2011年06月18日Sat

5年96日 八幡平と温泉巡り

一日温泉巡りに変更

雲行きも怪しかったので今日は一日有名は温泉地で保養



最初は玉川温泉へそこで知らない事は恐ろしい事だと実感です。
誰も入って居なくて良く分からず寝湯と書いてありましたので、そこで体を沈めていいのかな^^と細い足場のような湯の中に足を入れようとした途端、玉川温泉ファンの叔母様に「なんでそこに足を入れるのよ!!罰があたりますよ!!」 「ごめんなさい済みません^^^どうしてよいのか判らずちょっと足を入れようかと思ったのですが」 いやはや怖い。 それ以来誰も入っていない場所には入らないことに。

そそくさと後にして八幡平にトレッキング。
車で行けるところまでは車ですが真面目に登頂口から歩きました。



途中から頂上までは残雪で足元も悪く、普通の靴では無理でしょうと出会った管理者の方に聞き、雪と氷の八幡沼が見える場所まで登り、岩木山やすばらしい山々、また無数の雪渓の景色に感動しました。

雪の上を枯葉の杖を見つけよたよたしながら歩きました。でも遠くに見える氷と雪の沼はこの季節なのに神秘的でした。

トレッキングが出来るなんて本当に夢のようです、人工股関節に換えなかったらどんなに無理しても歩行は困難まして山歩きなんて杖が何本もあっても足りず誰かにおんぶにだっこです。
感謝、感謝の気持ちにまた感謝です。 この気持ちを忘れたら本当に罰が当たりそうです。

もう一軒有名な乳頭温泉鶴の湯で〆です。


気持ちの良い白い湯で頭だけ見え女性だけの内湯や混浴にも入りましたが男女は別の場所から入るので誰にも見られず安心です。平日なので人も多くなくのんびりゆったり・・・・申し訳ないで^^^す。
posted by ほがらかさん at 21:50 | Comment(4) | 国内旅行 みちのく三大半島巡り

この記事へのコメント
ほがらかさんの姿が目に浮かぶようです。
随分と充実した旅で良かったですね。
毎日沢山歩いているご様子、人工の関節も立派ですね。
日々の歩数にビクついて暮らしているわたしですが、行きたい所はどんどん行ってもいいんだなぁと思えて頼もしいです。
海の幸に存分に埋没して来てね。
Posted by 陽海 at 2011年06月19日 01:25
歩数はびくびくする必要はありません、だって私はこの旅でも相当歩いているし、昨日は17000歩でした。

今日も平泉、中尊寺を歩き回りくたくたです。

明日のブログに乗せようと思います、やっと東北道に乗り電波の拾えるSAに到着です。

ではまたね
Posted by ほがらか at 2011年06月19日 22:12
もうご自宅でゆっくりされている頃ですね。
良い旅だなぁ♪玉川温泉のおっかない不親切なオバサンは旅のオマケ(不要だけど)ですね(^^ゞ

トレッキングもOK(^^)v
ほがらかさんは希望の星ですヽ(^o^)丿
Posted by きありぃ at 2011年06月21日 23:15
きありいさん
玉川温泉は私のように元気な人は少なく本当にわらをも掴む病気を抱えている人たちの治癒温泉で笑いを取るような不謹慎な話題は皆無だそうです。

実際に病気を抱え、少しでもよくなりたいと思っている方が多かったです。
少しでもこの温泉でよくなればうれしいし、良くなってほしいですね。

きありいさんの元気な姿想像するだけでテンションも上がります。

おみ足の自由が利くようになりましたらぜひどこか温泉の旅をしましょう、。楽しみにしています。
Posted by ほがらか at 2011年06月22日 12:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
関連コンテンツ