2014年03月14日Fri

8年0日 中欧6ヵ国世界遺産巡り旅行記(1)

旅行記(1)ブダペスト(ハンガリー)、ブラチスラバ(スロバキア)、ウィーン(オーストリア)
旅行記(2)オロモウツ(チェコ)、クラクフ、アウシュビッツ(ポーランド)
旅行記(3)テルチ、チェスキー・クルムロフ、プラハ(チェコ)
旅行記(4)ドレスデン、ベルリン(ドイツ)
旅行ルート2,115kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

中欧6ヵ国ルートマップ中欧6ヵ国、バスで陸地を走り抜け、たくさんの世界遺産を見て回り、見聞を広げてきました。
内陸ですが、大地も広く延々と野原や畑が続き、きっと良い農産物が特産物に指定されているのではと思いました。
何処までも何処までも平な平野、見渡す限り畑、何を植えているのでしょうか??
偉大なる音楽家、ベートーベン、モーツアルト、スメタナ、ドボルザーク、枚挙にいとまがない。 音楽に染まりたい雰囲気、掘り下げたい、奏でたい、そんな街々でした。

【1日目 2/27日(木)】フランクフルト経由、ブダペストまで15時間
時差ぼけも無く・・・・翌日からの観光にルンルンでした。

【2日目 2/28日(金)】ブダペスト市内観光(世界遺産)、温泉・夜景(自由行動)

ホテルの天井も4メートルを超え、広々として開放感は抜群、メトロの駅までも5分以内、 バスは目の前、早朝、地下鉄、トラム(路面電車)、バスの乗り放題の一日チケット(1,650Ft≒825円)を探して駅までウオーキングを兼ねて一時間半、ホテルの近くを散策。
2014中欧六カ国1.jpg
1915年創業のグランドホテル ハンガリア
2014中欧六カ国2.jpg
ブダペスト最大のターミナル駅、東駅
2014中欧六カ国3.jpg
東駅のホーム
2014中欧六カ国4.jpg
市内を走るトラム

ご飯も美味しい、2日間の滞在がアットの間で3日ぐらい滞在したいと思いました。

2014中欧六カ国437.jpgさてさて、見聞開始で^^^す。
時間があるとの事で予定にはない、ドナウ川東岸(ペスト地区)にある「英雄広場」を見学。1896年のハンガリー建国1000年祭を記念して作られた広場です。
2014中欧六カ国48.jpg
初代ハンガリー王イシュトヴァーンに王冠を授ける大天使ガブリエルの記念柱。周りにハンガリーの国王・英雄たちが並び、広場左右には美術館が建つ
2014中欧六カ国5.jpg
英雄広場
2014中欧六カ国49.jpg
大天使ガブリエル像

聖イシュトヴァーン大聖堂は、ペスト地区中心部のブダペスト最大の教会。直径22メートル、高さ96メートルの巨大なドームをもつ。近くのハンガリー・ギフトショップ「FolkFlowers」でショッピング。
2014中欧六カ国7.jpg
聖イシュトヴァーン大聖堂
2014中欧六カ国50.jpg
ネオルネサンス様式の聖堂
2014中欧六カ国8.jpg
大聖堂前の広場
2014中欧六カ国6.jpg
ハンガリー名産レース刺繍

ハンガリーは手刺繍が有名で素晴らしいものは高価過ぎて手が出ない、欲しかったレースの襟は聴き歩きましたが見つからず、残念。
次回に回して・・・・陶器のヘレンドの本社が有ります。

ドナウ川を挟んで、西岸の旧市街地(ブダ地区)、王宮や漁夫の砦、丘の上から見下ろすブダペストの街並みさながら中世の街、赤い屋根です。
2014中欧六カ国9.jpg
くさり橋から見た王宮の丘
2014中欧六カ国10.jpg
王宮の丘マップ
2014中欧六カ国11.jpg
王宮の丘(ブダ王宮側)
2014中欧六カ国12.jpg
王宮の丘(漁夫の砦側)

雲行きが怪しく雨模様に、すぐ止むのですがまた降る。ドナウ川と対岸に見える聖イシュトヴァーン大聖堂、国会議事堂、セーチェーニくさり橋などが一望できます。
2014中欧六カ国13.jpg
王宮の丘からの眺め
2014中欧六カ国14.jpg
国会議事堂
2014中欧六カ国15.jpg
聖イシュトヴァーン大聖堂

