2012年11月09日Fri

6年240日 第4回こつこつクラブ旅:ベトナム(報告)

只^^^^今、昨日全員無事帰国いたしました。

第4回こつこつクラブ旅:ベトナム ホーチミン市中心部マップ
(マップクリックで拡大表示)

いやあああ^^暑い、暑いの連発・・・・・毎日2回のお召??換えです、汗びっしょり背中にくっついて離れてよ!!みたいな感じで肌と洋服の間に空気を入れる??のが大変でした。

待ち合わせの場所での最初の言葉 「お元気??おみ足の具合はどう??大丈夫??」
成田で超トロトロ検査を終えて、楽しく買い物・・・ちょっと喉を潤すために冷たいビールで乾杯!! すぐ出発でした。

ベトナム航空機内ベトナム航空は初めてでしたがとてもきれいな新しい飛行機で清潔、乗り心地も良く満足、満足でしたがキャビンアテンダントのサービスは今いちかしらね??
それに食後の免税の楽しみはありません、その機能はありませんでした。
免税店で買い忘れたので飛行機の中でと思ったのは後の祭り・・・残念。

夜中に到着ですが、税関を出たとたんどなたのお迎え??とおもう群衆に圧倒されました。
ホテルの「サイゴンホテル」は 場所だけはドンコイ通りの一番良い所「シェラトンホテル」の前にあり、古いけど清潔さやフロントマンのサービスでクリア。

お部屋も3人でしたがきちんと広い部屋でベッドもシングル3台で天井も高く圧迫感が無い快適ルームでしたねえ。

中でも特にきれいな英語を話す50代の方でしょうか??フロントマンとしてテキパキ、笑顔を絶やさず私達5人の無理難題を解決、シャネルのダイヤのピアスがとてもお似合い、私たちは親愛を込めて 「シャネラーのおばさま」 と位置づけました。
ホテルの玄関で彼女を見ないとさびし^^^い思いでした。

感激したのは、朝のビュッフェ・・・信じられない位たくさん種類があり、フルーツもジュースもしぼりたて、オムレツも希望通り、特にホーとか麺類のスープはくせも香りも無く本当に美味しかった。 綺麗なスープのうどんを想像してください。

サイゴンホテルのレストラン たくさん種類がありフルーツもジュースも搾りたて
朝のビュッフェ 美味しかったホー

早起きほがらかさんは、毎日一番乗りでレストランで一通り食べて皆様をお待ちして・・・・展望の良い場所に陣取り???5人そろっての朝の会議??その日のスケジュール作りや、ベトナム料理かフランス料理か決めてフロントで予約を入れて貰う。

10時に予約を入れた、ベンタイン市場そばのHISホーチミン支店での20分マッサージサービスへ。無料のレンタルアオザイは皆さま暑くって着る勇気は無くキャンセルです。

ベトナムで最初にする仕事??は洋服作りです。HISで情報を入れていざ出発です。

HISで働く現地スタッフのお奨め、ホーチミン一と言われたアオザイドレスのお店に向かったが途中で解らず、近くのホテルのフロントでそのお店に電話をして貰い、お迎えを頼みました。
2,3分の場所だったのですが見落としていました。

前回オーダーしたお店だったのも何かの縁?? 「フーン・ヤン(Phuong Giang)」 日本語もわかり皆さまわくわく楽しそうでした。

オーダーメイドの店「フーン・ヤン(Phuong Giang)」 生地が沢山あり、採寸も事細かに計りました

早速5人がオーダー 14着が翌日出来上がるのですから大した技量ですよねえ、部屋での試着もちろんお店の方がみておかしければすぐ直す。
今回は仕立て直しが間に合わなかったのでDHLにて日本にお届けです。

ベンタイン市場前のA&EMホテルで昼食後、ベンタイン市場での値切り交渉は全員がご満足の模様。買う買う買うそれに値切り交渉も楽しかった。

ベンタイン市場正面入口 果物屋さんのコーナー
ベンタイン市場中央の飲食店街 ベトナムの魚が並ぶ魚市場

安いのは本当ですがベトナムでの物価からすればちょっとお値段の張るのもありました。
たくさんの買物でタクシーにもやっと荷物も詰め込んでくれましたが、このタクシーの運転手が曲者でした。 今考えると ぐ・や・し・い。

