2009年10月26日Mon

3年226日 再入院と嬉しい話

メールを頂いた皆様にお返事が遅くなり申し訳ございません。
ありがとうございました。

35日間の貧血で入院した病院へまた呼び戻され??残っている(たぶん)直腸がんの根底を特殊な緑色の光線(アルゴンプラズマ凝固法)で焼き切る手術をして頂く為でした。

念には念を入れてとの主治医の先生のお陰でもう完治したと思っています。
が、次回12月1日の検診で何を言われるのかちょっと心配です。

元の上司の母上が86歳のご高齢ながら私の人工股関節や歩き方をご覧になり先週人工股関節に換えられました。
術前は主治医の先生からの説明でため息と息でうなだれていらっしゃったのですが術後は痛さも全然感じなかったそうで2,3日でリハビリも開始。
14日間の入院予定を待たずに退院できそうです。

「ほがらかさんの言う通り何ともなかったわー、痛くないし手術して本当に良かったわー」

歩行器でどんどん一人歩きもう杖です。
人工股関節に換えると思われて半年間ずっと筋トレーをしながら最善の状態で望まれました。
勇気のある方で自力で歩きたい!!一心だったのですね。 
ご子息の扶養家族になることなく現役で自立されている素敵な女性です。

私もおんぶに抱っこじゃなく自立したいな^^^^^と思うのですが生活態度を改めなければ。
posted by ほがらかさん at 18:34 | Comment(2) | .術後観察 術後3年(2009年)

この記事へのコメント
入院なさったこと、びっくりしました。でも、さすがほがらかさんです、さっくりとお元気そうで安心しました。 

お知り合いのお母様も思い切って手術されて良かったですね。痛みと不自由の無い生活は嬉しいですもの。 
家では今ハル君が膝の靭帯裂傷でギブス生活真っ只中です。エリザベスカラーが海君のちょっかいの的になっています。 

小さな笑いが絶えずに起こります。ほがらかさんも一杯笑って沢山元気になりましょうね。
Posted by 陽海 at 2009年10月26日 23:06
陽海さま

お久し振りです。お元気でなによりと申し上げたいのですがハル君のギブス生活お気の毒です。

もう癌とはおさらばと思っていますが12月1日の検診ではっきりするでしょう。

いやー昔の女性のがんばりやさん、驚きです。
だって上司よりも収入が有るって事は素晴らしいし驚きです。ご年配でも介護必要なく元気で過ごされているだけでもわれわれには有りがたいのに感激です。
病気と言えども陽海さんのお母様も自立されてますよね?

次回の大船には是非紅葉の鎌倉に行きましょう。楽しみにしています。
Posted by ほがらか at 2009年10月27日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。