2016年12月10日Sat

12/10 アンダルシア&大航海時代「スペイン・ポルトガル」周遊 (1)

旅行記(1)
(549km)
マドリード〜古都トレド(世界遺産)〜ラ・マンチャ地方〜グラナダ(世界遺産)
旅行記(2)
(203km)
アルハンブラ宮殿(世界遺産)〜太陽の海岸(コスタデルソル)〜マラガ〜ミハス
旅行記(3)
(393km)
アルヘシラス〜タリファ岬〜ヘレス〜セビリア(世界遺産)
旅行記(4)
(581km)
ポルトガル国境〜エヴォラ歴史地区(世界遺産)〜ロカ岬〜リスボン(世界遺産)

2016スペイン1.jpg旅行ルート1,726kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

駆け足で、スペイン、ポルトガルを回ってきました。
5泊8日間ですが、ドバイ経由マドリード  帰りはリスボンからドバイ経由成田です。

帰国時は、リスボン空港で出発から飛行機が遅れ、経由地の超広いドバイ空港を走りながら搭乗口に着き、はーはー言いながらやっと日本へ。
超忙しい旅でした、でもどこが良いか見つける旅にはお勧めです。

【1日目 11/30日(木)】成田発

夕刻のエミレーツ航空でドバイまで。
初めて乗る航空会社ですが快適で、目も顔だちも外人と思っていたCAの男性と話す言葉は英語でした、
でも日本語もとても上手でイントネーションも日本人とまったく変わらず、思わず 「とても日本語がきれいでお上手ですね」って褒めたら、「僕は全くの日本人ですよ、ほら!!両親が母が沖縄、父が青森ですからとても濃い顔だちなんで」すって よ^^く見たらやっぱり日本人です、いや^^^だ

2016スペイン2.jpg
UAEのエミレーツ航空
2016スペイン3.jpg
出発前のひと時

でもドバイの情報を入れ、観光に適するところやサハラのラクダのドライブ楽しそうですわ、でもね、私たちは万が一落ちたら即脱臼を考えましょう。
夏は絶対にお奨めしませんって・・・・・だて、日中は50度を超える暑さに、アイスを食べまくるどころか裸で歩きたいそうです。 水の中の生活をしたいそうです。

ドバイに着くまでの他国のイルミネーション特に空港あたりは綺麗、ちょっと古いけど思わずジェットストリームを思い出しました。


【2日目 12/1日(金)】経由地ドバイ〜マドリード観光(プラド美術館、スペイン広場、王宮)(54km)

ドバイの免税店では、22Kの金製品、ネックレス、腕輪、日本よりかなりお安いと思いましたがデザインはどうでしょうか??また日本では18Kとか24Kの金の色は馴染みがありますが22kは金、金ですよって主張するようです。 次回は遊びに来たいですね。

2016スペイン4.jpg
ドバイ国際空港で乗り継ぎ
2016スペイン5.jpg
ドバイ名物、ラクダミルクのチョコレート

2時間待ちでマドリードへ出発、飛行機はA-380 日本には飛んでいませんがとても大きな飛行機で中も広く本当に快適です、これに乗りたくてドバイ経由を選んだ。二階建てできっと上はファーストクラスでしょうね。   階段はロックされ入れないようになっていますが、人声は聞こえました。

「マドリード」
ドバイまで11時間、マドリード迄8時間、やっと地上を歩けます。
早速観光が目白押し、ガイドさんについていかなければ迷子になるし、いやああ、早い、早い、特にガイドさんはスペイン人の男性、足も長いわ、 ついていくだけで大変。

プラド美術館
歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館です。特に、スペイン絵画の3巨匠(エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤ)の作品の収集は、 充実しています。

世界3大美術館だけあり、とても大きいです、広い、収集品を全部見ようと思えば5日以上かかるそうです。

2016スペイン6.jpg
プラド美術館
2016スペイン9.jpg
隣のサン ヘロニモ エル レアル教会を背景に
2016スペイン7.jpg
受付・ロビー
2016スペイン8.jpg
ミュージアムショップ

ベラスケス、ガラバッジョ、テッチチアーノ、ルーベンス、エル・グレコ、レンブラント、ゴヤなど、
特にゴヤの二人のマハの絵は裸のマハは日本でも見ましたが、二つ並べると表情の違いが解り、摩訶不思議。

ヒエロニムス・ボスの代表作 エデンの園、快楽の園、地獄 を描いた三連祭壇画『快楽の園』、遠近法を用いどこからもテーブルが正面に見えるティントレットの『使徒の足を洗うキリスト』などの案内がありました。

