2007年02月04日Sun

術後326日 関節同士の融合

昨日は節分の日、懐かしい豆まきの思い出が浮かびます。
恵方巻きとやらの、巻き寿司を北北西を向いて一言も発せず食べるらしい。
一言でもしゃべると運気が逃げていくそうです。
皆で食べている人を冷やかすのですが勿論無口???なほがらかサンは一言もしゃべりませんでした。  これって結構寒くない???

股関節の人工に思い切って手術が出来たのも秀ちゃん先生のお蔭でした。
その秀ちゃん先生のご実家で久しぶりに先生ご夫婦、我が家の主人を除く全員が集合し楽しい一時を過ごしてきました。

早速、足が痛い個所やつれるところなど質問と診察してもらい、結果は本当に手術は成功で完璧のようです。 そして痛いのは季節にも寄るらしいし、一年ぐらいは関節同士が上手く融合しないそうです。
一ヶ月ぐらい継続している痛さも診てもらって不安に思っていたことが吹っ切れて本当に安心しました。

『おばさん何も心配はないよ』ってその一言が何よりも嬉しく有りがたかったですね。
ちょっと歩いて見せてと言われ、真っ直ぐに歩くように努力しましたねー。
とにかくどんな歩き方でも痛みが取れれば最高です。
posted by ほがらかさん at 13:41 | Comment(2) | .術後観察 術後0年(2006年)

この記事へのコメント
ほがらかさん、
「心配ないよ」の言葉、よかったですね!!!私も本当にうれしく思いました。どうぞ、もう顔を見せ始めている春を満喫してください。
ふーちゃん
Posted by ふーちゃん at 2007年02月08日 08:58
ふー様

本当に安心しました。
さて2月ともなると啓蟄と申して虫も這い出してくるといいますが本当ですねーー
それに山々が何となく冬の色とは変わって芽吹いてくるのが解ります。
木々がすこしずつ白い目を出してきました。

春を感じましょう

春3月弥生を楽しんでねー

ほがらか
Posted by ほ at 2007年02月08日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。