2006年04月16日Sun

術後34日 退院後の生活

退院してからの注意をお知らせしましょう。(これも個人差ありほどほどに考えてね)
もちろん普通の日常生活がリハビリですとDR.クルーニーは言われました。

(1) 股関節を90度(直角)以上曲げたり伸ばしたりしないことです。
十分頭に入れておいてください、なぜなら股関節が外れることが多々あるそうです。無理な姿勢も同じです(重要)。

(2) 日課として筋トレは続けて下さい(人工股関節を守るためには筋肉が必要)
これはベッドのなかで足の屈伸、ヒップの持ち上げ、腰の痛みを和らげる腹式呼吸、一日4000歩位、散歩や家事をこなして下さい。

(3) 主婦の場合には、特にキッチンに立っている時間が長いので同じ体制を保つことは痛いです。
時々休んで、それ以上の歩数はあまり感心しない、理由は股関節や足が痛くなります。2から3ヶ月は絶対に無理をしないほうが安全です。

(4) ほんの少しの段差にも注意しないと必ず転びます。
この間は転んだら最後、絶対に股関節にダメージがあります。
最悪の場合には再手術もあり、折角の足??がもったいないです。気をつけましょう。

(5) 外出には必ず杖を付いてください。
必要ないと思うかもしれませんが転ばぬ先の杖と思ってくださいね。

(6) 足は組めません。長い足をお見せしたいかもしれませんが、ま、ま残念ながら遠慮して。
正座も我慢して、でもこれは出来る人と出来ない人があるからね。ほがらかさんは確実に後ろにひっくり返り、おきあがりこぶしにもなりません。

(7) 家の中に手摺がたくさんあると楽です。転ばぬように伝い歩きできれば安心です。それに玄関やトイレ、お風呂場にも滑りやすいから、本当に欲しい所です。

(8) 浴槽の中に入るにはちょっと工夫が必要です。
だって足を持ち上げて中に入るでしょう、それが結構難しい。でも介護用品の売り場などに行けば、自分にあった高さの椅子や踏み台があるから利用してください。
くれぐれも風呂場で滑らないように!!死活問題ですぞ
posted by ほがらかさん at 00:08 | Comment(0) | .術後観察 術後0年(2006年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。