2008年12月24日Wed

2年285日 孫娘初めての発表会

孫娘の初めての発表会先日孫娘の初めての発表会を見て、またまた涙でした。
この涙は嬉しいのと感激で、3歳、4歳の幼稚園一番下のクラスが4月の入園式には、もう瞳に涙をいっぱいためてパパやママと離れるのが辛く大泣きしていた子達は幼稚園の先生に抱っこされて写真など撮っていたのですがどっこい、みんな元気いっぱいでやんちゃ坊主丸出しです。

父兄の張り切り様子も大変なものでカメラやビデオカメラ本職よろしく3脚立てで広いホールも足の踏み場もなく場所取りの早い人は早朝2時、門の外で寝袋でがんばったそうで本当に熱気でムンムンしていました。 我が家の長男も2度往復し、場所取りに参加したそうです。
へエー、へエー時代は変わったものだと妙に??感心しました。

3年保育幼稚園ヒットパレードのようでした。 全園児180人の衣装も先生たちの手作り、よくもまーこれだけの衣装ができたのねーと感心、その上ダンスのレッスンと体力知力の限界を感じました。

しずくちゃん孫娘たちのクラスの女子は 「しずくちゃん、きらきら輝くしずくの森のしずくちゃん、ぷりん、ぷりん、しずくちゃーーん」 可愛すぎて涙です。 なんて良く踊れたのだろう、健気だわーとまたまた涙。
男子は 「がんばれ日本、強いぞ日本、頭の良い国日本!!」 え、え?そんなに頭が良い国日本だったけ? でも歌にあるぐらいだから日本はがんばらなくっちゃ!!

手振り、身振り、本当に可愛いこの子達を良識のある大人に育てる責任が私達にはありますね。
posted by ほがらかさん at 23:09 | Comment(0) | .暮らし ファミリー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。