2009年05月01日Fri

3年48日 裏庭での野菜作り

10日前から一念発起して裏庭の草取りを始めました。
やっぱり一時間位ですこし休憩を取らないと体のあちこちが痛いし辛いです。(年かなー)


右手に草取り鎌を持ち根っこを切る、左手でその草を引っ張る、だから右の腰が痛い、それと左は首が痛い。 体って本当に不思議で筋の一連の動きが無意識に一致するのですね。
かがんだ姿勢で踏ん張る足は何となくガクガクしますが大丈夫です。
股関節は動かさないで上半身運動になります。

寝る時、枕をせずに上向きに足をV字に肩の幅ぐらいに開き両腕をまっすぐ上に伸ばして背筋をしっかり伸ばす運動を10分位繰り返しなるべくそのままの体勢を維持するように努力して眠ると翌日は腰の痛みは取れていました。 首の痛さは残りましたのでロキソニンテープを貼っています。

傾斜地ですがやっとの思いで半分だけ綺麗になりました。が、さて何を植えたらいいのか。

農家の直販所でとりあえず、かぼちゃ、ナス、キューリ、トマト、ピーマンの苗を買いましたがまだ眺めているだけです。
だって余りの広さに何をどれ位、間隔をどの程度採ればいいのかさっぱりわからず農家に修行に行かなくては収穫は期待できそうもありません、途方に暮れています。
自慢じゃないけど虫が嫌い、土いじりも嫌い、爬虫類に遭遇したら卒倒しそうなぐらい嫌いなのに何故この年で自家栽培??
仲良しにあおられその気になって一面土色の草の無い畑?または庭?に 「あらまー綺麗になったわねー」 を通り超し一瞬引いています。

勝手に生えて、勝手に栽培できるつくし、のびる、よもぎだけにすれば良かったかな?
posted by ほがらかさん at 18:08 | Comment(2) | .園芸 家庭菜園

この記事へのコメント
ほがらか様
こんばんは、初めて参加させていただきます、ともたんです、
私は、44歳の時に調理の仕事をしていて突然足が痛くなり上がらなくなって、日常生活もままならなくなりどうなる事かと思ったのですが、半年ほどすると何とか日常生活ができるまで回復したので、その後事務の仕事を8年間無事に努めていました、そして昨年の秋頃から突然足が痛み出し、今度は階段も登れなくなり前とは違う痛みでした、現在は毎日痛み止めを飲みながら、会社には現在二本杖で通う状態です。かかっていた病院では、年齢がまだ50代なので痛み止めを飲んで頑張って下さいといわれるだけで、このまま何年この痛みが続くのか、、、何だかとても不安になった時、ほがらかさんのホームページを拝見して稲葉先生の事を知り受診させていただきました、稲葉先生はとてもわかりやすく私の現在の足の状態を説明してくださいまして、結果は両股関節とも末期との事で私が思っていたよりも進んでしまていて、六月に手術と決りまた。
手術は正直怖いですが
自分を任せられる稲葉先生に出会い
ほがらかさんより勇気をもらい
今より、自由に歩ける自分の人生を夢みながら、これから貯血などのスケジュールをがんばりたいと思います。
Posted by ともたん at 2009年05月05日 01:11
ともたんさん

良かったですねー
来月の手術に向けて貯血や検査に忙しいでしょうがその後に来る「薔薇色の人生」に期待しがんばりましょう。

麻酔が覚めて同じ長さの足に気付いて感激し、両足同じ長さで歩けた時にはさらなる感激が待っている事でしょう。

夢見てがんばりましょう。



Posted by ほがらか at 2009年05月06日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。