2017年02月24日Fri

02/24 イタリア見聞録 (ヴェローナ編)

2017イタリア見聞録2.jpgイタリア 5都市「ヴェローナ」「ベネチア」「ピサ」「フィレンツェ」「ローマ」周遊(日程表)、羽田発着ドバイ経由ミラノ着/ローマ発の5泊8日の強行軍ですが、世界遺産を一通り楽しんできました。
旅行ルート1,245kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

【1日目 02/12日(日)】羽田発

2月14日に出発するはずだったのに不催行になり、この日に変更。
24時20分に羽田発ドバイ経由ミラノ迄。

2017イタリア見聞録3.jpg
羽田空港江戸小路
2017イタリア見聞録4.jpg
出発までラウンジで休憩
2017イタリア見聞録5.jpg
経由地ドバイ空港の出発ロビー
2017イタリア見聞録6.jpg
エミレーツ航空A380-800の2階席のバー

【2日目 02/13日(月)】ミラノ着〜ヴェローナ旧市街(世界遺産)(218km)

長い空旅でしたが期待が膨らんで疲れもなんのその、ミラノを見ながら、中世の町並みにローマ遺跡が残り、「ロミオとジュリエット」の舞台となった町ヴェローナへ。  さ^^^イタリアの世界遺産行脚に出発!!で^^^す。

2017イタリア見聞録10.jpg嬉しいことにイタリアではフラッシュをたかない限り、すべての教会、教会内部、美術館の絵画はカメラOKです。 世界でもまれです、他の国では殆どがカメラNO!ですが。

今のマッタレラ大統領が写真をとっても良いではないかの一言で、次期大統領が変わったらそれも変わるかもしれないんだって。
ま、ま^^^先を急ぎましょう。

2017イタリア見聞録7.jpg
アティジェ川対岸からヴェローナ旧市街(世界遺産)とカステルヴェッキオ(城)・スカリジェロ橋を望む
2017イタリア見聞録8.jpg
カステルヴェッキオ(城)とスカリジェロ橋の前で
2017イタリア見聞録9.jpg
城壁内のスカリジェロ橋を渡り旧市街へ

世界遺産のヴェローナの円形闘技場や15,16世紀の中世の街並み、世界のブランド店の散策、今日は聖バレンタイン司教の前夜祭、街は素敵にレイアウトまたライトアップが素晴らしい。

2017イタリア見聞録11.jpg
中庭にあるカステルヴェッキオ美術館
2017イタリア見聞録12.jpg
跳ね橋をぬけ旧市街へ
2017イタリア見聞録13.jpg
古代ローマ時代の城壁門ガーヴィ門
2017イタリア見聞録14.jpg
カヴール通りを歩き円形闘技場へ

世界最大級の野外オペラ劇場にもなり、6月〜8月まで世界中から1万人以上が夏のオペラの演目を楽しむようです。 アイーダは圧巻のようです。
建築の大理石の反響が良く世界の 「マリア・カラス」 はここでデビューしたそうです。

2017イタリア見聞録15.jpg
途中のカノッサ宮
2017イタリア見聞録16.jpg
小路地フラッタ通りを歩き
2017イタリア見聞録17.jpg
ブラ広場へ
2017イタリア見聞録18.jpg
広場のバレンタイン飾り

ローマのコロッセオ、ナポリ郊外にあるカプアの円形劇場に次ぐ3番目の規模で、昔は人と野獣との格闘技等が日に日に行われていたらしい。

最外周の壁は崩落して一部しか残っていないけれど、内側2層は2000年を経た現在もそのまま残っている。
中世の名残の城壁も、すべてが世界遺産触るわけには行かないわねえ。

2017イタリア見聞録19.jpg
円形闘技場(アレーナ)
2017イタリア見聞録20.jpg
円形闘技場の前で
2017イタリア見聞録21.jpg
4か所だけ残った最外周3層部分のアーチ
2017イタリア見聞録22.jpg
古代ローマの衛兵と闘技場入口

ブラ広場には、円弧の様にバル、カフェ、レストランや衣類、雑貨などの店が並んでいる。
ブランド店を中心に、ブティック、雑貨、アクセサリーなどの店が両脇に並ぶマッツィーニ通りの突き当たりにあるカサデジュリエッタ(ジュリエッタの家)は、

シェークスピアで有名な悲劇のロミオとジュリエットの舞台でも知られ、 「おぉ、ロミオ、ロミオ! あなたはどうしてロミオなの?!」 と言ったバルコニーが残っています。

2017イタリア見聞録23.jpg
円弧状に店が並ぶブラ広場
2017イタリア見聞録24.jpg
マッツィーニ通り
2017イタリア見聞録25.jpg
ジュリエットの家入口
2017イタリア見聞録26.jpg
両脇の壁一杯に恋人のメッセージ

小さい中庭ですがお嬢様達には悲劇の主役、自分を置いているのかも・・・・・・・
映画や舞台でお馴染みのバルコニーと、庭に建つジュリエットのブロンズ像
右胸に触れると恋愛成就して幸せな結婚ができ、抱きつくと幸福が訪れる…などの言い伝えがあります。

