2017年02月28日Tue

02/28 イタリア見聞録 (ベネチア編)

2017イタリア見聞録2.jpgイタリア 5都市「ヴェローナ」「ベネチア」「ピサ」「フィレンツェ」「ローマ」周遊(日程表)、羽田発着ドバイ経由ミラノ着/ローマ発の5泊8日の強行軍ですが、世界遺産を一通り楽しんできました。
旅行ルート1,245kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

【3日目 02/14日(火)】ベネチア(世界遺産)(147km)

9時にはベネチア(ベニス)へ、
今日は、一日ベネチア観光、行きたい場所も決めていた、スペインで仲良くなったガイドさんのお勧めで1720年にオープンした、「カフェ・フローリアン」 どんなに美味しいカフェ・ラッテが飲めるのか楽しみです。

ベネチア本島内は車両禁止なので、バスでリベルタ橋を渡り本島の駐車場にバスを止め、そこから水上バスで渡ります・・・・・海の風が心地よい。

2017イタリア見聞録49.jpg
ベネチア地図
2017イタリア見聞録50.jpg
ベネチア散策マップ
2017イタリア見聞録51.jpg
水上バスに乗船
2017イタリア見聞録52.jpg
水上バスの内部

水上からジューデッカ運河〜サン・マルコ運河を通り、サン・マルコ広場へ上がる玄関口の目印になっているサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂や、水面に浮かぶような美しさから「水辺の貴婦人」と称されるサンジョルジュ教会、 船から見ましたねえ、

2017イタリア見聞録53.jpg
水上バスから見えるジューデッカ運河の景色
2017イタリア見聞録54.jpg
サルーテ聖堂のドームとサンジョルジュ教会の鐘楼
2017イタリア見聞録55.jpg
かつて灯台として使われていたサンマルコ寺院の鐘楼
2017イタリア見聞録56.jpg
サンマルコ運河からみるサンマルコ広場周辺の景色

船着き場から西にあるドゥカーレ宮殿までは運河沿いの広い通りで、水上バスの船着場やゴンドラの係留場があり、陸側には高級ホテルが並んでいて、ベネチアの海の玄関口と言える所です。

2017イタリア見聞録57.jpg
サンマルコ運河沿いの広い通り
2017イタリア見聞録58.jpg
カーニバルの衣装を着た人たち
2017イタリア見聞録59.jpg
運河のゴンドラ係留場
2017イタリア見聞録60.jpg
対岸のサンジョルジュ教会と鐘楼

ドゥカーレ宮殿(総督府)はサン・マルコ広場に面し、宮殿内の裁判所と運河の向こう側の牢獄館が空中橋、ため息橋で結ばれています。
牢獄へ渡る囚人達が、橋の窓から街を見てこれが見納めなんだと、この世との別れを惜しんでため息をついたということから名付けられたとか、

広場の近くには1対の円柱が立ち、その上にはベネチアの象徴である有翼の獅子像と聖テオドロスの像が載っています。
昔はこの円柱の間に絞首台があったそうで、ベネチア人は不吉がって円柱の間を通らなかったそうです。

2017イタリア見聞録61.jpg
ドゥカーレ宮殿と牢獄館
2017イタリア見聞録62.jpg
その間を結ぶため息橋
2017イタリア見聞録63.jpg
ヴェネツィア共和国の総督府ドゥカーレ宮殿
2017イタリア見聞録64.jpg
運河側から見たサンマルコ広場と1対の円柱

サン・マルコ寺院は荘厳、日本では見る事が出来ない教会です、特にクリスチャンではありませんがひざまずきお祈りをしなくてはいけない心境です。

西暦828年、ベネチアの商人がアレキサンドリアから聖マルコの遺体を持ち帰りました、この聖マルコの遺体を祀るために建設されたのが「サン・マルコ寺院」です。
東ローマ帝国の影響を受けた、ビザンティン様式を代表する建物となっています。

内部も、モザイクがちりばめられた華麗な空間、金箔もふんだんに使われとにかくきらびやか。

2017イタリア見聞録65.jpg
サンマルコ寺院(運河側)
2017イタリア見聞録66.jpg
サンマルコ寺院(正面)
2017イタリア見聞録67.jpg
寺院入口のフレスコ画 栄光のキリストと最後の審判
2017イタリア見聞録104.jpg
金箔とモザイクがちりばめられた華麗な空間

これまでに何度か改築されたため、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス様式と様々な建築様式が取り入れられており、11世紀頃に現在の姿となりました。

