2011年09月13日Tue

5年183日 中秋の名月 in 三渓園

昨日の美しい天体ショウ堪能しました。

昨日は前の会社の仲間でもう15年の付き合いですが、2ヶ月に一度4人でいろんな見聞を計画しながら残りの人生を楽しんでいる集まりに、今回は私が幹事役。

「中秋の名月くまなく見納め会」 なるものを開催。最小限の出費で最大限の満足を目指しています。満月よりもこの「中秋の名月」が如何に大切な月なのかにこだわるのよねえ。
まずは天候から始まり・・・・ススキは??お団子は??兎は??・・・・気を揉む事しかり。

中華街の開帝廟のお寺さんに参り、真ん前にあるビュッフェスタイルでも広くゆったりしたライシャンソン(ソフトドリンク、食べ放題 メイン20種類、デザート10種類 1,570円)でランチを楽しみ、3時間居候し、中華街の話からいつもの生活に始まり喧々囂々満腹状態でした。

うさぎもち、月餅、白い団子すべてここで食べて満足、満足です。ライシャンソンは食事もお奨めですがコーヒーも本当に美味しかったと異口同音でした。

横浜本牧に三渓園と言う、明治に生糸の貿易で資財を築いた原 山渓氏が横浜市に寄付し、市民の憩いの場として有名な昔の3重の塔や、歴史的にも重要な茶室を移築した結構な重要文化財もあり、もっとも重要なイベント「観月会」の場所には格好のロケーションです。

ぶらぶらとバスで移動、そこへ繰り出し取り合えず庭園をくまなく散策、
かなり高い展望台に登り、人の居ない寂しいところですが海風が気持ちよく、平地では見られない高い山での雲一点無い、空も近くに感じられ微かに薄いシルエットを見せる海の上の富士山、その横に沈む真っ赤な夕日、
カメラの広角が広がらず、ロンパリ状態にしか撮れませんでした。


ギャラリーも多く三脚付きの高そうなカメラの位置取りに、池のほとりは隙間が無いぐらいでした。 こんなにカメラ好きの人がいたんだね^^と驚き、桃の木、山椒の木でした。

月が上がる頃からこの日はお琴の演奏会でクラシックギターも加わり、ボッサノヴァのリズムで合奏、楽しめる催しでした。
でも夕日が沈むと同時に東に上る白っぽい低い月も見ることも出来、また真っ青な空に浮かんだ月もこの目でしっかり見ました。



夕飯時にもかかわらず、バランスよくランチを取りましたのでお腹は空きません、さすが食のバランスは必要と再認識です。

我が家は月が昇ると同時に沈むまで天体ショウを楽しむことが出来ます。


朝4時の西の月は暗くても月明かりで仕事が出来る明るさ、只今5時、東に素晴らしい空色で雲もまもなく登ってくるであろう太陽の光をうけて、朝焼けの天体ショウが始まろうとしています。

地球から見る月がこんなに美しいのだから月から見る地球もこんなに美しいのでしょうきっと。
だって、宇宙に浮かぶ地球が本当に美しいと感嘆の声を発する宇宙飛行士だもの、JAXSAの映像でも神秘的ですものね。

今、朝5時30分、月も沈ずみ朝焼けも終わり普段の生活が始まりです。
次回の天体ショウも楽しめるかな^^^。
posted by ほがらかさん at 05:30 | Comment(5) | .レジャー まち歩き

この記事へのコメント
ほがらかさん、
素敵な写真ですね。
ちょうどその日の午後、横浜に行っていました。

ところで、体験談の方に投稿しようとしたのですが、会社のPC(笑)はセキュリティが厳しくはじかれてしまいますので、こちらに書き込みをいたします。

以前、駐車禁止等除外標章について質問をいたしましたが、再度検索したところ制度が変更になっていました。
と言うことで早速申請してきました。
今は痛みもなく自由に歩けますが、手術前の痛みを思い出してみれば、これは持っていたほうがいいですね。
ご存知ない方もいらっしゃるかと思い、書き込みします。


それからもう一つ。
今ちょうど保険の更新をする時期なのですが、約款を読み直していて突然気づきました。
人工関節置換をすると、どうやら特約に引っかかるらしく、保険金が下りてきます。
もしかすると、その後の保険料は払わなくても良くなるかもしれません。
確認中です。

それではまた。

カズ

Posted by カズ at 2011年09月15日 10:56
ついでにもう一つ、

昨年から社会保険について勉強しておりますが、その中で「あれ?もしかして障害年金もらえる?」と気づき申請したところ、もらえるようになりました。
これも気づかず、申請しなければもらえないものなので、ご存じない方がいれば検索してみてください。
申請は自分でやりましたが、そんなに難しくもなく出来ました。

カズ
Posted by カズ at 2011年09月15日 11:07
かずさん

貴重な情報ありがとうございます。
お仲間のみなさまに取っては嬉しい味方です。

それに障害者年金や保険も今後の支払いはしなくても生涯継続して同じ保障が受けられるなんて夢のようですねえ。

私はそんなことまったく頭にありませんでした。
今は元気な足があるので時すでに遅し、悔やんでも仕方が無いことです、もう少し何事にも真剣にならなくっちゃ。

明日のブログに載せましょう。
少しでもお役に立てれば嬉しいものです。
それに合法的に頂けるものは有難く頂戴し、次回の為に少しでも蓄えておけば備えあれば憂い無しですもの。

そうだ、かずさんが詳しいのは了解しました!! お勉強されていた社会労務士の試験、合格されたのですね??
早く教えてくださいよ早速お祝いをしましょう。
Posted by ほがらか at 2011年09月15日 19:39
社労士の勉強、途中で止まっちゃってます。。。。
(^^ゞ

年金は払い続ける必要がありますよ。
保険の方は、加入条件によっても、違いのある可能性はありますが、特約の部分(障害が残ったら保険金が下りる)の支払いが免除されるのだと思います。
現在詳細を確認中ですが。。。。

手術直後に、人工関節を入れたけど、これは障害が残って保険金がもらえるのではないか?と確認をした際、心臓のペースメーカーや、人工肛門等、かなりの障害が残らないとだめなんですよ。と回答をいただいたのを覚えています。

人工関節ってペースメーカーを入れるほどに大変な障害なのだということを理解されていない方が多いですよね。(自分も含めて)
Posted by カズ at 2011年09月16日 11:26
いろいろと制約はあるのねえ、でもそれでも前向きに法の手が差し伸べられるのではあれば嬉しいですね。

気長にかずさんの情報をお待ちしています。

残暑厳しいのでお体をおいといくださいね。
Posted by ほがらか at 2011年09月16日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。