2013年11月19日Tue

7年250日 タイ旅行記

2013タイ旅行1.jpg合計190歳、今回ご一緒は御仲間ミッチーさんと我家の心優しき庭師匠の奥様、3人で弥次喜多珍道中でした。皆様方に助けられて無事に予定通りの旅が出来ました事、本当に嬉しく思っています。

先週土曜日強烈な偏西風にあおられて50分近く早くに成田に到着、やっぱり寒いわねえ。 とにかく元気に出発、無事に帰国これは定番ですものね。
 
さて、出発当日には早朝からハプニング、戸塚発5時27分発、エアーポート成田、ずっと待っても来ません、15分ぐらい遅れて案内があり、何とお隣大船駅での人身事故で電車は動かず、予定では1時間ぐらい遅れるらしい。

約束の時間に遅れないように東海道線に飛び乗り、東京駅から成田エキスプレスでとにかく成田で無事合流、安心でした。
ラウンジでのんびり朝からビールなどごちそうになり、機内では食事やソフトドリンクは無料、でもアルコールは何でも300円、安い航空会社を利用するとこれだものねえ、でも贅沢は言えません。
H.I.S.旅行社のチャーター機でバンコクへ。

バンコク到着は4時過ぎ、ものすごい渋滞でホテルに着いたのは午後8時近い、もうぐったりです。
でも近くを散策、食事を何とか近辺で済ませ、ホテルの敷地の中に或るマーッサージ屋さんで足を1時間1500円。
ぺちゃくちゃ1時過ぎまで、明日からの強行軍に備えて爆睡。

朝5時から支度、6時にはホテルで朝食、7時半には中心地のホテルで待ち合わせ半日お寺回りの観光です。
ここでも大渋滞、出発も約30分遅れです、おまけに見学の時間もきちんと守られない人もいるので疲れますわ。

ワット・ポーは国宝、モザイクが素晴らしいし、4階までは登れるが半端な階段ではなく今にも落ちそう。
しかし、デモがあってどこも閉鎖、エメラルド寺院、王宮までがバリケードでどんなにしても突破できませんでした。
至極残念、今回は出発からハプニングこんなこともあるのねえ。

バンコック一の、高層のホテル 「バイ・ヨーク・ホテル」 の83階の展望台で眺めは霧の為、いまいちでしたがバンコクの地理が解りました。

遅めのランチを 元内閣総理大臣小泉純一郎さんの写真がでかでかと出ている 有名なシーフード店 「ソンブン」で
タイ名 「ブーパッポンカレー」 蟹の卵のカレー炒めでしょうか??本当に美味しかったです。
其の後はショッピング・・・ナラヤ とか ジム・トンプソンとか 街の中心地で地下鉄とモノレールを乗り継いで、スマートでしょう??なんたって、聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥を地で行きましたが、日本もタイも母国語は英語ではありませんからかなり大変でした。

翌日はタイ国鉄で 世界遺産 「アユタヤ」 まで、8時30分始発バンコクから約1時間半、特急座席指定エアーコン付列車XPDで345バーツ、快適、それに無料のソフトドリンク、コーヒー等とお菓子のサービス付です。
窓の外を見ている限りのんびりとした田舎の風景です。

アユタヤ駅ではオート三輪の荷台を付けたような乗り物、ツっク・ツックで3時間アユタヤのお寺巡りです。トテモ広いです。
バンコック駅で安く上げる旅なら自転車でいかがですか??って、乗れるわけないでしょうに。
でも猛者はいるのねえ、自転車に荷物も積んで観光していた若者も見ましたよ。

これも駅で値段の交渉、だって、言いなりになっていたら3倍以上払うことになるのでこちらも一喝です。
結果は3人で一台チャーターして、料金1600バーツ、
見学している間じっと運転手は待ってくれるので安心です。400年以上経ているのと、他国、内戦で首の無い仏像も沢山あり、古の都とは思えない様な摩訶不思議なアユタヤでした。