日本円にすると大した金額ではないけど、おつりを半分もくれないので 思わず一喝、汚い言葉で 「Hey You!!」 さしずめ日本語に直すと 「よお、兄ちゃん」 です。 取り返しました。

それ以来、タクシーの乗り降りはサイゴンホテルの対面の 「シェラトンホテル」 のベルボーイさんにお願いし 「お助けマン」になってもらう。

シェラトンホテルの吹き抜けのロビー 仲良しになった可愛いベルガールさん
ベトナム民族楽器の演奏 客でもないのにいつも笑顔でタクシーのアレンジをしてくれた「お助けマン」

真面目で目の輝きと笑顔が素晴らしい若い男の子、きっと素晴らしいホテルマンになる事でしょう。シェラトンのロビーでの待ち合わせ場所は民族楽器の演奏している前です。可愛いベルガールさんとも仲良しになりました。

ホーチミンきっての目抜き通り「ドンコイ通り」の「ソニー・センター」周辺一日目の夜のデイナー、これは悲惨でした。 フロントで「ラ・カマルグ(La Camargue)」 に予約をお願いし、タクシーで行ったのですが場所が見つからない。

降りてから探すとどうも移転した模様。  お仲間さんが先月買ったベトナムの本には移転先が載って無かった。

「ラ・カマルグ」近くのそぞろ歩きで見つけた、ベトナムフレンチの★★★★★レストラン「レトワール(L`etoile)」で乾杯までは良かったのですがメインが出てこない。

French Five Star レストラン「レトワール」 French Five Star レストラン「レトワール」

小さいながらもビールを2本ずつ飲んでもまだ・・・きっと今頃は仕入れに行っているのでしょうと笑っていましたが、そのうちあまりの長さに腹が立ってきました。

やっぱり人間って空腹時には苛立つものですねえ、 早く食事にしてって!!文句のひと言。
だって、飲み物ばかりではお腹に貯まらない、アルコール補給ばかりではねえ、 5分後に出てきましたがそこそこのお味、でも★★★★★には無理のようでした。


二日目も、ホテルのレストランで朝食会議、楽しいですねえ、 いわゆる 「ブレックファースト・ミーテイング」 お母さん会議です。

ホーチミンの中心地、レックスホテルの目の前にある国営百貨店(サイゴン・タックス・トレード・センター)へ。

ホーチミンの中心地レックスホテルの目の前にある国営百貨店。 市民劇場の隣に建つ代表的なコロニアル建築物のひとつ「コンチネンタルホテル」。左はビンコムセンターA、後ろの青い高層ビルはビンコムセンター

1階には化粧品や貴金属、時計など、2階には旅行者御用達のスーパーマーケットや靴、衣料品をはじめとした日用生活用品、3階にはハイランズカフェやベトナム雑貨のお店などもありお土産選びにも困りません。

昼食は、この10月に市民劇場の正面角地にNewオープンしたての総合ショッピングモール「ビンコムセンターA」地下の飲茶店 SHI FU「DIM SUM HOUSE」で飲茶を美味しく頂きました。

上層階はブランドショップなどが入るショッピングモール、地下はフードコート、カフェになっていて、ファストフードからレストランまで多国籍料理を楽しめます。

20日前に新オープンしたてのショッピングモール「ビンコムセンターA」 地下のフードコートにあるフライドチキンの店「コケコッコー」
昼食を頂いた飲茶店 SHI FU「DIM SUM HOUSE」 メニューを見ながら何にしようかな・・

そぞろ歩き、市民劇場(旧オペラハウス)、サイゴン川クルーズの発着場所のほとりでは汚い水ですが魚釣りに興じている、瞬間につれましたが種類は解りませんねえ、割と小さく色は透き通って細長い魚でした。

