2011年03月20日Sun

5年6日 計画停電と生活必需品

昨日は計画停電は無し、東京電力の会見では暖かいので暖房は付けないだろうとの見識です。確かに太陽熱は素晴らしくじっとしていれば 「ぽかぽか陽気」 気も和んできます。
久しぶりにPCもゆっくり操作できました。 早朝5時半から並んで8時40分、20リットルのガソリンを入れる事が出来ました。 やっと車も走れます。

その足で9時からオープンの大手スーパーの食品売り場に15分並び、1週間ぶりに牛乳一本、納豆1個、パン一斤買う事が出来ました。
とにかくその売り場まで皆さん脱兎のごとく走って行くのです。でも10分で売り切れ、後続の方はお気の毒でした。 
トイレットペーパー、テッシュ、3分位で全て無いらしい、どう言うこと??開店と同時にこの状態信じられない品不足です。

生活日用必需品としてのペーパー類、今京都の友人が送ってくださり、感謝、感謝で、お隣にもおすそ分けできます。
車は何かの時にガソリンは無駄使いできないのでリュックを背負って歩いています。 
でも車で往復10分もかからない距離なのに、歩くと何と私の足では1時間20分なにしろ何処に行くにも先ずは山を降りなくては向かえない。 
文明の力は素晴らしいとつくづく感謝。
posted by ほがらかさん at 11:12 | Comment(4) | .術後観察 術後5年(2011年)

この記事へのコメント
今日は丁度使い切るのを見越して化粧品などをまとめ買いしようと1ヶ月前から計画していたドラッグに行ってきました。月に10回ほどあるポイント2倍デーと休日が重なりゆっくり買い物をする予定日でした。

店の中は他のスーパー同様半分ほどしか点灯していなくて節電、でもやはりペーパー類は物凄い高級で高価な物以外は売り切れです。予定の半分位の購入で帰って来ました。花粉の季節でティッシュが欲しいのかもしれないけど、そんなに焦らなくてもいいのでは・・・。

計画停電も節電効果で先送りになっていますが、発電所が起動しない状態はこれからも続くのでは・・・。
娘は徒歩10分の通勤時間の旦那様が頑張って食料を調達しているみたいですが、これからは週の半分は会社に泊まると効率がいいかもね〜、などと言っておりました。

原発にしても学者達が色々と言っていますね。明治35年に35mの津波が記録されているので、想定外ではなくこれは東電による人災だとか、必要以上に放射線について脅かしたり。
建設段階で本気でそのことを伝えたのでしょうか?自分が専門知識を駆使して現場で働くのでしょうか?
今になって言うだけはどんなものでしょうか?
実際に現場で身を呈して働いている方達のこと、不眠不休で頑張っている東電の方達、誰もこんな事態が起こっても構わないと思っていた当事者達はいないでしょうに。自分達は溢れるほどの電気を好き勝手に使っていたでしょうに。

ど素人の我娘(婿さんは科学者ですが)でさえも判ろうとしているのに。
こんな必死で当事者誰もが頑張っている時に表現しなくても・・・。

中部電力管内で暮らしているわたしが言うべきではないのかもですが怒りを覚えます。
Posted by 陽海 at 2011年03月20日 14:07
陽海さん

本当に貴方の言われるとおりです。
買い物もあの行列を見るだけで出来る限りノーサンキュウです。

現場で危険を顧みずがんばっている東電の方たちに敬意を表します。
でも何故IAEAの国際機関の世界的なスペシャリストに委ねないのか不思議です。
面子もあるでしょうがそんな問題では無い!断るとは何事と思います。
確実なニュースを知りたいですね。
後世に残る世界の問題だから情報も共有すべきです。
偏ったニュースは混乱を招くだけで正しい情報はどれか見極める必要があります。

昨日お仲間の桜子さんが根岸駅から日石のガソリンを積んだタンク車両が出て行くのを見たそうです。タンクローリー車40台分を一度に運ぶなんてやっぱり鉄道ですね。もう仙台に到着ですが早く被災地の車に行き届きますように祈るばかりです。
我が家の長男も徹夜で会社に泊まりこむかもしれないと言っていました。効率は良いけど体はつらいよね。
でも若いから??安心です。
Posted by ほがらか at 2011年03月20日 21:48
こちら田舎街でもスーパーの棚が空っぽ!
スタンドは行列!ガソリン品切れで閉店...
停電で街の中の多くの店は閉店 真っ暗...
毎日が日曜日の年寄りだから外出せずに家に引きこもってるのが良いとテレビをつければ
原発放射能の脅威!責任を感じていないかのような保安院 「心配するほどのことはない」と基準値超えた放射線量に「安心」を押しつける政府発表に ワイドショー並の被災地報道
そしてウンザリしてきたAC広告...
いったい日本はどうなってしまうんでしょ?

何かあって避難するようなことがあっても
歩いて行けるような避難場所はないし
避難所の床の生活や和式トイレは無理だし... ((+_+))
こうなったら美味しいもの食べて寝てましょ♪
Posted by きありぃ at 2011年03月22日 19:25
きありいさん

スーパーの棚が空っぽなのは私達と違って健脚の人たちは脱兎のごとく走っていくのですから太刀打ちできません。
「あら??もう無いの?」で終わりです。
テレビ等の公共放送機関はやっぱりスポンサーが付かないと政府の広告しかないもの。ちょっと多すぎますね。

原発は国民がしっかりとした正しい情報をキャッチしないと、目を向けないとこれは日本だけの問題ではなく大宇宙にぽっかりと浮かぶ美しい青い地球上の問題だからね。
ところで何処に美味しいものがあるの?
ご相伴させて!!
Posted by ほがらか at 2011年03月23日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。