2011年08月22日Mon

5年161日 高原の旅:甲州甲府

3日過ぎた今日もまだ山梨に留まっています。

今回は一番ノンビリト行き辺りばったりです。 かなりの温泉に入りましたが最初に入った温泉はつり橋を渡ってやっと入れる場所、 駐車場から駐車場までは往復20分です。 綺麗な清流の流れる川の上に架かっているつり橋、子供達が楽しそうに揺らしながら歩くのでふらふらです。



「誰か!!止めて揺らさないで!!気持ちが悪いから・・・・」 お構いなく反対側からくる子供達2連帯には勝てません。 途中で立ち停まり 「こら!!人の歩いているときには揺らさないで!!エチケットよ」 何処吹く風、今の子供には勝てません。

今日はほったらかし温泉のあっちの湯、可笑しいでしょう?でもこれは本当の名前です。

あっちの湯は日が昇る1時間前からの営業で本来なら露天風呂からご光が拝めることで有名です。

武田家の菩提寺 「恵林寺」 や武田信玄にまつわる社寺を巡り、怪しい時代考証にひたり、有名な猿橋素晴らしく、3羽の鴨の散歩、元祖よもぎ餅を恵林寺の目立たない場所で売っている饅頭屋さん、おいしかったですねえ。



フルーツ王国の建物だけが異様に大きな構造になっているのには驚き。
早朝の激しい雨で王国の中の試験用姫りんごがニュートンの法則よろしく落ちていました。
許可なく取ってはいけないと書いてありましたが拾ったのですから。

黙って戴きすぐ味見をしたのですが何と、姫りんごでこんなに美味しい味は初めて。
これが市場に出たら絶対に売れると思いましたが残念ながらまだ実験中。
でもすぐ食べた^^^^^いです。
あすからは長野県です。

P.S 
ほがらかメールに戴いたお返事は一週間先になりますがごめんなさい。
PC操作のミスで全てを削除、今の段階では残っていません。 
帰宅後サーバーより取りだしお返事します。
posted by ほがらかさん at 19:11 | Comment(2) | 国内旅行 甲信の高原と木曽路の旅

この記事へのコメント
ほがらかさん、相変わらず爽やかそうですね。羨ましい〜!!

今日の下界はちょびっとだけ暑さが戻り !!残暑!!って感じです。

緑の深い所にはしばらく行っていないのですが、写真を拝見するだけでも胸の中一杯にいい匂いが入って来る気がします。

毎日を穴倉のような調剤室の中でエアコンに吹かれていたのでは、いつの間にか忘れてしまう景色です。
こんな山の風景を見るとホッとします。

まだまだあちらこちらの日本の夏を満喫してきて下さいね。
Posted by 陽海 at 2011年08月23日 22:24
陽海さん

ヒーリングの世界ですううううう。

山は心を癒すに充分な舞台を持っていますね、
何も言わないで目をつぶり、風邪がそよそよと頬をなで・・・・・なんて言葉がぴったりです。

八ヶ岳や蓼科高原、白樺湖、軽井沢とは少し違う風景です。
温泉に入ることで傷も癒され陥没した細胞は膨れています。  温泉ぶくれです。

お母様の件が良い方向に向きましたらヒーリングに緑の空気を吸いに行きましょうね。
ではでは残暑にも気をつけておきばりやす。
Posted by ほがらか at 2011年08月25日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。