2007年03月20日Tue

1年6日 最新式手術方法

前回の検診の時、DR.クルーニーから最新式の人工股関節の手術方法で先週からしていると聞きました。
本当に日進月歩なのねー、どのような方法か詳しくは聞きませんでしたがとにかく切口はわずか4センチ程だそうです。
その手術はオーストラリアで研修を終えないと出来ないそうで3日ぐらいで取得されたそうです。すごいですねー、とても日焼けしていて何処の学会にいかれたのかしらと思っていたのですが・・・・
だから4月10日に予約している花屋のプリちゃんはその方法だそうでよかったですね。
posted by ほがらかさん at 21:33 | Comment(4) | .術後観察 術後1年(2007年)

この記事へのコメント
ほがらかさんこんにちは。歩く時間がどんどん長くなられているご様子に、順調な回復ぶりが伺えますね。
最新技術の手術方法とは、初めてお聞きしますが、なにやら良い方法のようですね。といってもその前の方法もあまりく詳しくないので、どうもピンときませんが、1月が延期になっていて
そのときはとっても残念で仕方がなかったのですが、思ってもみなかった神様からのプレゼントかもしれませんね。
今度こそ予定どおりに手術が受けられるかドキドキしながらそのときを待っています。いよいよ来週から貯血がはじまります。
ほがらかさんのブログを参考に、入院の準備に取りかかりたいと思っております。
Posted by 花やのプリです。 at 2007年03月23日 22:47
プリ様

良かったですね、今度こそ何処も支障がなく貯血になりましたね

きっと傷口も小さく2週間ぐらいで退院かもね
痛さが無くてもあまり無理しないで1週間は大事にしてね

おフランスが待っていますよ

ほがらか
Posted by ほ at 2007年03月24日 04:37
5年ぐらい前から手術を勧められ、ここ2、3年ぐらい悩み、8月に手術をしました。手術は、傷みがなく、驚きました。1週間ベット上で動けなかったのは辛かったですが、その後は、順調でした。今日現在、退院後、6日経ちました。傷口付近が、かちんかちんに硬くて、大丈夫かなあと思っているときに、ほがらかさんのコメントに傷口が硬いと書いてあったのを読んでほっとしました。手術前の傷みはなくなり、これからはリハビリにがんばらねばと思っているところです。
Posted by やえもん at 2011年08月21日 14:26
やえもんさま

手術後はどうしても傷は固くなり徐々に細胞が融合してくると柔らかくなります。

なにやら野菜を煮ているようですが・・・・・
人間の細胞は驚くほど優れています。

確実に付くようになっています。でも切り口は手術することにより綺麗に合わさるのです。

後はしっかりリハビリ、それに集中するよりは家事+4,500歩ぐらいの運動が理想と言われています。

がんばりましょう。
Posted by ほがらか at 2011年08月22日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。