2016年10月01日Sat

10/01 4人組国立新美術館ダリ展・ヴェネツィア展へ

夏最後に4人組勢揃い!!

2016ミッドタウン1.jpg国立新美術館の「ダリ展」「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展」の二展示をゆっくりと巡りました。

美術館に行く東京ミッドタウンの通路は芸術の秋にふさわしく、いろいろなオブジェが展示され、コンシュルジュの素敵なお嬢様が案内してくれます。

2016ミッドタウン3.jpg 2016ミッドタウン2.jpg

2016ミッドタウン4.jpg丸い石のオブジェは大理石でできています、
地球の内部を模してあるそうな・・・・・・・・蟻地獄のようでなかなか起き上がれません。

全員で集まれるのは本当に久しぶり楽しい時間でした。
約10時間しゃべりっぱなし、よく疲れないものだと感心です、 静かに話すのは美術館の中だけです。

2016国立新美術館秋1.jpg最初はダリ展、スペインの奇抜な巻きひげのオジサマですが、第二世界大戦時代はアメリカに亡命していたとか・・・・・・ガラ・サルバドール・ダリ で奥様がマネージャー兼財務をすべて任され共有としてダリ氏は世界の巨匠になったのですねえ、彼の宝石のデザインは斬新で驚くようなデザインだったらしい。

ウキぺデイアによればフルネームはとっても長ーーーーいです、カタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク。
「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られています。

生前に交流のあった有名な画家、画商、展示されている絵の中でもそれぞれに影響を受けたり、与えたり趣があると感じました。  でもね、独断と偏見ですよ^^^^^^
例えば、平山郁夫さんの砂漠の描き方、シルクスクリーンなどで有名なアンデイ・ウオホールさんも描き方など参考になったのかもね。
実際に鑑賞しないと分からないので良いお勉強になりました。

2016国立新美術館秋2.jpgヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち展。
大きな絵が多い、それにやっぱり宗教絵画は難しい、だって、カソリックでないし、大体無宗教ですから、何となく??分かったような絵でした。
きっと小さい時から、その環境にいないとね^^^^また家族でその話をしながらお祈りもしなくっては無理だわ。

2016恵比寿ガーデンプレイス.jpgティツィアーノの受胎告知、大きな額でかなり遠くからでないと全体画は見えない、 でもねえ暗いので詳しく見ようと思えば絵の前に行かなくては把握できません。

最期はやっぱり恵比寿ガーデンプレイスで美味しいビールで健康を感謝し 「か・ん・ぱ^^^^^^^い」
posted by ほがらかさん at 07:26 | Comment(2) | .レジャー 美術館

この記事へのコメント
お疲れ様、私は今日ヴェネツィア アカデミアだけいってきました。
残すところあと1日の夕方、人も少なくゆったり1時間半堪能。たいへん良い展覧会で大満足。

ダリは大行列でしたヨ。
乃木坂方面から入り、正面アプローチを通らなかったので外の作品に気がつかず残念でした。ほがらかさんよくご存知です!明日ももういちど行きたい位です。
Posted by Riko N at 2016年10月09日 01:14
RIKOさん

結構ダリの展示の観客は多かったです、鑑賞した後は4人ともお腹ペコペコでテラスでサンドイッチ6箱、コーヒーやナッツ類、よく食べましたわ。

体力を消耗??しました。

来週には上野の森を散策しながら4か所の美術館をめぐる予定です。

ご一緒にいかがですか??
Posted by ほがらか at 2016年10月09日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。