2016スペイン13.jpg
ゴヤの『着衣のマハ』
2016スペイン14.jpg
『裸のマハ』
2016スペイン10.jpg
ボス三連祭壇画 快楽の園
2016スペイン32.jpg
ティントレット『使徒の足を洗うキリスト』

ハプスブルグ家のお姫様 ベラスケス『ラス・メニーナス』のマルガリータ王女の瞳は、芯の強さを感じ希望に満ちた輝きを感じ、見る人を魅了します。
今、日本にただ一人、ハプスブルグ家の末裔の方が住んでいらっしゃいます、昔「ノンちゃん雲に乗る」 で主演の鰐淵晴子さんのお母様です。

宗教画の多いエル・グレコの絵はあちこちで鑑賞しますが、暗いのでどうも好きになれない、大画伯を前にして失礼な言い方ですが・・・・倉敷に行くと必ず大原美術館で目にします。

驚いたことにルーブルの『モナ・リザ』にそっくりな絵が・・・・
ダビンチ本人のアトリエで制作された(レオナルドの弟子が描いた)、現存する最も初期の模写だそうで、本物のモナリザに比べより若く鮮やかな印象を受けます。

2016スペイン11.jpg
ベラスケス『ラス・メニーナス』
2016スペイン207.jpg
エル・グレコ『受胎告知』
2016スペイン12.jpg
『プラドのモナ・リザ』
(絵画写真:ウィキペディア パブリックドメインより)

全員そろいの制服の幼稚園児が美術館めぐりです、本当に可愛い、抱きしめたいぐらいです。
小さい時から本当の絵に触れ触れ、芸術の感性を磨くなんて素晴らしい事ですね

これからマドリード市内観光です。
スペイン広場の中央には、セルバンテスのモニュメント、その前には小説の主人公ドン・キホーテと従者サンチョ・パンサの像があります。
周囲はスペイン・ビルやマドリード・タワーなどのビル群に囲まれ、広場は都会のオアシスの雰囲気です。

2016スペイン15.jpg
セルバンテスのモニュメントが建つスペイン広場
2016スペイン16.jpg
ドンキホーテとサンチョ・パンサの像
2016スペイン18.jpg
シベーレス広場の噴水と工事中のスペイン銀行本店
2016スペイン17.jpg
マドリードの街並みと地下鉄カリャオ駅

王宮は、部屋数が3000室以上あるけど、現在の国王は王宮の近くに住んでいらっしゃるそうですが、いろんな行事は此処で執り行われる。広場の周りには歴代の王の像が順を追って立っています。
世界一長い王室は日本の皇室だそうで、その次はスペインの王室ですと聞きました。
また世界遺産の多い国の第3位はスペインで、日本は12位です。

2016スペイン19.jpg
美しい白亜の王宮
2016スペイン20.jpg
王宮正面尖塔の像
2016スペイン21.jpg
王宮の周りには歴代王の像
2016スペイン22.jpg
アルムデナ大聖堂の尖塔

丸一日ぶりのベッド、マリオットホテルはふかふかピローは一人4個ずつで上質でした。 昨年リニューアルが全部終わったそうで綺麗で大きくホテルで迷子になりましたわ。
食事の質も、部屋も素晴らしく何より清潔でした。

2016スペイン23.jpg
4つ星のマリオット・オーディトリアム・ホテル
2016スペイン24.jpg
ロビーの巨大クリマスツリーの前で


【3日目 12/2日(土)】古都トレド(世界遺産)〜ラ・マンチャ地方〜グラナダ(世界遺産)(495km)

「トレド」
周りを含め町全体が世界遺産になっているトレド地方に。
サント・トメ教会、カテドラル どこを見ても街全体が薄いベージュ色です、丘の上からは見渡す限り盆地です。

2016スペイン25.jpg
総勢23名の観光バス
2016スペイン26.jpg
ミラドール(トレド展望台)
2016スペイン27.jpg
トレド展望台から古都トレドを背景に
2016スペイン28.jpg
車窓から見たタホ川とサン・マルティン橋

ここで大変なことが起きた!!
同じグループの方がスリにパスポート、現金、カード等ずべ手を取られてしまった。 現金だけ抜き取り必要でないパスポートやカードはゴミ箱に捨ててあるかも知れないってガイドさんの説明ですが彼は周りのゴミ箱を探してくれたが見つからない、途方に暮れているお仲間さんに添乗員さんはガイドさんと連結プレーでテキパキといろんな指示を出し警察や大使館に連絡していた。
残念なことに明日、明後日は週末で大使館はお休み。
お二人の心境如何ばかりかお察し申し上げます。

