2009年09月19日Sat

3年189日 嬉しい!人との輪

昨日は陽海さまと、陽海さまと同じ病院で人工股関節に変えられたお友達、そこへなんとにこにこ様も合流、楽しい一時を過ごし、新幹線で帰る陽海さまと夕飯の後スタバで一時間おしゃべり、合計3時間以上口角運動はバッチリです。

ブログやメールで何度もキャッチボール??をしているので初対面とは思えず 「あら、今日は」って普通の会話に即入れるのがまた嬉しい。

にこにこ様はスレンダーで颯爽とパンプスで登場、身長も高いので改札口から一目で 「あ、にこにこさんだわー」 と思ったのですがちょっと声掛けが遅れてしまいました。

そのうち陽海さんがあたふたと待ち合わせ場所に、 
「陽海さんですか?ほがらかです」 「始めまして」 「じゃー行きましょうか?」 実に簡単で時間の短縮です。

残念ながらにこにこさんは仕事上でお名残惜しかったのですが、次回をお約束し3人でぺちゃくちゃと会話は途切れることなく、最後はサイボーグ人工股関節に行き着くのですが。

奇しくもにこにこさんと私は自宅も近く、お聞きすれば車で5分以内です。
出没範囲も大体同じ場所のようで、どこかでお目に掛かっているような気がします。

同病相哀れむではありませんが、4人とも違和感なく会話がはずむのは本当に不思議です。

にこにこ様、陽海さま、両方ともバリバリのキャリアーウーマンどんな逆境もド^^^^ンとやって来いって感じで肝っ玉です。 ほがらかさんも思わずおんぶにだっこされたい雰囲気でした。

人との輪が広がるのは嬉しいけど、何処でどんな繋がりがあるのか解りませんが真面目に正直に生きている事が基本ですね。
それに私たちのゴッドハンドDR.稲葉と陽海さんたちの主治医の先生とは旧知の仲だそうで奇遇です。
世の中狭いのか私たちが縁があるのか・・・・あ^^^^どっちでもいいけど真面目に生きようっと。

最近はあまり体を労わらず股関節にもちょっと無理しているようで我ながら反省です。

長持ちさせなくっちゃ・・・後2回の手術が3回に??  
DR.稲葉の手術された最高年齢の患者さんは90歳以上で心身ともに健康なお方だそうです。
健康であり続けることは意思の強い方なんですね、

見習わなくてはと真剣に思いますが意思薄弱で。
posted by ほがらかさん at 17:51 | Comment(8) | .術後観察 術後3年(2009年)

この記事へのコメント
昨日は楽しい一時ありがとうございました。

なるべく大きな一歩で歩数を減らそうと意識するようになりました。 
今自家製のジンジャーエールを飲んでいますが、体を温めると意外に痩せるかもと思ってます。良いダイエット思いついたらお知らせしますね。
Posted by 陽海 at 2009年09月19日 21:37
陽海さま

早速減量作戦のお薬を作って頂けるのでしょうか?

嬉しいですね、香港の漢方薬専門店で一瓶を飲み終えた頃に確実に5kgは痩せますと言われて買いましたが貧血入院以来敬遠しています。

それも飲んだほうが良いのかなーと思います。
Posted by ほがらか at 2009年09月19日 23:22
はじめまして。
このブログに出会ってから皆さんの貴重な体験談等を拝読し、いつもたくさんの元気を頂いたり勉強させて頂いたりしています。
2年前の夏に近所の整形外科で右脚の変形性股関節症という診断を受けた時は全く深刻な状況ではなく、日々筋トレでもしながら股関節に負担を掛けなければ大丈夫!というような状況でしたので、人工関節手術のことなど考えたこともありませんでした。
今までスポーツ大好きで、いつか娘とホノルルマラソンに出場したいと思っていましたし、スキーやスケートだってずっと楽しみたい、富士登山もしたいと思っていました。
ところが今年の春になって急に痛みが酷くなり、レントゲン写真を撮ったら軟骨の消失が見られ人工関節手術を考えた方が良いという状態になってしまいました。
当初、自分の体にメスを入れるというだけでも拒絶反応でしたのに、自分の体の骨を削って異物を入れることなど到底受け入れられない気持ちでした。
街を歩いている人を見ると、みんな自分の脚で歩いたり走ったりしているのにどうして自分の脚は言うことを聞いてくれないのかとただただ悲しくなりました。
とりあえず、まずは手術を受けるべきかどうかを判断していただこうと4月に訪れた病院で診察を受けたら、軟骨消失や骨破壊の進行があまりに速くわからないことが多く、毎月のように検査検査が続き、結局大変珍しいPVSという病気により関節の破壊が起きているらしいことがわかり、放っておくとどんどん進行するとのことで今年の年末に人工関節置換術を受けることになりました。
4月から痛みをこらえながら仕事も家事も何とかやっている状態なので、現状のままで良いと思う事が何度もありましたが、実際にはそうはいかないことが解っているので、今では一日も早くこの痛みから解放されて自分の脚だけで歩けるようになろうと思うようになりました。
手術に対する不安はもちろんたくさんありますが、皆さんの体験談を読ませて頂きながらバラ色の人生目指して頑張りたいと思います。
Posted by れもん at 2009年10月24日 16:02
れもんさま