王宮の丘(ブダ王宮側)にはブダ王宮、大統領官邸、王宮劇場などがあり、
2014中欧六カ国16.jpg
王宮正面
2014中欧六カ国17.jpg
大統領官邸の衛兵交代式
2014中欧六カ国18.jpg
1800年にベートーヴェンが初演したという王宮劇場
2014中欧六カ国19.jpg
王宮と漁夫の砦を結ぶメインストリート

王宮の丘(漁夫の砦側)にはマーチャーシュ教会、三位一体広場、漁夫の砦があります。
2014中欧六カ国20.jpg
王宮地区の中で一番古い建物。現在はレストラン
2014中欧六カ国21.jpg
華麗なゴシック様式のマーチャーシュ教会
2014中欧六カ国22.jpg
三位一体広場のイシュトヴァーン1世の騎馬像
2014中欧六カ国23.jpg
白い石灰石で創られた奇麗な漁夫の砦

歴代ハンガリー国王の戴冠式が行われたマーチャーシュ教会(聖母マリア聖堂)の中央主祭壇には聖母マリアが祀られています。教会内部には、初代ハンガリー王イシュトヴァーンの子聖イムレを祀った祭壇や壁画の書かれた祭壇、鮮やかなステンドグラスが飾られています。
2014中欧六カ国27.jpg
陶器のジョルナイ製の屋根
2014中欧六カ国24.jpg
教会内部
2014中欧六カ国25.jpg
主祭壇
2014中欧六カ国26.jpg
聖イムレを祀った祭壇

中央市場近くの自家製ビールが自慢の店「カールテンベルク(Kaltenberg)」で昼食。
2014中欧六カ国28.jpg
地下室のような店内
2014中欧六カ国29.jpg
チキン料理スープ付
2014中欧六カ国30.jpg
バイエルン風自家製ビール
2014中欧六カ国31.jpg
レストラン奥のビール工場

昼食の後は、観光客と地元の人でにぎわう自由橋のたもとにある中央市場を散策。2階まで吹き抜きになっていて地下は地元の人たちで賑うスーパー、1階は野菜、肉、魚、加工食品の店、2階が刺繍や工芸品などの土産物店と屋台村みたいな軽食コーナーになっています。
2014中欧六カ国32.jpg
シックな煉瓦造りの外観
2014中欧六カ国33.jpg
1階の肉類や青果の店
2014中欧六カ国34.jpg
2階の刺繍や雑貨の店
2014中欧六カ国35.jpg
2階の屋台村軽食コーナー

EU加盟でも貨幣は国によって違うのでコインの使い方が微妙??残さないように如何に使い切るかが問題。
例:ハンガリーはフォリント(Ft≒0.5円)、チェコはコルナ(Kc≒5円)、ポーランドはズオッテイ(zl≒35円)。

中央市場解散であとは自由行動に。ドナウ川の自由橋を渡り、ブダペストを代表する温泉施設のひとつゲッレールト温泉に入る予定で朝から水着持参、日本の温泉施設と違って、ハワイアンズのような温泉プール、エステも整い、かなりお値段もします(入浴料5,500Ft≒2,750円)。 
2014中欧六カ国36.jpg
ホテル ゲッレールト
2014中欧六カ国37.jpg
外来入浴専用入口
2014中欧六カ国38.jpg
受付・ロビー
2014中欧六カ国39.jpg
屋内温泉プール

地図で探しながら出掛けるので2万歩以上歩きました。 そろそろ足が悲鳴を上げそう。バスでホテルに戻り一休み。
2014中欧六カ国40.jpg
バスの車内。降りる時はボタンを押すが・・・
2014中欧六カ国41.jpg
降車場所を見失い見知らぬ所まで行ってしまった

夜は雨も上がり空気も澄んで、「ドナウの真珠」と言われる夜景を見に、メトロをM2,M1と乗り継ぎペスト側のドナウ川畔へ。
2014中欧六カ国42.jpg
メトロM2の車内。次の停車駅が電光板に表示される
2014中欧六カ国43.jpg
川添いを走るトラム2番線の車内

国会議事堂から中央市場のある自由橋付近まで川添いを走るトラム2番線を行きつ戻りつしながら満喫。
ライトアップされている王宮、マーチャーシュ教会・漁夫の砦、くさり橋、エリザベート橋、本当に、本当に光の洪水でした。 綺麗でした。 うっとりでした。
2014中欧六カ国44.jpg
「ドナウの真珠」の夜景
2014中欧六カ国45.jpg
ライトアップされた王宮
2014中欧六カ国46.jpg
くさり橋とマーチャーシュ教会・漁夫の砦
2014中欧六カ国47.jpg
エリザベート橋とゲッレールトの丘・女神像

