2011年02月23日Wed

4年346日 形成外科の診察

昨日は、やけど跡、コメカミの老人性皮脂のあざで形成外科の診察を。

またまた秀ちゃん先生のお母様のご紹介で嬉しいことに、20年悩んだ腕の、陥没し
ているやけど跡、つまりケロイド状態ですが一一度の手術で治るそうです、それも表
面麻酔で皮膚の表面を削り取り、その後2週間は薄いバンドエイドのような皮膚の代
わりを貼っておけば出来上がり??とか。
痛いんだろうなとか心配していましたが判りやすい説明で安心でき、また素敵な女医
さんでした。
先生の診察は2時間待ちでしたが紹介が多いらしくファン??が出来るのもわかるよ
うな気がしました。

当時はやけどの陥没は治らないと皮膚科の先生から聞きましたが今は簡単に新皮膚が
再生できる、時代の進歩ですね。

来月の半ばには生まれたての新皮膚に期待していま^^す。
posted by ほがらかさん at 09:54 | Comment(4) | .術後観察 術後4年(2010年)

この記事へのコメント
 腕の傷が治ることがわかってスッキリですね^^
女性にとって身体の傷はいつでも気になるものですもの。特に夏などで人目に触れる時には尚更ですよね。
 揚げ油に火が入って腕に大きなケロイドができた友人がいます。もう何年も経って痛みはないみたいですが、やはり夏は気になるみたいです。
ほがらかさんは色々なお知り合いが多くて助かりますね。

 今日いつもの仲間と河津桜を見に行って来ました。上記の友人の運転で稲取で金目鯛の煮魚定食(蟹の味噌汁と金目やマグロのお作り他色々付き)を食べ、河津の屋台で試食しまくりです。ついつい食べ過ぎで桜そっちのけでお土産買いまくりでした。
 対岸に止め直して丁度すぐに温泉水が湧き上がるところに間に合い、土手を菜の花と桜を愛でながら散策し、スケッチ即売している小さな絵を購入しました。
 次女にハル君の散歩を頼んであったので安心して沼津で簡単に夕飯を食べ帰宅しました。
 何と11,000歩、明日から気を付けなくっちゃ!!
明日はまた仕事なので、緩んだ気を引き締めなくては。

 何とも言えない濃いピンクの桜は本当に綺麗でした。
Posted by 陽海 at 2011年02月25日 21:35
陽海さん

お久しぶりです。
お元気な様子嬉しいです。
その桜は本当に桃の花を思わせる色で濃いピンクですよねえ、確かに言葉にない色の桜です。
貴方は細いからたくさん食べておおきくなあれです。
体が資本ですから太るなんて事は考えないでね。 私は正直者ですから太ったらもうやめてってお願いしますから。

まだ私は実際に見ごろは知らないのですが時々近くは通ります。
伊豆の方まで車ではすぐなのですがもう一週間が過ぎたの??と思うほど時間が足りないぐらいです。

本当に医学は進歩ですよねえ、3月14日が手術日なのでエイプリル・フールには再生皮膚の出来上がりと期待しています。
嘘をついても罪にならないから・・・・

今朝は本当に寒い、2・5度でした。
昨日は春一番、今日は冬に逆戻りいったい本当の春は何時???
やっぱりお年頃??両足??桶に入っていると寒さも身に堪えます。

2月はあちこちでご馳走になり減量作戦もう限界状態です。
それにウオーキングも外に出たくない!!
寒いのが命取りです。
寒いの寒いの飛んでって!!
Posted by ほがらか at 2011年02月26日 07:19
ほがらかさんに、そのような気になる所があったんですね。
昔は諦めていたものも医学の進歩で治せるとは!
痛みなく上手くいくと良いですね。
私の老人性シミは無理かな?
Posted by きありぃ at 2011年02月26日 20:06
きありいさん

おみ足のぐらいはいかがですか?
まだ杖は必要なのね、ある日突然いらなくなったりして驚かさないでくださいね。

私は気になるところばかりです。
貴方は色がとても白いのでシミなど全然気が付きませんでした。
きっと大丈夫と思います。
私の老人性もアザでシミと同じと意味付けています。

3月14日が手術日なので終わりましたら携帯電話にご連絡いたします。

きっと再生皮膚が出来るのは4月1日らしいので嘘か本当かの見極めです。

では乞ご期待です。
Posted by ほがらか at 2011年02月27日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。