2016年10月13日Thu

10/13 第18回こつこつクラブ会(案内)

皆さまお変わりございませんでしょうか??

韓国の有名な詩人、尹東柱(ユン・ドンジュ)さんの詩に 「星を数える夜 」 の最初に出てくる文に

  ”季節が過ぎて行く空は、秋で満ちています”

朝晩の急激な温度差、一雨ごとに寒さを増し山々も、多少色付いて、いよいよ秋本番です。


第18回「こつこつクラブ」のご案内を申し上げます。

日時: 平成28年11月6日(日)11:00〜閉店まで
場所: 横浜駅東口 崎陽軒本店 地下一階「アリババ」
    ランチバイキング 1,800円
(10/27追記)
2016年11月1日(火)よりランチバイキング料金が改定され2,300円となりました。よろしくお願いいたします。



横浜駅東口地下街ポルタよりの案内図
【横浜駅東口地下街ポルタよりの案内図】クリックすると詳しい地図が開きます
詳しい地図で見る

いつもは土曜日に開催していたのですが日曜日もいかが??ってお仲間さんのリクエストがあり、今回は初めての日曜日です。
ご家族でにぎやかに楽しくお過ごしかと思います、一時ですがわいわいがやがやお仲間さん同志でいかがでしょう??

バイキングなので勿論食べ放題、ソフトドリンクも飲み放題です。
どうぞお腹一杯召し上って下さい。

年一度開催しています 「こつこつクラブの旅」 は、最初に訪問したお隣韓国、ソウルの自由旅を2泊3日で駆け足珍道中も報告したいと思います。

股関節にお悩みのある方、無くても皆さまお仲間です。
最近は足よりもおしゃべりが多くなり、肝心の人工股関節は何処へやら〜でも、これも経ての事ですからねえ、11年目突入、感謝・感謝です。

お時間があれば元気なお顔拝見出来るだけでも嬉しく思います。
日々の出来事、一大事な事??など楽しくお話しさせて頂ければ嬉しいですね、口角運動も立派なリハビリです。

♪ 皆さまのご参加お待ちしていま^^^^^^^す ♪
posted by ほがらかさん at 08:59 | Comment(4) | .こつこつクラブ クラブ会

2016年10月07日Fri

10/07 第8回こつこつクラブ旅:ソウル(報告)

こつこつクラブの旅、10月4日から6日まで2泊3日の超忙しい旅をしてきました。(写真提供:マロンちゃん)


10月4日

ソウル1.jpg元気に羽田発の韓国航空で金浦空港まで。
昨日の台風を気にしながら大丈夫かしらと思ったのですが意に反して最高の天気、32度もあったとか・・・・・でもね^^^^ソウルも負けずに暑く、ホテルに着いたときは汗だく。
カメラを忘れた・・・おおぼけでした。   本当に馬鹿って叫びたい・・・・それで写真は一枚もありません。
お仲間さんが送って下さるまでアップできません。楽しみにお待ちくださいね。

ソウル17.jpgタクシーで、ソウル市庁の真ん前に位置する 「ザ・プラザホテル」 まで 快適なタクシーで約一時間なんと遠いのかしらと思ったのですが最初にしてやられました。  何が??タクシーのぶんどりに会い、約倍の金額を払ってしまいました。 折角良い気分で晴天の空のもとで韓国旅行は最高ねって・・・・思ったのに残念でした。 がっかりとうっかりで落ち込みました。

ホテルはさすが五つ星、設備も素晴らしい。 全てに行き届いていました。それにロケーションが良いので東大門以外は、どこに行くのも徒歩圏内で便利でした。
ただし、日本と違って道路も街も広いので疲れます。 横断歩道が少ないので地下に潜るか地上を歩くか・・・どちらかですが、土地感がなければ登ったり、下りたりたいへんです。 

ソウル2.jpg落ち込みの回復は早かったです。
友人がホテルまで会いに来てくださりそのまま美味しい料理を全員でごちそうになり、とっても美味しかったので早かったのかもねえ。
日本でもなかなか口に入らないマグロのトロなどふんだんに食べ、真路も飲んでも酔わないお酒でした。

