2015年09月06日Sun

09/06 第7回こつこつクラブ旅:ハノイ(報告)

ハノイの旅を満喫し、無事帰国出来ました。
2015クラブ旅ハノイ1.jpgお仲間さんと羽田で落ちあい、まずは元気に朝食 (つまり腹ごしらえ) お腹を満たした後、税関へ。
前夜、体調を崩して入院生活をしていたほがらかおじさんの退院で、留守の間の心配をしながらあれこれ家族に役割分担を頼み、用事をしていたら気が付けば2時。
迎えに来て下さるモモちゃんに、迷惑は掛けられないと思い、そのまま朝までビデオ鑑賞。
楽しむ予定の映画も音楽も聴かず、機内食を食べると同時に爆睡、ほんとうにぐっすり寝ました。

9月1日

羽田から一路ハノイに・・・・・快適な全日空便、機種も新しく座席も揺ったりしています。 随分席が空いているので、良い席に変更してもらい、到着まで各自自由。

ハノイノイバイ空港では、迎えに来ているタクシーが見つからずあわてましたが幸いにも他の旅行社の方がご親切に友人に連絡して下さったおかげで、遅れながらも無事ホテルに到着。
ビシッと素敵な制服で決めているフロントの対応は5星ホテルにしては時間が掛り過ぎ、新人さんだったのでしょう。

お助けマンが2人増え、チェック・インするだけで30分、 何時もなら爆発しそうな気を抑えて部屋に入った途端、2部屋がダブルベッド、どうなっているの??
初めに3部屋同じ階の並びにってリクエストしたはずですが・・・・・でも何とか部屋替えでやっと座る事に。

騒動の後は、全員感激!!! だって、数年間のリニューアルが終わったばかりのホテルは快適そのもの、広い部屋でくつろぐことができました。
ふんだんにミネラルウオーターも用意され、(勿論フリー) 水の不安は無し、ベッドの上に大輪の白いユリ、 枕元には蘭を一輪、素敵なおもてなしでした。
備品も清潔、素敵な部屋の模様も◎印、翌日には、クッキーとベトナム焼物バッチャン焼の綺麗なアクセサリー入れが用意されていた。

メリア・ハノイ ホテルには日本人のスタッフが交代で3人常駐している。
この日の担当は、鶴田真唯さん、19歳で日本からの研修生しっかり者です。テキパキと私達の要望を聞き、手配をしてくれる、さすが将来を期待される
フロント、又はコンシエルゼー、今月末には日本に帰国の予定、其の後はアメリカの短大に入学したいと希望を持っていました。 夢をかなえる事でしょう。

先ずは洋服、仕立ての良い店をネットで調べ、とても親切に対応して下さった 「Clos's
Closet 」 は、御仲間さんのお気に召すものは無く、周りを見学、ホテルに戻り、
レストランを予約、美味しいベトナム風こだわり屋台 (クアン・アン・ゴ)は、どの料理も美味しかった。 それにとっても安いのが魅力。

水上劇を見るためにチケットを買ってくれた友人の、ホエンちゃんとホテルで待ち合わせ、 最終回のタンロン劇場での水上劇を楽しみました。
水上の人形の踊りや、ライブでの掛け合い、爆笑です。

終わった後は、あと5分で規制され車が通れ無くなる道を、渋滞の為やっとタクシー到着、急いでホテルまで戻りました。
その理由は明日、9月2日が独立記念日。 
70年に一度の大パレードの前夜祭でした、夜10時から9月2日までの解除になるまでは軍隊のパレードらしくすごい人混みで歩くのさえ難しい。
翌日の新聞で見た軍隊のパレード、統制された女性の軍隊も素晴らしいが、個人的見解では余り見たくない光景です。

ホエンさんが、大好きな着物一式を、私の40代の時の着物、一度だけ袖を通した事があり、一式を若くて可愛いホエンさんにお礼と大学卒業祝いを兼ねてお土産に。
帯は結び安い様につけ帯に変更、腰ひもや、小物まで一式となると大変な荷物、用意していたトランクには、入らないので急遽家族の新品を。

着付けを知って貰うつもりでモデルに変身、 余りにも良く似合い、可愛くってまったく見た目には日本人。
今はガイドを目指してベトナムと日本の歴史を勉強し、両国の懸け橋となりたいそうです。
一年使わなかった日本語も思ったよりよく話せ、叔母様方の人気者でした。 今は猛特訓だそうです。

