2019年03月28日Thu

03/27 満開の桜と海の幸を求めて小田原へ

2019小田原散策2.jpg孫娘と3人で春休みを利用して、少し早い満開の桜と、美味しい海の幸を味わいに小田原へ・・・・

最初は小田原城散策、天守閣を社会の勉強を兼ねて登ります。

そうそう、小学校の門の近くには必ずあった二宮金次郎の薪を背負った銅像、実は小田原出身だったのね、

2019小田原散策11.jpg小田原城郭に報徳二宮神社があり、立派な銅像もありました。

またすぐ側の小学校の校舎はお城に合わせて塀もなまこ壁でした。
2019小田原散策1.jpg
良いですねえ、小田原城を見ながらお勉強、さしずめ、お城に行くようです。
報徳二宮神社参道の桜が満開で綺麗です。青空にピンク色が映えます。

でもねえ、考えがちょっと甘かった^^^^だって、天守閣は5階です、
確か以前は豊臣秀吉が愛した茶室を凝らしてあったとように思いましたが、今は天守閣に様変わりです。
2019小田原散策10.jpgぐるり360度、眺めはとても良いのですが足が・・・・登ったら下りる事を計算に入れず、こればまた大変。 

折角だし、孫娘を考えたら下で待っているからね、とは言えず、ハーハ―フーフーでした。
2019小田原散策7.jpg
小田原城の成り立ちから、豊臣、徳川時代の宿場としての重要性、現在の小田原市の観光名所の重要性、戦国時代を想像し、目をつむれば合戦の音などが聞こえてきそう。
^^^^歴史って紐解けばとても面白いですよね。

釘一本使用しない建築方法って凄いと思いました、
だって接続部分から朽ちてくると聞きましたがそれが同質のものでは朽ちないとか、日本の技術は素晴らしいわね。

2019小田原散策3.jpg
(北)丹沢の山並と小田原駅
2019小田原散策4.jpg
(東)本丸広場と小田原の街
2019小田原散策5.jpg
(西)左に石垣山一夜城跡、その右後方に箱根二子山
2019小田原散策6.jpg
(南)真鶴半島(手前)・伊豆半島(後方)と相模湾

お仲間さんでこの地に生まれ育ち、和のテイストを大切にされている方の生き方を垣間見ました(アクマデモ独断と偏見です)。

容姿は元ジェンヌ??って思われるほどの颯爽としたモダンな素敵な方で、特にお魚気分??には才たけていらっしゃる、これも小田原港は目と鼻の先ですから。
何故和楽器??和菓子??古布の縫い物??ご自宅で催す四季折々の茶会??すべて手作りの和菓子はもう本格的です。
「あら^^ちゃちゃっと、こうしてあーして、とても簡単よ!!」 と、おっしゃいますが根気がいるしセンスが必要。
ま^^^ご招待頂いて美味しい和菓子、濃茶、薄茶を立てて下さるのがまた美味しい。
誰かさんは数も限られている和菓子を、「あら!!美味しいわ」 ってパクパクと2個3個と、ほがらかさんはその時は遠慮し喉から手が出そうでも我慢したのに…食べ物の恨みは恐い。
今だ忘れられない、食いしん坊の私は如何なものかと。

2019小田原散策8.jpg 2019小田原散策9.jpg

公園内でたくさんの模擬店があり、牧場直行のアイス、お団子、焼きそば、練りきりなど食べ歩き、いよいよ早川漁港ね。

何処も長蛇の列、良い匂いに吊られて海鮮バーベキュー店に。生きている魚介類全て食べ放題、

2019小田原散策12.jpg 2019小田原散策13.jpg
2019小田原散策14.jpg 2019小田原散策15.jpg

ただ違うのは、伊勢海老とアワビでしたがこれは別料金。 私達は庶民ですから手を出し??ません。
2019小田原散策16.jpg大きな殻付牡蠣、これも別料金でも好きだから注文、酒蒸しは美味しかったです、孫娘が上手に殻を取ってくれる、サザエの殻むきもなかなかうまいもので感心です。
キットママに教えられているのでしょう。
デザートの甘い和菓子類はさすが美味しかったです。

まんぷくになりながらも一夜城、鎧塚ファームを目指し、パティシエの鎧塚さんのケーキを食べに。
秀吉の小田原攻めで、石垣山に一夜にして築かれた「一夜城」、山の上だけに車でも怖い感じ。

2019小田原散策17.jpg 2019小田原散策18.jpg
2019小田原散策19.jpg 2019小田原散策20.jpg

さすが鎧塚さんですねえ、奥様の川島なお美さんと共同で作られたファーム、今は一面黄色い菜の花の良い香りが漂い花壇の手入れだけでもたいへんでしょう。
2019小田原散策22.jpg
四方八方、海と山に囲まれ頂上から眺める景色は素晴らしい。 でも強風ですから寒い、温暖な季節には癒されて一日過ごせそうです。