ルネサンス様式のムーア人の時計塔は、ベネチアのライオンと王道12宮を描いた文字盤、夜空の星を表現した鮮やかな青いモザイクが印象的です。
塔の最上部には鐘を突く2人のブロンズ像があり、30分おきに鐘を鳴らして時間を知らせてくれます。

2017イタリア見聞録69.jpg
ムーア人の時計塔、寺院横の行列は入場待ちの行列
2017イタリア見聞録70.jpg
屋上のムーア人のブロンズ像が時報を鳴らします
2017イタリア見聞録71.jpg
こんな所にも仮面屋さんが
2017イタリア見聞録72.jpg
広場を囲むアーケード回廊

ムラーノのガラス工房 LAGUNA MURANO GLASS(ラグーナ・ムラノ・グラス)を見学、小運河がはりめぐらされた市街地の中を歩く、いたるところに小運河と橋が見られます。

2017イタリア見聞録73.jpg
海側に先ほど見学したため息橋の白い姿が見える
2017イタリア見聞録74.jpg
ムラーノのガラス工房 LAGUNA MURANO GLASS
2017イタリア見聞録75.jpg
ベネチアアングラスについて日本語で説明
2017イタリア見聞録76.jpg
ガラス細工の実演中、あっという間に出来上がり

デザインが古いかしらねえ、でも伝統工芸はデザインも変わらないのかも。
我が家にもベネチアンガラスの小物とムラーノの青が綺麗な花瓶があります。かなり気に入りなので今回はパス。

2017イタリア見聞録77.jpg
きらびやかなショーケース
2017イタリア見聞録79.jpg
色とりどりのワイングラス
2017イタリア見聞録78.jpg
華麗な絵付けのガラス製品
2017イタリア見聞録80.jpg
華麗なシャンデリア

シーフードレストランやピザ店、小物のショップが沢山並ぶ、サン・マルコ広場近くの細い通りにある、Ristorante Trovatore(リストランテ・トロヴァトーレ)で昼食、

ベネチア産の魚介類を使ったベネチア料理がいただけ、前菜にイカスミ スパゲティ、メインは海老とイカのフライでした。

2017イタリア見聞録81.jpg
レストラン前の細い通り
2017イタリア見聞録82.jpg
レストランTROVATORE
2017イタリア見聞録83.jpg
店内の様子
2017イタリア見聞録84.jpg
イカスミスパゲティと海老とイカのフライ

昼食後は夕方まで自由行動、サン・マルコ広場に向かいます。街には、ところどころで、このようなカーニバルの仮面を売る店が見られます。

ゴンドラや小船が無ければ移動は無理、べネチュアでは生活できませんね、レストランはトイレも無料ですが街中では1.5ユーロです。探すのも大変。

2017イタリア見聞録85.jpg
革製品のお店
2017イタリア見聞録86.jpg
アクセサリー、小物のお店
2017イタリア見聞録87.jpg
カーニバルの仮面(ベネチアンマスク)を売るお店
2017イタリア見聞録88.jpg
ゴンドラの乗り口、カーニバルの仮装をしたモデル

ゴンドラの乗り口、ここには18日から始まるベネチア・フェステバルの為にマスカレード(仮面)で変装し、衣装も中世と同じように着こなし・・・お子ちゃまも可愛い仮面と衣装でお姫様のようでした。

ベネチアの水祭りの始まる前でもフェステバルを見ているようでした。 住んでいる方もおしゃれで、沢山のワンちゃんも賢そうでしたわ、よく教育されていました。

2017イタリア見聞録97.jpg
バルトロメーオ・コッレオーニ騎馬像
2017イタリア見聞録98.jpg
街中は縦横無尽に水路が通っています
2017イタリア見聞録99.jpg
ベネチアの斜塔(サンジョルジョ・デイ・グレーチ教会)
2017イタリア見聞録100.jpg
サン・ジョヴァンニ・イン・ブラゴラ教会

さて、いよいよ 「カフェ・フローリア」 に参上、入口からとてもシックでフレスコ画も素晴らしい、日本人は我々だけでちょっと心配でしたがお店の奥に座りました。

何を注文するか先ずはメニュー、お品書の下にはなんと日本語も書いてあるから安心、 メニューを見て、カフェ・ラッテを注文。
スペインのバルで飲んだカフェ・ラッテをイメージしたのですが、お盆で運ばれてきたのはあれれ!! どうやって飲むんだ??

