2009年06月28日Sun

3年106日 車中泊の旅(3)

2週間ぶりの車中泊に25,26,27日、梅雨の中休みを利用して、UMIちゃんとミッチーさんのお膝元群馬の温泉めぐり合計10ヶ所に挑戦しました。

熊の湯温泉 熊の湯ホテル 神流川温泉 湯郷白寿
草津温泉 西の河原露天風呂 万座温泉 豊国館
川原湯温泉 王場 渋温泉 渋大湯

イヤー、地球の中の水は7色かしら?だって、グリーンの濁り湯、鉄色の濁り湯、エメラルドの透明色、乳白色の濁り湯、ブルーの透明色、黄土色の濁り湯、重湯に黒胡麻のような浮遊物、最後は川全体が薄い重湯色、どっぷりと浸かってきました。服も体も硫黄の匂いで癖になりそう。
温泉の味もさまざまでした。 苦い、塩辛い、強烈に塩辛くて苦い、無味。

尻焼温泉 河原野天風呂早朝に尻焼温泉の広い川全体が温泉で湧き出ている砂地の、お尻からじわーと温めてくれる温泉に水着着用で入り、山の爽やかな風と黄緑色の葉や白樺の木々、カジカの合唱に囲まれ、音が気にならない川の流れに足を投げ出し無の心境でした。

碓氷第三橋梁(めがね橋)碓氷峠旧道や志賀高原ルートでは、山頂へ続く数々のヘアピンカーブ、ハンドル操作一歩間違えば空中ダイビング、車ともども奈落の底へ真逆さまです。
「わー怖い」と思いながらも綺麗な空気、やさしい青葉、山鳥の鳴き声、木に登っている猿、道を脱兎のごとく駆け抜けるいたち等に 「自然」 の良さを再認識しました。

おみ足にご注意!!やっぱり砂利道や山道はスパイクを履きたいぐらい滑ります。滑りにくい靴でも歩くと坂道で無くても砂利が滑ります。
転ばぬ先の杖でも良いので是非お持ち下さる事お願いしまーーーーす。
4本足の動物が何故バランスが良いのか今更ながらの実感でした。
posted by ほがらかさん at 23:55 | Comment(0) | 国内旅行 関東

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。