地下鉄を利用して帰宅途中の友人のガイドで東大門まで、人の多さにびっくり、この通りは問屋街とも呼ばれ、ファッション関係は何でも揃う眠らない街でした。
大体夜8時から翌日朝、6時とか7時、8時まで開店しています。

ソウル9.jpg ソウル10.jpg
ソウル11.jpg ソウル12.jpg

ここで買って自分のお店に送り、そこから価格設定だそうです、毛皮やムートンのコートも目白押し、韓国は寒いらしくまだまだ毛皮が必要、でもそれなりのお値段でやっぱり良いものは高い。
お仲間さんはミンクのマフラーやアクセサリーの小物、またミサンガのブレスレット、サイズが小さかったために目の前で作り変え、30分も掛からずに出来上がり。
ミサンガの編み方もとっても繊細で目が詰まり綺麗でした。 器用なのですね、2千円くらいで買えたとか感激の様子。
たくさんの小物やリボン類、トランクにいっぱいでした。
  


10月5日

お仲間さんたちは昨日と同じ東大門に買い物、ホテルで14時に待ち合わせ、それぞれに行動です。
ほがらかさんは別の友人が訪ねてくれ、一時間ぐらい、話し込みそれからホテルから歩いて南大門市場に出かけ、途中で大統領府を見て回り、南大門を散策。
彼女の友人を交えて3人でスマホを頼りに韓国語、日本語で盛り上がりました。 3人で食事よりも全員でってそれまで明洞にも寄ってホテルで合流。

残念ながら皆は食べてきた後で、食事までは行かず、その後ソウル駅の近くにあるソウルで一番の韓国のワタリガニ料理「カンジャンケジャン」を食べに行きましたが閉まっていた。 本当に残念、食べ物の怖さは知らないのか、闘志がムラムラと湧いてきました。 次回は絶対に食べるぞう^^^^^
でも美味しいのはたくさんあるようで次回は予約します。

ロッテ免税店本店もある明洞・ロッテ百貨店で、両替も素晴らしく高いレートで変えました。  一万円で102,000ウオンでした。
お土産は吟味して美味しくて、真路のプラステック瓶入り、携帯ウイスキーのようで、とてもおいしく、お仲間さんは飲んでも酔わない焼酎と言われました。
今、開けて試飲中です・・・本当ちょっと甘くておいしい。 
お師匠さんにもお届けしたら、ちょうど良いわってお墨付きでした。

さて、夜は漢江のナイトクルーズに行きました。
二台のタクシーに分乗したのですが途中渋滞ではぐれ、ま^^^^心細いことになり、全く日本語を話さない運転手となにをどう話したらよいのかわからず、運転手の方は日本語サービスに電話をしましたねえ、でも途中で親切なお店のおば様に助けられ、降ろされなくて済みました。

チケット売り場でやっと友人に会えた時はうれしかったですね、2,3分遅れたら乗れなかったのですがすごい混雑で行列ができ、助かりセーフ。

ソウル6.jpg ソウル5.jpg
ソウル7.jpg ソウル8.jpg

漢江がこんなに幅があるとは思いませんでした、韓国ドラマでは知っていましたが実際に行くことはなく驚きました。
これでは秀吉さんの兵士は攻め入ることは不可能だわって・・・・・戦国時代を思い出しました。
ソウルの高い建物、マンション類のネオンはニューヨーク程ではありませんが充分綺麗で楽しめました。

タクシー乗り場までかなり歩きましたが、ソウル駅のコインランドリーに預けてあった荷物をピックアップしてホテルまで、それからまた東大門までタクシーで往復しながら買い物、皆さん本当に満足な様子、でも明日の出発まではまたショッピングを楽しみたいそうな。


10月6日

最後の買い物で^^す。
二班に分かれ、買い物組、ゆっくり組でチェックアウト済ませ、ロビーで13時に待ち合わせ。
金浦空港まで友人が車で送ってくれるので13時半出発予定、それまでは個々に楽しんできました。
私は最後にホテルのセレブプールで朝の気持ち良い太陽を浴びながら、水中ウオーキング、ジャグジーを楽しみ、心地よい振動に疲れも取れました。

