2013年07月30日Tue

7年138日 若者の交流場所

同じ大学の仲良し6人家族西や東から卒業15年以上経た若者の交流場所のようで・・・・・
同じ大学の仲良し6人が家族を連れて総勢13人、 訳のわからない言葉がとびかっていましたわ。

これからの世界を背負っていく若者たちには、いろんな近状報告が飛び交っているらしい。
逢っていなくても 「お、久しぶり!!」 ってな感じです、フェースブックや、メール、IPAD,WIーFIにつながっていれば、海外への長話も無料、顔を見ながらの会話、最先端の武器を自由自在に使いこなし、世界が繋がっている。

ヨーロッパ大陸、アメリカ大陸、アジア、何処にいても瞬時に、世界中に散らばっている仲間やネットワークを駆使して欲しい情報を手に入れているのは素晴らしい。 が、これ等をうまく使いこなせての話です。

別れを惜しむことなく 「じゃ、また」 って淡々と右へ左へ。 
ほがらかさんには到底無理でこんなに便利な武器なのに悔しいけど瞬時に使いこなすまでには相当時間が必要ですわ。

同じ状況に何度も遭遇しないと・・・・・でも、ま、いいか、オジサマにお願いしよう。
posted by ほがらかさん at 10:29 | Comment(0) | .暮らし 友達

2013年07月27日Sat

7年135日 バーベキューパーティー

すこし風が出始めた頃に総勢10名でバーベキューパーティーを。

総勢10名のバーベキューパーティー ベビーギャングの手作りお誕生日お祝い

わざわざ炭を起こすのも大変だからって・・・師匠自らすべてのバーベキューセットをお借りしました。

椅子やテーブルもすべて師匠の手作り、唯一グリルだけは市販されているガスバーベキューグリルで  これが超簡単、火力もコントロールでき掃除も楽で特にお気に入りでした。 次回にセールがあった時は是非買いたいですね。

焼く、食べる、飲む、日本語も英語も飛び交って良くしゃべる事、楽しい一夜でした。


彼の焼く肉加減、さすが、いつもバーベキューをしているようで、名前は 「キング・オフ・バーベキュー」なんだって。
だから彼の焼く食材すべては本当に美味かった。

最期はベビーギャングの手作りお誕生日お祝いで閉めでした。
posted by ほがらかさん at 23:01 | Comment(0) | .暮らし 友達

2013年07月25日Thu

7年133日 子供たちのクラスメート家族

子供たちのクラスメート家族昨日、早朝5時ロスから羽田に・・・・・・子供たちのクラスメートで家族同然の仲良し4人家族がわが家に・・・・・2年前は3人だったのに、今年は一人増えて楽しいこと、楽しいこと。

でもねえ、3歳のベビーーギャングにもてあそばれています。
電話ごっこを楽しむのですがどうやらほがらかさんは 「エマ」 ってプレスクールのクラスの名前の女の子ですわ。
日本語は話さないからねって、念を押されながらの会話、やっぱり素晴らしい発音ですわねえ、もう一度教えてって言いますと、頭の回転の速いこと、わざと巻き舌です・・・・いやはやお子ちゃまには叶いませ^^^^ん。

誰かにしかられると「抱っこ」って駆け寄ってくるところが可愛いわねえ、やっぱりお子ちゃまです。
二人目のギャングはとても優しく存在すら忘れるほど静かでクール、ぐずることも無くなんて良い子なのでしょうか、8か月ぐらいで離乳食もほとんどなんでも食べる良い子たちです。
無心に食べている口元が何とも愛らしい。

さて、股関節は順調、ジムで運動した後の足の動きや腰の具合、やっぱり調子が良いですね、首までつかってのウオーキングは体重も30%ぐらいしかかからず負荷も無いようで水中ウオーキングはお奨めです。

これに早く気が付けばよかったけど、私の場合には最初から頑張りすぎました。ほどほどにすることが一番で^^^す。
posted by ほがらかさん at 20:48 | Comment(0) | .暮らし 友達

