来たの??」 「なにしているの??」 「なんで来たの??」 「何でお宅にいるの??」 いやああ、こちらも答えるのに必死。

でも彼は独身ですが恋人はいますよ^^^の私の一言に 「なあ^^んだ、つまらない!!」 ですって。

二人の師匠達も身振り手振りで彼とコミュニケーションを取り、いつの間にやらわが家の庭でバーベキューをすることになっていました。 近所付き合いも良いものですねえ、みなさん親切です。


今はお客様扱いですが来週からは一人住まいをしていると思って日本の暮らしをエンジョイしてくれればいいなあと思っています。
posted by ほがらかさん at 16:01 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

2012年07月28日Sat

6年136日 オリンピック開幕

いよいよ今日からオリンピックですねえ、さすがイギリスですねえ、演出も素晴らしかったです。
だって派手すぎず、地味すぎずさすがクイーンの国でした。 計画通りならば今頃はイギリスだったはずなのに予定は未定で少々辛い。

開会式で開会宣言は私も大好きな威厳のあるエリザベス女王のスピーチがお元気がないようでしたね、公式の場にしては素敵なお帽子が少々小さい気もしました。 しかしその後の進行は素晴らしくローヤルブルーの照明、演出がイギリスを彷彿とさせるものでした。 世界各国から204カ国年々大きく羽ばたくスポーツの祭典に驚きます。

アナウンサーの声で今回日本はかなりのメダルが期待できそうと声を大にしてコメントしていましたが・・・・・

はてはて、クーベルタン男爵は本当にメダルを争う競技を希望したのかしら??
このオリンピック経済効果を墓場でどう見ているのでしょう??
発展があるのは当然ですか・・・・オリンピックって 「参加することに意義がある」 って習いましたがねえ。
メダルの数よりももっと大事な事があるでしょうに。

もちろんスポーツ音痴でも楽しみたいのですが ルールが解らないと見て解りません。 よって、どちらも応援して勝てば良し、負けてもがんばったじゃな^^^^いと目に涙なのです。
posted by ほがらかさん at 21:21 | Comment(0) | .術後観察 術後6年(2012年)

2012年07月26日Thu

6年134日 ベトナム家族旅行(7/19〜22)

先週祇園祭から帰って翌日から超暑いベトナムへ駆け足で・・・・・・

ベトナム旅行ルート ホーチミン市中心部マップ
画像クリックで拡大表示、また旅行ルートの細部をグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック
(※Vista/IE8(Win7/IE9、WinXP/IE7はOK)で「グーグルマップ読み込みエラー」になる場合はこちらを参照

久しぶりの家族旅行に初めてのベトナム観光と戦争の足跡に見聞を広げてきました。 歴史館で見る悲惨な傷痕、痕跡、目を覆いたいけど反省もしなくては・・・戦争は悲惨です。 
私は戦争を知りませんが人が人を殺しあうなんて・・・・何て恐ろしいことでしょう。

宿泊した「ティエン タオ ホテル(THIEN THAO HOTEL)」 ホテル前のディスコ

ホーチミンの一日市内観光(昼食付 462,000ドン≒1850円)をホテルご推薦にお願いし、とても感じの良い運転手さんとガイドさん、お客は幸いにも私達家族3人だけで車内も広く観光は快適、どこにでも連れて行って下さるシステムに感謝。

最初に訪れたのは、ホーチミン市中心部にあるベトナム戦争の歴史を綴る博物館「戦争証跡博物館」。屋外にはベトナム戦争で使用された戦闘機や戦車が展示され、屋内には大砲や爆弾などの遺物、戦争の足跡をたどる貴重な記録が展示されています。

ベトナム戦争の戦争証跡博物館 ベトナム戦争で使われた米軍の戦車や戦闘機が展示された博物館の前庭
ベトナム戦争時代の写真が展示された展示室 枯れ葉剤の影響で奇形児や障害のある子供がたくさん生まれた

枯葉剤作戦で飛行機で上空からまかれた恐ろしい化学薬品、「ダイオキシン」 これはもう兵器です、その為の後遺症は目を覆いたくなります。 劇薬を上から散布するのですからたまったものじゃありません。逃げ場がないし全てに降りかかっている。