上品な紳士の方から英語が解りますか??って聞かれ・・・「時間が有るので少しハンガリーの歴史を話してあげましょう」 と河畔で30分位レクチャ―を受けました。 
翌日、現地のガイドさんが説明される事とまったく同じことを私達は先に学習しました。

穏やかな物静かな紳士は博物館で学術員をされているとか・・どうも姪っ子さんが京都に一年間留学されていたそうで親近感を持って下さったのでしょう。


【3日目 3/1日(土)】ブダペスト〜(194km)〜ブラチスラバ市内観光〜(64km)〜シェーンブルン宮殿(世界遺産)・ウィーン歴史地区(世界遺産)

スロバキア
スロバキアの首都ブラチスラバに移動、国境検査なしで国境を行き来できるシェンゲン協定で国境はノンストップ。
2014中欧六カ国51.jpg
ハンガリー側国境検問所
2014中欧六カ国436.jpg
ブラチスラバ市内マップ

現地のガイドさんはサンクトぺテルスブルグ大学で地質学を学ばれた博士さんでとてもチャーミング日本語も丁寧です。 ブラチスラバ城や旧市内観光、思った以上の街でした。
見聞を広げれば広げるほどハプスブルグ家の歴史が気になりますね。

女帝マリア・テレジアの居城ともなったブラチスラバ城は、四角い建物の四隅に塔がある独特の外観から、愛称で「ひっくり返したテーブル」と呼ばれてます。日本では、さしずめ「ひっくり返した碁盤」でしょうか。
2014中欧六カ国52.jpg
ひっくり返したテーブル
2014中欧六カ国53.jpg
ブラチスラバ城の前で
2014中欧六カ国54.jpg
城は小高い丘の上にあり市街やドナウ川が一望できます。川に架かる斜張橋の主塔の上の丸い建物は展望レストランだそうです。

ブラチスラバの街も古いヨーロッパの街と同様、城壁都市でした。かつては城壁に囲まれていたブラチスラバの旧市街、その城壁に設けられていた4つの門のうち、現存する唯一ものがミハエル門です。
2014中欧六カ国55.jpg
ミハエル門
2014中欧六カ国56.jpg
旧市街の街並み
2014中欧六カ国57.jpg
石畳の路地の奥にブラチスラバ城が見える
2014中欧六カ国58.jpg
モーツアルトが6歳の時に演奏したという家

旧市街の中心にはフラヴネー広場があり、噴水を取り巻く建物が美しい佇まいを見せています。
時計塔が印象的な黄色の建物が旧市庁舎で、この街で一番古い建物。その右の日章旗が飾られている薄緑色の建物は日本大使館です。
2014中欧六カ国59.jpg
2014中欧六カ国60.jpg
街のあちこちにあるブロンズ像
2014中欧六カ国61.jpg
シャンデリアが素敵な照明の店

尖塔が85mもある、14世紀にロマネスク様式で建てられた聖マルティン教会を見学後、ワインセラーの洞窟の中をイメージしたレストラン「バッカス(Bakchus Vinaren)」で、すり下ろしたジャガイモと小麦粉をゆでて羊チーズソースを絡めたスロヴァキアの伝統料理スロバキア風ニョッキ「ハルシュキ」の昼食です。
2014中欧六カ国62.jpg
聖マルティン教会
2014中欧六カ国63.jpg
尖塔にはハンガリー王冠が
2014中欧六カ国64.jpg
レストラン バッカス
2014中欧六カ国65.jpg
ハルシュキ&スタロプラメン

チェコの代表的なビール「スタロプラメン(Staropramen)」、チェコはピルスナーの発祥地で、日本のビールも殆どがこのピルスナーを基本に造られていますが、スロバキアで味わう本場の味は・・・・香り、そして仄かな苦味は日本人好みのビールです。


2014中欧六カ国431.jpgオーストリア
昼食後30分で、もうウィーンです。
ハプスブルク王朝の歴代君主が離宮として使用した、憧れのシェーンブルン宮殿の前で今度はオーストリアの学術委員さんの案内で、広大な宮殿を軽妙な早口ジョークを聞きながら忙しい・・・

ゆっくり見ればまる一日かかるそうで、この中には動物園やコンサートホールもあり、実際にはこの宮殿には4階以上アパートとして月5万円位で関係者の方に貸しているそうです。 私も借りた^^^い。
多大な部屋を維持するには安い賃貸料でも住んでもらった方がメリットがあるらしい。
2014中欧六カ国66.jpg
マリアテレジア・イエローの黄色が美しい宮殿
2014中欧六カ国67.jpg
両翼180mの宮殿
2014中欧六カ国434.jpg
中庭の噴水と両翼の建物
2014中欧六カ国430.jpg
チケット売り場

