2012年08月12日Sun

6年151日 オランダ君と自転車

オランダ君は日本のインターンシップを本当に楽しんでいるようです。

中古の自転車(街乗りを楽しむためのMTB風クロスバイク、ルイガノ LGS-FIVE)を買ってからさて何処へ行ったと思います??
何と長女の元仕事場、六本木ヒルズ迄自転車で2時間半かけて行きました、ほがらかおばさんは事故なく到着したかしら??とか熱射病にならない様に水分を取っているかしら??と気をもんでいましたがちゃんと間違えずに待ち合わせ場所に来たと連絡アリ。 ほっと一息です。
夜遅くまで長女がインストラクターよろしく2台のパソコンを並べ、地図を説明しながらナビを作っていましたっけ。

気が付くと、テーブルの上には彼のお財布が鎮座ましましているじゃな^^^い??
驚いて携帯に連絡を・・気が付かなかったのでしょうか連絡は無し、でも少しは小銭を持っていたのでしょう、目的地で長女が待っているからお金はなくても安心。

六本木界隈を一回りして、今度は恵比寿ガーデンプレイスで待ち合わせ、そこもちゃんとクリアーしたようです。
映画を見たり楽しく過ごし、帰りは遅くなり、長女の友人宅にお泊り。

恵比寿は場所柄プチセレブな若者が住んでいるようで小じゃれたリサイクルショップがたくさんあるそうです、泊まるための着替えの用意をしていなかったがガーデンプレイスの近所を自転車で巡り、センス良く洋服を仕入れてきた。
だってまったく日本語が通じないのよ・・・・きっとお店の方に親切にして頂いたのでしょう。

ラコステの白いズックや上下のトレーナーいやあ^^考えれば賢い。 その後品川までも自転車で移動これもクリアー。
留学の為に用意したお金もきちんと金銭帳も付けているし、買ったものが解らなければ 「これ何だっけ??」 と聞きます。

自転車もお箸も結構自在に操れるには理由がありました。
いろいろ話していると仰天しますがとても賢く、生きる術を知っています、それに郷に入れば郷に従え…これができる子です。

彼の話では昨年、ベトナムとラオス、カンボジヤ等を旅行した際にベトナムからラオスまで自転車で国境を越えた猛者でした。  ベトナム戦争で一番の激戦区だったフエを振り出しに、北ベトナムは山が多く大変だった、南のホーチミンは比較的平地が多く楽だったそうですが、一週間以上もかかったそうです。 流石!!!若い子は違うわねえ。

オランダ君はドイツ語もイタリア語もフランス語も多少は話せるそうで、ベトナムは元フランス植民地でしたものねえ、ベトナムの人達が英語が出来なくてもフランス語で足りるものねえ、街中も結構フランス語が書いてありましたよ。

昨日は割と早く帰宅、疲れていたのでしょう、夕飯を済ませさっさと自室にこもりそのままばたんキュー。 
翌朝気が付いたら自転車が無い!!えっえ^^??捕られたのかしら??驚いたのですが起きてから 「自転車が無いけど??」 聞いたら 「言い忘れてごめんなさい、疲れたので品川駅に置いてきました」 「ええっ??駅の何処に置いたの?日本はとても警察署がうるさいのよ!!」 大丈夫かしらと帰るまで心配しましたが 夜中にちゃ^^^んと持って帰りました。

ハラハラドキドキ、子供が一人増えたようで古い頭を活性化させてくれます。
帰国の際には、相棒の自転車を売却するので錆びない様に気を付けなくっちゃ??とか。 イヤハヤどうも。

最近は体重が増え始めたのか左足股関節から大腿骨にかけ、最初に着く時が 「痛たたあ^^」 となります、2,3歩足が出ると少し楽になり歩けるのですが・・・警告を鳴らされています。 ご用心 「体重」 にです。
posted by ほがらかさん at 08:57 | Comment(0) | .暮らし ホストファミリー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
関連コンテンツ