お寺巡り・・・・・殆んどの寺が少しずつ傾いて、タイの斜塔でしょうか??それに仏像も黒くて

無事駅でバイバイ、帰りのバンコク行きの切符は来た電車に乗るつもりだったので30分位の待ち時間で乗れそうでしたが刻々と時間の変更が駅員さん自ら黒板に書くのであわてました。

私達も賢くなり、わずか20バーツ、 日本円にして60円でバンコクまで、しかし、これはきつかった、だって、エアーコン無、電車が走れば窓があいているので外からの風は入りますが止まると地獄、おまけにお隣の席は子だくさんでタイの元気母さんそのものお子さん全部で6人、いやああ、それがにぎやかな事、それだけにぐったり。でも60円には換えられない。

さて、タイのタクシー状況は一口で言って、ぼられる事請け合いです。
女性だけの場合には必ず大きなホテルのベルボーイさんにお願いして目的地まで交渉してもらいます、今回は3回だけタクシーを利用しましたがあとはすべて電車です、おかげで嫌な思いをしなくて済みました。 でもねえ、交渉のタイ旅行でしたわ。

最期はホテルのプールでのんびり泳ぎ、チェックアウト後は今回特にミッチーさんのリクエスト、チャオプラヤ川を専用船で送迎してくれる、格式の高い扇子印のホテル 「マンダリン・オリエンタル」、ここでのアフターヌーン・テイを楽しむために電車と船を乗り継ぎ優雅な お・も・て・な・し を受け 素晴らしいロビーに。 感激でした。

と、待って・・・ここでもハプニングが・・・・今日は結婚式でお休みとの事、そこを何とかお願いし、ロビーで良いならとの事で希望通り楽しみました。 でもやっぱり、ロビーでなくて、オーサーズルームで食べたかった。 
何時になるか次回の楽しみです。

残りの時間をショッピングに費やし、余った時間を最後の足マッサージで・・・・・1時間200バーツ約600円・・・お疲れ様でした。  

楽しい旅をありがとうございました。また来年ご一緒出来れば嬉しいで^^^^す。
posted by ほがらかさん at 20:55 | Comment(8) | 海外旅行 東南アジア

この記事へのコメント
お帰りなさい。ミッチーさん&師匠さんとの楽しい旅行、拝読させていただきました。
観光、グルメ、そしてのんびりもでき最高の内容ですね。タイの景色背景のほがらかさん、ミッチーさんの様子も浮かびます♪
アユタヤは素晴らしく美しいと聞いていますが、そんなに広くてお寺もピサの斜塔状態とは。
ほがらかさんの、やりくり上手にも尊敬。さすが旅の達人です。
旅のお疲れも 楽しいエネルギーチャージと偏西風でのスーパーフライトで更に吹っ飛びですね♪ また日本でもパワーアップされたほがらかさんの活躍が楽しみです。
Posted by Riko at 2013年11月20日 01:43
RIKOさん、

は^^い、無事帰国しました。
タイではいろいろと経験でき本当に交渉のタイ旅行でしたがおかげさまで地下鉄の乗り方、モノレールの乗り方、国鉄の乗り方、切符の買い方、中心地での買い物はもちろん、離れたアウトレットにも足を延ばし品物の見定めをして来ました。

暑い中、本当にミッチーも、師匠の奥様も、気分を害されることなく、一緒に行動できたことも楽しい旅でした。

ホテルの中でもおしゃべりは続き、何時寝るの??みたいな感じで口角運動もばっちりでした。

見どころもたくさんありますが一般的に古いお寺、仏像がメインです。
首の無い仏像など心が痛みました、15年前とあまり変わらない風景、これから先どれぐらいこの景色が残るのか・・・・ずっと残してほしいけど、朽ちていく建造物は致し方ないわねえ、自然の摂理ですものねえ。

バンコク中心地は素晴らしい発展で、15年前の面影など無かったようですわ。
10年を一単位として訪れないと取り残されそうでした。

食事は本当に美味しかったわ、路地で売っているのも、夜市もおいしそうでしたが私達には馴染めないのでレストラン等で トム・ヤン・クン、雑誌でお奨めのブーパッポンカレー等、満足でもう一度食べたい。

次回は是非ご一緒しましょう。
Posted by ほがらか at 2013年11月20日 05:25
ほがらかさん

先週、検診に行きました。5年8ヶ月ほどになりますが、人工関節のまわりに、たくさん肉がついてて、脱臼は絶対しない、と言われました。

先生からは旅行をすすめられているのですが、足の悪い友は、いなく、やっぱり一般人とでは足手まといになりますか?