平均年齢28歳のベトナム、今後一層の発展が日本のODAを通しても期待されています。

だって、阿部さん(総理大臣)の両国を通しての経済発展の??の意気込みは半端では無かったですものね。

9月2日

楽しい市内観光日です。
今日は独立記念日、記念の70周年で何処もとっても活気があり、人がいないような路地でも歩くのが困難、人、人、で溢れている。

民族博物館や検索していた洋服店でのオーダー、空港で両替した額では足りないため個人両替店、 問屋街での買い物、 ベトナムの民族土産店巡り、ホエン・キム湖の周りの見
学、
タンロン城がわずかに残っている王宮の跡地、湖のほとりですが広大な広場で今は公園、1000年以上前の城ですが、まだ少し建っています。
ベトナムは地震がないので壊さない限り、残っているらしい。
勿論ベトナム戦争の傷跡もあちこち見ます。

彼女のお勧めランチ、お美味しいからねって言われて行ったのは昨日のお店でした、やっぱりベトナム人にも人気があるのでしょう。
本当に美味しいお奨めのレストラン ♪クアン・アン・ゴ♪ です。

彼女と別れて夜はホテルの近辺を散策、何となく日本語で美味しそうな、有機野菜らしい文字を見つけ、入ったのは良いけど、ビールはぬるい。
食べたいものは品切れ、ちょっと残念。
デザートは他の店でと思い・・・・・看板で見たソフトクリームが美味しそう、でも食べたいバニラは品切れでチョコレート味のみ、聞いた以上仕方ないので2個だけ注文。
日本とは違う味でした。

ヤッパリ暑いし冷たいものが食べたい、人ごみをかき分けながら探すとホテルの近くにアイスクリーム屋さんが。
これはお皿の上の模様も綺麗、ちょっとフレンチデザートのようで、アイスクリームは美味しかったです。
デザートとは言えない位の量が有り、完食は何人かな???

ドーーンと言う音に驚き、目の前で繰り広げられるホエン・キム湖の花火でした。
日本と違うのは連続で打ち上げ15分で終り、その間は息をもつかせない大音響と煙です。
いや^^^素敵、綺麗ね何て余韻に浸る時間も有りません。  残念ながら大木の陰になり全部は見えず、花火大会に参加している状態でした。
ドンドン打ち上げ、さっさと終わり、あっけないものですね。 花火そのものは立派でした。 上空高く打ち上げられた大きな大輪には歓声が上がっていました。

9月3日

待望のハロン湾クルージングです。
日本の旅行社にお願いした通り、時間もきっちり、しっかり日本語の解るガイドさんは、村山首相の通訳をされていた方、また日本の要人のガイドをされていた方だそうで、ウエットのとんだ素敵な人でした。

何処にもネットワークが有るようで、無理な事も引き受けてくれました。
クルージング船も、私達だけの貸切、もったいないけど優雅・・・・・たったの6人です。 12人乗りの車も広々でゆったり、何処でもお好きなシートへ。

今回の旅はずっと雨が降ったり止んだりで、旅の良さは天候にも左右されますものね。

ハロン湾でも雨、でも小雨にけぶる湾の何となく白っぽく見える風景もそれなりに良かった。 風流でしたわ。

ハロン湾の語源は天から龍が降りてきてこの景色が出来たそうです。
ランチ前に洞窟探索なのですが、これが心臓破りの丘のようで段差が高い石の階段、鍾乳洞の中を探索しながら足元や頭に気を付けて上に上に登って行きます。

もう耐えられなくて一休み、二休み、 もう上まで登りたくないので此処に置いてくださ^^^いと言いたかった。 でも登らない限りは戻れないので、辛い丘登り、もう嫌だ^^^^
^^。
以前はほがらかおじさんに手を借り、肩を借りたが、これほど苦しかった覚えはないのですがねえ。

やっと洞窟の外に出たら、洞窟穴からの吹き上げる風の気持ち良さ、動きたくないわ、でもねえ、また下まで降りるのですよ^^^^。
船でのランチ、昨夜食べた夕飯より美味しかった、綺麗だし、デザートのスイカも甘く、何よりビールがキンキンに冷えて特に美味しく感じました。
クルージング中は、お決まりの民芸品の展示が有り、さっそく買い物です。 何処に行ってもあの手、この手でお土産攻撃です。

コースの最後はバッチャン村です、あれこれ選んでいると時間はすぐですねえ、 お仲間さんは気に入ったのが沢山あったようです。
小物を買っても井草で編んだ籠に入れてくれるのでそれが欲しい御仲間さんも。

私は一個だけ本当に好きな色合いを見つけ店員さんに・・・・・でもねえ、残念ながら売り切れ。
たった一つ残っているのが今お茶を入れてくれたバッチャン焼の 「急須」 でした。
とても綺麗なのですが一度使ったものだから躊躇していると少し値引きしますって。
主婦だわねえ、さっそく交渉を。
でもね、負けないです、ちっとも安くならない、 最後はガイドさんに願いし、「 日本は一度使ったものは半額ですよ!!」 この言葉には社長もしぶしぶOK,
手拍子しゃんしゃん、御蔭で一番意気に入りをゲットできました。 ルンルンですわ。


