2009年08月08日Sat

3年147日 入院雑感(2)

眠れない病院の中で、1日中悶々としています。
「何で眠れないの?」  寝息はわかるけど、すごいイビキで寝れません。

それも1日中、食事を除いた3時間以外は、どんな大きな音にも反応しないで、ずっと寝ている。まるで呪いを掛けられたように、「グワー グワー」  もう信じられな・・・い。

おかげで、8日間でストレス蓄積、眠りたい。女性のイビキもすざましいものです。

24時間、鉄分、てんこ盛りのビタミン入りの点滴で血液の比重も5.4から6.8まで上がってきました。これで、点滴は鉄分だけです。

やれやれ、腕は注射針の刺し過ぎで、約10か所、結構青く腫れたり、赤く腫れたり、太腕です。
posted by ほがらかさん at 15:49 | Comment(10) | .術後観察 術後3年(2009年)

この記事へのコメント
 入院すると色々な性格、年齢、習慣の人達と否応なく一緒に24時間生活しなくてはならないので、苦痛を通り越して投げやりな気分にさえなりますよね。特にそろそろと良くなってくるとその気持ちは大きくなってしまいますよね。
 病院に長いと特に牢名主?の様にリーダーシップを取ってしまう人もいるのでしょうね。今のわたしがその通りですが、自分が病気だとどうしても自分に甘くなってしまいますが、集団生活のルールを忘れたくはないですよね。
 ほがらかさんもあと少しでダーリンの待つ愛しの我が家に帰れますよ。

 わたしも人工関節センターの居心地が全てにおいて余りにも良くて、本院に移ってから4人部屋で心底うんざりしましたから。まさしく一日中いびきをかいて寝ているか、間のカーテンを勝手に開けて間断なく話しかけてくるかでした。

 でも今日当たりは夏本番の暑さで、病院の方が涼しいかもですよ。

 わたしは今日で仕事復帰でやっと1週間が終わり、やっぱり術後2週間での労働はキツイなぁと思っているところです。
昨日から長女夫婦が帰省してなんだか余計に忙しく、(今は犬の散歩に行ってくれています。次女は何と朝4時から車でディズニーシーへ行きました。私の血栓防止タイツのお世話を姉に託して)歩数も増えヤレヤレです。
Posted by 陽海 at 2009年08月08日 18:02
陽海さん

人工股関節の手術は本当に日進月歩ですね。術後2週間で、もう仕事復帰、私には考えられないねー

文章から想像できるのは、「夕日が丘3丁目」のホームドラマの肝っ玉母さんのようで、とても微笑ましいです。

次回、鎌倉でお目にかかれるのが本当に楽しくなりました。
是非お目にかかりたいです。
Posted by ほがらか at 2009年08月09日 18:17
 ほがらかさんの貧血も着実に回復しているようで良かったですね。外出したい気分になるってのは嬉しいことですもの。
 図々しく言ってしまえば次回の術後検診が9月18日午後3時位には終わって、病室のある4階で4〜5人でお茶することになっています。もしご都合が付くならお会いしたいですよね。
 術日が似たような日で情報交換をしようということになってます。皆楽しく賑やかな方々です。

 たまにあるのですが、昨夜はお婿と二人っきりでした。長女は友人の家に泊まりに行き、次女はディズニーシーから東名を爆走中。二人で困らない?とよく言われるのですが、意外とウマが合うので違和感なく過ごします。もちろん血栓防止タイツ係りは婿です。

 今日は掃除機をかけ、ダンボール一杯買出しをし、犬の散歩をして、夕方帰って来た長女と夕食を食べて今東京へ戻って行きました。
 
Posted by 陽海 at 2009年08月09日 18:50
お久しぶりです。
ここは若い時から30回以上入院を繰り返した私の知恵?経験をお話いたしましょう(笑)
いびきのお部屋で寝られない時……ご自分が朝まで起きないような強い睡眠薬をもらって寝てしまいましょう。
先に寝てしまうのが勝ちです。
眠ってしまえばお部屋のいびきもまったく気になりません。
コツは……相手がいびきをかく前に薬を飲んで寝てしまうことです。
もし、万が一薬を飲んでも目が覚めてしまった場合、「もっとぐっすり眠れて朝まで目が覚めないお薬をください」とおねだりしてみましょう。
看護婦さんと先生はきっとほがらかさんにお薬を下さるはずです。