私は、まだまだ、行けそうにありませんが、ほがらかさんは、ヨーロッパには行ったことはありますか?
Posted by 夏みかん at 2013年11月25日 17:22
こんばんは。
3回目の投稿なのですが、2回目のものが、ほがらかさんのカキコミに続けて書いてしまったので、お目に留まってないかもしれません。
ごめんなさい。その続きになります。

退院からもうじき2ヶ月になります。
近場ならば車の運転が許可になりました。
爪先にひっかけるようにすれば、靴下もはけるようになりました。
お風呂も、またいで浴槽に入れるようになりました。
杖はついてます。
ヨタヨタ歩きです。

台湾、バス旅行、タイと、自分も行った気分になって旅行記を拝見しています。
私もいつか、あちこち旅行に行きたいものです。

まだまだ先の話ですね。
その前に、もう片足の手術もあります。
それから仕事に復帰するのが先ですね。
がんばります。
Posted by 美弥子 at 2013年11月25日 23:49
夏みかん様

術後5年以上も過ぎていれば何処にも行けますよ是非楽しい旅をして頂きたいですね。

健康なおみ足の人とは多少遅いけど、気になることはありません、まだまだ何て言わないで、一緒にパック旅行で行かれたとしても、遅い分早めに集合場所に集まれば大丈夫、それに多少の遅れは大目に見て下さいます。

誘われたからなどと考えなくて、行きたいと思ったときが一番ですよ。

はい、お天気に恵まれ本当に良い思い出で、ヨーロッパは春から夏がいちばんだと思います。
スイスやイギリス、フランス、ドイツもこの時期が一番ではないかと・・・・特にスイスは何とも言えない空の色、4千メートル近くに上っていく気温の差を直に肌に触れる、それは本当に気持ちの良いものです。

フランスでは夜の10時を過ぎても太陽は高く明るく驚きました。

楽しんでくださいね。
Posted by ほがらか at 2013年11月26日 17:55
美弥子さま

2回目の投稿には大変失礼いたしました。
今後は十分に気をつけてお返事差し上げたいと思います。

靴下もお風呂も上手にできるようで私ごとに嬉しいです。
歩き方や杖はまだ先になるでしょうけど始めの一歩が済みましたねえ。

私たちは術後7年が過ぎようとしていますので
あちこちに足を延ばせるのもこの間に色んな筋トレーなどを経験し、出かけることが自由になった証拠なのです。

美弥子さんも遠くない日が必ずやってきます。
そのためにも順序があり、全ての手術が済んでから焦らず、ゆっくり進めて下さいね。

一歩一歩進めて仕事にも復帰、それからでも決して遅くない旅ですもの、頑張りましょう。

Posted by ほがらか at 2013年11月26日 18:09
ほがらか様

旅行について、教えていただきまして、ありがとうございます。フランスですか、良いですよね、まだ、行ったことないです。モンサンミッシェルに行きたいのですが、お金がないので、これから、コツコツと積立貯金をしなくては、と思ってます。

それにしても行きたい所が出来て、良かったです。
Posted by 夏みかん at 2013年12月05日 20:13
夏みかん様

そうですよ、まだまだ若いのですもの、元気なうちが花です。

経済的に充分余裕ができたとしても体に余裕が無ければ旅も楽しくないと思います。
無くてもも何とかなるのがお金らしくだからお足と云うらしいですよ。

あたたかくなったら是非楽しんでくださいね。

Posted by ほがらか at 2013年12月05日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
関連コンテンツ