拷問で悪名高かったコンソン島の牢獄を忠実に再現した Tiger Cages(虎の檻)。戦争終結して40年近いけど後遺症はいつまで続くのか・・・痛々しい体に胸が痛みます。

コンソン島の牢獄 Tiger Cage(虎の檻)と言われる監獄もそのままの形で展示されている

此処に収蔵されている写真はほとんど日本の報道写真家が提供したものです。
プレスの腕章を腕に泥まみれになりながらどんな思いで撮り続けたのでしょうか。

本来の観光に戻り・・・・
南ベトナム時代の大統領府&官邸でベトナム戦争終結のシンボルでもある「統一会堂 (トンニャット宮殿)」。庭先にはベトナム統一のシンボルとして、1975年4月30日のサイゴン無血入城の際突入したソ連製の戦車2台が展示されている(前庭写真印)。

ベトナム戦争終結のシンボル「統一会堂(トンニャット宮殿)」 中央に解放軍の戦車が通ってきたレユアン通り、左にその戦車が展示されている
今でもサミットなどに使われる慶節室 壁一面に立派な漆絵で国の歴史の物語が描かれている国書提出室

大統領官邸の中は、ベトナム戦争終結宣言が行われた会議室から大統領のプライベートルームまで、100以上の部屋があり、屋上には大統領が脱出したというヘリポートも見学することができます。

台湾から贈られた龍と鳳凰のカーペットが敷かれた広間 中庭には大統領への贈り物、象の足や船の模型などが展示してある
豪華な家具などの調度品が並んだバー、ダンスフロアのある4階 大統領が脱出したというヘリポート

作戦司令室、士官室、無線室のある地下室は、空爆に耐えられる構造となっていて建物外に脱出するトンネルもあるそうです。

作戦司令室、士官室、無線室のある地下室 通信機器、机、パイプ椅子など当時使用されていたものが各部屋に置いてある

ベトナム戦争は私の青春の真っただ中でした。
志願して横田基地から怪鳥のような真っ黒い機体でベトナムに行った大学生を知っています。 その子がベトナムから帰還してハワイの陸軍病院で一命を取り留め、体中にナバーム弾を受け40か所の手術跡も痛々しく退院後はハワイ大学で学費と永住権を手にした彼の明暗を目の当たりにし、人を突き詰めるような目とおどおどした目の両極端に恐怖を覚えたこともありました。

恋人を人恋しさのあまり、引き付けておく為に綺麗なロングヘアーを一夜で丸刈りにしたり、凶器の沙汰でしたねえ。
彼女はじっと耐え・・・大和撫子を通り過ぎていましたが彼の事が大好きだったのでしょう。
戦争の為に精神に異常をきたし病んでいるのでしょう??殺すか殺されるかどちらかだからと聞きました。
戦争は普通の子でさえもこんなに人間性を変えるのですねえ。


ホーチミン市の西の端、チョロン地区のチャイナタウンにあるベトナム最古の中国式寺院「天后宮(ティエンハウ廟)」。
ティエンハウという航海と安産の神様(天后聖母)が祀られていて、大きな渦巻き型の線香が沢山下がっているのが印象的。

天后宮(ティエンハウ廟) 1760年建立の最古の華人寺
ティエンハウという航海と安産の神様(天后聖母)が祀られている 大きな渦巻き型の線香が沢山下がっているのが印象的

チャイナタウンの中心には、市場の塔が目印のビンタイ市場(Cho Binh Tai)があり、
衣料や雑貨、食料品などの問屋が通路沿いにひしめきあっていて、区画ごとに同じ種類の店が固まっているのでとても便利。

市場の塔が目印のビンタイ市場 メインゲート奥の階段とエスカレーター

ホーチミン一大きなこの市場はすっごく広く、物いっぱい!そして安い!。買い物に時が経つのも忘れます。

荷物置きと仮した日用雑貨品コーナー 置くスペースが狭いのでぶら下がりスペースをうまく使った台所用品コーナー
生地コーナーの通路沿いの店の奥にも沢山の店がひしめきあっている 段々畑のように食べ物が下から積まれたナッツコーナー