カーテンを閉めているお部屋は……病院ですから具合が悪かったり、病気そのものにショックを受けてカーテンをあけたくない患者さんもいらっしゃると思いやってあげましょう。
カーテン閉め切りも大部屋でいながら個室の雰囲気を味わうことができて1度の入院で2度、お得な気分が味わえます。
カーテンを閉め切りで個室の気分で読書をするもよし、テレビ鑑賞も音楽鑑賞もそして英気を養うためのお昼ねだってできます。貴重な時間が味わえます。
音楽、聞く時やお昼寝の時はイヤホーンで聞くとまったく自分だけの世界が広がります。
でも、夜、眠れない時はお昼ねはほどほどにした方がいいかもしれません。

歩ける方ならばお散歩という手もあります。
もし廊下側のベッドならお散歩をして少しお日様にあたってみるのも気分転換になります。
夜のお散歩も……いつもの昼間の病院とはまったく違った風景にみえて、これまた最高です。
でも、長時間のお散歩は看護婦さんが心配しますから、ぶらっとまわったらお部屋に帰ってくるのがいいかもしれませんね。

ふいうちの入院は神様が下さった休憩、日常から離れていろいろな思索にふける時間ととらえ、ご自分の糧とするのがお得です(笑)

それではお大事に〜
Posted by み at 2009年08月10日 10:39
はじめまして、五月に股関節の手術をしてほぼ三ヶ月たちだいぶ股関節回りも落ち着いてきたところです。手術前からほがらかさんのブログを見て背中を押して頂く気分で手術にのぞみ、その後もいろいろとはげみにさせて頂いております。私も入院中眠れず長い夜を過ごしましたが、あきらめて無理に眠ろうとせず本など読んだりしていたら退院近くになってやっとまとめて眠れるようになりました。長い夜はつらいですが持ち前のほがらかさで乗り切って欲しいです。どうぞおだいじになさってください。
Posted by さっちゃん at 2009年08月10日 21:24
陽海さま

結構???お元気な様子、楽しい人生を送られているようで・・・・

私の叔母も娘婿ととても仲良しで、ほほえましいですよ。どちらかと云えば、娘より婿の方が気が合うようで、娘の方をお嫁さんですか?と時々聞かれたそうです。

9月18日は、皆様との楽しい語りが終わると、5時過ぎですね。どこかの駅を利用されるのでしたら、陽海さんが乗る駅でお待ちしています。
私は時間はいつでも取れますから、遠慮はいりません。

杖はどうされていますか?
転ばぬ先の杖で、是非利用されることお勧めいたします。今后に、美しく歩けるかどうかにかかっていますよ 本当に!!


Posted by ほがらか at 2009年08月12日 17:28
みさま

久しぶりに書き込み、お元気な様子が分かりとても嬉しいです。
30回以上の入退院のスペシャリスト、恐れ入りました。

そうね、立ち止まる良いチャンスだったと思い、体の中をオーバホールして頂いてます。
眼科、リハビリ科、MR、CT、心臓エコー等々。
大腸内視鏡検査は、わずかに見える程度の良性ポリープ2個のみ。あー、ガンでなかったのねと一安心です。

睡眠薬は一度も飲んだことはありませんけど、一昨日同室のいびきの方は退院、とても静かで昨日は地震で目が覚めました。

みさんはお体の調子いかがですか?
暑いですからご自愛下さいませね。


Posted by ほがらか at 2009年08月12日 17:42
さっちゃんさま

ブログも参考にされて人工股関節にされたとか、本当に嬉しいです。しかも、術後は万全とのこと、二重の喜びです。

3か月でも人工股関節は日進月歩だそうで、もう明るいのみです。

まだ入院中ですが、まもなく元気一杯の本来のほがらかに戻りますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by ほがらか at 2009年08月12日 17:51
静かに眠れるようになってよかったです。

主婦の方って私の母も含めて、健康だとなかなか体の点検?ってなかなかできなさそうなので、この際、しっかり診ていただいてくださいね。
ダイエットって……私も体が重いから〜ダイエット!と思っていましたが、怖いものですね。
ゆっくり休んでお元気にお帰りになるのを待っています(笑)
Posted by み at 2009年08月12日 21:06
みさん

そうですよ。安易なダイエットはしないでネ。
貴方は30回も入退院を繰り返して、病気のエキスパートのようですが、どうか無理しないでネ。

退院したら楽しいメール送ります。
ご自愛くださいね。
Posted by ほがらか at 2009年08月13日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。