2010年06月25日Fri

4年103日 仲良しとソウル旅行

仲良しとちょっとソウルまで行ってきました。
たまたまサッカーのワールドカップで韓国が引き分けでオランダに勝った時、7万人以上集まったサポーターの歓声でホテルまで聞こえ街中が鳴っていましたね。

その日は何処の屋台でも露天でも頭につける赤いぴかぴかの電飾を売っていましたが記念にと思いましたが 「そうだ!!韓国は強敵だわ」 だから買わずに思いだけ。

ホテルは街中からタクシーで1800円掛かりますがま、何とか安い旅にしてはそこそこです。
リバーパークホテル 手前はくるみの木 ホテル向かいの焼き肉店
テラスにはくるみの実が付いている木々がたくさん茂り可愛くさわやかでした。
向かい側には美味しいと評判の焼肉レストラン、二人で10000円ぐらい掛かるので外から眺めるだけでパス。 麺類や餃子がお店も綺麗で清潔な美味しいチェーン店を見つけ、一人400円でおなか一杯に。

今回はフリープランで、何も付いていないので殆ど自由気ままな旅、 さてさて何処に行くか着いてから考えようとホテルのレストランで朝食のあわびのおかゆを食べ終わった時、フロントの方が 
「ほがらかサン!!電話ですよ」 
「え、日本からですか?」 
「違います!!ソウルのお友達だそうです」 
「え、誰も知りませんけど・・・」

やおら受話器をとり、「ヨボセヨ!!」 向こうから
「こんにちは、私は李です、日本の友人からメールがあり、ほがらかさんがホテルにいるから案内して欲しいと., これから行きますのでロビーで待っていてください」

おかゆの食べ比べをするために別のお店に。
あわびを頼みましたが何処も似たり寄ったりでした。

待ち合わせにはご夫妻で案内をしていただきました。
最初は徳寿宮大漢門の王宮守門将交代式を見て、昔の韓服の鮮やかさに驚きです。
韓国ドラマの世界でした。
交代式騎馬兵 徳寿宮守門将交代式

さて、ここで質問何処へ行ったでしょう??

38度線の境界線、「オドゥサン統一展望台」へ・・・北朝鮮の現状を垣間見るチャンスがあり、パネルなどで生活を見ましたが悲惨を通り超えていました。
心が痛み同じ人間なのでどうして??他国とは言え、知らぬ存ぜぬでは済まされないような気持ちでした。
38度線オドゥサン統一展望台 38度線北朝鮮ダミーの町並み

望遠鏡越しに目にしたのはダミーの町並みでした。 家や人、道には車、田んぼには耕運機まであるのに動きません。 それが見られても良い様にダミーの村があるのです。

南大門でちょっと品物を見たりブラブラ歩き、一度迷ったらもう同じ場所には戻れないような場所です。
ソウル南大門市場 ソウル夜景

夜は焼肉とNタワーのオプションで観光バスに乗り定例の焼肉と海産物のお土産店で時間をつぶし、
最後はNタワーへ。

ソウルNタワーバスで山の中腹まで行けるのですが最後は自力で歩きます。
焼肉をおなか一杯食べているので歩くのも苦しい。 高山病紛いでした。
タワーの入り口まで20分近くを傾斜地45度です。必死で登りやっとの思いでソウルの夜景を。
宝石を並べたように美しかったです。

堪能した後はまた45度の坂道を転がりながら下まで・・・・その後は東大門で屋台や路地裏、ファッションビル等をそぞろ歩きです。  
人の多さにいやはや本当に疲れた旅で長くソウルに滞在したような気分でした。
posted by ほがらかさん at 19:32 | Comment(2) | 海外旅行 韓国

この記事へのコメント
お帰りなさい。ぎっしり詰まったいい旅で良かったですね。
タワーにはわたしも行きましたが、本当に急坂ですよね。「行った!!」と思える処です。

北朝鮮のサッカーの後わたしの周りの人達が、全員同じに帰国後の選手の安否をとても心配していました。

アジアの料理はとても美味しくて大好きです。
わたしも屋台を満喫して来ようと思ってます。
鈴生り野菜の水掛は取り放題で近所の方がやってくれることになり一安心です。
Posted by 陽海 at 2010年06月25日 23:15
陽海さん
ただいま。

料理は今回は殆ど自前??だったので好きな場所で食べることが出来、残念なことは海鮮なべを食べていません。

美味しかったし安かった。台湾でも食べ物が本当に美味しかったので堪能してきてください。 納豆よりも強烈なにおいのするお豆腐は美味しいみたいです。

あれを食べないと台湾に行った気がしない子も知っていますが日本で食べてもあの味は無いとか・・・・楽しんでね。

鈴なりの野菜はうらやましい。
今朝の畑にはきゅうり2本、さやインゲン10本、おおば3枚、後は細長いにらがわずかに収穫です。

目の上をまた虫刺されでかなり腫れてとても痒い。辛い。虫に弱いので何か良い薬を調合お願いしま^^^す。

Posted by ほがらか at 2010年06月26日 09:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。