2018年09月23日Sun

09/02 北関東北信の温泉三昧の旅(3)

2018那須万座1.jpg今回の旅は、前半と後半に2泊3日ずつホテルを利用、あとは綺麗な温泉付きの道の駅を利用しながら、のんびり好きな旅を予定しています。

旅行ルート1578kmをグーグルマップでご覧になるにはこちらをクリック

温泉三昧の旅(1)前橋〜足利〜栃木市〜奥那須〜那須〜那須塩原〜川治〜鬼怒川
温泉三昧の旅(2)日光〜中禅寺湖〜沼田〜川場〜みなかみ町〜湯沢〜南魚沼〜野沢〜信濃町
温泉三昧の旅(3)黒部ダム〜黒部平〜大観峰〜小布施〜万座
温泉三昧の旅(4)志賀高原〜須坂〜信州高山〜小諸〜東御〜軽井沢〜妙義〜富岡〜藤岡〜八王子


9月2日(9日目)黒部ダム〜黒部平〜大観峰
急遽、予定を変更し、黒部渓谷に行くことに・・・・・
天候も危なかったけど今日行かねば当分黒部までは来ないと思い、車の運転は交代しながら目的地に。

2018那須万座295.jpg
立山黒部アルペンルート
2018那須万座294.jpg
長野県側のスタート扇沢駅
2018那須万座296.jpg駅舎下の有料駐車場
2018那須万座297.jpg
さらに下にある無料駐車場

着いたらラッキーなことに空は晴れてきました。
関西電力のトロリーに乗り、後立山連峰赤沢岳の中腹を貫通するトンネルを走り、黒4ダムに向かいます。

2018那須万座298.jpg
扇沢駅関電トンネルトローリーバス、出発時刻に同時に4台のバスが発車する
2018那須万座299.jpg
乗車券(左)トローリーバス (右)黒部ケーブルカー・立山ロープウェイ
2018那須万座300.jpg
トンネル内を走るバス
2018那須万座305.jpg
大破砕帯を通過

途中、映画「黒部の太陽」で有名な、軟弱な地盤から滝のような水と砂のような岩石があふれ出し、
黒部ダム建設で最も困難を極め、7か月もの苦闘の末に突破した「大破砕帯」(青色ライト)を通ります。

2018那須万座301.jpg
黒部ダム駅に到着
2018那須万座304.jpg
黒部ダム周辺マップ
2018那須万座302.jpg
障害者専用通路でダムへ
2018那須万座303.jpg
黒部ダム標高1,454m

黒部ダムの周りを散策、健康な足と違って我々はロボットですから登れば必ずそれだけ降りる事を考えて行動です。

2018那須万座306.jpg
黒部ダムレストハウス
2018那須万座310.jpg
破砕帯のおいしい湧き水
2018那須万座307.jpg
慰霊碑
2018那須万座308.jpg
えん堤から展望台をみる

毎秒10t(トン)以上の水が日本一の高さから噴き上げる放水は大迫力。放水観覧ステージ、ダム展望台、外階段、新展望広場などは絶好のビューポイント。

2018那須万座309.jpg
先端の放水観覧ステージへ
バリアフリー通路なので車椅子でも行ける
2018那須万座325.jpg
皆さん放流を見物中、下を見るとおへそがむずむずしてきます
2018那須万座326.jpg
迫力ありますねぇ
2018那須万座311.jpg
観光放水を背景に

上の方にあるダム展望台へと行ってみます、高さによって変化するダムの眺めを楽しみながら、振り返るたびに湖の形が変わり高度が上がっていきます。

2018那須万座312.jpg
コンクリート壁の外階段
ダム展望台へ上る階段と新展望台へ下る階段が見える
2018那須万座313.jpg
展望台へ上る階段の中間の踊り場に、工事で実際に使用された道具を展示

黒部ダム放水ビデオ
(18秒、サイズ3.4MB)
右拡大ボタンで全画面表示
2018那須万座314.jpg
踊り場からの眺め、虹が架かっている

下にあるレインボーテラスでは放水を間近に見ることができ、風向き次第で細かなミストになって届きます。
ダム霧浴びはミストシャワーを浴びているようです。 誰かが霧を浴びに行こうって意味が解りました。

特設会場
2018那須万座315.jpg
新展望広場へ降りる階段
2018那須万座316.jpg
特設会場
2018那須万座525.jpg
黒部ダム建設の歴史パネル
2018那須万座528.jpg
黒部の太陽の撮影セット

