2017年03月03日Fri

03/03 イタリア見聞録 (フィレンツェ編)

2017イタリア見聞録2.jpgイタリア 5都市「ヴェローナ」「ベネチア」「ピサ」「フィレンツェ」「ローマ」周遊(日程表)、羽田発着ドバイ経由ミラノ着/ローマ発の5泊8日の強行軍ですが、世界遺産を一通り楽しんできました。
旅行ルート1,245kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

【4日目 02/15日(水)】ピサ〜フィレンツェ(ミケランジェロ広場)

ピサ観光を終えフィレンツェへ、
夕刻に、ミケランジェロ広場で赤い屋根、絶景のフィレンツェ街並みの眺望、グッドタイミングで赤に染まる直前、やっぱり目玉観光時間との闘いで、人ごみがすごい。
朝方は逆光で街並みが良く見えないらしい、夕方がお奨め。
どこか、ドナウ川を越えて見る中世の街並みはハンガリーのパレスの丘から見る景色とちょっと似ていました。

2017イタリア見聞録153.jpg
小高い丘の上からアルノ川越しにフィレンツェを眺める
2017イタリア見聞録154.jpg
ミケランジェロ広場のダビデ像
2017イタリア見聞録155.jpg
山並に沈む夕日

眼下にアルノ川が延び、どこまでも赤い屋根瓦の続く街並みと目の前にはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母マリア大聖堂)のクーポラ、左にはベッキオ橋がはっきりと見えます。

2017イタリア見聞録156.jpg
ヴェッキオ橋
2017イタリア見聞録157.jpg
ヴェッキオ宮殿
2017イタリア見聞録158.jpg
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
2017イタリア見聞録159.jpg
サンタ・クローチェ教会(茶)と国立中央図書館(白)

ノスタルジックな気分を味わいホテルまでがすごいラッシュ、やっぱりどの国も帰宅を急ぐのですねえ。

2017イタリア見聞録160.jpg
帰宅ラッシュ?
2017イタリア見聞録161.jpg
ホテル ミラージュ
2017イタリア見聞録162.jpg
ベランダからの眺め
2017イタリア見聞録163.jpg
ポークソテーの夕食

フィレンチェでは2連泊なのでパッキングが無いのが嬉しい。

【5日目 02/16日(木)】フィレンツェ歴史地区(世界遺産)(41km)

朝から大変なことが起こり、長い人生を生きて初めての経験、何だと思います??
頭からお水が降ってきた・・・・・バスタブにお湯を張るつもりがシャワーとバスだけと思っていたのに何と上にもう一つ天井に着いている大きなシャワーがあり、頭の真上からしっかり被りました、ひえ^^^^冷たいと大騒ぎ、大笑いです、おかげで洋服もびっしょり。 あ^^^^驚いた。

ウフィツィ美術館
フィレンチェで楽しみだったのはウフィツィ美術館をゆっくり回る事でした。 秋篠宮様と安倍さんも鑑賞されたとか・・・・広いので足も少々お疲れです。
上野の国立博物館で見た 「ダ・ヴィンチの受胎告知」、初めて見るボッティチェリの「ビーナスの誕生」、「春(プリマヴェーラ)」等、しっかりと鑑賞。

2017イタリア見聞録165.jpg
バスを降りアルノ川沿いの道を10分ほど歩く
2017イタリア見聞録164.jpg
フィレンツェ散策マップ
2017イタリア見聞録166.jpg
国立中央図書館の前を通り
2017イタリア見聞録167.jpg
アルノ川とヴェッキオ橋

文献によれば、ウフィツィ美術館は、イタリア・ルネサンス絵画で有名な美術館で、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つです。
メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵し、収蔵品の質量共にイタリア国内の美術館としては最大のものです。

2017イタリア見聞録202.jpg
ウフィツィ美術館
2017イタリア見聞録170.jpg
館内図(こちらから引用

展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画も系統的に展示されています。

2017イタリア見聞録171.jpg
予約入場待ちの行列
2017イタリア見聞録172.jpg
予約入場券(12ユーロ)
2017イタリア見聞録173.jpg
美術館入口
2017イタリア見聞録174.jpg
現地ガイドの案内で3階へ

第2室マエスタの部屋、マエスタとは玉座につき、聖人や天使に囲まれた聖母子の絵画のことです。

この部屋では、シエナ派の巨匠 ドゥッチョ、イタリア絵画の創始者として非常に重要視されている画家 チマブーエ、そして西洋絵画の祖とも呼ばれているゴシック絵画最大の巨匠 ジョット のそれぞれのマエスタを一堂に集め、
13世紀から14世紀初めに起こった西洋絵画の変化を見つめるような展示になっています。