2017イタリア見聞録89.jpg
1720年創業の伝統あるカフェ・フローリアン
2017イタリア見聞録90.jpg
タキシード姿のカフェバトラーがサーブしてくれます
2017イタリア見聞録91.jpg
アンティークな内装の店内
2017イタリア見聞録92.jpg
シックで落ち着いた調度品

驚きました、繊細さはまずありません。  お盆の中には二人分のコーヒー、アツアツのコーヒーポットとやっぱりアツアツのミルク入れがあり、ポットは暑くて素手では持てなくてハンカチを用意。
火傷しそうでした、 思わず恭しく燕尾服を着たサーブの男性に聞きましたどうやって飲むの??

彼の顔はびっくりした感じで、「え!飲み方を知らないのか??田舎者だなーー」って顔がはっきり見えました。
こうやって入れるんですよってコーヒーとミルクを高いところからカップに注いでくれました、それぐらいは知っているワイと思ったのですがおかしくって言えなかった。 サプライでした。

2017イタリア見聞録93.jpg
リッチな気分になれる分、少々お値段高め
2017イタリア見聞録94.jpg
メニュー、カフェ・ラッテの発祥店として有名
2017イタリア見聞録95.jpg
カフェ・ラッテとエスプレッソを注文
2017イタリア見聞録96.jpg
カップ、砂糖、チョコ全てにカフェのエンブレム

1720年から継続している割にはサービスが悪い、でもコーヒーは素晴らしい香りと味でした。 実際は日本のホテルで飲んだほうが確実に気持ちが良い、ですがこれも経験。
チップ込みで大枚約20ユーロ(約3000円)お支払、たくさんの小物も売っていました。
日本のサービスは本当に素晴らしく、世界中から訪れる観光客が日本は大好き!!って言われるのが納得、再認識です。

サンマルコ広場を囲む新政庁舎のアーケードの回廊、由緒あるお店をウインドショッピング、
向かい側の回廊には、1775年創業のカッフェ・クアードリ (Caffè Quadri) があります。

超有名ブランド街、何処でもあるのですねえ。エルメスのワンピースが素敵でしたが手が出ません、それよりサイズがありませんよね。

2017イタリア見聞録101.jpg
新行政館の回廊アーケド
2017イタリア見聞録102.jpg
マルチャーナ図書館の入口
2017イタリア見聞録103.jpg
超有名ブランド街
2017イタリア見聞録68.jpg
サンマルコ寺院横の噴水

べネチュア本島を後に船で戻る時、海に沈む真っ赤な太陽は圧倒的な美しさでした。 どんな風に??朱塗りの真っ赤なお盆を数分間水平線に沈めるような・・・・・・・

そんな気分を味わっているとき一台のチャーター船、中国観光グループだったけど、思いっきりしぶきをあげて我々にアタック、窓が開いていたのでグループのお仲間さんは頭から海水を被った人も。  意気消沈、がっかりです。

2017イタリア見聞録105.jpg
教会と鐘楼のシルエットが美しい
2017イタリア見聞録106.jpg
海に沈む真っ赤な太陽

本土に渡る船の中で仰天ニュースが飛び込んできた、北朝鮮のキム・ジョンナム氏がマレーシア空港で女性二人暗殺されたって衝撃でした。
広いマレーシア空港でなんでまた??
キム氏は日本に入国したときは、偽名だったりしてどうかと思ったりしたのですが。
フランスでの記者の質問にきちんとしたフランス語で 「その質問は大変失礼ではありませんか?」 て、とても紳士的でしたがね。 
本来住むべき国を追われ難民のような生活はある意味でお気の毒、何の罪もないお子様たちが無事でありますように。

悪い事ばかりではなく、嬉しいことにホテルでデナーの後にデザートが出てくる時、レストランが突然停電で真っ暗びっくり仰天、どうしたの?って思っているとホテルの方たちがキャンドルをともし、

私の前で、何と ♪♪ハッピーバスデイ トゥーユー♪♪ グループの方も歌ってくださり心温まる演出にとても感謝、ケーキは柔らかく本当に美味しかったです。

2017イタリア見聞録107.jpg
アントニーホテル メストレ
2017イタリア見聞録108.jpg
夕食の魚料理
2017イタリア見聞録109.jpg
突然のハッピー バースディ
2017イタリア見聞録110.jpg
バースディ・デザート

ガイドさんの素敵な贈り物、ほがらかさん71歳ば・ん・ざ・い
posted by ほがらかさん at 20:15 | Comment(0) | 海外旅行 イタリア

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。