2013年07月20日Sat

7年128日 7月社会人のための歌舞伎鑑賞教室

すこし痛みが無くなるとじっと 「安静」 って言葉が理解できないようで・・・・・

DR・稲葉より 運動は、徐々にはじめてくださいと言われ、 昨日からジム通い再開、でも水中ウオーキングと浮くだけの水泳、やっぱり水中のお魚状態で体をゆらゆら、気持ちが良いですねえ。

7月社会人のための歌舞伎鑑賞教室「芦屋道満大内鑑」お誘いを受け今月も 「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」 へ国立劇場まで。
今月は 鶴の恩返しならず、狐の恩返しのような 「芦屋道満大内鑑 ー葛の葉ー」 狐の表情、息をも付かせない迫力のある踊り、独断と偏見ですがやっぱり女性には無理な踊りですわ、男性陣にお任せしましょう・・・・実際は内助の功、奥様方の力が無ければ無理な事も。

今回はチケット売り場から直行で劇場内へと思っていたらまたまた 澤村宗之助さんの楽屋へお顔拝見。

爽やかな笑顔、ファンクラブの方が 「そろそろお花に元気がないかな^^と思って」 って持って来て下さったら 「有難う、嬉しいよ」 ってご自分で飾っていらっしゃいましたね。   私はただじっと見つめて・・・そうだわ、前回も思ったのにお花は届けるべきでしょう」っと、でもねえ遅すぎました。 慣れないことは身に付きませんね。
今日は焼き鳥屋で一杯・・・もう用意しているからねって、ファンやお友達を大切になさるこの配慮、同時にファンクラブ代表の裏方の仕事は盛り上げるにも大変な努力ですねえ、400年を超える伝統芸術を受け継ぐのも大変な努力です。
posted by ほがらかさん at 16:13 | Comment(0) | .レジャー 演劇・イベント

2013年07月14日Sun

7年122日 お仲間とぷらっとプチ旅

お仲間のミッチーさん、クララちゃんと鎌倉小町へ散策。

待ち合せ場所の暑さに閉口、歩くのも嫌ですねえ、実際に体温以上の暑さにじりじりと肌を焼きつける太陽に 「お日様お願いです、ちょっとだけでも良いから顔を曇らせて。。。」 とお願いしつつ、恨めしく見上げましたわ。

シラスを美味しく食べさせてくれるお店をぶらぶら散策をしながら・・・・・・ある老夫人の経営するお店の二階に。
一階の素敵な老婦人の 「呼び込み」 で、「今日は久しぶりに良いシラスが入っているからこのお店で食べて!!」
「美味しいかしら??」 「勿論!!」 変な会話ですが 「美味しく無かったらどうしよう?」 「それは^^^^責任持てませ^^^ん」

早速冷たいビールで乾杯♪♪ この暑さですもの、昼からでも許されるかもね^^^^。
シラス、いくら、マグロ丼、どれも魚臭さをまったく感じさせない、新鮮でとても美味しかったです。

あちこちのお店を覗きながら定番の 「鎌倉まめや」 で食べ放題試食で吟味し、お腹いっぱいで求めた物は詰め合わせセット、お得でした。 試食のお豆で苦^^^^しい。

暑いので今度は昔懐かしい 「正統派喫茶店」 コーヒーもアルコールランプで布フィルターです、何だかレトロで懐かしい。
音楽も50年ぐらい前からの オールデイズ 思わず口ずさみ   珈琲とレアチーズケーキセット 満足満足。
しばし、湯川れい子さんと小林克也さんの話に弾みました。

1200円のイタリアンゼラードおどろき、桃の木、山椒の木??ありましたわ、さすが鎌倉びっくり仰天。

ハーゲンダッツの紙カップアイスクリームの大きさの 「ジェラテリア イル・ブリガンテ」 の イタリアンジェラート、何と!!!紙カップとプラステックの細い小さなさじが付いての値段、¥1、200円!! な、な、何なのこのお値段??確かに滑らかですが、価値がわからない。

これくださいって言った以上、お値段聞いて 要りません!!なんて言えないので一個を三人でシエアー。
一人、三口もありませんでした。 バブルのように泡と消えましたわ。 こんな商売、庶民的な小町通りでもあるの??