2017イタリア見聞録175.jpg
館内入口を入った長い廊下
2017イタリア見聞録176.jpg
第2室、マエスタの部屋
2017イタリア見聞録206.jpg
左から、ドゥッチョ「ルチェライの聖母」、チマブーエ「サンタ・トリニタの聖母」、ジョット「オンニサンティの聖母」、平面から遠近法(立体)へと変化

次に、第7室初期ルネサンスの部屋には、初期ルネサンスを代表する画家 ピエロ・デラ・フランチェスカ の対画肖像作品や パオロ・ウッチェロ の作品、第8室、ボッティチェリの師である フィリッポ・リッピ の作品、

2017イタリア見聞録459.jpg
第7室、パオロ・ウッチェロ「サンロマーノの戦い」
2017イタリア見聞録460.jpg
第8室、フィリッポ・リッピの部屋
2017イタリア見聞録178.jpg
第7室 フランチェスカ「ウルビーノ公夫妻の肖像」
2017イタリア見聞録177.jpg
ボッティチェリの師であるフィリッポ・リッピの「聖母子と二天使」
2017イタリア見聞録179.jpg
裏面に徳を称える凱旋の絵

第10-14室、ボッティチェリは、メディチ家の画家として名を馳せ、ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派の代表的画家です。
彼の3作品、名画の回りはいつも混雑しています。

2017イタリア見聞録180.jpg
ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」
2017イタリア見聞録181.jpg
「サン・マルコ祭壇画」
2017イタリア見聞録182.jpg
「春(プリマヴェーラ)」

第18室トリブーナという八角形の形をした部屋は、「メディチ家秀作コレクション」の部屋です。当時はコレクションの中でも、最も貴重な作品がこの部屋に収められていたそうです。

2017イタリア見聞録187.jpg
第10-14室、ボッティチェリの部屋
2017イタリア見聞録183.jpg
第18室、八角の形をした展示室「トリブーナ」
2017イタリア見聞録185.jpg
渡り廊下から大聖堂の方をみる
2017イタリア見聞録186.jpg
渡り廊下からヴェッキオ橋とアルノ川をみる

3階の渡り廊下(第2廊下)の窓からの眺め、ヴェッキオ橋とヴァザーリの回廊が綺麗に見えていい感じです。

第3廊下に入った第35室ミケランジェロの部屋には、たくさんのローマ彫刻が展示されています。中でも、「聖家族」は、フィレンツェで現存するミケランジェロ唯一の絵画です。

2017イタリア見聞録184.jpg
廊下にもローマ彫刻が展示されている
2017イタリア見聞録188.jpg
第35室、ミケランジェロの部屋
2017イタリア見聞録189.jpg
フィレンツェにあるミケランジェロ唯一の絵 聖家族
2017イタリア見聞録190.jpg
眠れるアリアドネ(ローマ 2世紀)

ウフィッツィ美術館はコの字型をして、コの字型の一番奥にはカフェがあり、オープンテラスもあるので大聖堂や、フィレンツェの丘の展望もできます。

トイレ休憩も兼ねて、テラスでしばし休息です。

2017イタリア見聞録191.jpg
美術館のカフェ
2017イタリア見聞録192.jpg
眺めも良い広めのテラス
2017イタリア見聞録193.jpg
ヴェッキオ宮殿にも手が届くよう
2017イタリア見聞録194.jpg
テラスのフェンスから大聖堂をみる

2階フロアにも、第46室から第90室まで新設され、第66室ラファエロや第90室カラヴァッジョなどの作品展示があります。

ラファエロは、ルネサンスを代表するイタリアの画家で、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、ルネサンスの三大巨匠といわれています。

そのラファエロの影響を最も受けたパルミジャニーノ、歪んだプロポーションの人物像が特徴の「長い首の聖母」は不思議な雰囲気です。

2017イタリア見聞録455.jpg
第66室、ラファエロの部屋
2017イタリア見聞録456.jpg
パルミジャニーノの部屋
2017イタリア見聞録195.jpg
ルネサンスの三大巨匠の一人、ラファエロの「ヒワの聖母」
2017イタリア見聞録196.jpg
パルミジャニーノ 長い首の聖母

ダ・ヴィンチが、ヴェロッキオの工房で修業を積んでいた頃の、事実上のデビュー作と考えられている作品「受胎告知」、
絵の前に鉄のバーがあり、それを越えるとセンサーによりブザーがなるので注意します。

2017イタリア見聞録207.jpg
ダ・ヴィンチの部屋入口
2017イタリア見聞録208.jpg
「受胎告知」の前で
2017イタリア見聞録197.jpg
ダ・ヴィンチの事実上のデビュー作「受胎告知」

