2006年07月03日Mon

花屋のプリちゃんの質問

とっても参考になり、また、楽しく拝見致しました。早速ですが質問です。両足股関節手術後順調であれば美しく歩く事ができるのですか?

わたくしも両足で末期です。手術を考えておりますが、なかなかその時期が来ず、来年の初夏を考えております。(病院も決めていませんが勝手に)

でも手術は成功したけれど、ぎこちない歩き方になるのでは?と心配です。さまざまな症例があるので何ともいえないとは思いますが、ほがらかさんの場合どうですか?

私は、主婦ですがフラワーアレンジの講師もしているため、少し早めですが手術を考えております。
posted by ほがらかさん at 20:46 | Comment(10) | お仲間の体験談

この記事へのコメント
花屋のプリちゃん様、メール有難うございます
これから飛行機に乗るのでごめんなさいね

連絡は後にしますが絶対に上手く歩けるようになります
保障しますので安心してくださいね
そしてDR.クルーニーの手術を受けた人は必ずきれいに歩いています
職業がらきっと素敵な方なのでしょうね、ごめんなさいね・・あとでまた
Posted by ほがらかさん at 2006年07月03日 20:55
お忙しいところご連絡を有り難うございます。
飛行機で遠出とは、出かけるのは必ず車の私からは羨ましい限りです。お帰りになられたら、ご連絡を待っております。
病院の事などお聞きしたい事がございます。
Posted by 花屋のプリちゃん at 2006年07月03日 21:03
先ほど帰宅しました。北海道に小旅行をしました。

さて、いろいろご質問がおありのようですが私でわかることがあれば何でもお答えしたいと存じます。
よろしくお願い申し上げます。
Posted by ほがらかさん at 2006年07月03日 21:11
北海道旅行ですか、梅雨知らずの清々しい気候だったのではないかと思います。
遠出ができるぐらいおみ足の調子が良いということですね。ほがらかさんの様子をお聞きするたび、明るい未来が待っている事を確信させられます。

早速ですが、今現在、近くの整形で痛み止めと定期検診を受けながら、何とか毎日レッスンと家事をこなしておりますが、そろそろ手術を勧められております。
そのため信頼のおける先生、病院をさがしております。

ほがらかさんの信頼をおいている主治医の先生に、私も一度見て頂きたく思っております。病院の場所などから、痛い足を引きずりながら行けるかどうかわかりませんが、ぜひとも教えて頂きたく思います。

子供は、小学6年と高1年でまだまだ、手のかかる事ばかり、下の子の受験が来年1月に終わるので、卒業入学を終えた、学校の夏休み7月末ごろに手術を。花の仕事もクリスマスまでお休みをして、半年療養生活にあてるつもりでおります。(そんなに必要ない?)

この期間をのがすと、仕事も家族のことも、痛い足のために結局中途半端になりそうな気がしています。ちょっと愚痴っぽくてすいません。お返事待っております。
Posted by 花屋のプリちゃん at 2006年07月03日 21:17
北海道はプチ旅行ですが、足はどんなになるかと思いながら実験的に?行ってきました。
梅雨も無く本当にさわやかで、日本にもこんなに大きな真っ直ぐな道路や原生林が生い茂っているのだなー、と旅行してはじめて知りました。

見聞を広めたなーーと思っています。 この歳にして知らないことがたくさんあり、聞くは一時の恥じ、知らぬは一生の恥じと思って、のこのこ出歩いています。

さて股関節の痛さはお察し致します。
本当に痛いですよね、この痛さは経験しなければ解らないので、股関節に異常のない人は解らないようです。

花屋のプリちゃんさまは職業柄東京にお住まいですか? 股関節は両方ですか?痛くなってどれぐらい月日が立っていますか? 主治医は横浜になりますがよろしいですか?

