2011年11月21日Mon

5年252日 三波春夫さんと浪曲歌謡

寒くなった証、テレビのお守時間が長くなりどうもおこたに入ったり出たり結構股関節には負担が掛かるわねえ。 一昨日の雨と風に今少し紅葉が足りない公園の木々もすっかり落葉です。
公園の前のお宅は家の周りを枯葉にぐるりと囲まれさしずめ土嚢を積んでいるようにも見えました。でも風が吹けば飛んでいく・・・なかなか風流です。

昨日のBSーNHKで三波春夫さんのオンステージ、画像も鮮明で音声もすばらしく10年以上前に放送されたとは信じられないぐらいです。

浪曲師三波春夫の魅力いっぱいの臨床感あふれる見事な言葉と身振り手振り、うわあ、上手だわねえとあまりの迫力に驚きました。

仲良しの教授婦人が 「好きでこの曲CD買ったわよ^^^」って、昔言ってた言葉を思い出しなかなかやるじゃん!!と。
腹式呼吸で息も途切れる事無く、オペラ歌手ならばさしずめテノールでしょうか。

現存していらっしゃるときは歌謡曲と聞くとプツリ!!テレビのスイッチを切っていましたがもったいない事をしました。 今聞くと名曲ですねえ。

浪曲ってストーリーがあるのよねえ、村田英雄さんの浪曲、今年いっぱいは元気にご活躍される二葉百合子さん本当に目をつむって聴いてもほお^^^と感服するほど声になんともいえない艶がありますねえ。

この良さが分る私は 「私のルーツは何処??」 等と考える余地も無く日本人以外何者でもありませんね。

しかし、70代、880代でもあんなに良い声が出るのはやっぱり継続は力なりでしょうか?

声の続く限り歌って欲しいわ、だって 「歌は世につれ世は歌につれ」 って言うでしょう!!
posted by ほがらかさん at 12:19 | Comment(0) | .術後観察 術後5年(2011年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。