ダ・ヴィンチとヴェロッキオとの合作「キリストの洗礼」は、ヴェロッキオが断筆を決意した絵として有名です。

横たわるヴィーナスをモチーフとした連作を描いたティツィアーノ、その弟子だった師匠のもとで画家の修行を積んだカラヴァッジョ。

2017イタリア見聞録457.jpg
ダ・ヴィンチの部屋のヴェロッキオ
2017イタリア見聞録458.jpg
ティツィアーノの部屋
2017イタリア見聞録198.jpg
ヴェロッキオ&ダ・ヴィンチの合作「キリストの洗礼」
2017イタリア見聞録200.jpg
カラヴァッジョ「若きバッカス」
2017イタリア見聞録199.jpg
ティツィアーノ「ウルビーノのヴィーナス」
2017イタリア見聞録201.jpg
第90室、カラヴァッジオ「メデューサの首」

1階出口付近には、入場した人だけにしか買えないガイドブックのほか、表紙に素敵な絵を模写したノートや、雑貨など販売しているミュージアムショップがあります。

2017イタリア見聞録203.jpg
ミュージアムショップ
2017イタリア見聞録204.jpg
色々なグッズが並んでます
2017イタリア見聞録205.jpg
各国語のガイドブック
2017イタリア見聞録169.jpg
鑑賞を終え美術館を後に


ヴェッキオ宮殿(市庁舎)
ウフィツィ美術館隣のシニョリーア広場には、大きな時計塔が目印のヴェッキオ宮殿(市庁舎)があります。外観はまるで城か要塞のようです。

宮殿内は、1階中庭の中央に「イルカを持つ少年の像」の噴水が、2階に「500人大広間」「四大元素の間」、3階は「エレオノーラの礼拝堂」「謁見の間」「ゆりの間」「地図の間」などの部屋に分かれています。

2017イタリア見聞録209.jpg
ヴェッキオ宮殿(市庁舎)
2017イタリア見聞録210.jpg
宮殿入口のダビデ像
2017イタリア見聞録212.jpg
ミケロッツォの中庭と回廊
2017イタリア見聞録211.jpg
入場券(10ユーロ)

中庭から階段を上ると「500人大広間」という大きな場所に出ます。とにかく豪華。特に見応えがあるのは、壁画と天井画。これは圧巻です。
また、壁際に多数の著名な彫刻が飾られています。

この壁画は、ミケランジェロとダ・ビンチが競作したエピソードで有名です。
左側の壁は、本来ミケランジェロの絵のはずでした。一方の右側の壁は、ダ・ヴィンチの幻の壁画「アンギアーリの戦い」が壁画の裏側に隠されているのが発見されました。

2017イタリア見聞録213.jpg
500人大広間
2017イタリア見聞録214.jpg
豪華な天井装飾
2017イタリア見聞録215.jpg
右側の壁画。この絵の後ろにダヴィンチの絵が・・?
2017イタリア見聞録216.jpg
ミケランジェロの代表作の一つ「勝利」

「火、水、空気、土」の四大元素がモチーフの「四大元素の間」に入ります。

2017イタリア見聞録217.jpg
四大元素の間、「水」がモチーフの壁画
2017イタリア見聞録219.jpg
「空気」がモチーフの天井画
2017イタリア見聞録218.jpg
「火」がモチーフの壁画
2017イタリア見聞録220.jpg
調度品がまた凄い

階段を上ってさらに上へ。
コジモ1世の妻の居室の「エレオノーラの礼拝堂」は、壁と天井に隙間なく絵画で埋め尽くされていて、部屋そのものが絵画で出来ているようです。

2017イタリア見聞録221.jpg
3階からはサンタ・クローチェ教会が見えます
2017イタリア見聞録222.jpg
3階の吹き抜けからみる「500人大広間」
2017イタリア見聞録223.jpg
緑の部屋、礼拝堂に続く
2017イタリア見聞録224.jpg
エレオノーラの礼拝堂

コジモ1世が実際に使用していた居室や「謁見の間」のルネサンス期を象徴する煌びやかな装飾や作品の数々は、栄華を極めていたフィレンツェを偲ばせるものばかりです。

2017イタリア見聞録225.jpg
世界でも最古の水道です、でも蛇口がちょっと怖い
2017イタリア見聞録226.jpg
プリオリ(総督)の礼拝堂
2017イタリア見聞録227.jpg
一段と豪華な装飾の「謁見の間」
2017イタリア見聞録228.jpg
共和国時代にはプリオリの会議室として使われた

「ゆりの間」には、フィレンツェのシンボルで紋章にもなっているゆりの花の紋様で埋め尽くされ、
見学ルートの最後、「地図の間」と呼ばれるルネサンス期に描かれた地図が展示された部屋には、当時の日本地図もありました。

2017イタリア見聞録229.jpg
壁のブルーが印象的な「ゆりの間」
2017イタリア見聞録230.jpg
ドナテッロの「ユディトとホロフェルネス像」
2017イタリア見聞録231.jpg
壁に53枚の地図が飾られてる「地図の間」
2017イタリア見聞録232.jpg
「GIAPAN」の文字が、えっ!これが日本?