マリーアントワネットが過ごした部屋や、モーツァルトが6歳の時に初めて御前演奏行った部屋、ナポレオンがウィーン占領時に使った部屋など・・・宮殿の部屋数は全部で1441室。中国や日本・インドなど世界の風景をモチーフにした部屋もあります。
2014中欧六カ国68.jpg
宮殿入口ゲート
2014中欧六カ国429.jpg
宮殿案内図
2014中欧六カ国69.jpg
ウィーン会議の舞踏会場になった大広間
2014中欧六カ国420.jpg
胡桃の壁板を用いた皇帝謁見の間の胡桃の間

宮殿内は撮影禁止なので、写真は公式HPよりお借りしました。そのほかの部屋はこちらを参照
2014中欧六カ国428.jpg
マリー・アントワネットの部屋、嫁いだ後は食堂に
2014中欧六カ国421.jpg
6歳のモーツァルトが御前演奏を行った鏡の間
2014中欧六カ国422.jpg
画家ローザの絵が架かるローザの間
2014中欧六カ国423.jpg
婚礼の一連の絵画が飾られたセレモニーの間

とにかく豪華絢爛、ホオ^^^^溜息です、ゆがみのない鏡が素晴らしい、でも写りたくな^^^い。
2014中欧六カ国424.jpg
北京から取り寄せた黒漆パネルの漆の間
2014中欧六カ国425.jpg
紫檀をふんだんに使った宮殿内で最も高価な百万の間
2014中欧六カ国426.jpg
ゴブラン織タペストリーが一面に架かるゴブランの間
2014中欧六カ国427.jpg
歴代皇帝の肖像画が飾られた赤のサロン

宮殿の見学を終え、宮殿の裏側に広がる庭園を散策に。
2014中欧六カ国70.jpg
宮殿右側面
2014中欧六カ国432.jpg
バラ園

広いフランス式庭園の先の丘の上にはグロリエッテというプロイセン戦の勝利と戦没者の慰霊のために立てたギリシャ建築の記念碑があり、そこからは周囲が一望できます。
2014中欧六カ国71.jpg
宮殿裏側のベランダ
2014中欧六カ国72.jpg
フランス式庭園
2014中欧六カ国73.jpg
グロリエッテとネプチューンの泉
2014中欧六カ国433.jpg
石像と庭園

世界中に散らばるハプスブルグ家断絶と言えども一族の中にはリヒテンシュタイン家も含めて100名近く生存されているそうで日本人のガイドさんに寄れば日本に2名住んでいるとか・・・・誰だか解りますか??
謎のようですが、鰐淵晴子さんとお母様だそうです、貴族の出身だったのですねえ、言われてみれば品が有りますわ。

2014中欧六カ国92.jpg国立オペラ座、もうそこにいるだけで中世の街へ迷い込んだ錯覚です。 心が落ち着く街でした。
オペラ座を含むリング(Ring)と呼ばれるウィーン歴史地区は2001年に世界遺産に登録されました。

ガイドさんの説明によるとオペラ座は常に満席、でも赤字、本当に黒字になるには社交界にデビューする若い男女のデビュタントのダンスパーテイー、その時だけ黒字になり、億からの金額が動くそうです。何処の国でも子供には親はお金を出しますからねえっ、と説明です。

オペラ座近くのオーストリア・ギフトショップの免税店「Boutique WALTZ」に立寄り。
2014中欧六カ国74.jpg
国立オペラ座
2014中欧六カ国75.jpg
Boutique WALTZ

ウィーン歴史地区を車窓観光しながらウィーンのシンボル、シュテファン大聖堂へ。
2014中欧六カ国76.jpg
ウィーン美術史美術館
2014中欧六カ国77.jpg
オーストリア議会議事堂
2014中欧六カ国78.jpg
ウィーン市庁舎
2014中欧六カ国79.jpg
ヴォティーフ教会

シュテファン大聖堂は、外観はゴシック様式、内部の祭壇はバロック様式で、137メートルの尖塔は、ドイツのウルム大聖堂(161メートル)、ケルン大聖堂(157メートル)についで世界で3番目の高さだそうです。
2014中欧六カ国80.jpg
シュテファン大聖堂
2014中欧六カ国81.jpg
大聖堂裏の観光馬車
2014中欧六カ国82.jpg
厳かな聖堂内部
2014中欧六カ国83.jpg
主祭壇

