2013年07月04日Thu

7年112日 Dr.稲葉 横浜上大岡講演会(案内)

もう梅雨明けかと??思うほど関東は雨が少ないですが西日本の雨の被害は大変。

さて、細胞改造を初めて1か月、結果は多少ありましたがそれよりも足が痛い。
水中の中と思って大手を振って水圧を全身にかぶり、意気込みましたが・・・・結果は??とほほです。

同じ姿勢をしていて次の行動に移るときは足を着くことさえ不可能な激痛です。
思案は募るばかりですが、全然痛みを感じないときもあるので骨折や、ひび等の懸念はなさそう、ただし素人判断です。
先週は何処も悪くないし骨密度も上がっているからと太鼓判を押して頂いたのに・・・・・2,3日後は激痛、先生におすがりするより方法がないわねえ。

こつこつと元気に綺麗にに歩けたほがらかさんも、今は背中を丸め、よろよろと歩く姿も無惨です。
何とかして!!!!座り方にも問題があるかも。

さて、DR.稲葉の講演会が下記のようにありますのでご案内致します。

5月の時もやっぱり聴いて良かったと思いました。
一番大切な股関節の仕組み、痛みがある方にはどの部類なのかも多少なりともご自身で判断できるのではないでしょうか?


NPO法人のぞみ会 神奈川支部主催「医療講演会」
  講師:稲葉 裕先生(横浜市立大学医学部准教授)
    :「演題未定」
  日時:9月29日(日)13時〜15時
  会場:ウィリング横浜12階  045-847-6666
     (上大岡・オフィスタワー内)
  費用:のぞみ会員 500円 一般 1000円
     ◎事前申し込み不要
posted by ほがらかさん at 11:18 | Comment(3) | 股関節教室

この記事へのコメント
左人工になって、5年過ぎたのですが、手術後すぐ、一般の知人に「また、なる」と言われ、大ショックを受けたのですが、ネットを見ると、また変に歩くようになった人もいるようで、心配です。

以前、婦人科で、卵巣脳腫で経過観察をして貰ってた時、生理痛がひどく、先生に相談したところ、痛くなる前に薬を飲むよう言われ、そのようにした途端、薬の量が半分以下に減りました。痛くなってしまうと、脳が覚えてしまって痛いと思うそうです。

私は、44歳の発症以来、足に悩まされぱなしです。先日、昔、履いていた靴をとりだし、家で、半日ほど履いていたら、内くるぶしあたりが痛み出しました。もう、前のようになりたいという考えは、やめることにしました。

ラジオで『ツウサントウ』の宣伝してるのですが、気になります。



Posted by 夏みかん at 2013年07月07日 11:02
夏みかん様

ツサントウってなんですか??
全く分からない初めての言葉です。

極力きれいな歩き方で、急ぐと足もうまく運ばないでしょうからゆっくりと行きましょう。

基本は痛みが無いことが前提です、ちょっとおかしいなと思っても自骨が一番ですから・・・



Posted by ほがらか at 2013年07月07日 17:06
ほがらか様

『つうさんとう』は、漢方薬ではないかと思います。神経痛とか痛い人が飲むみたいです。コンドロイチンとかサプリは、良いとか先生は、言ってたけど、つうさんとうも今度聞いてみます。

ほがらかさんも早く良くなって、前のように元気になると良いですね。

お互い、油断禁物ですね。
Posted by 夏みかん at 2013年07月07日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。