2010年08月27日Fri

4年166日 早朝の歩き方の練習

毎朝ウオーキングを楽しんでいるより歩き方の練習をしていると考えた方が正しい。
両手を大きく振って、足も極力上げるようにゆっくり歩く。

遠目には停まっているように見えるらしいけど少しずつ進んでますがねえ。
同じようにウオーキングをされている向かいの奥様とばったり道で・・・・

私は帽子を深くかぶり遊歩道を歩くのですが向かい側から歩いてくる人にきずかずぶつかりそうになったので慌て手を前に出し 「あっ、すみません」 と帽子を取ったところ、その手をしっかり支えてくださり、「大丈夫ですよ、遠くから見ていてきっとほがらかさんだと思っていたのよ!!」
えっと?思って顔を拝見すればお向かいの奥様。

どうも歩き方が、膝から下は棒のように曲がらず足も上がってなくてずり足そのもののようです。 歩き方のお手本を見せていただき帰り道は足に注意しながらご一緒でしたが残念ながら置いてきぼりです。
後ろ姿は、無理の無い動き、見ていてすかっとする颯爽とした歩き方、きっと足の角度から腕の降り方まで計算しつくしたのでしょうか?
娘も受験の時には随分お世話になりましたが、ご子息曰く・・・・
「僕よりも数学が解けるのはどうなっているのかね^^??大学受験でも本当に良くしぼられた」 そうでさすがは塾の数学の先生、ちょっと年配ですが女性では珍しい数学の達人です。

置・い・て・き・ぼ・り の原因は遅いので運動にならないらしい。 
「一人ぼっち」 で黙々と歩いています。
posted by ほがらかさん at 11:49 | Comment(0) | .術後観察 術後4年(2010年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。