2012年01月30日Mon

5年322日 フェルメール展

手紙を読む青衣の女元会社の仲良し4人組15年目の新年会をかねて今年初めての渋谷ブンカムラ美術館へフェルメールの手紙を・・・・

大変な人出、今日は平日にもかかわらず、ゆっくりと見る時間は無かったですね。
後ろから押され気味でそんなにあわてないで欲しいと思うのですが、やっぱり日本人はせっかちなのでしょうか??人よりも早く見ないといけないらしい。

手紙を書く女と召使い手紙を書く女
(画像:「フェルメールからのラブレター展」より転写)

3作のフェルメールからの手紙となっていましたが、これは本当にラブレターなのか、または急を要するのか判らない、
だって昔は船に乗っている人に手紙を出しその返事が返ってくるのは2年を要すると説明がありましたが、それがどんな内容の手紙か判らないと思うけど・・・・・・恋人からの手紙、別れた人からの手紙、それって書いてあったのかしらねえ、  不思議なコメントでした。

フェルメールの絵は全体に大きくない事がわかりました。
青の色もラピズラズリーに近い色に修復されているのかと思ったのですがねえ、少し暗い。

フェルメールに限らず展示されている素晴らしい絵が世界から一同に集まり鑑賞できることは何よりです、でもでもこの絵の中にも沢山の個人収集家がいらっしゃるには驚きです。

渋谷スペイン坂あたりでスペイン料理を食べてみやますざかをのぼり、国連大学をしっかり見学、原宿まで歩きました。
帰りはやっぱり恵比寿ガーデンプレイスで美味しい恵比寿ビールで乾^^^^杯。
posted by ほがらかさん at 21:34 | Comment(0) | .レジャー 美術館

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。