風で帽子が飛ばされても決っして追いかけないでくださいね、何処に落ちるか解る??よねえ。

2018那須万座590.jpg
外階段から新展望広場を望む
2018那須万座591.jpg
放水が風で噴き上がるミストシャワーを体感できる
2018那須万座317.jpg
レインボーテラスから大迫力の放水を間近に見る
2018那須万座318.jpg
新展望広場から立山連峰を望むが雲で見えない

皆さまの 「キャー、ワ―、すごいねえ」 の声を聞きながら下を覗くだけです。

2018那須万座320.jpg
ここは黒部ダム中心
2018那須万座321.jpg
ダム中心から見る観光放水
2018那須万座323.jpg
ダム中心から下流を眺める
2018那須万座322.jpg
船着き場に遊覧船ガルベ

勢いよく放流されているえん堤側とは対照的に、黒部湖の方は静かです。

2018那須万座324.jpg
黒部湖駅側からみるエメラルドグリーンの黒部湖
2018那須万座327.jpg
水煙に虹が架かる
2018那須万座328.jpg
放水は相変わらずの迫力

黒部平、大観峰 はヤッパリお天気は悪かったけど ケーブルカーに乗る直前に晴れ、ロープウエーも晴れました。

晴れてる間に、大観峰まで一気に上り、帰りに大観峰、黒部平と下りながら観光します。

2018那須万座329.jpg
黒部湖駅ケーブルカー乗場
2018那須万座330.jpg
黒部平に到着
2018那須万座331.jpg
ロープウェイに乗り換え
2018那須万座333.jpg
大観峰駅に到着

大観峰は断崖絶壁にせり出すようにして建っているので、屋上以外、外へ出ることはできません。

標高2,316メートルの高さから見る北アルプス、本当に綺麗、山々、渓谷、くよくよしている暇は無し、心が大きく晴れますねえ。 登山の醍醐味かも。

2018那須万座351.jpg
屋上テラスで
2018那須万座350.jpg
黒部平駅とロープウェイ
2018那須万座334.jpg
大観峰より見た黒部ダム
2018那須万座332.jpg
黒部湖とロープウェイ
2018那須万座335.jpg
後立山連峰・黒部湖を望む

駅の最上階テラスから一望する黒部湖や後立山の大パノラマは、アルペンルート屈指の美しさです。山の天気は、刻々と変わるると聞きますが本当にラッキーでした。

2018那須万座336.jpg
最上階テラスから針ノ木岳、スバリ岳、赤沢岳(右から)と黒部湖を望む、快晴なら左後方に鹿島槍ヶ岳
2018那須万座337.jpg
最上階テラスに設けられた休憩スペース
2018那須万座338.jpg
屋上テラス、案内板前のほがらかさんと偶然目が合う


2018那須万座339.jpg
大観峰駅
2018那須万座340.jpg
待合室・改札
2018那須万座341.jpg
お土産コーナー
2018那須万座342.jpg
味覚処

黒部平では、僅かですが紅葉が始まっていました。
高地は経験が無いので体が傾き、気分が余り良くありません。 下界に降りてやれやれでした。

2018那須万座343.jpg
黒部平(標高1,828m)より北アルプス立山連峰を望む
2018那須万座344.jpg
黒部平庭園を散策
2018那須万座345.jpg
黒部ケーブルカー

黒部ダム駅に戻り、お奨めの黒部ダムカレーを食べましたが、とても辛くタイ式カレーのようでグリーンカレーです。
だって、黒部のダム湖の水はエメラルドグリーンですから、やっぱりダムカレーもグリーンなのでしょう。

2018那須万座292.jpg
黒部湖駅からダムをみる
2018那須万座319.jpg
黒部ダムレストハウス
2018那須万座291.jpg
2Fのレストラン
2018那須万座293.jpg
黒部ダムカレー

湖面の色を意識したグリーンカレーの上に、流木をイメージしたヒレカツ、ライスでダムの堤防を作り、放水される水をイメージしたポテトサラダ・キャベツの千切り、パセリが周りの山々の緑、そしてラッキョウ漬けが外壁の階段を表しているそうです。

2018那須万座346.jpg
くろにょんのお見送り
2018那須万座347.jpg
片側交互通行で待ち合わせ
2018那須万座348.jpg
扇沢駅に到着
2018那須万座349.jpg
扇沢レストハウス

扇沢から大町に戻る山中、道路で毛繕いするサルに遭遇、辺りにも沢山のサルが・・・

2018那須万座352.jpg
道路にサル軍団出没
2018那須万座353.jpg
道の駅 おがわ(大町)
2018那須万座354.jpg
本州のへそ(重心地)
2018那須万座355.jpg
車中泊中の様子


9月3日(10日目)小布施〜万座
小布施の美術館めぐりです。

今、北斎が熱いらしい。 北斎館、何故小布施にと思いますが、北斎の支援者(英語で言えばパトロン)が小布施の豪農、豪商で自らも絵筆を取る高井鴻山だった。
http://blog.kikuchisan.net/auth/article_preview/
北斎のために建てたアトリエで長らく滞在し、多大な絵画を残している。

2018那須万座356.jpg
信州小布施 北斎館
2018那須万座357.jpg
企画展 北斎漫画の世界
2018那須万座358.jpg
エントランス
2018那須万座359.jpg
廊下展示 北斎の画号変遷

北斎漫画も展示されている、驚いたのは若い人たちがとても多く、動画の参考に何かアイデアを求めているのかしら?