食事は何を食べてもおいしかったです、日本人の口に合う味付けでお値段がとにかく安い。感激で^^^^す。

日本にも進出してるベトナムの庶民料理、フォーのチェーン店「PHO24」で、米粉麺を使用した「フォー」とベトナムビール「333」で昼食。パクチー盛りだくさん。

フォーのチェーン店「PHO24」 「フォー」とベトナムビール「333」で昼食

無血奪回した建造物も美しい森や真っ直ぐに伸びた巨木等、台風や地震が無いホーチミンは今活気に溢れています。
若い人が一生懸命働いているし、とにかく路上に溢れる400万台に上るバイク類、横断歩道も信号は無いところが殆どです。

路上に溢れる400万台に上るバイクと真っ直ぐに伸びた巨木の街路樹 突然のスコールに雨宿りするバイク
軒先に椅子と小さなテーブルを並べた裏通りの屋台街 バイクで乗り付け朝食をテイクアウト

危険を感じながらバイクや車の間を縫って道路を横断するのですよおおおお、かなりの勇気と注意力が必要です。

経験して思ったことは途中で止まらない事が基本で一気に渡ります、バイクや車も止まってくれませんが、除けてはくれます。それなり???に注意して走りますから。

道路のあちこちで車座になりながらの食事には閉口、食べる勇気が無い?? きれい好きの日本人にはちょっと抵抗があるかも知れません、お腹が空いているのに・・・食べたいのに・・・・この葛藤は如何なものか? 料金は超安い。

昼食の後は、障害者の自立を助けるためのベトナム漆器の工房へ。

障害者の自立を助けるためのベトナム漆器の工房 手とか足とかにハンデを負った作業員が黙々と作業をしている
作業所を出たところが展示場兼売り場になっている この国の物価とは相当にかけ離れた値段がついているようだ

フランス統治時代の建造物、ノートルダム大聖堂(別名聖母マリア教会、サイゴン大教会)と中央郵便局を見学。

ノートルダム大聖堂 シンプルな装飾の大聖堂内部
中央郵便局 中央郵便局内部とホーチミンの肖像画

レロイ通りからナムキーコイギア通りに少し入ったところにある、日本語を話せるスタッフのいるオーダーメイドの店「フーン・ヤン(Phuong Giang)」。
生地が沢山あり、採寸も、そこまで計るの〜〜というくらい事細かに計りました。一日で仕上がったオーダーメイドの洋服も民族衣装も満足。

オーダーメイドの店「フーン・ヤン(Phuong Giang)」 生地が沢山あり、採寸も事細かに計りました

ホーチミンきっての目抜き通り「ドンコイ通り」まで観光タクシーで送ってもらい、ここで市内観光は終り。
サイゴン川まで続くドンコイ通りを散策。世界各国の旅行者でにぎわうドンコイ通りは並木が続き緑も多い。

ホーチミンきっての目抜き通り「ドンコイ通り」 サイゴン川ディナークルーズ「一路発(168)号」
格調高いコロニアル風の優美なホテル「マジェスッティックホテル」 ラウンジでビールとワインにケーキで休息

エステマッサージも日本から4時間コース(1,470,000ドン≒5880円)をドンコイ通り近くの「ミー スパ(My Spa)」にネット予約して、
パンパンに腫れて靴を履くのも苦痛だったのが不思議な事にむくみも取れました。
足を重点的に長女と共に疲れもすっかり取れ、特にリンパのマッサージはすばらしかった。

黄昏時のサイゴン川 ドンコイ通りの夜景
エステサロン「ミー スパ(My Spa)」 アジアンな雰囲気に統一されたミースパの店内

翌日は、日本からネット予約を入れたフランス料理のランチ(280,000ドン≒1120円)をコースで・・・・ビール、ワインを始め、デザートはプールサイドでイスの後ろからはミスト扇風機が回り、いたセリ尽くせりサービス満点でした。
フレンチ・レストラン「La Villa」は中心地からサイゴン川を渡った少し離れた2区の西欧風住宅街の中にあります。

住宅街の中にあるフレンチ・レストラン「La Villa」 プール付の眩しいほどに光る白亜の邸宅
螺旋階段もあり豪邸をレストランに改装した感じ コースにはアミューズとプチパンが付く

オーナーシェフのご挨拶もフランス的??でただ一つ難点があるとすればシェフのズボンがジーパンだったのが残念。
どうせ形から入るのであれば真っ白いコック服、及びシェフ帽子がほしかったですねえ、それが全部そろっていればお味は満点なので☆☆☆☆☆です。

