2009年08月13日Thu

3年152日 悲しい出来事

悲しい病院の中の出来事・・・長い人生の中でたった二度遭遇しました。
夕食の後、テレビを見ていたら、どうも病棟のロビーが騒々しい。何事かとじっと耳をすましていると、どなたかが旅立たれたらしい。

数人の黒い服の人と家族の人らしき人達が、かなり大きな声で話していた。そうか、葬儀の取り方についてなのだなーと思っていました。

どうも亡くなられた方は、昼間数回お目にかかった90歳位の女性で、その日も車いすで廊下でお会いし会釈をした時、なんて細い脚、腕なんだろうと思ったのですが、

色が白く、目が合った時、黒い瞳がキラキラと輝いていて、とっても澄んだ目で、「なんて穏やかなお顔なのかしら」ととても心に残っていました。

人生を謳歌し、心おきなく旅立たれたのでしょう。
posted by ほがらかさん at 16:22 | Comment(0) | .術後観察 術後3年(2009年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。