2011年02月19日Sat

4年342日 桜子さんが剥離骨折

昨日の荒れ模様は春一番?でもニュースでも聞かないし横殴りの雨、眩しい晴天、一転真っ黒い雲と同時にみぞれ、小粒のかわいらしいあられもしっかり雨と一緒にばら撒いてくれましたね。 
車のフロントガラスに飛び散る 「白いあられ」 しっかり正体を見ました。

強風のおかげで満月が本当にきれいでしたね。
露天風呂から見る月は真っ青な空にぽっかりでは無く何かの引力に引き付けられるように球が地球を目指しているような感じで始めての経験でした。
見事な美しさでしばし露天風呂で30分近く、同じように見ている方達も。

そろそろ5年経過ですが左足手術の時、隣のベッドでまったく同じ病名、ほがらか午前中、午後からの人工股間節手術でお仲間の桜子さんが剥離骨折、足首から下をぐるぐる巻きギブス。
電話を頂き、近々一緒に出掛かる約束をしていたのでそのお誘いと思い 「今日出かけます??時間は大丈夫よ」 と席を切ったようにほがらか一人しゃべり。

そうじゃなくて 「あのう、今日じゃなくてね、実は私骨折したのよ!!」 そりゃたいへんと思い、すぐお見舞いに行きましたが人工股関節に換えたおみ足の足首、
ちょっと上からくるぶし、足の甲、指先にかけてつまり足全体??樽?を思わせるほどの腫れ方、やっと歩けるそうです。
身長の割には小さくてかわいいおみ足でしたが本当に痛々しくお気の毒でした。

原因は2,3センチしか段差がない道でつまずき捻挫、そのままもう痛くて歩けなかったそうです。 お仲間の皆様、段差や階段には特に気を付けて下さいね。
道路の色によっては日中でも段差に気付か無い場合もありますから。

怪我で歩け無いと筋力も落ちるし次回歩き出すときもかなりプレッシャーが掛かり、
命取りだものねえ、本当に歩くことは大切です。
旅から帰ってウオーキングが億劫になりました。理由はきっと 「寒い」 から特に早朝に寒さを感じるのはもうおまけの人生を歩みだしたからかしら???
それとも怠けもの???起きるのは早いのですがねえエンジンが掛からない。

お酒の好きな人ならちょいと引っ掛けて?元気が出るらしいけど・・・・・
posted by ほがらかさん at 09:52 | Comment(0) | .術後観察 術後4年(2010年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。