2016スペイン29.jpg
トレド展望台から眺める旧市街古都トレド(世界遺産)
2016スペイン30.jpg
カテドラル(トレド大聖堂)
2016スペイン31.jpg
アルカサル(軍事博物館)

日本のご家族と連絡が取れたので、パスポートの再発行、現地の通訳、マドリードまでの新幹線チケット、マドリードからドバイまでの航空券の手配等、親切に手配してくださったようで安心された模様。
同じグループの方から現金をお借りし、日本からネットバンキングで振込、連結プレーが素晴らしい。 大変な労力と散財で私も気を引き締めなくっちゃと再認識しました。

2016スペイン33.jpg
トレド旧市街入口
2016スペイン34.jpg
トレド散策マップ
2016スペイン35.jpg
エスカレーターで旧市街へ
2016スペイン36.jpg
新市街の眺め

こんなこともあるのですねえ、他人事に聞いていましたが目の前で起きたとは・・・・・・あっとの間でした、だって、気が付いたのは5分も過ぎていなかったのに、写真撮るのに夢中だったそうです。 
私のような馬鹿ちょんカメラでなく、一眼レフの立派なカメラを持っていたのでスリにすれば大きなカモだったのでしょうね。
本当にお気の毒ですが、個人的にはどうにもしてあげられない、私たちとドバイで合流できる事を神様にお祈りするだけでした。
取りあえず、スペイン最終地セビリアまではご一緒です。

トレドはその昔西ゴード王国が支配していた際の首都でしたが、中世にはイスラム教、ユダヤ教そしてキリスト教が共存していた土地でした。旧市街にはその面影が今でも残っています。
サント・トメ教会のシンボル「モサラベの塔」は現在トレドに残る最も素晴らしいムデハル様式といわれています。

2016スペイン40.jpg
旧市街の中心へ、正面はサント・トメ教会の塔
2016スペイン41.jpg
イスラム様式の出窓
2016スペイン42.jpg
迷路のような細い道
2016スペイン43.jpg
ユダヤ教信者の家

サント・トメ教会のオルガス伯のお墓の上に飾られているグレコの絵は、門外不出でここでしか見られません。上部に魂の昇天、下部に肉体の埋葬が描がれています。
この絵の中に目線が合う人物が2人います。それがグレコ自身と息子だそうです。息子の洋服のポケットのグレコのサインと息子の生年が書かれたハンカチにも注目です。

2016スペイン37.jpg
サント・トメ教会
2016スペイン38.jpg
エル・グレコの代表作『オルガス伯の埋葬』
(写真:ウィキペディア パブリックドメインより)
2016スペイン39.jpg
スーベニールショップ

スペインのカトリックの総本山であるゴシック様式のカテドラル(トレド大聖堂)、バチカンのサンピエトロ大聖堂、イギリスのセントポール大聖堂、スペインのセビリア大聖堂に次ぐ大きさを誇っています。

2016スペイン44.jpg
トレド大聖堂
2016スペイン45.jpg
繊細な彫刻の3つの扉
2016スペイン46.jpg
アユンタミエント広場とトレド市庁舎
2016スペイン47.jpg
ソコドベール広場、建物後方にサンタ・クルス美術館

カテドラルから街の中心ソコドベール広場までの細い通りは観光客で賑わってます。
トレド名産の鉄製の武具や刀剣・ナイフなどの工芸品の店、ダマスキナードと呼ばれるトレド金銀象嵌細工のアクセサリーや高級皿の民芸品の店などが軒を連ねます。

2016スペイン52.jpg
観光客で賑わう細い通り
2016スペイン53.jpg
クリスマス飾りの街並み
2016スペイン54.jpg
剣やナイフなどの刃物の店
2016スペイン55.jpg
トレド金銀象嵌細工の店

ソコドベール広場からアルカサル(軍事博物館)を通り、目の前にあるホテル アルフォンソVIのレストランで昼食です。

2016スペイン48.jpg
アルカサル(軍事博物館)
2016スペイン49.jpg
アルフォンソVIで昼食
2016スペイン50.jpg
レストランBAJADA
2016スペイン51.jpg
カスティーリャ風スープ

「ラ・マンチャ地方」
昼食後は、イベリア半島を南下して、コンスエグラの白い風車で有名なラ・マンチャ地方へ
インポッシブル・ドリームでも有名なラ・マンチャの男、ドン・キホーテと愛馬ロシナンテの生まれ故郷へ。
コンスエラの白い風車、フェルナンドさんも葬られている教会も散策。