前菜のシーフードラビオリ メインは肉と魚のどちらかを選べる
プールサイドでデザート デザートのタルトケーキ

昨日のビンタイ市場が地元民の市場なら、今日のベンタイン市場(Cho Ben Thanh)は観光市場ですが、観光客向の店だけではなく、日用品や食料品を売る店もあります。

夕方以降は「ナイトマーケット」が始まり、市場の両脇の通りを巨大な屋台が埋め尽くし、ベトナム料理を肴に酒を飲む観光客や地元の市民でにぎわうそうです。

ベンタイン市場正面入口 果物屋さんのコーナー
市場中央の飲食店街 お土産の「プラカゴ」と「葉笠」

お土産の極め付きは 「プラカゴ(Tui)」 と 「葉笠(ノン・ラー,Non La)」 10セットを市場で値段交渉し、「DONE] となった時にはもう汗びっしょり、体力の消耗も激しくぐったり??でした。 かなり値切りました。

最後は統一会堂近くの「GOLDEN DRAGON WATER PUPPET THEATRE」で、豊かなメコン川を舞台に、1000年の歴史を持つというベトナムの水上人形劇(120,000ドン≒480円)に堪能しながら終わりました。

水上人形劇「GOLDEN DRAGON WATER PUPPET THEATRE」 舞台両袖の生演奏と語りの団員

言葉は解りませんが、パンフレットに日本語など6カ国語で書かれた17の演目が書いてあり、簡単な内容なので人形の動きを見ていれば大筋はわかります。

演目「仙女の舞」 演目「レイロ王、ホアンキエム湖の伝説」
最後の演目「龍・獅子・鳳凰・亀の共演」 人形操作の団員総出の挨拶でフィナーレ

土の香りのするベトナム民謡の生演奏にのせ、テンポの早さとコミカルな動きが何とも楽しく、かなり面白かったです。
posted by ほがらかさん at 13:16 | Comment(4) | 海外旅行 東南アジア

2012年07月18日Wed

6年126日 京都祇園祭山鉾巡行

祇園祭を堪能しました。 2泊3日??弾丸旅行です、16日夜出発、18日朝横浜着です。
高速の夜行バス、なかなか良い乗り物でした。 乗っている時間は横浜駅〜京都駅まで約4時間半です。
早朝の嵯峨野線で嵐山や保津川渓谷の緑に目にはとても深く風流でした。

いやああ、京都の夏は暑いと聞きましたがほんとうに足元から熱が噴出しそう??でした。

四条河原通りを山鉾を追ってあちらこちらと良い場所に移動、でもなかなか人垣や人の頭でチャンスは到来せず、下手な写真を丸出しです。 見学するだけでも大変、本当に身動きできませんでした。

祇園祭山鉾巡行 保昌山
鶏鉾 白楽天山

約2時間絵物語に堪能し、さすが古の絵巻物語ならではのお祭り、これは京都の観光の中でも一番の催しだそうですね。

京都市長さんも裃袴で炎天下のなか大変なお仕事??ちょっとお気の毒ですわ。
でも選ばれた御稚児さん、もう歌舞伎の役者と間違うようなメイクをして肩車で皆様の前に披露。  可愛い^^いし古いしきたりもよいものですね。

裃袴姿の京都市長 肩車で披露中の御稚児さん

最後は涼しい場所を求めて 「お願い冷たいものを飲ませてくださ^^^い」
京都の御ばんざい通りを食べ歩き、長い通りを出るときはもうお腹がたっぷたっぷと鳴っていました。

その後は友人の友人を訪ねて京都から舞鶴まで往復5時間車で移動、おいしい舞鶴産のお魚を食べにすっ飛ばす??肝っ玉母さんの運転にさすがのほがらかも助手席で小さくなっていました。
何故って?? 深い山々の夜は怖^^^^い、だって真っ暗なんですもの。
posted by ほがらかさん at 22:38 | Comment(0) | 国内旅行 関西

