2016年12月10日Sat

12/10 アンダルシア&大航海時代「スペイン・ポルトガル」周遊 (4)

旅行記(1)
(549km)
マドリード〜古都トレド(世界遺産)〜ラ・マンチャ地方〜グラナダ(世界遺産)
旅行記(2)
(203km)
アルハンブラ宮殿(世界遺産)〜太陽の海岸(コスタデルソル)〜マラガ〜ミハス
旅行記(3)
(393km)
アルヘシラス〜タリファ岬〜ヘレス〜セビリア(世界遺産)
旅行記(4)
(581km)
ポルトガル国境〜エヴォラ歴史地区(世界遺産)〜ロカ岬〜リスボン(世界遺産)

2016スペイン1.jpg旅行ルート1,726kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

駆け足で、スペイン、ポルトガルを回ってきました。
5泊8日間ですが、ドバイ経由マドリード  帰りはリスボンからドバイ経由成田です。

【6日目 12/5日(火)】ポルトガル国境〜エヴォラ歴史地区(世界遺産)〜ロカ岬〜リスボン(547km)

今日からポルトガルです。
早朝よりイベリア半島を北上、国境の町バダホスからポルトガルに入り、エヴォラ・モンテ付近のSA(土産品店)でトイレ休憩、

2016ポルトガル1.jpg
SA(土産品店)
2016ポルトガル2.jpg
SAの売店

「エヴォラ歴史地区(世界遺産)」
昼食は、エヴォラ歴史地区のレストラン マール デ アレ ムララス で肉料理

2016ポルトガル6.jpg
城塞都市エヴォラの入口
2016ポルトガル5.jpg
エヴォラ歴史地区散策マップ
2016ポルトガル3.jpg
マール デ アレ ムララス
2016ポルトガル4.jpg
肉料理の昼食

昼食後は自由行動で、エヴォラの街を散策です。
やっとのんびりと旅を楽しめます。

小高い丘にある城壁に囲まれた都市、天正遣欧少年使節も立ち寄ったエヴォラの街は、文献によれば歴史地区で世界遺産にも指定されており、ローマ時代の城壁に囲まれ、中世の雰囲気を色濃く残していて、ただ街ぶらするだけで楽しいです。「街全体が博物館の様」見所が沢山。

2016ポルトガル77.jpg
レストラン前広場 集合場所
2016ポルトガル7.jpg
ジラルド広場への道
2016ポルトガル8.jpg
ジラルド広場、正面は教会
2016ポルトガル78.jpg
広場でくつろぐ観光客

ジラルド広場は、町の中心的な場所で情報センターなどがあり、街の地図や観光案内の情報を入手できます。

2016ポルトガル9.jpg
情報センターのある建物(入口は一番右)
2016ポルトガル10.jpg
情報センター内部
2016ポルトガル11.jpg
反対側からジラルド広場を見る
2016ポルトガル20.jpg
ジラルド広場から大聖堂へと向かう「10月5日通り」

16世紀には日本から海を渡った天正遣欧少年使節は、このカテドラルのパイプオルガンを見事に奏でたとか。 このパイプオルガンは今でも演奏に使われているそうです。

2016ポルトガル13.jpg
エヴォラ大聖堂
2016ポルトガル14.jpg
鐘楼のある尖塔
2016ポルトガル15.jpg
大聖堂入り口
2016ポルトガル16.jpg
豪華な礼拝堂と祭壇

エヴォラはローマ時代から栄えたので、ローマ人によって造られたディアナ神殿や城壁の外にまで続く水道橋を見る事が出来ます。この歴史ある水道橋ですが、今では、家の一部として使われている。

2016ポルトガル17.jpg
ローマ神殿とロイオス教会
2016ポルトガル18.jpg
柱頭の凝った装飾がコリント様式の特徴
2016ポルトガル19.jpg
月の女神ディアナに捧げられたローマ時代の遺跡
2016ポルトガル12.jpg
10月5日通りをジラルド広場の方へ戻ります

旧市街の中心ジラルド広場から大聖堂へと延びるメインストリート「10月5日通り(Rua 5 de Outubro)」の白い家並みをぶらり散策。
レストランやカフェ、土産物屋が軒を連ねる石畳の路地は、中世さながら。名産のコルクや陶器のお店をウィンドウショッピングしながら集合場所へ

