2012年01月16日Mon

5年308日 大輪のカサブランカ

あまりの花の大きさにあっけに取られています。

カサブランカ.jpgユリの王様か女王様、カサブランカの茎と言い、葉っぱと言い、花と言いそれは立派過ぎる一本を家族が買ってきました。

まだあまり咲いていなかったはずなのにあれよあれよと2時間ぐらいの間に部屋の暖かさで花開き、こんな状態です。
一輪ずつ分けて小さい花瓶に挿してみました。

真っ白な花が中の黄色い花粉で汚れないように取り除き、回りに一段と妖艶な香りを振りまいてくれます。

玄関には新年用のロウバイの蕾がやっと花開き昼間は素晴らしい香りに酔っていましたのに・・・・・・我が家では天竜寺から頂いた種は開かず難しいですねえ、仲良しから20年来の新年の贈り物です。

両方とも香りをお届けしたいのですが残念、せめて大人の顔の大きさと見比べてください、きっと1.5倍はあるカサブランカです。
posted by ほがらかさん at 19:07 | Comment(0) | .術後観察 術後6年(2012年)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。