2012年07月16日Mon

6年124日 進むべき道とは

暑い、暑^^^い、32度超えていますが木陰に入れば風がとても気持ち良い。
この下で寝ていたいしハンモックで揺られていたいわ。

いまどきハンモックで吊るなんて時代遅れかしら??知っている人いるかしら??
この暑さの中、御親戚付き合いをしている京都の友人が 「祇園祭」 で最高に盛り上がる17日に招待頂き、初めての祇園祭りを楽しんできます。

ちょっと前に、日経に出ていた企業広告に富士通の キャッチフレーズが出ていました。

「歩んできた道が、進むべき道とは限らない」 ふ^^^ん・・・・・・ちょっと考えさせられたし、何だか哲学??みたい。
企業に関するだけでなく、確かに今まで自分が歩んできた道が一番だとは限らないし、今後は違う方向に進んでも良いのよねえ。

遅すぎる事ってないけど何時かそれに気が付いた時、最適な方向に進めばいいものねえ。
posted by ほがらかさん at 19:31 | Comment(6) | .術後観察 術後6年(2012年)

2012年07月12日Thu

6年120日 ウオーキング雑感

豆粒ほどの黒い目の緋鯉楽しい光景を目の当たりに・・・・

久しぶりに覗いたウオーキングコースの川の中、音がするので何かしら??と思ったらタイミングよく緋鯉が水面上にはねていましたねえ、 ちゃんと目も黒い豆粒ほどですがあり、何ともひょうきんな顔でした。

何ともへんてこな木のオブジェ公園の木の上をこれも何気なく見たらどうも変な格好していました。

どれどれとカメラを向けると、何と大木の枝だけが切り落とされ、子供が面白くて大喜びしそうですがあまりの高さにどうやって登るの??何ともへんてこなオブジェです。
鳥の休憩所??には格好の場所です。
posted by ほがらかさん at 13:05 | Comment(4) | .術後観察 術後6年(2012年)

2012年07月10日Tue

6年118日 コチョウラン4鉢

今日は、日頃の労力??にご褒美が・・・・

早朝ウオーキングに1時間半、近くで可哀想な位素晴らしいお花達が風と雨にさらされて、何とかしてあげようかしら??と思いお花に近づいたら、その開店したお料理屋さんのご主人が中から出て来られ、声をかけてみました。

「一本頂いて宜しいでしょうか?」 「どれがいいの??一本、一鉢??」
「ええっ??この鉢でも宜しいのですか?頂いていいのですか??」
「どれでもいいですよ!!」
「嬉しい!!じゃ鉢を頂きま^^^す」
どれにしようかいろいろ迷いました、だってそれぐらい玄関先にお祝いの花束が届いていましたから。

胡蝶蘭「ゴールドフィンガー」 玄関の胡蝶蘭
出窓の胡蝶蘭 玄関カウンターの胡蝶蘭

迷った挙句、頂いたのは胡蝶蘭の種類で珍しい 「ゴールドフィンガー」 淡い黄色で6本立て、可憐で素晴らしい。
白い胡蝶蘭は花びらが上を向いていますがこのゴールドフィンガーは何となく控えめにちょっと横に咲いています。
控え目で 「私も胡蝶蘭ですよおおお」 と豪華な花を主張しない咲き方に説明書では花言葉が 「愛」 お気に入りです。
車で取りに来ますからとお礼を言いながら再度お店に伺い、あまりに周りがお花で汚れていたので、ほうき、塵取り、水差し、花ばさみやビニール袋を手に掃除をしてこようと持参。

またまたご主人が出てこられて、「ほっといて良いのですよ・・・花屋を呼びますから・・」 「でもちょっとお掃除させてくださ^^^い」 でも掃除道具の出番は無くご主人の言葉に甘えて一つ頂いて帰る時なんと!! 
「もう少し持っていきますか??良かったら・・・」

そんなわけで欲張り根性丸出し、コチョウラン4鉢も・・・・・御目出度いお祝いをお裾分けして頂き、重たい鉢を車まで運んで下さり、いたせりつくせりで感謝、感謝、ほがらかさんの頭の中もお目出度くなりそうな位、舞い上がってしまいました。