2016スペイン56.jpg
12基の風車が並ぶコンスエグラの風車の丘。後方に見えるのはコンスエグラ城
2016スペイン57.jpg
白い建物とこげ茶色の羽根のコントラストが綺麗
2016スペイン58.jpg
この風車の1階はショップ、内部の見学ができる

「グラナダ」
高速のドライブインで休憩を取ながら、さらにイベリア半島を南下、グラナダへ
小じゃれたスペイン風のお店で自家製のドライ白イチジクを見つけ、5袋も手に入れたら、 「もう無いじゃない、誰が買い占めたの??」 知りませ^^^^ん。

ここで問題!! カード決済ができない、何故??どうもお店の機械が悪いらしい。 ユーロがなくなるじゃない、早く両替しなくっちゃとあわてました。
が、ツアーコンダクター久美子さんが銀行はありますから心配しないで!!って事で彼女から両替を。 いたせりつくせりで本当嬉しい限りです。

ホテル到着後夕食 濃厚な味のエール系ビール、アルハンブラの地ビール「アルハンブラ」がおいしかったです

2016スペイン59.jpg
M.a.アルハマール ホテル
2016スペイン60.jpg
夕食は地ビールで乾杯

夜はオプションで、旧市街アルバイシンの丘にあるサン・ニコラス広場から、ライトアップされたアルハンブラ宮殿を見学、どこかイスラムの憂愁を感じました。

広場では 「吟遊詩人」 よろしくフラメンコギターの弾き語りがあり、そよそよと吹く風と何ともマッチして心地良い雰囲気でした。
世界遺産アルバイシンの曲がりくねった細い道や、路地はドライバーの腕一つで車はどこでも傷が付く位い細いです、運転が上手ですわ。

2016スペイン61.jpg
グラナダ市内の夜景
2016スペイン62.jpg
サン・ニコラス広場への道
2016スペイン63.jpg
ライトアップされた宮殿
2016スペイン64.jpg
広場から眺める市街の夜景

スペインと言えばやっぱりジプシー音楽、洞窟のフラメンコショーを観劇。
オバマ大統領夫人、クリントン大統領、アンソニー・クイーン氏も訪れている有名な、グラナダのタブラオ 「ロス・タラントス」 
洞窟の中で繰り広げられる 「フラメンコショー」 圧倒されました。眠気もすっ飛んで行く激しいタップの音、ジプシーの心の叫び??かすれた声を操り、魅了する。

2016スペイン65.jpg
洞窟フラメンコショー(ロス・タラントス)
2016スペイン66.jpg
演奏者と客席が一体となったステージ
2016スペイン67.jpg
手拍子(パルマ)、踊り(バイレ)、歌(カンテ)とギター
2016スペイン68.jpg
最後は観客も一緒になってフィナーレ

ギターや歌、親子、夫婦、叔母達で踊る汗のほとばしる激しいフラメンコ、床を鳴らす、カスタネットの音、やっぱり日本人では無理ですねえ。
フラメンコを習っているからと一緒に踊っていたが・・・・・・


最後のショーで終わったのは12時過ぎホテルに戻ったのは真夜中ですわ、 1時過ぎでも興奮冷めやらずで2時間ぐらいは寝たかしら??
posted by ほがらかさん at 10:40 | Comment(2) | 海外旅行 スペインポルトガル

この記事へのコメント
ほがらかさんへ

札幌は15年ぶりの大雪で大変なのですが、ほがらかさんは、飛行機で半袖ですね。隣の方は旦那様でしょうか?

カサブランカですか・・・ゆりのカサブランカの球根をいただいたので植えました。
私は、シェルブールの雨傘を思い出しますね。前は思い出さなかったのですが、足が悪くなってから気になって、ネットで見たら男性のほうも子供がいて家族で、お父さんを仕事場に迎えに来るんですね。
Posted by 夏みかん at 2016年12月11日 03:47
夏みかん様

お久しぶりです、となりは主人です。
札幌のニュースは毎日見ているのですが本当に迷惑な雪ですね。
もう少しだけ穏やかに降ってもらいたいわ。
半袖でも熱いぐらいでした。ヨーロッパは最近気候も変なんですって。

これから暖かいところにまた出かけます。
お仲間さんとホーチミンで、毎日30°、体が変になるわね。しかしめげずに頑張っています。
Posted by ほがらか at 2016年12月11日 04:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。