2019小田原散策21.jpgファームで咲いた花に囲まれて奥様の脾も立っている、数年前にがんで亡くなっている。

さて、ケーキはショートケーキ、皮がパリパリのシュークリーム、焼き菓子、たくさん食べ、お土産に買ったり、楽しい一時でした。

帰り際には、満開のしだれ桜が散り始め、さながら桜吹雪で風流でした。
posted by ほがらかさん at 07:51 | Comment(2) | .レジャー まち歩き

2019年03月18日Mon

03/18 第23回こつこつクラブ会(案内)

ミノムシの如く、殻の中でうずくまっていた私達も春の芽吹きと同時にあちこちへと足を延ばすこの頃、春って良い響きですねえ。

♪♪ はる ♪♪  詩: 谷川俊太郎 

2019谷川俊太郎詩集.jpgはる
はなをこえて
しろいくもが
くもをこえて
ふかいそらが

はなをこえ
くもをこえ
そらをこえ
わたしはいつまでものぼってゆける

はるのひととき
わたしはかみさまと
しずかなはなしをした
処女詩集『二十億光年の孤独』より

第23回「こつこつクラブ会」のご案内を申し上げます。

第23回「こつこつクラブ会」のご案内


日時:平成31年4月27日(土)11:00〜閉店まで
場所:「アリババ」(ランチバイキング 2,300円)
   横浜駅東口地下街ポルタ 崎陽軒本店B1階
   電話 045-441-8720

横浜駅東口地下街ポルタよりの案内図
【横浜駅東口地下街ポルタよりの案内図】
Google地図で詳細を見る

バイキングなので勿論食べ放題、ソフトドリンクも飲み放題、最近は赤白のワインも用意されていますが、今回は確実にビールがご馳走になれます。
誕生祝に頂いたチケットを利用できることになっています。
(私達への特典で確認済み)

股関節にお悩みのある方、無くても皆さまお仲間です。
最近は足よりもおしゃべりが多くなり、肝心の人工股関節は何処へやら13年、感謝・感謝です。

皆様の元気なお姿を拝見出来れば嬉しく思います。
日々の出来事、一大事な事??など楽しくお話しさせて頂ければ嬉しいですね、口角運動が立派な顔と顎のリハビリに一役買っている事を実感。
つまりお顔のリフトアップになります。

こつこつクラブ旅は何処へ?? 一度はタイを予定地に考えたのですが、ご希望をお聞きしたいと思います。
良い時期にリーズナブルな旅が出来れば旅の醍醐味、皆様の良きアドバイスをお待ちしています。

♪♪ 皆さまの参加お待ちしていま^^^^^^す ♪♪
posted by ほがらかさん at 20:56 | Comment(2) | .こつこつクラブ クラブ会

2019年03月07日Thu

03/06 4人組箱根ドライブとポーラ美術館

先週から断続的の春雨、真っ青な空と燦々と輝く太陽が懐かしい。

はっきりしないお天気の中、箱根をドライブ、仲良し4人組、永遠の青年の運転する真っ白なボルボで目指せ!!箱根。
ところが道は間違える、目的地は通り過ぎる、NHKのチコちゃんに 「ボーと生きてんじゃないよ!!」って叱られそうです。
でもでも私達は、大丈夫、大丈夫時間はたくさんあるから安全に行きましょうって慰めます。

「時々、ぼーと運転してて間違えるんだよね」 ちょっと!!待ってよね。
先ずは東名を走る予定が、戸塚駅から国道一号線を右に行くか左に行くかで方向も違います、西湘バイパスから迂回したけどまた間違っちゃった。

2019 4人組箱根1.jpg
とらや工房エントランス
2019 4人組箱根2.jpg
とらや工房・旧岸邸案内図
2019 4人組箱根3.jpg
山門と竹林の散策路
2019 4人組箱根5.jpg
池とその向こうに喫茶席

最初は、御殿場の 「とらや工房」 美味しい釜めしに満足。 入口から茅葺の門で風情があります、和菓子で休憩をするつもりが余りの良い香りに早めのランチに変更。

後に続くお客様もつられて釜めし。   でも食べ終わる頃には本日の数が少なく私達はラッキー、本当に美味しかった。

2019 4人組箱根6.jpg
梅林のしだれ梅
2019 4人組箱根8.jpg
東山旧岸邸
2019 4人組箱根4.jpg
テラス席
2019 4人組箱根7.jpg
1〜3月限定の栗釜めし