ドライバーは運転に成れていますが乗っている私達は ひゃひやと何度も目をつぶりました、 いやいやいや^^^大丈夫?? ちょっと数年分の命が縮まったかな。

最後の晩餐は、何時もの旅と同じようにゆったりと素敵なフレンチで、今回は大木が家の中を貫通している・・・・・AU DELICE で乾杯。
量も多く、満足でした、隣がチーズとワインのコーナーでこだわり派のオーナーシェフのお店です。
2階のテラス席は、大きな木の下で食事もできますが雰囲気は良いけど暑いのでパス。


ホテルに戻り、元気がある御仲間さんはホテルの近くで、今日の足の疲れを癒すマッサージを、ほがらかさんは疲労、またもや爆睡。

9月4日

楽しかった旅も今日で終わり、6時過ぎにはバラエテイに富んだ朝食を。
7時過ぎから市場へ、 2時間後は仕立てた洋服を受け取るために試着もするのでホテルに戻る。
いや^^、市場は活気が有り、地べたに座り込んで朝食をかき込む、信じられない光景です。
こんな所で商売になるのか??と思うほどの混雑、歩くところがありません、靴などは単品で販売しません。 卸売でした。
皆が買い物を楽しんでいる時間、残っている人はお茶を・・・でもね^^ コーヒーショップも見当たらない市場です。 缶コーラでちょこっと低い椅子に腰かけ雨宿りです。
急いで戻ったのに、試着の結果、御直し必要で洋服は来月迄に仕上げ、日本に送る事に。

その間は私はプールで、重くなった体重に負荷を掛けない水中ウオーキングやバランス体操をのんびり楽しみました。
全身を動かした後は爽やかですねえ、 考える事も無く、空を見上げ、街中を遠くに見て次回のベトナムは何時かな^^^^

空港までのタクシーでは、今回の旅の反省や楽しかったこと等、等、本当に話は尽きませんね
最後のランチ、ベトナム風シーフードそばを食べていよいよ離陸。

羽田までも爆睡。

クララちゃん
プリちゃん
マロンさん
モモちゃん
エッチャン


皆さま楽しい旅をありがとうございました、そして次回の旅もお約束して。
posted by ほがらかさん at 18:07 | Comment(4) | .こつこつクラブ クラブ旅

この記事へのコメント
おかえり〜♪
私も同じホテルでした!
緑色の陶器の小物入れは香合に使っています←タダには見えませんわ。
ハロン湾への送迎の車は、乗客は二人だけの貸切で、ガイドと運転手にお小遣いあげ、あっち行け・こっち行けとレンタカー状態で楽しみました(^^ゞ
交通事情は同様でよくぞご無事に戻られました(^^)/  またお会いできる日を楽しみにしてます。

Posted by きありぃ at 2015年09月08日 18:03
きありぃさま

お久しぶりです。
最後にハロン湾観光したので、7時半出発ハノイに戻ったのは夜7時頃でした。

あちこちに行く暇もない??状態、でもねえ、何をするのもタクシーを利用しますが良く事故が無いものと不思議に思います。

元気出発、無事帰国が何より今回も皆様のおかげで楽しい旅が出来ました。

次回は是非、ご一緒したいですね。
Posted by ほがらか at 2015年09月08日 18:24
お帰りなさい!
ミニトラブルあってもとっても楽しい様子、目に浮かびます!!!
東南アジアの気候大苦手でも、皆さんとのベトナムANA &メリア5星、なんとか行きたかったです
出来上がりましたらオーダーお洋服拝見させて下さいね。
報告ありがとうございました♪♪♪
Posted by Riko N. at 2015年09月13日 21:44
RIKOさん

只今、楽しかったですよーーーーー。
次回は気候は苦手でもご一緒しませんか?
お仲間さんと一緒だと安心してお天気などはノウー天気になります。

美味しいものも食べて元気をつけましょう。
洋服はクララちゃん、マロンちゃんで、私は今回作る洋服がありませんでした。
おなかぽっこりでも良いデザインが無かったの。

特にクララちゃんの洋服は仕立てが完成しなかったけど、雰囲気にぴったりで、着てもらうのが楽しみです。

次回はベトナムはホーチミンでしょうか。
ヤッパリ古都ハノイ、首都ハノイより、商業施設も多く遊べるかもしれません。

ただし、バイクの交通量は半端でなく道路を渡るのが大変勇気がいります。
でも皆様は大したものです、すぐ慣れて私は付いていくのが精いっぱいでした。

わ^^、いやや^^待って頂戴!!連発でした。
Posted by ほがらか at 2015年09月14日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。