2011年06月13日Mon

5年91日 下北半島

八戸の台所、八食センターに早朝からぶらぶら、イヤー本当に大きな市場で驚きました。


有りとあらゆるものが置いてあり、お魚市場を想像していましたが残念ながらそこにいれば衣食住足りる感じでした。
魚だけのせんべいやら、当然横浜にも有るはずのワイン、みつからないのでこの市場で求める、後は魚屋さんお薦めの美味しい特上お寿司とウニ丼、本当においしかったですね、ウニは甘味がありご飯にとろけるようでした。お寿司も。 その魚屋さんの言葉通り、美味しいと感じるのはご飯の旨味だよって。

尻屋崎灯台、寒立馬が放牧されている今は、仔馬が生れて親子で歩く姿は春だけのようです本当にいとおしくて仕方がない感じのしぐさでした。 簡単に人を殺めることが無いようにこの馬達を見習ってほしいねえ。


世界中の注目を浴びている原燃のPRセンターもお勉強しました。

奥薬研温泉のかっぱの湯、下風呂温泉、20分を置かないで2カ所の温泉効き比べ、極楽、極楽でした。明るい日差しを浴びて贅沢なひと時で申し訳ない気分でした。



最後は大間アのキャンプサイトで宿泊。
時間的に大間のマグロを食べ損ね少々お冠です。

でも若いライダー仲間の一年に一度6月の第2土曜日の集まりがこのキャンプであり、ほがらかさん達もお誘いを受けその日は参加はしませんが、翌朝隊長さん自らおいしいシチュウを頂き美味しかったです。



だって若いお父さんが夜中掛けてコトコト煮たそうです、寸胴鍋一杯約50人分だそうです。
どの子も本当に笑顔が素敵で東北地方津々浦々から集まってくるそうです。ラベルも貰っちゃいました。

翌日は、切り立った断崖絶壁の仏が浦を遊覧船で周ったのですが、19トンの船がすごいスピードで飛ばすので神風ボートと勝手に名付けました。



恐山にも行きました。
怖い所とイメージしていましたがそうでもなくでも余り雰囲気の良いお寺さんではありませんが霊山のようですから心を整えて??お参りしました。



そこには立派な源泉100%の温泉も無料で開放されていましたが勇気がなく通り過ぎましたが後で入れば良かったと思ったおは後の祭りです。
posted by ほがらかさん at 08:38 | Comment(2) | 国内旅行 みちのく三大半島巡り

この記事へのコメント
ほがらかさん

おひさしぶりです。ほがらかさんのブログを
お守りにさせていただいている「ゆめ」です。

予定を決めずに東北ドライブ旅行、私も
時間に余裕ができたら絶対やりたいことの
ひとつです。

昨日は大間だったんですね。
雄大な景色と美味しいもの、そして名湯・・

元気なおみ足で楽しんでらしてくださいね。

次はどちらかしら?楽しみ、楽しみ!



Posted by ゆめ at 2011年06月14日 18:38
ゆめ様

お守りなんてとんでもありません、見てくださるだけで幸いです。

今平泉中尊寺で歴史に触れ、へ^^は^^と感心しているところです、義経伝説、弁慶伝説本当はどうだったのか掘り下げれば義経さんの生涯が分かるかもね・・・でもあくまでも伝説だから審議の程は如何なものか。

明日の夜11時には高速に乗って一路横浜目指します。

楽しかったですよ、温泉と歴史の旅感謝感謝です。
あすから本格的に旅の模様を描かなくては自分でもどこに行ったか分からないもの・・・・残念ながらお年??です。

ではまたね
Posted by ほがらか at 2011年06月18日 17:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。