2018那須万座360.jpg
企画展示室
2018那須万座361.jpg
北斎漫画
2018那須万座362.jpg
北斎漫画 錦絵
2018那須万座363.jpg
北斎漫画パネルの前で

浮世絵もさることながら動植物画も残している、ちょっと伊藤若冲にも似ているが、鶏、や象など繊細さではやっぱり若冲に軍配かしら??

2018那須万座365.jpg
肉筆展示室
2018那須万座372.jpg
肉筆画「かれい めばる さより」
2018那須万座366.jpg
廊下展示 版画の刷り工程
2018那須万座367.jpg
祭屋台展示室

知り合いの方に御父上が擦り師として東京都で最高技術者に認定されていた娘さんから頂いた版画、浮世絵はピタッと狂いも無く素晴らしいです。

2018那須万座376.jpg
東町祭屋台
2018那須万座377.jpg
上町祭屋台
2018那須万座368.jpg
東町祭屋台 龍図
2018那須万座369.jpg
東町祭屋台 鳳凰図
2018那須万座370.jpg
上町祭屋台 男波図
2018那須万座371.jpg
上町祭屋台 女波図
(祭屋台写真:北斎館ホームページより)

鴻山は北斎を「先生」と呼び、北斎は、鴻山のことを「旦那様」と呼び合ったと記されている、そして北斎(89歳)は四度目の小布施来訪時、岩松院の天井絵を完成させている。

2018那須万座364.jpg
映像ホール
2018那須万座373.jpg
ミュージアムショップ
2018那須万座374.jpg
絵はがき
2018那須万座375.jpg
祭屋台天井画ポスター

「小布施堂」の歴史は、「桝一市村酒造場」が栗菓子の製造を始めたのが前身。
宿泊施設を擁する一大企業で、「北斎館」に近い部分に、事務所などがありますが総て、小布施堂が経営している各種の施設です。

2018那須万座386.jpg
小布施味わい空間マップ
2018那須万座390.jpg
正門
2018那須万座391.jpg
モンブラン専門店 えんとつ
2018那須万座392.jpg
酒蔵(桝一)のレンガ煙突

小布施堂の建造物が素晴らしい、250年以上も前の屋敷との事ですが、巡るだけでも一見あります、勝手に入って勝手に通ってもおとがめなし・・つまり見学は無料です。
歴史を感じる作り酒屋の煙突は古の時代の繁盛を感じさせてくれます。

2018那須万座393.jpg
土蔵
2018那須万座389.jpg
菓子工場 傘風舎の傘風子図
2018那須万座388.jpg
寄り付き料理 蔵部
2018那須万座387.jpg
ピッツェリア 傘風楼

小布施と言えば栗の名産地、小布施堂、桜井甘精堂 両方の栗鹿の子を求める。
栗鹿の子の食べ比べをしようっと。

2018那須万座378.jpg
小布施堂本店
2018那須万座379.jpg
店内
2018那須万座380.jpg
栗餡を使った栗菓子
2018那須万座381.jpg
栗鹿の子

旅の計画、運転等すべてオーガナイズしてくれるほがらかおじさんに敬意を表して、桜井甘精堂の全て手作業で大粒の栗がゴロゴロ入っている羊羹一本プレゼント。
とらやの羊羹よろしくどっしりと重たい。 きっと練が違うのね。

2018那須万座382.jpg
桜井甘精堂北斎亭
2018那須万座383.jpg
店内
2018那須万座384.jpg
栗かの子
2018那須万座385.jpg
栗羊羹

散策していると 「おぶせミュージアム中島千波美術館」 があり、「どうして小布施に有るの??」 彼が小布施の生まれとは知りませんでした。
お父様も画家、芸術家の家には芸術家が育つのね。

私達と同じ学年、テレビで見る彼のファンでもあります。 「桜の中島」 だって桜を描かせると中島の前に出る者はいないと言いますものねえ。

2018那須万座394.jpg
中島千波館
2018那須万座395.jpg
中庭を通り受付へ
2018那須万座396.jpg
エントランス
2018那須万座397.jpg
1F展示室

