2012年05月16日Wed

6年63日 芍薬の苗

探していた芍薬の苗を見つけました。

大船の神奈川県立フラワーセンターの直売所にて、ほしかった芍薬の咲き終わった苗を見つけました。

フラワーセンタ広場 フラワーセンタ直売所

ちょっと貧弱ですがどこにも見当たらないので嬉しかったですねえ、 合計4鉢、来年は美しく咲くであろう期待をかけて植えました。

右下から時計回りに「オリエンタル・ゴールド」「氷点」「糸葉」「満州山」黄色い八重の牡丹「金晃」と芍薬「花香殿」の一代交配種「オリエンタル・ゴールド」、蕾の付いた八重の真白な「氷点」、細葉の深紅の一重咲き「糸葉」、薄いピンクの一重咲き「満州山」。

一番まともなのは、これから咲く予定の氷のような真っ白い花のつぼみ。ちょっと先になりますが見事に咲いてくれたらアップしたいと思います。

紫蘭の横に植えた可愛い枝ぶりの小手毬楽しかったのは 可愛い枝ぶりの良い小手毬の白い花にはお値段がついていませんでしたので、
「すみません、この花はいくらですか?」 「いくらだったら買うの??」 「もうたくさん買ったので軍資金がないんですよおおお、100円だったら嬉しいですけどねえ」 「えっ??100円??仕方ないねえ、持っていきな!!」 「じゃあ、2個お願いします」 「えっ??2個も??」  てな訳でちゃっかりとゲットです。

紫蘭の横に植えましたが色のバランスがとても素敵です。
posted by ほがらかさん at 09:23 | Comment(2) | .園芸 四季の花

この記事へのコメント
立てば芍薬座れば牡丹・・・という言葉は子供の頃によく聞きましたが、今は 立てばビヤ樽座ればタライ歩く姿はガスタンクと言うようです。
風情が台無しですね^^

実家の隣家に芍薬と牡丹を丹精されている方がいて、毎年各種をお裾分けして貰っていました。大きなぼかしのピンクや黄色、白と本当にうっとりする程綺麗ですよね。

来年にはほがらか家の芍薬も大輪の花を咲かせるのですね。
楽しみに待ってま〜す。
Posted by 陽海 at 2012年05月17日 19:45
「いずれがあやめかカキツバタ」なんてのもありますよね、いずれもきれいな言葉ですね。

来年は美しく咲いてほしいですが・・・・・
お花も気まぐれでおふろの「やれ熱、寒や」 に似ていますねえ。
気をもみます。

ボタンも豪華で好きですがあまりにも豪華すぎ、私には芍薬の侘助タイプ、一重の花びらでそそと咲いているのが好きです。  だって守ってあげないと・・・ひっそりとかたすみで咲いている花って女性の奥ゆかしさを想像しませ^^^ん?

そうそう、ちょっと前に着物を着た若い女性が髪型をアップにし、芍薬一厘がバランスが良くすべてを美しく見せた人に思わず立ち止まって見惚れました。

ヘアーデザイナーはカリスマ的な美容師さんだな^^^って、結い上げ方が素晴らしかったです。
Posted by ほがらか at 2012年05月18日 05:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。