ウィーンの伝統的な郷土料理のレストラン「ミューラーバイスル(Müllerbeisl)」でウィーン風カツレツ「ポークシュニュツェル」の夕食。
2014中欧六カ国84.jpg
ミューラーバイスル
2014中欧六カ国85.jpg
ポークシュニュツェル

夕食の後は、ウィーンの夜の繁華街をぶらぶらとウィンドウショッピングを愉しみ。
オーストリア名物の「ザッハトルテ」、世界一有名なチョコレートケーキですが、オリジナルを名乗れるのは、本家ホテル・ザッハーの刻印のあるもののみです。
2014中欧六カ国86.jpg
街の演奏家たち
2014中欧六カ国87.jpg
繁華街の夜景
2014中欧六カ国88.jpg
ザッハーカフェ。木箱入オリジナル ザッハトルテ(サイズV22cm,43ユーロ)
2014中欧六カ国89.jpg
ライトアップした国立オペラ座とその向いのホテル・ブリストル

今夜の宿、シェーンブルン宮殿近くの「ホテル ルネッサンス」へ。
2014中欧六カ国90.jpg
地下鉄U4の駅前にあるホテル ルネッサンス
2014中欧六カ国91.jpg
シェフが作るオムレツなど品数豊かな朝食ブッフェ

posted by ほがらかさん at 23:30 | Comment(5) | 海外旅行 中欧6ヵ国

この記事へのコメント
お帰りなさい!
憧れ東欧の旅、報告にうっとりです。
いつか行ける時があることを願いながら、拝読させていただきました。
プラハのオペラハウス、どんなに美しいのかしら。

日本も寒かったですよ。
Posted by Riko N at 2014年03月16日 23:11
RIKOさん

は^^い、こんにちは

元気で帰りました、今回の見分を広げる旅は実りも多く、感激でした。

特に音楽に触れてみたい思いが多々ありましたので、偉大なる作曲家の関連する家やホール、教会、あたかもその時代に生きていたような近親館を覚えうーーんなるほどねえ等とあいずちを打ちそうでした。
何時かご一緒したいですねえ「音楽を巡る旅」何て考えただけでワクワクします。

プラハの国立歌劇場、それは素晴らしかったです、時代の趣を感じ、また演目はイタリアオペラですが字幕が上の方にちょこっと出ていました、最初はチェコ語、その下に英語です。
イタリア語が解らなくても英語が解ればストーリーも理解できより一層の感激を覚えることが出来るでしょう。
ブラボーーでした。

15日の、土曜のお昼BSで徹子さんのクラッシックコンサートがありましたが西川さんの指揮で蝶々夫人のアリアなど聴き、あの時のシーンを思い出し日本を舞台にした素晴らしいオペラ、プッチーニさんに感謝です。
Posted by ほがらか at 2014年03月17日 08:27
(歴史はとっても苦手ですが、)侵略、民族紛争の耐えず、経済も良くはない暗いイメージも拭えない東欧には、素晴らしい文化があるのですよね。

また、次の国への出発でお忙しいでしょうか。
落ち着かれましたら、ゆっくりお話写真伺わせてくださいね。じっくり東欧勉強に浸りたいです。
同級生に東欧史の学者で、なぜかドイツ語教授がいます、ほがらかさんのルートを伝えましたら、ポイントを抑えたよい行程と褒めていました。帰国後の楽しみも益々ですね。
おみ足も、ムリがなくお元気なお帰り良かったです。
私は7ヶ月半になり、遠出は杖が欠かせず。2年前の右足も痺れが気になります。すぐ疲れて自己リハビリもさぼり気味ですが、4000歩は歩いている様です。
Posted by Riko N at 2014年03月18日 01:24
ほがらかさんへ

ウイーンとプラハは、とっても素敵ですね。
ツーショットの男性は、ほがらかおじさんですか?

私は、テレビでしかマダムバタフライ見たことないのですが、涙が出ますよ。
王宮の丘は、すごい階段でしたが、おいてきぼりになりませんでしたか?

Posted by 夏みかん at 2014年03月30日 15:21
夏みかん様

はい、そうです、主人です、遅いと時々待ってくれますが早いので追いつくのが大変、あまり周りを見ないで必死で歩いていると歩くためにきたの??になりますからゆっくり周りを見渡しながら・・・・ウイーンもプラハも素晴らしく帰国後またすぐ行きたくなりました。

偉大なる音楽家の家やコンサート会場等、長年気になっていたものが目の前にあるには感激です。

Posted by ほがらか at 2014年03月30日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。