2016ポルトガル23.jpg
コルク製のバッグや帽子
2016ポルトガル24.jpg
タイル入りのコルクの鍋敷
2016ポルトガル22.jpg
南欧らしい絵柄の陶器皿
2016ポルトガル21.jpg
城塞の外でバスを待つ

「リスボン」
大航海時代の歴史が感じられるヨーロッパ最西端のポルトガル。
車窓から眺める、たくさんの世界遺産に歴史的背景が残る町並みに感慨もひとしおでした。

2016ポルトガル25.jpg
4月25日橋から眺めるテージョ川河口と大西洋
2016ポルトガル26.jpg
なだらかな斜面に建つリスボンの街並み
2016ポルトガル27.jpg
赤い屋根に白い壁が青空に映えて綺麗
2016ポルトガル28.jpg
リスボン市西部にあるアグアス・リブレス水道橋

「ロカ岬」
ユーラシア大陸最西端の街、ロカ岬で日の落ちる景色を眺めるため時間が気になりますわ。
日が沈む時間にあわせて雄大な大西洋に沈む夕陽を眺めます。
だって日本も同じ日没になると本当に真っ暗なんですよ、5時10分にはバスを降りて岬まで行かないと夕陽が見られないもの、

2016ポルトガル29.jpg
ロカ岬のインフォメーションセンター
2016ポルトガル30.jpg
ここで「最西端到達証明書」を発行してもらえる
2016ポルトガル31.jpg
十字架が掲げられた石碑を目指して歩いて行く、高さ140mの断崖から見下ろす大西洋はとても雄大

陽が海に沈み始め、空が赤くなっていき、大西洋に夕陽が沈んでいく・・・。息を呑むほど本当に美しい
運よく場所の良いところを見つけずっと日没までの約20分の天体ショーに感激。
赤く染まった太陽、それに雲までがピンクに染まるのですよ^^^^

2016ポルトガル32.jpg
ロカ岬のかわいらしい灯台
2016ポルトガル33.jpg
陽が海に沈み始め空が赤くなってきた(17:42)
2016ポルトガル34.jpg
夕陽に染まる十字架が掲げられた石碑
2016ポルトガル35.jpg
石碑には「ここに地終わり海始まる」が刻まれている

最後はグレーになっておしまい、晴天でよかった^^^、これを見るために今日は急ぎました。
漠然と無の心境で眺めていました。 終わって気が付いたら周りには誰もいないじゃない???驚き、バスまで走りました。

2016ポルトガル36.jpg
地平線に沈み始め(17:50)
2016ポルトガル37.jpg
(17:52)
2016ポルトガル38.jpg
(17:57)
2016ポルトガル39.jpg
地平線に完全に沈む(18:05)

夕食は、リスボンのレストランSanta Mariaで魚料理、ポルトガルではこの「イワシの塩焼き」が有名だそうです。今夜の宿 ホリデーイン リスボンへ

2016ポルトガル40.jpg
レストランSanta Maria
2016ポルトガル41.jpg
イワシの塩焼き
2016ポルトガル42.jpg
リスボンの夜景もまた綺麗
2016ポルトガル43.jpg
ホリデーイン リスボン


【7日目 12/6日(水)】リスボン観光(アルカンタラ展望台、ジェロニモス修道院(世界遺産)、ベレンの塔(世界遺産))〜リスボン発(34km)

「アルカンタラ展望台」
サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台は高台にあるので、その横に急斜面を上り下りできる電車が設置されています。

2016ポルトガル44.jpg
早朝のリスボンの街
2016ポルトガル45.jpg
急斜面の登り坂
2016ポルトガル46.jpg
展望台というより小公園
2016ポルトガル47.jpg
アルカンタラ展望台

展望台からは、目の前にリスボン市街やサン・ジョルジェ城が見渡せます。
日本でも「消臭力みんな大好き〜♪」のエステーのCMでおなじみの展望台です。

2016ポルトガル48.jpg
リスボン市街地を一望、山の上にはサン・ジョルジェ城
2016ポルトガル49.jpg
朝陽の中のジョルジェ城
2016ポルトガル50.jpg
CMでおなじみのショット