大学病院ですが、入院は大体3週間から4週間で状態がよければその後のリハビリの必要ありませんが、定期的な術後検査は継続されます。 半日は要します。
素晴らしいDR.クルーニーをご紹介いたしますので、詳しくお知らせくださいませ。
彼は自己にも厳しく本当に信頼できる医師です。

手術となればお子様の心配や家庭、お仕事など心配ですよね、でももう決心されたらそれに進んだほうが、問題も早く終わって痛さもなくなり今後の励みになり、約一ヶ月の辛抱ですから、家族の皆様で力を合わせればきっと上手くいきます。

今、私は本当に人工股関節にして、健常者と同じまでは行きませんが両足で真っ直ぐ歩けます。  感謝しています。
DR.クルーニーのお話では、今は痛さを我慢しなくても良いほど手術も簡単になり、骨の状態がよければ、その若さでも再度入れ替えをしなくても良い人もいるそうです。

それは術後の養生になりますし、今現在股関節がどれぐらい広がる、または使えるかによるそうです。 とにかく診断を仰いだら良いでしょう。
Posted by ほがらかさん at 2006年07月03日 21:25
早速にたくさんの情報をいただきまして、有り難うございます。
自宅にて「枯れない生花プリザーブドフラワー」の教室をしております。また、協会の代表のため、誰かに運営を任 せる事も難しいです。
何やかんやというよりも、純粋にお花が大好きです。生涯かけてその素晴らしさをできるだけたくさんの人たちに知ってもらえればと頑張ってきました。

大切な家族と協会会員のためにも手術は怖いけれど、ここいらで頑張ってリフレッシュして見ようと思います。
ぜひ、一度診察に伺いたいです。素敵なクルーニー先生にお会いできればと思います。
どちらの大学病院の先生か詳しく教えて下さい。ほがらかさんがお近くにいらして良かったです。

追伸
言い忘れておりました。
股関節は、乳幼児のときからで両足先天性股関節脱臼ということです。
大学付属病院整形で当時、治療を受けていました。

一人目のお産ん後より左足が痛み始め、2年前頃より右も痛み始めました。
最近では、階段や坂道の登りが特に困難です。レントゲンで診るところ両足の軟骨が殆どなく、末期と診断されました。
現在、痛み止めを飲みながら生活しております。ただし、効き目はほとんどなし。
Posted by 花屋のプリちゃん at 2006年07月03日 21:30
【DR.クルーニーへのお願いメール】
ご無沙汰致しておりますがお変わりございませんでしょうか?
空梅雨でしょうかあまり雨の音も聞きませんが、でも梅雨独特な蒸し暑さを感じ、あーー今年も夏が来たんだなーと実感しております。

北海道にはラベンダーの季節にはちょっと早かったですが、リフレッシュでき新たな感動を受けて参りました。

最近ご質問などがプログに来ており、出来る限り皆様のお役に立てればと思っています。
さて、花屋のプリちゃんさまとの会話を添付していますので、読んで下さればどのような症状なのか先生にご判断がつかれると存じます。

つきましては先生をご紹介申し上げてもよろしいでしょうか?
DR.クルーニーを紹介して欲しいといわれていますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【DR.クルーニーへからの返信】
ほがらかさんへ
ご依頼の件ですが、私でよろしければ紹介していただいて結構です。少しでもお役に立てればと思いますので、よろしくお願い致します。
また外来で近況をお伺いできるのを楽しみにしております。
Posted by ほがらかさん at 2006年07月03日 21:38
花屋のプリちゃんさま
DR.クルーニーから良いお返事を頂きました。
毎週股関節外来は水曜日です。
初診は午前中です
Posted by ほがらかさん at 2006年07月03日 21:42
旅行帰りのお疲れのところ、私のために時間を割いて頂きまして有り難うございます。
診療日に合わせて母と一緒に伺おうかと考えております。

日程が決まりましたら早めにご連絡をさせて頂きます。
手術まで時間がありますが、ようやく目標の一歩目が踏み出せました。
今回ほがらかさんのHPをみていなかったら、きっと不安な毎日を過ごしていた事でしょう。
ほがらかさんにぜひ、お会いしたいです。素敵なドクターにも。
では、またご連絡を致します。
Posted by 花屋のプリちゃん at 2006年07月03日 21:44
少しでもお役にたてて嬉しく思います。ゆっくりお話をしたいものですね。

受診される場合に、外来で一度お目に掛かる事が出来れば幸いです。
診察を受けて来年の手術を成功させて、きれいに歩けるように今からがんばりましょう。

痛さも無くなり、きれいに歩ける姿を想像するだけで、自分のことのように嬉しく思います。
気候柄、転ばないようにご自愛くださいませ。
美しい花との生活・・・なんだか羨ましいですね、いつかお尋ねしたいと思います。
Posted by ほがらかさん at 2006年07月03日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。