海岸線の夕日を見たくなり 「江ノ電」で 藤沢まで。
江の島のぼんやり感が良いですねえ、台風接近の為波が強かったのにサーファーがひしめいていました。

楽しんだ後にはプリちゃんと合流、居酒屋に・・・・・・あとはクララちゃんとお別れし、ミッチーさん、プリちゃんと「ほがらか亭」にて3人で丑三つ時まで合計17時間の口角運動。
明日は自宅を8時出発予定で明け方まで爆睡。


翌朝和食でお腹を満たしミッチーさん、プリちゃんと3人でMM21へ。

パシフィコ横浜で今日から展示、シベリアの永久凍土から完全な形で発掘された3万9千年前の10歳の少女マンモス 「YUKA」
名前は発掘された地方の名前らしい、全長3メートルもちろん肌を覆う毛も付いていました。

特別展 マンモス「YUKA(ユカ)」 冷凍保存のまま世界初公開の少女マンモス

強烈な冷凍庫の中で、鼻を上に横たわっているのですがこんなにも時間を経ているとは思いない程貴重なマンモス、この地方は夏の間だけ永久凍土の中からマンモスの牙等を掘り出し、生計を立ているそうな・・・・

ツンドラ地帯らしいがどこか日本人やイヌイットにも似ている顔形で不思議な感じでした。 同じようにケサイも展示されている。

プーシキン美術館展 フランス絵画300年隣接する横浜美術館、こちらは入場するには、暑いなか30分位ならんでやっと中に。

押すな、押すなの大盛況、老若男女こんなにも絵が好きなのかしら???と実感です。

ロシア・プーシキン美術館展ですがルノワール、モネ、ドガ、シャガール、ゴーギャン、主だった画家のフランス絵画300年展・・・・枚挙に暇がない。
水谷豊の説明が流れるヘッドホーンを借りてしっかり絵の背景をお勉強。


一日文化や芸術に触れ、最後に、今年6月21日に横浜美術館前にグランドオープンした新しい商業施設 「MARK IS みなとみらい(マークイズみなとみらい)」 を探索。
posted by ほがらかさん at 09:37 | Comment(6) | .こつこつクラブ 温泉会・その他

2013年07月09日Tue

7年117日 ぎっくり腰??

先週金曜日の朝、腰、足の激痛で、ほがらかおじさんが市大に重^^^^いほがらかさんを運び込みました。

この痛さは生まれて初めての経験で本当にどうなったのかしら?と我を疑っています。

シャワーを浴びているだけなのに途中から激痛 うずくまってしまいました、強烈な痛さで居ても立っても居られない、息も付けないほどで着替えすら痛くて体を動かせないのです。
すぐDR.稲葉に診ていただけるように、連絡を取り、無言のまま、市大外来に直行、車から降りても車椅子で診察へ。

目も開けていられないほどの痛みに、どの看護師さんにお世話になったか解りません、若い先生にも稲葉先生にも痛い場所が説明できない程、診察の為に触られる事すらも痛い、大騒ぎでした。
この痛さは治りますか??? 稲葉先生は 「これは必ず治るから大丈夫・・・僕もこの痛みは時々経験しますから」 って。
この痛みに耐えられる方は本当に辛抱強い!!

それも腰から下、右足だけ、左半身は何ともない、本当に不思議な経験でした、診察の時、痛み止めの座薬を使用してから一時間ほどで触る事すら出来なかった足が少し、延ばせることが出来た、寝返りまでは無理だったけど少し体が動かせた、なんと効く座薬でしょうか。
レントゲンでは人工股関節も何ともない、すごく綺麗、原因は何か??最後はMRで診断を。

ボルタレン50ミリとロキソニン、6時間おき、ネキシューム20ミリ夜だけ、2日ぐらいでこの痛みも治まり、きちんと歩けるようになり痛さも半減、横になることも必要無いぐらいです。

昨日はその結果を脊椎専門の先生に・・・・・・何と、ここでも 「何ともないですねえ、脊椎も老化の現象は有るけど特に原因は見つからないですよ、安心して大丈夫でしょう」 ほっと笑顔、先生の有難さが本当に神様のように感じました。