「ベレン地区世界遺産」
ベレン地区の川沿いには世界遺産の「ベレンの塔」や「ジェロニモス修道院」をはじめ「発見のモニュメント」など大航海時代を代表する建築物があり、観光名所になっています。
「4月25日橋」は長さ2.28kmの吊り橋、1974年4月25日の無血革命にちなんで現在の名になりました。
「発見のモニュメント」は大航海時代を記念した記念碑、帆船をイメージした高さ52mの碑。

2016ポルトガル51.jpg
4月25日橋
2016ポルトガル52.jpg
発見のモニュメント
2016ポルトガル53.jpg
ジェロニモス修道院(世界遺産)
2016ポルトガル54.jpg
ベレンの塔(世界遺産)

「ジェロニモス修道院」
大航海時代で得た巨万の富を費やして建築されたそうで、マヌエル様式の最高傑作とも言われています。 細かい装飾には目を見張るものがあります。

2016ポルトガル55.jpg
修道院を背景に
2016ポルトガル56.jpg
修道院の回廊部
2016ポルトガル57.jpg
青空に映える尖塔
2016ポルトガル58.jpg
1つ1つの彫刻が細かく綺麗

「ベレンの塔」
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見を記念して建造されました。テージョ川河口を外敵から守る要塞の役目も果たしています。

2016ポルトガル59.jpg
塔の周辺は公園として開放されている
2016ポルトガル60.jpg
ジェロニモス修道院の西約1kmにある 塔の高さは32m
2016ポルトガル61.jpg
空の青と白石が見事に調和
2016ポルトガル62.jpg
後ろ側から見たベレンの塔

川沿いのプロムナードは旅行者の姿も多く観光地らしい雰囲気、

2016ポルトガル63.jpg
ベレンの塔の堡塁 放射状の窓には大砲が備わる
2016ポルトガル64.jpg
塔の最上階(4階)は礼拝堂、3階は謁見の間
2016ポルトガル65.jpg
橋を通って中を見学出来る
2016ポルトガル66.jpg
ベレンの塔のミニチュア

ジェロニモス修道院の修道女たちから伝わったというベレン名物のパステル・デ・ナタ(エッグタルト)、
港の散策中、カフェーで食べた出来立てのエッグタルト、外がパリパリの皮で、中がクリーミーで評判通りとても美味しかったです、2個はペロリです。

2016ポルトガル67.jpg
塔近くの港のカフェ
2016ポルトガル68.jpg
出来たてのエッグタルト
2016ポルトガル69.jpg
2個はペロリ
2016ポルトガル70.jpg
外はパリで中はクリーミー

リスボンからドバイへ、飛行機はA-380では無かったのが残念、しかも出発が一時間以上も遅れ、ドバイに乗り継ぎ東京へ向かうのが時間が無い、ついてからずっと駆け足、機内に駆け込む。

2016ポルトガル71.jpg
リスボン空港待合室
2016ポルトガル72.jpg
リスボン空港出発


【8日目 12/7日(木)】経由地ドバイ〜成田着

皆の気持ちが通じたのでしょう、全てを無くされたグループのお仲間さんが、にこにこと私たちを迎えてくださり、感激で全員が拍手でお迎えでした。
約束していたハグでお祝いです。 天の神様に感謝、感謝。

2016ポルトガル73.jpg
経由地ドバイの夜景
2016ポルトガル74.jpg
久し振りの日本の味
2016ポルトガル75.jpg
無事成田着
2016ポルトガル76.jpg
壊れたトランクのカギ

元気に出発、無事帰国感謝です。
ホテルも良かったし、食事もおいしく、忙しかったけどこの旅は本当に満足しました。
点数を付けるなら100点満点の99点です。 それぐらい良かったです。
皆様本当にお疲れ様でした、 それにツアーコンダクターの久美子さん、ありがとうございました。 その地にまつわるウエットに富んだ解説、楽しく拝聴いたしました。

残念ながらお気に入りのトランクのカギが壊れていた、だって、請求できないからTSA規格のカギを買ってきましょう。
posted by ほがらかさん at 10:40 | Comment(0) | 海外旅行 スペインポルトガル

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。