2018年08月14日Tue

08/13 お盆休みの美術館巡り

世間はお盆休み、東京も少しゆったりしているかと思い、美術館巡りに、行く所は満員御礼、

自宅を8時30分出発、バスと電車で最初に向かったのは六本木、国立新美術館 ルーヴル美術館展「肖像芸術ー人は人をどう表現していきたか」入場時間は40分待ち。

2018美術館巡り1.jpg 2018美術館巡り2.jpg

入場して最初に目に入ったのはエジプトから出土したマスク、思わすクレオパトラを思い出しました。
彼女のマスクではありませんが、往々にしてエジプトではこんな顔をしていたのかな^^^と。

2018美術館巡り21.jpg何故それを思い出したか?? って言いますと、今から25年前ぐらい前、朝日新聞の日曜版の連載小説で2年半、
週一度の連載小説 宮尾登美子の小説 「クレオパトラ」

わくわくしながら日曜日が待ち遠しかった事を思い出しました。 週一度1ページ位割かれた文章が斬新で、その次を想像しながらワクワクして待っていました。 

小説家って素晴らしい時代考証家でもあるのですねえ。
一番最初に見た挿入画がマスクに似ていたので驚きましたわ。余談ですが、華やかで豪華絢爛な生活の半面、自国を守る苦労が絶えず、

2018美術館巡り19.jpgしかし、女であり続けたいと願う、クレオパトラ。美しいが故に成功し、美しいが故に波乱な生涯であったのでは。

太陽王ルイ14世を始めとする歴代のフランス国王、そして、ルイ16世の王妃マリーアントワネットなど、歴史を彩った時の権力者たちの肖像が一堂に会します。

諸処で見る顔とだいたい同じって事は、やっぱりこんな顔だったのですねえ。

目を引いたのが、フランス皇帝として名を馳せたナポレオンのブース。

2018美術館巡り18.jpgパンフレットの巻頭を飾っている将軍時代の肖像、
豪華絢爛な戴冠式の時に身に着けていた衣装(肖像と彫刻)、
追放先での孤独な最期(デスマスク)
と激動の人生を5点の作品でたどります。

27年ぶりに来日したルーヴルが誇る肖像画の至宝《美しきナーニ》、
2018美術館巡り22.jpgルーヴル美術館が所蔵する数々のルネサンスの肖像画のなかでも、最高傑作の一つとして名高い作品です。

モナ・リザと同じ16世紀に描かれ、「ヴェネツィアのモナ・リザ」ともいわれているそうです。

最後に動植物を組み合わせて顔を描く、アルチンボルドの『四季』から春と秋が展示されていました。

ミュージアムショップには、鎌倉紅谷や虎屋のコラボ・スイーツをはじめ、オリジナルマグカップ(2,160円)、《美しきナーニ》になれる扇子(2,620円)など、フランスらしいエスプリの効いた数々の限定グッズが数多く販売されていました。

2018美術館巡り3.jpg 2018美術館巡り4.jpg
2018美術館巡り5.jpg 2018美術館巡り23.jpg

鎌倉紅谷の看板商品「クルミッ子」が名前とイラストを変えて開催記念グッズ「ルーヴルッ子」に、お土産(5個入り 810円)です。
2018美術館巡り6.jpg
数量限定販売で1人3個までですが、午前中には売り切れる人気だそうです。

会場を出ると写真スポット、ルーヴルの顔の一部になれます(^∇^)、
その横には入場待ちの長蛇の列が・・・


サントリー美術館「琉球 美の宝庫」展のポスターを見て、やっぱりここも見逃せないっと思った。

2018美術館巡り7.jpg 2018美術館巡り8.jpg

国宝の王冠が見れるって、いそいそと美術館の入口で 8月22日から9月2日まで展示の事を知り、えっと思いましたがここまで来て帰るわけにも行かず鑑賞、

2018美術館巡り9.jpg沖縄の服飾??やはり綿でも透けて見えるので着ても本当は涼しいのではないかと思いました。

紅型の赤、やっぱり南国の風情です。 国宝の王冠が見れなかったのが残念。


雲行きの怪しい空を見ながら急ぎ足で、六本木から上野の東京国立博物館 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」へ。
・・・・・だって、雷ゴロゴロですよそれに森の中ですから落ちたら危ない、

昔は木の下で雨宿り何て言いましたが今は木の下は危ないらしく4メーター以上離れる事が良いらしい、また高いところに雷は落ちるらしいから・・・・・なので私は身長は低いので一緒に歩くほがらかおじさんが被害??

2018美術館巡り10.jpg 2018美術館巡り11.jpg

日本の原点、縄文時代の土器や土偶の、国宝6点を全て見る事が出来た貴重な展示で、バランスよく老若男女入交り、特にお子様が多く、説明のカセットを首からぶら下げちゃんと聞いていますね。
《火焔型土器》
《縄文のビーナス》
《縄文の女神》
《中空土偶》
《仮面の女神》
《合掌土偶》

2018美術館巡り16.jpg 2018美術館巡り17.jpg
2018美術館巡り12.jpg 2018美術館巡り13.jpg

縄文時代の出土品、沢山の文化財、こんなにあったのね^^と感嘆詞です。

2018美術館巡り14.jpg 2018美術館巡り15.jpg

鑑賞も終わり、雨の降らないうちに自宅へと博物館を出るとあれれっ!!雨なの??
かなり路面がぬれているわ、とにかく駅に急ぐ。

直ぐに東海道線に間に合い、電車の中ではぐったり、眠ったようで駅に着くと雨、バスの中でもやきもき・・・・・だって雷ですから・。
素晴らしかった美術館の余韻に浸ることなくせっせと登り坂、山の天辺は涼しいけど辛い、雨に濡れながらも一目散に自宅へ、やれやれでした。

2018美術館巡り20.jpgところがどっこい、お隣さんの話では、家の傍の電柱に雷が落ち、その音は強烈な音だったそうです。

近所では停電もあり、テレビや電話、冷蔵庫、給湯器などの故障や破損の多大な被害を被っています。(写真:ウェザーニュースより

我が家も、エアコン1台と浴室乾燥暖房機がやられました。電源が入りません(╥_╥)
posted by ほがらかさん at 11:01 | Comment(0) | .レジャー 美術館

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。