おみ足の痛さ本当にお察し申し上げます。
私も神様に泣きながらお願いしたほどです。

「神様、お願いですこの痛みを何とかしてくださいませんか?特に悪いことも迷惑なこともしていないつもりです、真面目に一生懸命働き子育てもがんばっていますがどうか痛みが無い体にして貰えませんか?」

きっと神様のご加護でしょうおかげさまでゴッドハンドDR.稲葉に両足ともぴんぴんで両足とも同じ長さに調整して頂き今は人工股関節の痛みはほとんどありません。
ちなみに骨には神経はありません。

年末には絶対に痛みの無い足でしっかりと大地を歩くことも出来ます。
痛みがどれほど心を病めるか同じ思いをしたお仲間がれもんさんの味方ですよ。
痛い思いをされた分だけ幸せがやってきます。

主治医の先生を信頼し頑張りましょう。
今スタートです次のステップに急がなくていいから確実に前に進みましょう。

ホノルルマラソンまでは無理でもダイヤモンドヘッドは筋トレーを継続すれば登ることは可能です。
継続は力なりです。

こつこつクラブの 「おしゃべり会」は
11月28日(土曜日)11時から前回と同じ場所で開催致します。
もし、お時間があればお仲間の暖かいアドバイスや実際の足へのレクチャーなど披露して下さること請け合いです。

心配なことや不安なことなど遠慮なさらずどんどん聞いてくださいね。
私達で解ることであればどんどんお答えしたいと思います。

先週、私の元の上司の母上(86歳)が人工股関節の手術を受けられ、今リハビリ中ですが14日間の入院生活を待たずに退院できそうです。
入院して手術を待っている一日目はなんとも落ち着かず心配でため息ばかりでしょげていらっしゃいましたが私の両足の股関節や歩き方をご覧になり、安心して手術をされ、術後の痛みも無く、「ほがらかさん言う通り何とも無かったわ」とケロッとされ回りの方が驚かれていました。

日進月歩で手術は進歩しているそうです。
安心してくださいね。




Posted by ほがらか at 2009年10月26日 16:58
ほがらかさま

ご自身のご入院でそれどころではない状況でいらしたのに、早速にご返信ありがとうございました。

86歳になられるほがらかさんの元上司の方のお母様のお話を伺い、本当にただただびっくりするやらお元気を貰えるやらです。
ところで、その方が術前にしていらした筋トレとはどのようなものなのでしょうか?
もしそれがわからなくても、術前にしておくと良い筋トレはどのようなものなのでしょうか?
お時間の許す時に、お分かりになる範囲で教えて下さると大変ありがたいです。
もし、以前どこかに参考になるようなことを書いておられましたら、何時のブログとか、何時のQAコーナーとか、具体的にお知らせくださると嬉しいです。
私はスポーツの中では水泳が一番得意種目なので今のところ週に2,3回プールで泳いでいますが、水中ウォーキングは痛みが酷くてどうしても出来ません。

Posted by れもん at 2009年10月27日 18:01
れもんさま

水中ウオーキングは泳げる人は必要ありません。 基本は泳げない人用のリハビリですね。

一番簡単な筋トレーは森光子さんで一躍有名になったスクワットです。
これはお相撲さんもこの姿で筋トレーです。やはり足の内側側面の筋肉をストレッチするわけですが20回もすれば汗がどっと出てきます。

有酸素・・・・つまりからだの中に酸素をたくさん取り入れることがいかに良いか。。。納得です。 
Posted by ほがらか at 2009年10月27日 19:08
ほがらかさま

筋トレのご教示ありがとうございました。
手術まであと五十日くらいですが、スクワットも頑張って続けて、少しでも良い条件で手術に臨みたいと思います。

今日は今度手術する病院の整形外科での診察日でしたが、予約診療にもかかわらず3時間近くも待ったので、待合で座っていてもあちこち痛くなり、あらためて大病院にかかる大変さを実感して帰ってきました。
Posted by れもん at 2009年10月28日 19:26
れもんさま

50日あればかなりの筋肉がつきます。
継続すれば術後の回復も絶対に違い、予後も簡単なはずです。

頑張ってくださいね。
術前の筋トレーも何故必要かと申しますと脂肪も筋肉に変わると細胞を切るときに浅く小さく傷口も早く治り負担が掛からないそうです。

ちなみに私はその筋トレーもサボっていましたので細胞は切っても切っても脂肪で実際に筋肉までは深く到達したようで傷口も深く痛かったのです。

あくまでも個人差がありますが。。。。
つまりステーキを想像されると脂身は焼けばとけて赤みは解けないで硬くなるでしょう?それと同じと思ってください。
脂身がいかにじゃまか・・・・・

では脂肪を少しでも筋トレーで筋肉にかえましょう。
筋肉はとても重いそうです。

ではまた風邪等ひかぬようご自愛くださいませ。
Posted by ほがらか at 2009年10月28日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。