サイゴン川クルーズの発着場所の畔 サイゴン川
市民劇場(旧オペラハウス) 市民劇場の緑地と噴水

夜はきありいさんお奨めの、ホーチミンで最も有名なベトナム料理店の一つ 「マンダリン(Mandarin)」 へ。

フロントで予約をお願いし、ちょっとおめかしをして時間より早かったのですが・・・・素晴らしいお迎えでした。
テーブルのお花の歓迎、サーブをしてくれる人の物腰、お店の雰囲気とてもよかったです。

VIP御用達のベトナム料理店「マンダリン」 テーブルのキャンドルとお花の歓迎

料理も見た目もお味も楽しませてもらう、今回の旅を記して ワインに詳しいお仲間さんにワイン係をお願いし、選んで頂いたのが、モエ・シャンドン。

ちょっとおめかしをして ココナッツ容器に入ったエビとカニのスープ
エビとニラの生春巻き 手長海老のソテー、お店の人が皮を剥いてくれる

ではでは 「乾^^^杯」 自宅でおもてなしをする場合でも、とても参考になりました。
シャワワ^^^と綺麗なシャンペンカラー(当たり前!!)と炭酸の弾ける音に感激。

次はオーストラリアの赤ワインで・・・・・やっぱり飲み物でお料理も引き立ちますねえ。

さっぱりとした味付けの見た目も可愛らしい「蓮の葉蒸しご飯」 空心菜のガーリック炒めと竹筒容器からお皿に盛りつけた牛肉の炒め物
デザートは目の前で調理してくれる マンゴーフラッペとココナッツアイスクリーム

今回の旅でのメーンダイニングでしたがそれだけの価値は十分、次回も是非。


最終日はチェックアウトを済ませ荷物をフロントに預けて ちょっと離れた住宅街の中に或る フランス料理店 「ラ・ヴィラ(La Villa)」 へ。
最後のランチ・・・・これも飲み物はミネラルウオーター、ワイン一杯付のメニューを選び本格的なフランス料理を堪能。

住宅街の中にあるフレンチ・レストラン「ラ・ヴィラ」 コースにはワインが付く

デザートはプールサイドでと思いましたがあまりの暑さで取りやめ。 まああ暑いわ。

前菜 スープ
メインディシュの肉料理 メインディシュの魚料理

ゆっくりと旅の楽しかったことや次回の旅の候補地までよもやま話、わずかに耳に届く音響、演出もなかなかも物でした。
最後のコーヒーまで入れて信じられない様なお得な金額でした。

ランチの後は、ドンコイ通りを隈なく探して、本や地図を片手に ドンドコドンドコ歩き。
サイゴン川のほとりに建つ格調高いコロニアル風の優美なホテル「マジェスッティックホテル」 ホーチミンで一番高い68階建の「ビテクスコ・フィナンシャルタワー」。49階に展望台「スカイデッキ」がある。○の部分はヘリポート。
ドンコイ通りの夜景、右はルイヴィトン、左奥の高いビルはシェラトンホテル。遠くに見えるのはホーチミンで一番高い68階建ての「ビテクスコ フィナンシャルタワー」 市民劇場のまん前にあるルイ・ヴィトン

ショッピングを存分に楽しみ、また荷物を置きにホテルまで・・・

最後はエステに行くことに決めたのですが見つからない、お巡りさんに聞くと行き過ぎた様子、逆戻り細い路地を見つけ 「あったあ」。

日本語も通じ、足マッサージやネイル、フットネイルも楽しみました。日本の美味しい飴をプレゼント。

夕食はドンコイ通り、シェラトンホテルの斜め前にある、3階建てのレストラン、「ベトナムハウス」で。一階はピアノの演奏、3階は民族楽器の演奏で、ライブを堪能しながらディナーを頂けます。

シェラトンホテルの斜め前にある老舗ベトナム料理店「ベトナムハウス(VIETNAM HOUSE)」 アオザイを着た女性の奏でる民族楽器でライブを堪能しながらディナーを頂ける