ヴェッキオ宮殿も広くどこを回ったかわからないほどですが、ベッキオ橋の上には宝石屋台が並んでいるらしいけど、そこまで足を延ばさなかった。

シニョーリア広場
ヴェッキオ宮殿の入り口には、ミケランジェロの「ダビデ像」のレプリカが、宮殿の脇にはネプチューンの噴水、広場中央にはコジモ1世の騎馬像があります。

また、古代およびルネサンス美術の野外彫刻展示場、ランツィの回廊(ロッジア・ディ・ランツィ)もあり、国宝級の作品が無造作に野外に展示されています。

2017イタリア見聞録233.jpg
シニョーリア広場
2017イタリア見聞録234.jpg
野外彫刻展示場 - ランツィの回廊
2017イタリア見聞録235.jpg
ネプチューンの噴水とコジモ1世の騎馬像
2017イタリア見聞録236.jpg
ドゥオーモ広場への1本道、カルツァイウオリ通り


フィレンツェ中央市場・フードコート
午後半日は自由時間、ランチとショッピングで中央市場を目指します。
中央市場は、市民の胃袋とも言われる巨大な生鮮食品市場です。1階にはお土産選びにも便利な食材店が何十店舗も並んでいます。
その2階に2014年春オープンしたのが巨大なフードコート。フィレンツェの伝統料理を気軽に楽しめる、今もっとも注目されているスポットだそうです。

2017イタリア見聞録237.jpg
フィレンツェ中央市場
2017イタリア見聞録238.jpg
2階にあるフードコートへ
2017イタリア見聞録239.jpg
マップ(こちらから引用)
2017イタリア見聞録240.jpg
中央のテーブルで食べる

フードコートで超有名な歌手4人組で、世界を自家ジェットで駆け巡るグループ 「イル・デ・ヴィーボ」 も立ち寄ったと言う、一枚一枚手創りのピザ屋「ピッツェリア(La Pizzeria)」を見つけ、94番で40分間待って食べました。 いや^^^本当に美味しかった。

2017イタリア見聞録241.jpg
オーダーして支払いを済ますと番号札をくれます 8€
2017イタリア見聞録242.jpg
注文してから焼くので熱々のピザが食べられる
2017イタリア見聞録243.jpg
ピッツァが焼けたら番号を呼び上げます
2017イタリア見聞録244.jpg
マルゲリータ(トマト、モッツァレッラ、バジルの葉)

市場の中で、日本人が働いているお店を見つけ情報を仕入れる。
あまりにかわいい子だったのでついついたくさん買って重量を心配しました。気が付いたら買っていたって思うほど商売上手、イタリア人の経営者は喜んでいることでしょう。

2017イタリア見聞録245.jpg
お肉売り場
2017イタリア見聞録246.jpg
生ハム売り場
2017イタリア見聞録247.jpg
ワイン・オイル売り場
2017イタリア見聞録248.jpg
野菜・果物売り場

だって、こんなにも性格の良い子がアルバイトしているのですもの、日本人だったら必ず買いたくなります。 何と言ってもにこにこしている素敵な笑顔、きっと勉学に励んでいることでしょう。

意外とパスタは重い、ワインも二本、真空パックにしてくれたチーズ、トリフュの瓶漬け 長さ50センチのロングパスタ もう買えないよ^^^^。 お店はブログに載せても良いからね^^って。

2017イタリア見聞録249.jpg
パスタ売り場
2017イタリア見聞録250.jpg
食材店クリスティーナ
2017イタリア見聞録251.jpg
日本人アルバイトのヤスハさん
2017イタリア見聞録252.jpg
お勧めのお土産や食材の使い方など聞ける

サン・ロレンツォ教会とメディチ家礼拝堂の前を通り、ドゥオーモ広場に戻ります。途中、中央市場周辺には革製品の店など沢山の露店やお店が軒を連ねています。

2017イタリア見聞録253.jpg
中央市場前の露店
2017イタリア見聞録254.jpg
革製品の店
2017イタリア見聞録255.jpg
サン・ロレンツォ教会
2017イタリア見聞録256.jpg
メディチ家礼拝堂