極細の絵筆で描くピンクの花びら、ひらひらと舞い落ちる花びら本当に大変な労力ですねえ。
中島千波さんの事を話す時は愛情と敬意を込めて 「千波ちゃん」 と呼んでいます。

2018那須万座398.jpg
坪井の枝垂桜(写真:文化遺産オンライン
2018那須万座399.jpg
2F展示室
2018那須万座400.jpg
桜の絵

北斎が最後に描いたと言われている岩松院の天井絵も鑑賞。
住職さんの説明を受けながら天井を見上げる、首が痛くなりそうですが鳳凰の目が光っているとか云われると、見なくてはいけませんよねえ。

2018那須万座401.jpg
仁王門
2018那須万座402.jpg
境内図
2018那須万座403.jpg
参道、正面に本堂
2018那須万座404.jpg
本堂入口

180年経過している天井画はあせることも無く、中国から取り寄せたグリーンや青、
住職さんの話では高価なヒスイや、ラピスラズリーだそうで、金箔は純金にニカワを混ぜてあるそうです。

2018那須万座405.jpg
本堂天井 八方睨み鳳凰図(写真:岩松院ホームページ
2018那須万座406.jpg
福島正則公霊廟参道
2018那須万座407.jpg
福島正則公霊廟

ここには。槍の名手福島正則の菩提寺である。 兜、槍、着物、合戦の時に陣地を覆う幕も収められている。

一番楽しみにしていた万座温泉、種類の違う源泉、露天風呂です。 2日間の温泉三昧です。

2017温泉巡り82.jpg
万座高原ホテル
2017温泉巡り83.jpg
石庭露天風呂案内図

チェックイン後は早速温泉に、硫黄の匂いに包まれてお腹がいっぱいになりそうでした。
食べてまた温泉、飲んで温泉、極楽、極楽でした。

2017温泉巡り18.jpg
石庭露天風呂(左)
2017温泉巡り19.jpg
石庭露天風呂(右)
2017温泉巡り87.jpg
三味の湯・早蕨の湯
2017温泉巡り88.jpg
龍泉の湯

青、グリーン、山吹色、赤っぽい色、楽しいですよ^^^^^^どの源泉も濁り湯です、本当に効いたように思いました。

2017温泉巡り89.jpg
紅の湯
2017温泉巡り90.jpg
白滝の湯
2017温泉巡り20.jpg
大浴場
2017温泉巡り21.jpg
大浴場露天風呂

嬉しいことはもちろん食事、朝晩ビュッフェですがすべての料理を一巡、ほがらかおじさん驚き、桃の木、山椒の木でした。
一番のお奨めは、アロへの酢の物繊維がいっぱいあり、サボテンの一種となっていますが初めての食感、ダイエットにも良いかもね。

2017温泉巡り84.jpg
バイキング会場
2017温泉巡り81.jpg
夕食
2017温泉巡り85.jpg
スーベニールショップ
2017温泉巡り86.jpg
夜の露天風呂



9月4日(11日目)万座
万座プリンスホテル、万座高原ホテルどちらの温泉も利用でき、10ヶ所ぐらいある、温泉三昧、 ただ、プリンスホテルの女性用露天風呂・・・プールの様に大きい。

2018那須万座408.jpg
万座プリンスホテル
2018那須万座409.jpg
浴場案内図
2018那須万座410.jpg
浴場入口
2017温泉巡り22.jpg
大浴場ななかまどの湯

標高1800mの雄大な露天風呂は白濁した湯で日本一の硫化水素の含有量を誇ります。
万座の景色を独り占めできるように目の前が180度開けています。

2017温泉巡り23.jpg
露天風呂へ下る通路
2018那須万座411.jpg
こまくさの湯1からの眺め
2017温泉巡り24.jpg
天空露天風呂(左)
2017温泉巡り25.jpg
天空露天風呂(右)

「非常に強い」勢力で近畿地方に上陸した台風21号、豪雨と強風のため午後3時頃から露天風呂は閉鎖です、2回しか入れなかったことが残念。 でも満足満足です。

2018那須万座594.jpg
日テレNEWS24より
雷ゴロゴロ、凄い雨、驚いたのはゆっくりのんびり一人だけで入っていたのですが、
屋根に ガラガラどすーん、ものすごい音で裏山の石が天井に落ち、慌てふためき飛び出ました。
周りは暗くなってくるし、雨や風は凄いし、怖かった。
posted by ほがらかさん at 21:48 | Comment(0) | 国内旅行 北関東北信温泉三昧の旅

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。