丁重にお礼を申し上げ車に満杯状態で帰宅、わが家はお蔭で玄関からリビングまで花邸??となっています。
胡蝶蘭の程よい香りに包まれています。

幸せな一日に感謝、感謝です。
posted by ほがらかさん at 09:07 | Comment(0) | .園芸 四季の花

2012年07月09日Mon

6年117日 フラメンコ・コンサート

昨日の午後はフラメンコのコンサート、抽選で当たり、目でも楽しめるパフォーマンスに酔ってきました。

横浜市神奈川区民文化センター「かなっくホール」 フラメンコ・デュオ
Ya!Voicesのボイス・パフォーマンス PPPのパーカッション・パフォーマンス

ビジュアル的に形から入る今のコンサートは、まずフラメンコは二人とも素晴らしい音のギター、高音も低音も本当に耳に心地よく 男性二人ロングヘアーを前髪も同じように後ろに一つに束ね、色はどこかちょっとスペイン人に似たような日焼け、洋服は全身黒ずくめに・・・・・思わす 世界の 「パコ・デルシヤ」 を思い出しました。

ドリルあり、コーラスあり、マーチンではあまりの音の洪水に多少の人は必ずコンサートでは 「こっくりこっくり」 しているはずなのに 「絶対に眠らせないぞ!!」 と言わんばかりの音で周りは誰も寝ていない、幕が下りた後は 「ほうおお」 と一息。

フラメンコ!パーカッション!ボイス・パフォーマンスの音とリズムとハーモニーの世界を楽しみました。
posted by ほがらかさん at 07:36 | Comment(0) | .レジャー コンサート

2012年07月07日Sat

6年115日 ヒルトン小田原リゾート&スパ

ヒルトン小田原リゾート&スパの「バーデン・ゾーン」で人工おみ足に慰労を兼ねて仲良しとJR根府川駅まで。温水流れるプールで股関節やおみ足をリラックスさせてきました。

ヒルトン小田原リゾート&スパ正面玄関 開放感溢れるメインロビー

プールの中では水流が早く、またかなり熱い温泉もありで何だかのぼせてしましました。
理由はちょっときつめの水着を着用、身長も高くないので苦しくない程度に爪先立ちで歩き、おまけに底は小さい石の突起物があり、ずっと凸凹した石の上を歩くので原因は其れでした。 何故か疲れました。

お昼前にはやっぱりお腹も空くのですねえ、朝食はお腹いっぱい食べたはずなのに。
前菜もメインも本格的、本当に久しぶりに美味しいイタリアンランチブッフェに感激、スイーツも文句なし、ホールの形がとてもきれい、其れだけでお味も保証できましたね。 目に狂いもなく、いやああ、持って帰りた^^^^^い。 
30種類を超えるメニューで何と!!バーデン入場料セット料金込みの超お得、このランチだけなら700円見当でした。
もちろんランチビュッフェだけならこの何倍もします。

ブッフェスタイルで朝食から夕食まで楽しめるブラッセリー「フローラ」 彩り鮮やかな夏野菜と旬の魚介類が満載のイタリアンランチブッフェ

でもちょっと待って!! 
飲み物がないじゃない??聞けばそれは別料金でソフトドリンクは一杯600円、ビールは1150円、ドリンク飲み放題では一人2000円。
えっ?? 無料で飲めるのは水とお茶だけ 生ビールのグラスを見せて貰ったらわが家のコップとほとんど大きさは変わらない、それで一杯が1150円??? とりあえず飲み放題をオーダー。

これもさすがヒルトン、美味しい生ビールから始まりワイン、スパークリングワインもおいしかったですねえ、温泉でリラックスし、喉も乾いてましたので2本ぐらい空きましたかしら???豪傑??

スパークリングワインは空になったボトルと違うラベルで開けて貰ったのですがあまりおいしくない。
誰かがおいしくない、まずいと言いましたらまた新しいボトルを気前よく 「ぽ^^^ん」 と良い音で??やっぱりこっちがおいしいわよねえ・・・等とソムリエさんのお奨めに気持よく飲んできました。

箱根の山を背に広大な敷地のヒルトン、のんびりと散策しながら絶え間ないおしゃべりにも時間を忘れ優雅な一日でした。
posted by ほがらかさん at 14:26 | Comment(0) | .レジャー まち歩き

2012年07月06日Fri

6年114日 上野の美術館めぐり

最高の暑さの中でじっとするのも・・・・・・それで上野の美術館めぐり、動物園まで行ってきました。

東京都美術館、  前触れの高い オランダ 「マウリッツハイス美術館展」 フェルメール、レンブラント、ルーベンス等素晴らしい絵の展覧を一人で時間に縛られることなく心行くまで堪能してきました。

