2006年08月20日Sun

術後160日 エルビスの話

肌がじりじりと焼け付くような暑さに目まいがしそうですが、湿気が無い時は本当に足もすいすいと動きます。痛さはありません。
何十年振りかにエルビスのブルーハワイのビデオを借りてきて見ました。
懐かしいネーー 若かりし頃を思い出しほがらかさんの青春そのものでした。
自分の部屋には畳半分以上ある大きなポスターを貼って朝に晩に『ハーイ』って声を掛けていました。ちょっと寒いですね。
サウンドトラックの歌もいいネーー  いよ!!エルビスって声を掛けたくなっちゃったよ。
叔母さんのミーハー族です。気が付いたらまもなく彼の命日ですね。

彼が除隊した頃だから約45年ぐらい前の映画です。 その頃のハワイって本当に情緒があって南国って感じでしたねー 最後のカワイ島のココパームスでの結婚式等等思い出すだけで胸キュンとなりそうです。今のココパームスは10何年前の台風で見る影もありません。神聖なハワイ王朝の結婚式場でシダの洞窟など今はもうシダがわずかしか垂れ下がっていないのよーー、自然の怖さを知り、自然の大切さを思いました。跡形も無くなった建物の後にたたずんで懐かしんだものです。
ホノルルからカネオヘに抜けるヌアヌの山道、赤い土埃のパイナップル畑、カラカウア通りの真っ直ぐ天に向かって伸びている椰子の木、あーー懐かしいねー。
今のハワイではもう見られない風景です。 
映画の中の撮影された場所には40年程前にすべて行きました。 これって昔の追っかけですかねーー。

ハワイでのエルビスのコンサートでは運良くネットワークのお陰??で本当に近くで見ル事が出来幸せでした。
歌は勿論のこと何ともセクシーで特に印象に残っているのはターコイズブルーと言いますか何とも形容しがたい目の色の美しさでした。大変な熱気でドームがわーんと鳴っていましたね。世界のスーパースターですね。

9年前に彼の足跡をたどりたくて長男の運転でほがらかサン一家総キャストでメンフィスまで行き、最初のきっかけとなったサンレコードのスタジオ後から追っかけました。独断と偏見ですが誰が見てもエルビスのような世界に通用する大スターは今後もう出ないだろうと・・・・・だって本当に輝かしい形跡だもの。

私の心の中での最後の締めくくりは、彼が一番好きだったメニューを彼の経営していたレストランで食べました。お店はきれいでお肉も柔らかくとても美味しかったです。
でも帰り道は彼のロゴの『稲光』がものすごく雷雨で運転できない位前が見えなかった。
感激してくれたのか怒っているのか解らなかったねー。

毎日車を運転しながら彼の歌にメイッテイル、いまだにエルビスから卒業できない叔母タンです。
posted by ほがらかさん at 23:14 | Comment(0) | .術後観察 術後0年(2006年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。