2010年09月28日Tue

4年198日 第2回こつこつクラブ旅:北京

お仲間と北京の旅、元気に出発し無事帰国しました。

プリちゃん、ミッチー、佳代ちゃん、ほがらか4名の第2回こつこつクラブ旅北京初めての経験も・・・・デルタ航空の機械故障に合い、予定時間を4時間近く遅れて飛び立ち、夕食にありつけたのは夜中の1時過ぎ、北京に着いたのは真夜中の2時過ぎ、やっとホテルに着いたのは3時半過ぎ、睡眠時間2時間半で朝食を駆け足で取り、バスにも駆け足で乗り、ほっとしたのがバスに座って朝の7時・・・出発・・・やれやれです。  あ^^^驚きました。

デルタの対応の悪さにもあきれました。 飛行機の座席に3時間以上も座りっぱなし、成田でその日限りのミールクーポンは出ましたが(600円也、この金額ではサンドイッチとコーヒーのセットは買えません)使用できるお店にも限りがあり・・・適切な説明なしで怒り心頭です。

天候に恵まれたのが幸いでした。
悪名高き西太后のために作られた頤和園は庭園としてすばらしく風光明媚でした。
頤和園東宮門 皇帝が政務を執る仁寿殿
長廊の装飾画西遊記 頤和園昆明湖
杭州にある西湖を真似て作られた人造湖は世界一の大きさとか。
木造の長廊は屋根付きで柱と梁に書いてある絵は一枚も同じ絵がないそうで、それぞれに意味があり、特に有名なのが西遊記に出てくる孫悟空や八戒、沙悟浄、三蔵法師でした。

また西太后は大の京劇好きで毎晩上演されていたようでその舞台もまだ残っていました。
涙もろいところもありやさしい母だったとの説明もありました。
どれほどの地位と実権を握っていたか計り知れないほどの夏の別荘でした。

明代の皇帝、后妃の陵墓群の明の十三陵も広く階段を上ったり下りたり一本道ではないですね。地下宮殿として公開されています。
十三陵入口 地下宮殿

永楽帝陵一番大きな永楽帝の陵に行きましたがまだ発掘中とかで一時中断されているそうです。

膨大な24金で作られた埋葬品は博物館に展示されているそうです。
残りの十二陵は封鎖されたままで何時発掘調査が始まるか解らないとか。


今回の旅のハイライト万里の長城
6300kmと聞いていましたが最近は8851.8kmが本当の長さとか。
万里の長城男坂 万里の長城女坂
北海道の端から沖縄の端までを約1.5往復してもまだ長さは続くのねえ^^^。
長い、長い、長い。 それに急激な坂道で後ろにひっくり返りそうになり 「きゃ!!」 と叫びましたら
親切なおじ様が後ろから抑えてくださり、辛うじてセーフ。 
きっと今頃は坂道ゴロゴロで脱臼はしないまでもあちこちにあざが・・・・・あ^^考えただけでも怖い。
お仲間と声を掛け合いかなり上まで登りました。北京市内は暑くてもここは寒かったです。

夜は全員で一時間半の足つぼ、全身のマッサージに。 明日の紫禁城の散策に備えて。


天壇公園天壇公園
皇帝は毎年冬になると歴代のすべての皇帝の位牌を持ってこの祭壇を訪れ天命を受けて天と地の狭間、皇帝のみに許された交信の場とか。皇帝のパワースポット??
瑠璃色と金に輝ききれいでした。 
一段目の屋根は少しゆがんでいたように思いましたが・・・・実際はそれも計算ずくなのかも?
龍の彫りのある真ん中の道は皇帝が歩くためのものらしい。

北京動物園のパンダの前で・・・
上野と同じですごい人でした。
北京動物園 パンダ館写真取るのもたいへんですが、運良くパンダが良い顔??をしてくれパチリ!!
仲良くあそぶのですね、それにレッサーパンダも尻尾だけです。
パンダのぬいぐるみも日本と一緒で特に変わりなし。

昼の飲茶で中国のうどん(刀削麺)削っている矢先から下に落ちて大笑いです。
腰もなく思えばすいとんのような味ですぐくっつきやすく、食べるにも箸ですくって食べるようです。
長く置くとくっついてまずい!!です。
刀削麺の昼食 鳥の巣
北京のIBMビル 景山公園

オリンピック公園の中にある北京オリンピックのメインスタジアム「鳥の巣」。
中国のIBMのビルですがシルエットが座っている獅子のように見えたりします。
景山公園では、市民が運動やダンスを楽しんでいました。

この後の観光、紫禁城と故宮博物院、天安門広場はもうギブアップ。あまりにも歩き過ぎ。
これから3時間も歩くことは難しいと考え、我々グループは足に負担の少ないお店見学にしてもらった。

全員で近くを散策し、北京の街中の様子をチェック。 無理をしないがモットーなので、チャンスがあれば次回にもう一度北京を旅することで・・・。

北京最後の夜は京劇の世界に。前門建國飯店の中にある梨園劇場は京劇専門の劇場です。
観客の大部分が外国人のため、孫悟空が登場する『大閙天空』や中国説話として日本でも有名な『白蛇伝』などを中心に日替わりで上演しています。
梨園劇場のある前門建國飯店 京劇専門の劇場梨園劇場ロビー
刻々と変化していく顔 開演前の太極拳茶道

開演前のロビーでは京劇俳優の化粧をしているところも撮影を許可され、刻々と変化していく顔への筆の使い方女性よりも上手いです。
指定席も一番良い席を用意してくださり 「太極拳茶道」 テレビでしか見たことがありませんでしたが
身のこなしの軽やかなこと拍手喝さいです。

孫悟空が登場する「大閙天空」鐘や太鼓でうるさいと思っていましたが実際はそれよりも舞台のほうに気に取られ、感激でした。
とても物語が美しく、日本の歌舞伎に通じるものがあり動きもすばらしかったです。
経験しなかったら 「知らぬは一生の恥」 でした。 もう一度見たい。

全員が元気に戻れたのが一番、本当にお疲れ様でした。
posted by ほがらかさん at 19:18 | Comment(2) | .こつこつクラブ クラブ旅

この記事へのコメント
 お帰りなさ〜い^^
出発から大変でしたね。4時間のロスは大きいですね。デルタ航空にはまだ乗ったことはないのですが、今後に乗る時にはかなり考えてしまいますね。
 睡眠時間2時間では辛いですものね〜。
でもでもぉ〜、ほがらかさん達のことだから現地のほろ酔いジュースを美味しく沢山頂いたのではないですか??

 万里の頂上の随分高い所からの写真を見てビックリです!!皆さん頑張りましたね^^わたしなら果たして付いて行けたのかしら?

 でも色々な写真を拝見し、また次回の計画があるのなら行ってみたいな〜、と思っています
Posted by 陽海 at 2010年09月29日 09:23
陽海さん

ただいま

機械故障と言えどもつかれましたね^^^
でも元気に戻れたのが一番です。
楽しかったですよ^^ 大丈夫??と声をかけながら万里の長城はハイライトでした。

ビールはチンタオビールにしたらごくごくといくらでも飲めました。
大体昼も夜も飲みましたがさっぱりしておいしかったです。

次回はハワイを計画していますのでぜひご一緒に行きましょう。
皆様一日300円を箪笥貯金することになっています。

いくら貯まるか??希望的観測です。
Posted by ほがらか at 2010年09月29日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。