ドゥオーモ広場
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ、花の聖母マリア大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼などの歴史的建築物が立っています。

2017イタリア見聞録257.jpg
ドゥオーモ広場
2017イタリア見聞録258.jpg
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
2017イタリア見聞録259.jpg
ドゥオーモ広場配置図(こちらから引用

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母マリア大聖堂)は、全長153m、最大幅90m、高さ107mのラテン十字型の建物で世界で4番目に大きいという。

大聖堂の横には大聖堂と調和した多彩色の大理石の、高さ84mのジョットの鐘楼が建っています。

2017イタリア見聞録260.jpg
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂とジョットの鐘楼
2017イタリア見聞録261.jpg
大聖堂側面
2017イタリア見聞録262.jpg
サン・ジョヴァンニ洗礼堂

サン・ジョヴァンニ洗礼堂は、大聖堂の正面玄関に向き合って立つ、大聖堂付属の八角形の洗礼堂で、東側の扉がミケランジェロが「天国への門」と呼んで賞賛したことから特に有名です。

2017イタリア見聞録263.jpg
洗礼堂東側の外観
2017イタリア見聞録264.jpg
天国への門

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に入場するとまず目に飛び込んできたのが、開放的な聖堂内部です。
聖堂は3万人も収容できる巨大な空間で、ラテン十字の形をしています。
内部は、その絢爛豪華な外装と反して、殆ど装飾がなく、極めて質素かつシンプルな印象です。

2017イタリア見聞録265.jpg
大聖堂内配置図(こちらから引用
2017イタリア見聞録266.jpg
大聖堂一番奥の中央祭壇
2017イタリア見聞録268.jpg
開放的な聖堂内部
2017イタリア見聞録267.jpg
祭壇から出入口を見る

聖堂内を左側の壁伝いに進むと、ドメニコ・ミケリーノの「ダンテ神曲の詩人」などのフレスコ画や彫刻が目に入ります。
大聖堂の一番奥にあるのは、ステンドグラスがとても美しい中央祭壇、そして祭壇の真上を見上げてみると・・・

2017イタリア見聞録269.jpg
中央祭壇と十字架
2017イタリア見聞録270.jpg
天蓋天井画「最後の審判」
2017イタリア見聞録271.jpg
聖堂内を左側の壁
2017イタリア見聞録272.jpg
「ダンテ神曲の詩人」

出入口扉には、普通の時計とは違い逆回りに動くパオロ・ウッチェロ作の24時間時計、イタリアの古式計時法の時計で動いている最後の一つだそうです。
装飾品だけではなく、大理石の床、ステンドグラスも素晴らしい。

2017イタリア見聞録273.jpg
出入口扉
2017イタリア見聞録274.jpg
出口扉上のステンドグラス
2017イタリア見聞録275.jpg
パオロ・ウッチェロの時計
2017イタリア見聞録276.jpg
大聖堂のミニチュア模型

地下売店を覗いた後、フィレンチェの街並みをゆっくり散策、グッチの博物館本店も広場にある。迷わないようにしながらもいろいろ散策したい。

2017イタリア見聞録277.jpg
大聖堂地下売店
2017イタリア見聞録278.jpg
大聖堂グッズを売ってる
2017イタリア見聞録279.jpg
集合場所へ戻ります
2017イタリア見聞録280.jpg
途中でちょっと寄り道

集合場所はウフィツィ美術館隣の、手触りの良いハンドメイドの革製品のお店「アドリマール」、疲れを取っている間ぺちゃくちゃと世間話、美味しいって言われたジェラードを女学生気分で食べ歩きです。

2017イタリア見聞録281.jpg
革製品のお店「アドリマール」、隣は外貨両替所
2017イタリア見聞録282.jpg
ハンドメイドの革製品が並ぶ店内
2017イタリア見聞録283.jpg
ジェラードのお店
2017イタリア見聞録284.jpg
女学生気分で食べ歩き

ホテルの夕食は前菜にカナッペ、メインに鶏肉のソテー、美味しいですねえ。
デナー後に近くのスーパーに買い物、でもねえ欲しいものは無かったので食後の運動でした。

2017イタリア見聞録285.jpg
ホテル ミラージュ
2017イタリア見聞録286.jpg
ビールで乾杯
2017イタリア見聞録287.jpg
前菜にカナッペ
2017イタリア見聞録288.jpg
メインの鶏肉のソテー
posted by ほがらかさん at 01:36 | Comment(0) | 海外旅行 イタリア

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。