満席状態、・・しかし味はとてもよかったです、やっぱりもう一度行きた^^^いレストランでした。スープもアツアツ、お料理もアツアツ。

夜9時にホテル集合でバスにて空港へ。
機内の席選びも5人まとめて足のゆっくり延ばせる場所を確保。
往復とも良い席、足に負担のかからない移動の簡単な席を用意して頂いたベトナム航空さま、皆さま、お世話になりながら、心豊かに過ごせたホーチミンにお別れを。

日本上空に入りほっとする間もなく、機内食が出て下界をみると真っ青な空とぽっかり浮かぶ富士山、冠雪がきれいで本当に△山なのですねえ。

真っ青な空とぽっかり浮かぶ富士山おまけに強い偏西風のおかげで1時間も早く成田へ到着。
荷物を取り税関を出て、 さあ^^^また今日からがんばらなくっちゃ^^^。

クレア様
プリちゃん
みっちー
まろんちゃん

無事に元気に帰国でき、楽しい旅を満喫できました事本当に有難うございました。
ではまた来年!!!
posted by ほがらかさん at 23:57 | Comment(6) | .こつこつクラブ クラブ旅

この記事へのコメント
お帰りなさ〜い
楽しんできましたね♪
画像には私も懐かしいのが沢山ヽ(^o^)丿
ボンセンH.には行かれなかったようですが
次回のランチは是非ここをお勧め。
沢山お仕立てもしたようなので
こつこつクラブで越南報告して下さいね〜♪
Posted by きありぃ at 2012年11月11日 14:13
お帰りなさい(^_^)

サイゴンホテルはわたしも泊まりました。
ベトナムは激しいバイクとホコリを気にしなければ、馴染みやすい食事の美味しい処ですね。

ベトナムハウスや春巻き専門店には行かれましたか?

絹や皮製品は何時間でもあっという間に経ってしまい、見飽きることがないのは女の性でしょうか!?

今度は何色のオーダーだったのですか?この前の水色とても綺麗でした(*^_^*)
ぜひ全部並べてブログでご紹介下さいな
Posted by 陽海 at 2012年11月11日 22:46
は^^い、きありいさん

全員無事元気に戻りました、皆様は日頃の忙しさも忘れて食べることと、お気に入りのショッピングに存分に楽しまれたことでしょう。

ボンセンには時間的にランチが合わず行かなかったのですが次回は是非・・・・・

地図を片手に間違いながらもすべて初めての土地なので見も楽しかったです。

コツコツクラブではベトナミンをと考えていますがちょっと寒いかしら??

次回のコツコツクラブは来年1月12日頃に予定しています。よろしくお願いいたします。
Posted by ほがらか at 2012年11月12日 03:35
陽海さん

無事帰国しました。
ベトナムハウスには最後の晩餐で行きましたがどれもおいしかったです。春巻専門店はまだ・・・次回は是非。

たくさんありすぎて何処へ行こうかしら??みたいな感じでした。

次回はエステやマッサージにも重点をおいて検討しても良いかなと思いました。

では近いうちにブログへ今回の収集を載せてみますが私は着物の反物や小さくなった着物を倒してどうなるのか楽しみにで持っていきましたらアオザイ風には作れるけど本物のアオザイのようには行きませんとの事。

でも地味目が日本では着れるようで楽しみです。
乞うご期待です。



Posted by ほがらか at 2012年11月12日 03:44
おかえりなさい!

楽しそう〜!!!
友達たちにどうして行かないのだ!
と散々言われていましたので 涙ですが
とても楽しく旅行記拝読いたしました。
いつか行ける時に是非参考にします。

ベトナム航空はオールビジネスシートでしょうか。
優雅、充実の素晴らしい旅ですね!
ほがらかさんの タクシーボッタクリ回避力も
尊敬です。

ゆっくりお疲れ取られてくださいね。
Posted by Riko N at 2012年11月12日 18:33
RIKOさま

いえいえ、ベトナム航空はビジネスはわずかですよ、私の席から前はビジネス、私たちは一番よい席を確保できただけです。

楽しかったです・・・いつかご一緒致しましょう・

もうお母さんモードで朝から動き回っています。
ベトナムの休暇は束の間です。
Posted by ほがらか at 2012年11月12日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。