2017イタリア見聞録27.jpg
ジュリエットの家
2017イタリア見聞録28.jpg
中庭右壁のバルコニー
2017イタリア見聞録29.jpg
中庭の一角に建つジュリエットの像
2017イタリア見聞録30.jpg
刺繍で名前を作ってくれるお店

ジュリエッタの家の前ではミシンで、す素早く刺繍で名前を作ってくれます。 私ももらいました。

シニョーリ広場は、隣接するエルベ広場と同じように古代ローマ時代の公共広場(フォルム)だった場所で、広場の中央には詩人で哲学家でもあったダンテの像が立っています。
広場の周辺には、12世紀から15世紀に建てられたラジョーネ宮(市庁舎)やスカラ家の館、旧裁判所、議会などが建ち並び、かつてはヴェローナの行政の中心でした。

2017イタリア見聞録31.jpg
シニョーリ広場からみる高さ84mのランベルティの塔
2017イタリア見聞録32.jpg
広場中央のダンテ像と市長官邸(ポデスタ宮)
2017イタリア見聞録34.jpg
シニョーリ広場からみる市庁舎(ラジョーネ宮)
2017イタリア見聞録33.jpg
バレンタインデー前夜祭のステージ

女神ユノの祝日前夜祭とあって街中は賑わっていました、また聖バレンタイン司教も亡くなった日は2月14日でしたね。

シニョーリ広場を出るとすぐのところにある、中世ヴェローナの領主であったスカラ家の霊廟。ゴシック様式の彫刻の精巧さは、まさに圧巻。塔の上の騎馬像は、最も権力をもっていたカングランデ1世だそうです。

2017イタリア見聞録35.jpg
ヴェローナ領主、スカラ家の霊廟
2017イタリア見聞録36.jpg
紋章が刻まれ鉄格子に囲まれている
2017イタリア見聞録37.jpg
観光客で賑わうエルベ広場
2017イタリア見聞録38.jpg
市庁舎と大時計のあるランベルティの塔

エルベ広場は、マッツィーニ通りのジュリエット家と反対側にあり、テント張りのお土産屋さんの屋台やカフェのテーブルが所狭しと並び、いつも賑わっています。

エルベ広場のヴェローナのマドンナの噴水、ヴェネツィア共和国のシンボル、サンマルコの有翼の獅子像を頂いた円柱、たくさんの夜店や屋台楽しいですね。

2017イタリア見聞録39.jpg
マドンナの噴水とガルデッロ塔
2017イタリア見聞録40.jpg
サンマルコの有翼の獅子像を頂いた円柱
2017イタリア見聞録41.jpg
所狭しと並ぶテント張りのお土産屋さん
2017イタリア見聞録42.jpg
壁面にフレスコ画が描かれたマッザンティ屋敷

帰路はマッツィーニ通りと並ぶ、ブランドショップやセンスのいいセレクトショップが並ぶボルサーリ門通りを通りヴィットーリア橋に向かいます。

アルプスの源流 アデイジェ川はイタリアでは二番目に長い川のようです、ピエトロ橋も川の水も素晴らしく透き通って寒く無ければ泳ぎたい位です。

2017イタリア見聞録43.jpg
ボルサーリ門通り
2017イタリア見聞録44.jpg
古代ローマ時代のボルサーリ門
2017イタリア見聞録45.jpg
ヴィットーリア橋を渡りバス停へ
2017イタリア見聞録46.jpg
ライトアップされたヴェッキオ城とスカリジェロ橋

ホテルでは食事時にたくさんのミネラル水、炭酸水も用意され、部屋にも各自一本ずつ置いてあり、嬉しい心遣いです。

2017イタリア見聞録47.jpg
ベストウェスタンCTCホテル
2017イタリア見聞録48.jpg
ホテルの朝食

posted by ほがらかさん at 23:03 | Comment(2) | 海外旅行 イタリア

この記事へのコメント
こんにちは!やっとブログを拝見する事が出来ました!!フィレンツェの中央市場でお土産をご購入頂き、ありがとうございました!その時の販売スタッフのヤスハです。ブログに掲載頂き光栄です。そして身に余るお言葉ありがとうございます。こういう風にお客様に喜んで頂くと働き甲斐を感じ、元気を貰えます。またフィレンツェにお越しの際は当店へお寄り下さいね✩お身体ご自愛下さい。
Posted by ヤスハ at 2017年03月11日 03:05
ヤスハさん

こんにちは!!
懐かしい思い出いっぱいです、その節はいろいろと教えて頂きありがとうございました。

おかげで市場の中でも有名な美味しいピザ屋さんの味を堪能しました。

どこよりもおいしかったです。

今日もたくさんのお客様の応対で忙がしいことでしょう。

もう一度イタリアは訪れたい国です、是非またお目に掛かりましょう。

お元気でね。
Posted by ほがらか at 2017年03月11日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。