東京都美術館 フェルメール「真珠の耳飾りの少女」

フェルメールは画廊を営んでいる裕福な女性と結婚し、生涯で30点ほどの作品しか残していないそうです。
なかでも独特な 「青」 は、とても高価でラピスラズリーの色だそうです。 
今回も一番の呼び物は 「真珠の耳飾りの少女」 日本で見れるのは12年ぶり3度目だそうです。
「なんとかちゃ^^^ん」 と名前を呼ばれて振り向いた瞬間を描いたのかどうか?? 入場制限があり30分待ちでした。

お隣の国立西洋美術館では 「ベルリン国立美術館展」 此処ではフェルメール本邦初公開 「真珠の首飾りの少女」 柔らかい黄色のドレスの色合い、窓から差し込む光のバランス、やっぱり光の魔術師かも・・・・。

国立西洋美術館 フェルメール「真珠の首飾りの少女」

レンブラントの作品もみごとでした。
常設展示では 寄贈されている ピカソ、ルノアール、モネや旧松方コレクションのコブラン織のタペストリーなど豪華でした。

最後は上野動物園のパンダに会いに。。。。
むくむくとした可愛い白と黒の毛皮?? 足を投げ出して美味しそうに竹の幹や青笹を食べている様子がゆっくりと観察でき、シンシンは懐妊かもしれない??ので別の部屋にて休養でした。(帰宅後ニュースで訪問日の5日午後出産したそうです。24年ぶりとか)

上野動物園 リーリー(オス)

早朝のウオーキングを含めどれぐらい歩いたかしら??最後はもう足がもつれてあちらにぶつかりこちらにぶつかり階段は上る勇気はありませんでした。 少々左足の付け根が痛い。  

湿布剤3枚、楽し^^^^い一日も貼物で終わりました。
posted by ほがらかさん at 17:40 | Comment(0) | .レジャー 美術館

2012年07月04日Wed

6年112日 新鮮野菜の収穫

雨が降る直前に収穫した裏庭の新鮮野菜です。

裏庭の新鮮野菜3日覗かなかったらこんなに成長していました。もう少しで取遅れになるところ、やっぱり毎日チェックが必要ですねえ。
トマトの愛子ちゃん、黄色いのは種類は解らないけど青くてもおいしい。

驚いたのがキューり接ぎ木で一苗400円で買ったのは何故か枯れて一本も収穫できず残念。 修業が足りない??
茶豆は家族全員で食べても食べきれない位の量で甘かった。

今日も見に来て下さった方が皆様方と同じような言葉で 「あの草しかなかった庭が信じられないですねえ、いつももったいないのに何で植えないのかしら??」 と不思議に思っていたそうです。
同じブロックの方なので 「あの草ぼうぼうの??」 とまでは言われませんでしたが・・・・何を言われてもこの裏庭の心地よさはルンルンです。
posted by ほがらかさん at 11:57 | Comment(0) | .園芸 家庭菜園

2012年07月02日Mon

6年110日 おみ足慰労会(案内)

今年の後半戦が始まりました、もう半年過ぎたのですねえ、月日が経つのは本当に早い。
さて、7月に計画していました;

極楽湯「横浜芹が谷店」
7月11日(水曜日)に予定しています。
入湯料500円(この日はレディースデイで800円が500円です)。
現地集合でお声掛け頂ければ幸いです。

極楽湯では、温泉の中とかランチはご一緒で、おみ足運動やゼットバスで足のマッサージ等も楽しみましょう。
でもお時間の方は遠慮なさらず、ご自分の都合でご参集・ご帰還頂ければと思います。私は9時から16時頃まで館内にいる予定です。

JR東戸塚駅東口(西武側)から極楽湯までの送迎用無料シャトルバス(バス発着場所バス時刻表)があります。
始発は東戸塚駅発 10時50分ですが午前中はその後40分間隔で運行されます。

きっと温泉では口角運動、制限時間なしでカロリーがかなり消耗されることでしょう。

お待ちしていま^^^す。
posted by ほがらかさん at 06:47 | Comment(0) | .こつこつクラブ 温泉会・その他