2024年06月13日Thu

06/13 無事生還、退院致しました。

先週末、無事退院致しました。

しかし予後は自宅でと言われ、大学病院ですべての処理は出来ているので、後は少しずつ良くなるでしょう。

2024あじさい.jpg確かに日々は過ぎているのよねえ、自宅に帰り、

裏庭には真っ白い帽子のようなアジサイが満開でした、

入院する前は、蕾さえついていなかったのにね。

片方しか使えない腕には重たい点滴棒、痛み止めも入っているので重たいです、

でも感心したことは、痛み止めの点滴が終わると、
オートマテイカリに普段の点滴が流れ出す、素晴らしいわねえ、

だって点滴が終わりましたって、連絡さえ必要ないものねえ。
痛み止めは麻酔と同じで、頭は少し朦朧としますが、痛みには代えられません。

さて、聞いていた痛さは、先生の感覚では歯の治療と同じぐらいだからね!!って。

でも痛いのなんのって、内視鏡手術は半身麻酔なので先生とのやり取り、または先生方との話は全て聞こえます。

先生も途中で疲れたのでしょう、は^^とか、ふ^^と何度もため息で、助手の先生との会話や、手術器具の音も全部聞こえます。

朝10時に手術室に入り、自分のベッドに戻ったのは夕方4時過ぎごろ、
長い手術とは言われていましたが本当に疲れました。

直腸の近くで、大きさは1cm位らしく、外科的手術をすると確実に人工肛門と言われ、

先生方は、いかにしてそれを回避するかご検討下さり、内視鏡で取ることになったそうです。

それに、術後は肛門切開されているので、肛門には全神経の集中する括約筋があり、余りの痛さに、体が我慢をしても震えてきます。

そんなに足を動かすと切りずらい、何の役にも立たないよ、って怒られ、

ずっとついて下さっている看護婦さんだけが、大丈夫?大丈夫と、体を静かにさすって下さるのが、本当に嬉しく、

痛さが遠のく感じで恥ずかしいけど泣きましたわ。
天国に近い年齢でも涙は出るものです。

肛門クリニックの診察を受けながら、今月いっぱいは養生しましょう。

2024病院食.jpg5日間絶食、点滴が一日二リットル、6日目朝食におもゆ、米粒は数粒??

食欲は無かったですねえ、
350カロリーの食事はこんなものねえと思いながら、

普段食べている毎食のカロリーの多さを実感しました。

改めて食事の適量を考える事が出来ました。

皆様から温かい励ましのお言葉を頂き、本当にありがとうございました。

全快したら「♪お祝い会♪」を開いて下さるとか・・・・楽しみです。
posted by ほがらかさん at 16:24 | Comment(0) | .術後観察 術後18年(2024年)

2024年06月05日Wed

06/05 入院手術

忙しかった2週間を終えて、昨日からのんびりと何もしないで過ごせる素敵な場所??つまり病室で手術を待っています。

数十年間の人間ドックは、1年も欠かさず受けていましたが、なんとこの年齢で、直腸腫瘍が見つかり、内視鏡手術です。
しかし諸先生のお力で、あっという間に手術日が決まり安心しております。

裏庭の草取り・木々の剪定も終わり、玄関周りやシンボル的ツリーのそこそこの大木の枝を落とし、
ほっとしてつかの間ですが、のんびり1週間をこちらで過ごすことになっています。

お仲間の皆様の温かいお言葉をいただいて頑張れる感じがします。
ではまた無事にここを出た頃にブログをアップしましょう
posted by ほがらかさん at 09:44 | Comment(0) | .術後観察 術後18年(2024年)