出来上がるまでに旧岸信介さんの別荘を見学、安倍総理のおじい様の別荘ですわ。

本日のメーンイベント  「ポーラ美術館」 鑑賞へ。
全面ガラス張りの建物の天井・窓・壁からは、冬のやわらかい日差しが差し込み、暖かみが感じられます。

企画展「モダン美人誕生―岡田三郎助と近代のよそおい」は、伝統的な日本のお歯黒やまゆそりの道具、着物、絵画、時代を追っての女性の着物、ドレス、またいろんな宮家の奥様の肖像画はどことなく品がありますねえ。

2019 4人組箱根15.jpg
ポーラ美術館アプローチ
2019 4人組箱根16.jpg
企画展「モダン美人誕生」

美への飽くなき追及をするポーラ化粧品、ヤッパリ女性に好まれる出展でした。

最後は常設展示の、ルノワール、モネ、セザンヌ、ゴッホ等の有名な絵、大きくは無いけど一点一点が素晴らしい。

2019 4人組箱根12.jpg
ルノワール《レースの帽子の少女》
2019 4人組箱根17.jpg
クロード・モネ《睡蓮の池》
2019 4人組箱根14.jpg
セザンヌ 《砂糖壺、梨とテーブルクロス》
2019 4人組箱根13.jpg
ゴッホ《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》

写真などでは見るけど実物を見たのは初めて、
そうかあ、ポーラ美術館が所有していたのねえって感激でした。
珍しくピン・バッジを買いました、だって ”ポーラ美術館の看板娘” 超可愛いルノアールです。

そうそう、大涌谷で温泉の黒卵をたべました、ほがらかさんは2個、14年長生きできるそうです。

2019 4人組箱根9.jpg余りの強風のためにロープウェイも止まっていました、
下はゴーゴーと唸り声と、モウモウと白い湯煙をあげている源泉、
硫黄の匂いと黄色く変色した山肌はちょっと怖いです。

地球の内部を見ているようです。

芦ノ湖を目指すも、また道を間違え、来た道を戻るが無事到着。昨年お仲間さんにご招待頂いた「Bakery&Table」でお茶を!!

2019 4人組箱根10.jpgって言いながら、到着したらもうパンは無し、それに足湯も浸かる予定が寒くて、おまけに温泉がとってもぬるい。

強風と小雨の中、お店の外にある足湯は、若い子がフードをかぶり寒そうに入っていたけど、個人的にはきっと寒くて出られなかったのでしょう。
2019 4人組箱根11.jpg
パンも無く、温泉も無く残念、次回に期待しましょう。

最後は湯本の美味しい湯葉のレストラン 「直吉」 へ。
アツアツで湯葉と卵のバランスが素晴らしい 「湯葉丼」と、大きめの冷奴で〆です。

温泉町ってもっと遅くまで賑わっていると思ったけど、何と夕方6時にはシャッター通りです、お店が早く閉まるので、お目当ての温泉饅頭も買えず残念。

間違え続きのついでに、最後は平塚に行く予定が圏央道に入り、あ^^^^^どうなっているの??でも間違っても何時かは到着できるし時間もたっぷりとあるから。

事故もないし、のんびりと走るのもまた良いです、それに事故が無いだけに嬉しい。
次回も運転よろしくお願いしま^^^^^^す。 運転お疲れ様、ありがとうございました。
posted by ほがらかさん at 21:45 | Comment(0) | .レジャー 美術館

2019年03月02日Sat

03/01 もう3月??早いわね!!

春、3月弥生・・・・・も、もう3月??早いわね!!
spring has come っていい言葉ですねえ、なんだか心まで温かくなってきます。
2019梅に鶯.jpg梅も満開で散り始めている木もあり、周りはかすかに梅の香がしています。

テレビの番組でもほのぼの、そこの住みたいと思うほどの良い画面に嬉しく世界の果てまで行って見たい気がしました。
場所はコスタリカ、サンノゼ・・・陽気でラテンミュージックがあちこちで流れストリートミュージシャンに交じって誰かれなく踊っている、アナウンサーが 「仲がいいですねえ??恋人同士ですか?」
「いいえ、いま知り合って踊っているのよ」だって。 軽快なテンポの音楽に乗って肩を抱き寄せ踊っているのはまるで恋人同士ですがあくまでも 「他人」 同志です。

南米コスタリカは軍隊が無く、例えば諸外国から攻め込まれてもすぐに国連が動き守ってくれるので僕達は安心しているよとの事、戦争している国々とは違い切羽詰まった空気が無いものねえ。
戦争って人殺ですものね・・・・あってはならぬ事、私はそう思っています。

「ケ・セ・ラ・セ・ラ」 の人生も良いけど、「プラビーダ」(素朴な人生) も良いんじゃな^^^い?
posted by ほがらかさん at 09:47 | Comment(0) | .術後観察 術後13年(2019年)