つくずく人間って体のどこかが痛むとき、悪い方向を考えるものですねえ、私はこのまま生涯過ごすのかと驚愕でした。

先生の見解はどうも 「ぎっくり腰」 の類でしょう で、生まれて初めての経験、外来、家中、大騒ぎをしましたが今朝はもう治り、まったく痛みがありません。   本当にお騒がせして申し訳ない気持ちで一杯です。

稲葉先生の教訓・・・「僕は患者さんに痩せなさいとは滅多に言いませんが体重管理、筋力増加に気を付けて」
posted by ほがらかさん at 06:41 | Comment(3) | .術後観察 術後7年(2013年)

2013年07月04日Thu

7年112日 Dr.稲葉 横浜上大岡講演会(案内)

もう梅雨明けかと??思うほど関東は雨が少ないですが西日本の雨の被害は大変。

さて、細胞改造を初めて1か月、結果は多少ありましたがそれよりも足が痛い。
水中の中と思って大手を振って水圧を全身にかぶり、意気込みましたが・・・・結果は??とほほです。

同じ姿勢をしていて次の行動に移るときは足を着くことさえ不可能な激痛です。
思案は募るばかりですが、全然痛みを感じないときもあるので骨折や、ひび等の懸念はなさそう、ただし素人判断です。
先週は何処も悪くないし骨密度も上がっているからと太鼓判を押して頂いたのに・・・・・2,3日後は激痛、先生におすがりするより方法がないわねえ。

こつこつと元気に綺麗にに歩けたほがらかさんも、今は背中を丸め、よろよろと歩く姿も無惨です。
何とかして!!!!座り方にも問題があるかも。

さて、DR.稲葉の講演会が下記のようにありますのでご案内致します。

5月の時もやっぱり聴いて良かったと思いました。
一番大切な股関節の仕組み、痛みがある方にはどの部類なのかも多少なりともご自身で判断できるのではないでしょうか?


NPO法人のぞみ会 神奈川支部主催「医療講演会」
  講師:稲葉 裕先生(横浜市立大学医学部准教授)
    :「演題未定」
  日時:9月29日(日)13時〜15時
  会場:ウィリング横浜12階  045-847-6666
     (上大岡・オフィスタワー内)
  費用:のぞみ会員 500円 一般 1000円
     ◎事前申し込み不要
posted by ほがらかさん at 11:18 | Comment(3) | 股関節教室

2013年07月01日Mon

7年109日 フラダンス発表会

家族全員で応援???可愛いお嫁ちゃんの発表会です。

ホアロハ・フラ・スタジオ第8回発表会 ゆったりしたハワイアン音楽の流れるフラダンス

ゆったりしたハワイアン音楽の流れるフラダンスの発表会に久しぶりに南国の世界へ。

やっと歩けるちっちゃいお子ちゃま2,3歳ぐらいから上は、かなりの御年配(お姉さま)まで楽しそうにお揃いのムームーでフラダンス、惜しみなく拍手喝采です。 一曲終わるごとに掛け声も沢山でさながら歌舞伎の 「よっ!中村屋」 みたいな・・・・

お嫁ちゃんもロングのゆったりしたムームーに包まれて、スローなテンポで・・・ 「何だか片岡義男さんみたい??」 楽しそうにでも観客にちょっと恥ずかしそうな笑顔を見せていましたが私たちが思っている以上に全身の筋力を使うようで体力がいるわね^^^と、 動作はゆっくりのヨガにも似ていますねえ。

会場の平塚市民センターロビーで記念撮影会場のセンター入り口前にはハワイのお花のオンパレード、ムームーやハワイの雑貨屋さん、常に流れているハワイアン音楽、ウクレレとスチールギターの心地良い音色に気分はもうハワイへ。
早くあのトレード・ウインドウに 「あ・た・り・た^^^^い」

久しぶりに走る、大磯・茅ヶ崎の海岸線、湘南の地魚を味わえる海鮮屋「えぼし 茅ヶ崎本店」の新鮮なお魚料理もお腹いっぱいに・・・・ちょっと湘南を堪能しました。
posted by ほがらかさん at 07:16 | Comment(2) | .暮らし ファミリー