2013年04月30日Tue

7年47日 大磯まで散策に

大磯まで散策に・・・・

小田原行きだったのにかなりの乗客が大磯駅で降り、駅舎も古^^^いし、小さい。
リュックを背負い、何処まで???

大磯の吉田茂邸が放火の疑いで全焼し今、全国から復興支援寄付を受け付けていました。

駅やバス停、お店の入り口には何処にもこのパンフレットが置かれており、寄付したい人の連絡先なども。
隣接する広大な城山公園と合わせて公共の資財を全額使用しても良いのではと思いましたが、どこの役所も財政難。
歴史的に価値のある建物、個人使用でなければ公共で管理する、再建までには集まる寄付にもよるらしいけどあと3年位必要らしい。

西湘バイパスから見え隠れする朽ちた別荘や邸宅も、国道一号線(旧東海道)を散策しながら見ると大違いでした。
海も山も堪能できるのはやっぱり大磯かしら?? 日本で最初に出来た別荘地だそうです。 海辺に隣接する松林は開発が進み区画整理も終わってこれから新築の邸宅、マンションなどの区画整理が賑わっていました。
中にはもう建築中だったり、図面を片手にうんうんと、頷いていらっしゃる方もあり、楽しい光景も見ること出来ました。

澤田美紀記念館 エリザベスサンダースホーム

戦後澤田美紀さんが創立されたエリザベスサンダースホームも初めて見ました。 
私立学園も隣接、本当に慈愛溢れる方だったのでしょう。 
ご実家の三菱財閥の援助を受けながらのホーム経営、巣立っていった子供達もどんな思いでこの学び舎を見ているかしら??? 

この門の前でたたずみ何か望郷を感じられていたご夫婦、団体で行動の元お兄様、元お姉さま方が、 文豪や経済界、政治界で活躍し名を残された方々の御屋敷もコースになっています。

ほがらかさんの場合、歴史を知るには、賢くないだけに先ず形から入り、実際にその場に立ち始めて 「実感」 で^^^す。
posted by ほがらかさん at 09:44 | Comment(0) | .レジャー まち歩き

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
関連コンテンツ