2006年03月14日Tue

手術日 気付いた時は病室

朝、食事無し、排便などを済まし、手術服に着替え8時に病室を出て手術に挑む
この手術は本来の麻酔と脊椎にする硬膜外麻酔との併用で痛さは感じないそうです。

現にほがらかさんと同じ日に同じ手術をした同病のほぼ同じ年代の女性は全く痛みを感じなかったそうで痛くも痒くもかなったそうです。
約5分ぐらいで麻酔は効き、気が付いたときは病室で痛いよ、痛いよと叫んでいたようだ。

その日一日は点滴のみ、食事は翌日の昼頃からです、症状によります。
ベッドに両足を広げ、▲枕を入れその枕に足を括り付けて最後に錘をし足を固定させる。これは拷問に近いけどこのおかげで大切な入れ替えをした人口股関節を守っている訳だ。

一般的な手術方法は足の付け根の外側を7,8センチ開け、股関節を取り出し人工と取り替えるのですが最近の医学の進歩は素晴らしく人工股関節の取替えをより成功させる為にナビゲーションがあり、その電波を飛ばすアンテナを立てるための小さい穴が2箇所ある。

傷も小さいので回復も痛みも最小限度に抑えられているようだ。
もちろん輸血が必要な場合にも事前に採血した自己血を使用するので感染の心配は無い。骨には神経が無いので関節、または筋肉などの痛みだそうです、ちなみに一番痛くない手術は心臓だそうです。
posted by ほがらかさん at 00:46 | Comment(11) | 手術記

この記事へのコメント
9月に湘南関節センターで、股関節手術を受けます。準備とか経過とか知りたくて、お仲間を探しましたところ、ここを知りました。
これからの心構えを勉強いたします。
部外者で申し訳ありません。
Posted by 紺谷 つね美 at 2011年05月20日 15:02
つね美さま

はじめまして
ではこれからいろいろと準備をされているのですねえ??

いつもブログにコメントを下さる陽海さんはつね美さまと同じ病院で手術をされ今はとても元気で杖も無くすたすたと元気よくお仕事にがんばっていらっしゃいます。

どんなことでもご心配があればいつでもメールを下さいね?
誰でももうお仲間です。

ここ、2,3日は厚さも夏のごとく気温もぐんぐん上がっていますが御自愛くださいね?

ご連絡お待ちしていま^^^す。
Posted by ほがらか at 2011年05月20日 16:44
母が変形性股関節症で来月に手術です。
ほがらかさんの細やかな記録を拝見することによって、安心感が得られます。
どうもありがとうございます。
Posted by ちえ at 2012年04月02日 17:50
ちえさま

お母様のおみ足ご心配ですねえ、でも来月にはその痛みともお別れです。 今は入院して退院まで約12日だそうです。主治医の先生を信頼し有意義な病院生活を楽しまれることをお勧めいたします。

どうぞお大事に、新品のおみ足に万歳です。
どんどん行動範囲も広がることでしょうね。
楽しみです。
Posted by ほがらか at 2012年04月02日 19:29
ほがらか樣

お返事ありがとうございます。

入院中、ベッドに寝たままの時は
腰などが痛んだのではないかと思いますが、
どうやって乗り切られましたか?
Posted by ちえ at 2012年04月13日 10:46
病院での寝たきりベッドの上では本当に腰が痛かったですねえ、その時は婦長さんにお願いしてベッドそのものを変えていただき柔らかくてクッションの良いもの、それに柔らかい抱き枕を用意してくださいました。 おかげで数日間で治りました。

看護婦さんなどに相談されたら良い方法を考えてくださるのではないでしょうか??

じっと我慢しないで快適な病院生活を送るにもぜひ相談されることをお勧めいたします。
Posted by ほがらか at 2012年04月13日 12:12
いよいよ連休ですね。いかがお過ごしでしょうか。
母の手術は1日に決まり、一昨日、入院致しました。連休のせいもあって、早めの入院です。

手術の心配も勿論ですが、
手術以前の日常の生活、つまり、トイレに行ったり、椅子から立ち上がったり、寝返りを打ったり、元気な人間なら当たりまえのことが、母に取ってはこの上ない重大な悩みです。自分一人ではできません。
しかし、優しい看護士さんたちの手助けで、乗り切っているようです。
手術に対しての説明も事細やかで
何の心配も浮かばないよね、と話しています。

硬膜外麻酔もあるのでほっとしました。
MIS手術では無いようです。
かなり高位脱臼なので、MISでないほうが良いのかもしれません。

さあ、あとは手術を待つだけです。

痛みの少ない生活が待ってくれているはず。
Posted by ちえ at 2012年04月29日 08:21
ちえさん

早めの入院で病院にも慣れ、また人工股関節に関しても少しずつ知識も増えてお母様なりに病気と立ち向かわれてることでしょう。

麻酔から覚め新品のおみ足にもきっと感激されるでしようね。

個人差がありますからいつに退院できるかですが、きっとリハビリも済、普段の生活がなんら問題なくできるようになって主治医の先生からOKが出ないと退院できませんからね。

早く退院したいと思わないでしっかり養生されてもう大丈夫と思うまでは皆様にお世話になりましょうね。

元気になられてご自身のおみ足でしっかり大地を歩かれる日を楽しみにしています。
薔薇色の人生に拍手です。
Posted by ほがらか at 2012年04月29日 10:26
こんにちは。
ご無沙汰しております。
先日からあたたかいコメントを頂きながら
報告も無しで失礼致しました。

5月1日に手術を終えました。
かなり、病状が進行していたせいで
手術中、大腿骨が割れてしまいました。
そのため、回復に時間がかかっています。

しかし、
手術前は椅子に腰をかけることさえ
困難だったのですが
今では2時間でも3時間でも座っていることが出来ます。
つい先日は、杖無し、平行棒無しで、両足で立つことが出来ました。感動しました。痛みも無いそうです。

杖歩行の練習も始まるようです。

不思議な位、痛がりません。
本人も、私たち家族も
とても喜んでいます。

手術を迷っておられる方がいらっしゃいましたら
年齢との兼ね合いもあるでしょうが
手遅れになる前に決断されると良いかと思います。

ほがらか樣、皆様
ほんとうにありがとうございました。




Posted by ちえ at 2012年06月11日 15:02
度々すみません。
Q&Aのコーナーで
母の手術の報告をしていました!!
何がなんだかわからないような
慌ただしい毎日でしたので
記憶が飛んじゃってるみたいです〜〜〜。
Posted by ちえ at 2012年06月11日 15:15
ちえさま

本当に忙しくお母様の看病もされていると日常の事を忘れる時もあります。
ご安心ください、最近は私もありますもの。

でも手術をされてお母様のご様子が本当に健常者と変わらない日常を送られている様子、嬉しい限りです。

今まで痛さゆえに外出の楽しみもなかったでしょう?? これからですよ楽しんでください。

母娘で楽しい小旅行、ショッピング、二人で出かける楽しみはまた各別です。

うんと楽しんで親孝行をお願いいたします、また嬉しい便りをお待ちしています。

お大事に。

Posted by ほがらか at 2012年06月11日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。