お仲間さんと、明洞をゆっくり散策、足マッサージもして足も軽くなり、ランチは超有名な 神仙ソルランタンを食べに・・・並びました。

ソウル13.jpg ソウル14.jpg
ソウル15.jpg ソウル16.jpg

お奨めを聞いたところ、普通のソルランタンともう少しおなかが良ければ蒸し餃子、どちらも本当に美味しかったです。
ソウル3.jpg特にキムチ、それもカクテキは最高の味、買って帰りたいぐらいでした。
韓国人の友人は 「ここのは本当に美味しくてカクテキはここでしょう!!」 って…それぐらい美味しい。

ソウル4.jpg歩行者天国で、通りに30センチ以上はある細くて高いソフトクリームも食べました。  いやいや雪解けのようになり、びっくりドッキリでした。

空港で友人と別れるときはもう一日滞在したい気分、でも次回に約束して機中に。

お仲間の皆様、楽しくて和気あいあいの旅ができましたこと本当にありがとうございました。
モットーにしている、 「元気に出発、無事帰国」 ができました事に感謝申し上げます。
天候にも恵まれ、ソウル市内は暑すぎる晴天、他の地域では大変な被害にあったそうでお気の毒です。

さて、来年はどこにしようかって、喧々囂々 リーズナブル(適正)に行ける旅を探すのは楽しい宿題です。
ご一緒できれば幸いで^^^^^す。
posted by ほがらかさん at 20:30 | Comment(2) | .こつこつクラブ クラブ旅

2016年10月01日Sat

10/01 4人組国立新美術館ダリ展・ヴェネツィア展へ

夏最後に4人組勢揃い!!

2016ミッドタウン1.jpg国立新美術館の「ダリ展」「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」の二展示をゆっくりと巡りました。

美術館に行く東京ミッドタウンの通路は芸術の秋にふさわしく、いろいろなオブジェが展示され、コンシュルジュの素敵なお嬢様が案内してくれます。

2016ミッドタウン3.jpg 2016ミッドタウン2.jpg

2016ミッドタウン4.jpg丸い石のオブジェは大理石でできています、
地球の内部を模してあるそうな・・・・・・・・蟻地獄のようでなかなか起き上がれません。

全員で集まれるのは本当に久しぶり楽しい時間でした。
約10時間しゃべりっぱなし、よく疲れないものだと感心です、 静かに話すのは美術館の中だけです。

2016国立新美術館秋1.jpg最初はダリ展、スペインの奇抜な巻きひげのオジサマですが、第二世界大戦時代はアメリカに亡命していたとか・・・・・・ガラ・サルバドール・ダリ で奥様がマネージャー兼財務をすべて任され共有としてダリ氏は世界の巨匠になったのですねえ、彼の宝石のデザインは斬新で驚くようなデザインだったらしい。

ウキぺデイアによればフルネームはとっても長ーーーーいです、カタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク。
「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られています。

生前に交流のあった有名な画家、画商、展示されている絵の中でもそれぞれに影響を受けたり、与えたり趣があると感じました。  でもね、独断と偏見ですよ^^^^^^
例えば、平山郁夫さんの砂漠の描き方、シルクスクリーンなどで有名なアンデイ・ウオホールさんも描き方など参考になったのかもね。
実際に鑑賞しないと分からないので良いお勉強になりました。

2016国立新美術館秋2.jpgヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展。
大きな絵が多い、それにやっぱり宗教絵画は難しい、だって、カソリックでないし、大体無宗教ですから、何となく??分かったような絵でした。
きっと小さい時から、その環境にいないとね^^^^また家族でその話をしながらお祈りもしなくっては無理だわ。

2016恵比寿ガーデンプレイス.jpgティツィアーノの受胎告知、大きな額でかなり遠くからでないと全体画は見えない、 でもねえ暗いので詳しく見ようと思えば絵の前に行かなくては把握できません。

最期はやっぱり恵比寿ガーデンプレイスで美味しいビールで健康を感謝し 「か・ん・ぱ^^^^^^^い」
posted by ほがらかさん at 07:26 | Comment(2) | .レジャー 美術館